人生の意味を変えます、「仁義礼智信」日本で2人しかいない理学療法士 渡辺賢治。
人生の事実は変えられないが、人生の意味は変えられる。

先日初めての女性患者さんが来院されました。
頚から両肩まで痛く、肩も動きが悪くなっていました。
「どうしてこんなんなったんでしょう?」
と聞かれました。
多くの理学療法士は姿勢が悪いだとか、そういう作業をやり過ぎてるだとかあるいは頚椎に変形があるんだとかで説明します。
カイロプラクティックでは、原因を3つで考えます。

メンタルの問題  ケミカルの問題  フィジカルの問題

メンタルは説明要らないと思います。ケミカルは花粉やPM2.5や黄砂やカビや飲食物など体内に入ってくる何かしらの物資です。多くの理学療法士はフィジカルの問題から説明をしています。
ただこの3つの原因の多い順はメンタルの>ケミカル>フィジカルの順と言われています。つまり多くの理学療法士は可能性としてもっとも低いフィジカルで説明しています。

今回の女性患者さんも「頚がストレートネックだから?変形してるから?」と聞いてこられました。しかし症状の出現時期と変形の時期とが一致するかというと一致しません。1ヶ月前から痛くてもストレートネックが1ヶ月前から起こったわけではありませんし、変形も急に1ヶ月前に起こったわけではありません。

この女性には一般的には、メンタルの問題の可能性が一番高く、首の痛みは「自分では解決できない悩みや問題」を抱えている時、肩の痛みは「人生において自分のこと以外の他人の課題まで背負いこんだ」時に起こりやすいと説明しました。

あらゆる感情を持つのは当たり前だけど、その事に固執する事は避けなければいけない。

あらゆる感情はまず横隔膜にきて呼吸を浅くします。
次に感情の行き場は4つに分かれます。
上に行けば泣いたり怒って怒鳴ったり笑ったりして外へ発散します。下に行けば下痢になったりして外へ発散します。事情により感情を発散できない時は一旦肝臓にプールされて後で処理しようとします。4つめの可能性としては、横隔膜に引っかかったままとなり、これがもっとも避けたい状態です。

肝臓にプールされた感情は案外、後で処理されず、肝臓の容量を超えると特定の感情によって色々な部位へ分散されます。

上に書いたように、頚は「…」だとか肩は「…」というように。

この考えは古いインドの考えです。
さて来院された女性は「心当たりがある」と言いました。
それが分かれば、次の言葉を噛み締めてもらうことです。

「人生の事実は変えられないが、人生の意味は変えられる」

『人生の意味を変えます、日本で2人しかいない理学療法士 渡辺賢治』



NEW !
テーマ:
前記事「セラピストの無知」の続きです。

先日、治療家の無知としてお恥ずかしい記事を書きました。

無知を知る・・・ことで、考え方や行動が変わりました。

理学療法士の俺は、まず自分自身にマッサージを禁じました。

そして、理学療法士協会以外のセミナーに通ったのです。
当時はそういうセミナーがなく、アメリカ帰りのカイロプラクターのセミナーに通いました。

金がないので、朝は3時からクロネコヤマトで仕分けの仕事を7時までやり、そこから病院の仕事に向かうという毎日でした。

週末は引っ越しなどの日雇いで稼ぎました。

そうしてセミナー代を稼ぎました。協会の勉強会と比べても桁違いでしたが、それだけ価値あるものでした。

それを皮切りに、いろんな情報が舞い込んできたのです。

それに伴いセミナー代金も跳ね上がりました(涙)。

月に15万円を勉強代に使うため、早朝と週末バイトと病院での12時間労働と週一の当直(明けもそのまま働く)を2年間やってきました。


そしてとうとうカイロプラクティックの大学に入学しました。5年間通いましたが、その間にアクティベーターメソッドとNAETというアレルギー除去テクニックのアドバンス認定、キャリック神経学、これらを学校以外でも学びました。

特に神経学は、衝撃でした。Dr.キャリックのやってることがスゴすぎて感動しきりでした。
すべての系を統括する神経系をアプローチすれば、全てオッケーと思ってのめり込みました。

しかし、人間というのはそう簡単なものではないということも分かりました。

その話はまたの機会に。

前記事「セラピストの無知」

テーマ:
人を治療する仕事をしていると、分からないことだらけなんです。




実際、臨床現場に出ると、どうしても構造を何とかしようという考えに支配されがちです。

歪みを治そう。

固いところを柔らかくしよう。

弱いところを鍛えよう。

それはもちろん間違いではないんです。



だけど分からないんです。



なぜ歪んだのか?

