保育園から児発へ

テーマ:

 

たまにはまじめな話を。

と言うか書いていませんでした。

どうして保育園から児発へ移ったかを。

 

 

去年の春から市内の児童発達支援に通っています。スタート時→

0歳でACTHが終わって、産前に働いていた職場への復帰を決めて保育園に入園。

入院中に主治医に意見書を書いてもらって市に提出して、第一希望の家から一番近い保育園へ。

3か所見学して、なっつの病気のこともお話ししていました。

ところが、入園が決まったにもかかわらず、看護師が退職したから他の園に移ってほしい(ってニュアンス)で市の保育課とも面談。

いきなり言われて焦ったけど、主治医の『発作は基本見守り』のひとことで、転園を免れました。

そもそも最初から厄介払いしたかったんj(ry

 

入園してすぐに再発したものの、不思議と発作が抑制されて、看護師さんも入ってきて、何とか保育園生活を送ることができていたけど、

なっつは退園するまでの3年間、0歳児クラスにいました。

歩けないうえに食事は離乳食。遊ぶおもちゃも0歳児クラスのものが良いだろう、と言う配慮の上で。

これはとてもありがたかったです。

本人に合わせてくれているのだと思っていました。

ところが、1歳児クラスに上がる明確な基準がなく、地域療育支援制度を利用して来てくださった、リハ病院の天然PTさんの

『つかまり立ちができれば・・・』でふわっと決まり、本来2歳児クラスに上がるはずでも0歳児クラスにいたわけです。

 

年少になる前にさすがに私たちの中で「行事に参加できなかったり、年齢相応の経験ができないのはどうなのか?」

と疑問が生じ、加配をつけてもらえないか園長に尋ねるも、

 

『一人のお子さんに付けるのではなく、スタッフを増員する形になる』

 

の答えに内心ハァ!?ってなるかーちゃん。

ってことは下手したら卒園まで0歳児クラスってこと。

それじゃなっつのためにならない!と答えを出すのは早かったです。

市役所の福祉課に児童発達支援について問い合わせ、早々に見学に行きました。

すでにリハビリの母子入園が3月から5月まで決まっていたので、退園後から通う方向でお話しさせていただき、

入園することになったのです。

 

保育園の先生方はとっても熱心に介助の方法を勉強してくださって、地域療育支援制度を使ってなっつのPTさん、OTさんに

いろいろ聞いて実践してくださいました。

面倒なこともたくさんあったかと思うけど、それでも根気よくなっつを見てくださったのは大変感謝しています。

 

ただ。

年度替わりに先生たちが一気にたくさん入れ替わることもあったりして、組織的にちょっと・・・なのかな、と。

園長の対応を見ていると思ったりもして。

もし加配の先生についていただけていたら、今も保育園に行っていたと思います。

もちろん、仕事もやめていなかったでしょうね。

 

 

 

あくまでもうちはこういう経緯で保育園→児発へ移りました、と言うお話です。

もちろん、頑張りっこでも保育園に行けます。受け入れてくれるところはちゃんとあります。

なっつも受け入れてはもらえました。

受け入れてもらえたのなら、卒園まで通えたらよかったのにな、と思っていました。

 

今は肢体不自由児はなっつだけですが、お友達と一緒に園庭で遊んだり、お散歩に行ったりと、いろいろなことにチャレンジしています。

たまたまこういうきっかけがあって転園して、保育園のときとはまた違った楽しさを経験しているようです。

あと1年ちょっとで卒園。

まずは元気に通って、経験を積んで行ってほしいと思っています。

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村

なっつ頑張ろうね