代々木原シゲルBLOG
代々木原シゲルがオーガナイズをしている野外フェスティバル
GO AROUND JAPAN 2016

http://goaroundjapan.com

代々木原シゲルです。

現在、埼玉県比企郡小川町という池袋駅から電車で1時間の自然豊かな場所でカレー屋を営んでおります。

今年に入り、コロナ感染拡大やオリンピック延期など想像もできなかった激動の毎日を皆様もお過ごしでしょう。

その最中、今年の5月から、小川町の役場や地域おこし協力隊の方、地元の事業所様との協力のもと、新たにプロジェクトチームを結成致しました。

【シェアキッチンカーで埼玉県小川町に賑わいの場を作ろう】プロジェクト

クラウドファンディングページ[終了まで21日]
▶︎ https://camp-fire.jp/projects/view/332030



極端な話、このプロジェクト支援をきっかけに、

小川町を知り、小川町を訪れて、小川町を好きになって、小川町に移住しちゃった!

そんな人が現れてくれたら最高だなと本気で思っています。

僕がこの町に移住を決めたのは今から5年前。

もともとコミュニティー作りが好きだった僕は

今度は村を作ろうと考えていました。笑

なーーーんにもない場所で、

カレー屋とスナックを突如オープンし、僕らの光がきっかけでこのなんにもないエリアに「あの辺最近盛り上がってるから自分たちも近くに出店しよう」と、新しいお店が出来ていったらフェスみたいで面白いなと思っていました。

野外フェスティバルって、丸一年かけて開催してたったの2日で無くなってしまう。

この輝きがずっと続けばいいな。

これが田舎移住の僕のシンプルなイメージです。

また、僕らの活動に興味を持って、小川町に移住したいなという人をサポート出来るように日々、奮闘しています。

また、このシェアキッチンカープロジェクトを一緒に運営してみたい!という熱き想いのある人は直接連絡ください。面白いこと、いっぱいやりましょう!
私はシンガーソングライターで

全国を旅して日銭を稼いで10年以上過ごしていたので社会的信用はない。

という人でも開業出来ます。

なんでもできます!

めちゃくちゃ資金のかかるものでも出来ます。


よくあるパターンとしては、


いつかお店を持ちたいんだ!


そしたらまず一番最初に考えなきゃいけないのは開業資金をどうやって貯めるかと考えて、その額の見積もりも出せないまま、5年10年と歳月を過ごし、夢は夢のままで終わってしまう。


そんな考え方は捨てた方がいいです。


店やりたいなって考えたら、

具体的にどんな店にするのか、
設計図を書くのです。


どの場所にあって、
そこにはどんな人が行き交って、
どれくらいのキャパで

どんなBGMがかかっていて
どんな内装で
どんな人が働いていて

その後くらいに、

どんなものを売っていて
最初の3ヶ月が終わって次はどんな展開にする
最初の半年が終わって次はどんな展開にする
最初の一年が終わって次はどんな展開にする

そして、その店は、
一生、自分が立ち続ける店にするのか
はたまた、誰かに任せて
自分はさらにもうひとつ事業を立ち上げるのか

立ち上げるとしたらどんな展開があるのか
5パターンくらい考える。

なんならその5パターンにも
それぞれ設計図を書く。


そうしてやっと
お金のことを考えればいい。


シンガーソングライター業でも、プチ収入のある仕事でも何かしらで開業届を出して3年くらい確定申告をしてきた人

はたまた、女性

は、日本金融公庫が年利1%で資金を貸してくれます。

100万借りても年利10000円ですよ。

それを4年、7年を費やして返していけばいいのです。


しかしながら、店が始まってしまうと日々が忙しくて、なかなか新しいことを生み出すのが困難です。


そこで重要になるのが、今から作る設計図。

言わば、事業計画書です。


こういう話が僕ともっとしてみたい人は

連絡ください。

あなたにピッタリな抜群のアイデア出します!

yoyoshige@gmail.com







シンガーソングライター稼業から

料理人として転身した代々木原シゲルです。

お皿に絵を描くように毎日、料理を作っているのですが、食べていただいたお客様から「美味しい!これはどうやって作るの?この発想はなかった、、、。」など、励みになるお言葉をいただいて

正直なところ、驚いています。

こんな僕の料理を喜んでくれる人がいる、、、。涙

しかも、常連のお客様も出来たり、

そして、その方がまた友人を連れてきてくれたりと感動の日々を過ごしています。

加えて、僕以外にもアルバイトで2人のシェフが入ってくれて、毎日、その技を盗んでは取り入れてと料理研究の日々は続きます。幸せ。

カレー屋と居酒屋とスナックがだんだん経営的に安定してきたので来年1月から新事業を立ち上げます!

今度は
小川町にシェアハウスをつくります!

小川町は東武東上線で東京へも普通に通えます。なんなら終点駅なので、東京に向かう際は100%座れます。そして、帰りは寝過ごしてどっか知らない土地まで行ってしまうなんてこともないです。便利。

東京ライフに辟易した人や新しいことにチャレンジしてみたい人はお気軽に連絡ください。

または、直でお店に遊びに来てみてください。

シェアハウスの一階部分に今度は8人座ったらもう満席!みたいな小さなBARも作ろうと思ってます。

田舎の小さなBARで働いてみたい!
カレー屋で働いてみたい!
スナックで1日ママとかやってみたい!
バス釣り出来る町に住みたい!
有機野菜やオーガニックに囲まれて生きたい!

など、幅広く人員を募集しています!

東京から移住するなら埼玉県小川町でしょ!

そんな時代があと4年でやってきます!

強いグループの初期メンバーとして

参加してくれる人を探してます!

連絡ください

yoyoshige@gmail.com