なぜ固くなったのか?



だからつい・・・




枕が悪い!

足を組むな!

鞄は両方持て!

姿勢が悪い!

無理するな!



あれはダメ!

それはやめろ!



ぜ~んぶ適当に言ってるんです。




その人の枕なんて見たことないし・・・

足組むくらいで悪くなってたら、なんて人間って不自由なんだろうって思います。

無理するな!と言われてもねぇ・・・



適当に言ってるわりに、あれダメ!とかそれやめろ!とか、まるで神にでもなったかのように、人のことをコントロールしようとする。



だけど・・・ん?ちょっと待てよ。なんか違うぞってどこかの時点で気付くんです。



患者さんより気付くのが遅かったら、それはお互いにとって不幸です。



でもまぁ、治療家はその先の治療家人生をブラッシュアップすれば良いし、患者の方は、治療家をいくらでも選ぶことが出来る。



だんだんと治療家も疑問が湧いてくるんです。



それで成長するんです。



はじめから完璧な治療家なんていません。



僕だってまだまだ知りたいこと、身に付けたいことが山ほどあります。



Dr. Holder が言ってました。



医学を学ぶのは600年必要だと・・・


テーマ:
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は私が開発した、「こころ」を癒すアプローチ「ビジュアルリフレーミング」のことについてご紹介いたします。



ビジュアルリフレーミングは「こころ」をガイドに、人間が本来持っている自然治癒力を引き出すヒーリングです。

自らの「こころ」を見つめることにより、大きな気づきを得ながら、エネルギーつまり「気」を整えます。

「こころ」に溜まったトラウマやネガティブな感情を丁寧に癒すことができます。

心理学、キネシオロジー、アロマセラピー、クリスタルヒーリングなど多くの要素を集約し、フローチャート化することで、誰でも簡単にその日から実践することが可能となっています。

ビジュアルリフレーミングは、従来の身体的アプローチに追加できる、理想的な心理的アプローチそしてエネルギーワークです。

《日時》
1月27日(日)10:00-16:00



テーマ:
本当に何度も言っていますが、人間は「実態のある部分」と「実態のない部分」から成っています。

トルクリリーステクニック創始者で依存症治療で有名なDr. Holderが、死んだ人間と生きた人間の傷をドクターが同様に縫ったとしても、傷が塞がるのは生きた人間だけだ。。。だからドクターが治したのではないと言いました。

これは当たり前のことで、うっかり聞くとそれだけのことで終わってしまいます。

しかし、これにはとても大きな意味があるのです。

つまり死んだ人間には「実態のない部分」がないのです。

治療家として解剖学や生理学や運動学や神経学を学びます。
しかし!私たちは重大なことを見ていません!


はじめたった一個の細胞が受精した瞬間から猛烈な勢いで細胞分裂が始まります。これを起こすのは何か?




まだ脳どころか神経さえない時から、すごいことが始まるのです。

私たちはややもすると、全ての親玉は脳だと思っています。

しかし!母親のお腹の中では、30億年の進化をたった12週間で終えてしまうという、とんでもないことが実際起こっているのです。脳が無い時からです!


なにがそれを起こすのでしょうか?

9か月で一個の細胞から10兆を超える分裂をするのです。何の力がそれをさせているのでしょうか?
たったの9か月で!



休みなく続けている鼓動でさえ、一生で20億回しか打たないのです。

受精の瞬間から、あるいはそれ以前から、【偉大な何か】つまり「実態のない何か」により我々は生かされているのです。




ビジュアルリフレーミングは、「実体のある部分」つまり肉体に働きかけるものではありません。


あなたの「知性」に働きかけるのです。



ビジュアルリフレーミング は、心理学をベースにした人を癒し・救うことが誰にでもできるヒーリング法です。

ビジュアルリフレーミング の詳細はこちら
習得のお申し込みはこちらです。

テーマ:




ビジュアルリフレーミング は「ゴッドハンド」ではなく、クライアントの“心”にしっかり寄り添える【ゴッドマインド】を手に入れたいと強く強く望んでいる治療家のためのものです。


クライアントにしっかりと寄り添い、閉ざされた“心”の扉を天の岩戸のように開き、クライアントの真の問題を解決に導きます。


クライアントは笑顔を取り戻し、“心”が軽くなりそして“心”と身体の痛みの両方が消え去ります。


ほとんどの治療家は「感情」や「気」に対するアプローチの必要性を感じていますが、具体的に学ぶ機会はあまりありません。


ビジュアルリフレーミング は、心理学・瞑想・チャクラ・経絡・ダウジング・催眠・クリスタルヒーリング・アロマセラピーなどの要素をギュッと集約し、クライアントの「感情」や「気」に働きかけるセラピーです。



事実!多くのクライアントが人生を劇的に好転させています。

さらに!クライアントだけではなく、多くの治療家の人生も劇的に好転させています。



日々の臨床で何かが足りないと思っているあなたへ…

ビジュアルリフレーミング は、あなたが治療家として信頼を失わないためのとっておきの切り札になります!



《日時》

12月2日(日)10:00-16:00


《場所》

奈良県生駒市元町1-6-12コミュニティセンター

午前  会議室402

午後  会議室202


《講師》

【渡辺賢治】

『理学療法士、国際カイロプラクター、応用理学士(医科学)、ダウザー』


【森本美野】

『保育士、幼稚園教諭2級免許、AEAJアロマインストラクター』



申込締切 11月25日(日)


《定員》

10名



定員になり次第締め切ります。お早めに!


お申込みはこちらからも↓

ビジュアルリフレーミング 最新セミナー情報


テーマ:
先日、古都奈良で開催した、「ビジュアルリフレーミング 痛み編」で、大きく進歩した痛みに対する調整を初披露しました。



3ステップある調整の中でも、2つ目の調整は特に興味深いものです。

クライアントが持つ、痛みが消えていくイメージに合わせて、先生がクライアントの瞑想をガイドしていきます。トランス状態に入ると自然治癒力は飛躍的に高まります。
痛みが消えていくイメージに合わせて、“力の源泉”から痛みを消す何かを持ってきます。

この“何か”というのが、先生の個性が出ます。

昨日のセミナーでは、【痛みを打ち砕くハンマー】【痛みを洗い流す水瓶】【【痛みを溶かす暖かい光のシャワー】【痛みをめくる手】など先生の閃きによりさまざまなイメージをガイドして痛みを見事に解消していきました。







この前後のステップ1と2が一連の調整を完結させ、過去を清算し、未来をポジティブに変えてくれます。

そして、今回はビジュアルリフレーミング の一要素である、アロマの内容もより詳しくお伝えしました。


受講後のアンケートでは、回答いただいた全ての方から、感情治療やエネルギーワークの必要性を感じ、さらに全ての方から痛みを軽減を実感したと返答をいただきました。

痛みにフォーカスが強い方やトラウマがある方、ネガティブの思い込みが強い方、ストレスによる痛みの方、痛みを記憶してしまっている方など
にはとくに必要性を感じるとのご意見もいただきました。

さらに面白いのは、治療役の時に、クライアントの痛みの背景を探っていくと直感的に「今、痛みが取れた」と感じる事があるとのご意見もいただきました。

そして複数回参加されている方は、器質的に問題のある箇所の痛みが自己治療により無くなり、さらに機能的にも信じられないほどの回復を見せているそうです。

その方はなんと、大胸筋の断裂を経験した後にも関わらず、現在ベンチプレスで120キロ上げることが可能になっているそうです。

嬉しい報告です😃

テーマ:



◯◯を治せる奇跡的な治療法や神の手を欲しがるのは、治療家(セラピスト)としての自分の問題を放棄して、そこから逃げようという態度がある。本人は気づいていないかもしれないが、幻想を抱いているのだ。



誰かを助けたいと思う時、自分が超人になる必要はない。それよりもむしろ、自分の限界、葛藤をよく観察することだ。

そうすることによって、他人の苦しみを真に理解し、助けるための土台となる。



自分の状況といかに取り組んでいくかを知った時、本当の意味で他人に利益をもたらすことができる。



世の中には多くのテクニックが切り売りされている。テクニックと癒しを混同してはいけない。

もちろんこれまで積み重ねられてきたテクニックには大きな価値がある。しかし、テクニックは典型的な考え方であるに過ぎず、癒しの核心を理解する上で一番大切なことは他にある。



たとえば、理学療法士がオステオパシーやカイロプラクティックに興味を持って教えを受けたとしよう(この時多くの場合逃避的態度がある)。今までにない特別な雰囲気に心を打たれ、もはや自分は周りの理学療法士とは違うと確信する。

そして周りの理学療法士や、既存の理学療法を何の価値もないと信じ込んでしまう場合が多い。



それぞれのテクニックには、固有の価値があり、他のテクニックが他のテクニックより優れているということはない。



癒しというのは内的な覚醒に関わっているのであって、それを伝える媒体となっているテクニックや政治・社会体制を混同してはいけない。



形式ではなく、核心を学び取らなければいけない。



癒しというのは一種の悟りのようなものだ。



治療者はそこに気づかなければならないし、患者には、癒しをもたらす燈明を外に求めるな!自分自身の内なる燈明を燈せ!ということを気づかせなければいけない。



むしろやるべきことは、それだけなのだ。


テーマ:
拙著「リハビリ現場の光と闇〜この業界に救いはあるか〜」



80歳の重鎮の理学療法士さんに読んでもらいました。


「出さない方が良い…」

もう出したけど…
「干されるの覚悟しながら書きました」

「干されるどころじゃないですよ…」


p57
小児のリハビリでは、保護者に見られないように細く先端の尖ったものを目の前でちらつかせたり、拳骨や肘を向けながら脅したりするようなやりかたで恐怖を与える行為もありました。

p60
見学に行く途中で、ある理学療法士から「◯◯先生に手間かけさせるな」と言われ、階段など患者さんの目の届かない所で…何度も殴られました。

p65
何とか実習が終わり…打ち上げの飲み会に参加しました。…先生がビールを一気に口の中に流し込んだかと思うと、そのいったん口の中に入ったビールをすぐにコップに戻し…私に差し出し…「飲め!」と強要されました。



80歳の重鎮の先生は、理学療法士には失望してるけど、リハビリという職業は素晴らしいと思うとおっしゃってました。


この理学療法士の同期で、作業療法士の超大物がおられます。


作業療法士教育の改定に力を持つ方です。


重鎮の理学療法士さんが、大物作業療法士さんに集団体操を見てもらうとおっしゃいました。


これからの作業療法士教育は、地域に目を向けなければならないとの認識があるようです。


そこで今までの個別の手技による治療、訓練では、先細りとなることが見えている。


だから今、重鎮の理学療法士さんがやってる集団体操、レクリエーションを大物作業療法士さんに見てもらい、使い物になるかどうか、判断してもらいたいのだそうです。


なぜそんなことを思うようになったかというと、私の拙著「リハビリ現場の光と闇」を読んだからなんだそうです。


若い先生がこんなリスクを冒して、業界を変えたいと思っているんだと思うと、心臓の悪い私(重鎮)もまだ元気なうちにやれることをやっておきたいと思ったのだそうです。


すごいなぁ!と思うと同時に、ありがたいと身の引き締まる思いでした。




「リハビリ現場の光と闇」
       購入はこちら

テーマ:
私が働き始めた頃の理学療法士は、言葉は悪いですが、似非マッサージ屋のようでした。どっかりと腰を下ろし、患者さんの脚を膝の上に乗せて、雑談をしながらマッサージのようなことを延々と続け、最後に少し手で抵抗を加えて筋トレのようなことをするだけ、というセラピストばかりでした。
学生の頃は、先生から「悪いのはどこだ?筋肉か、関節か、靭帯か?」などと細かに質問されていましたが、いざ臨床に出ると、似非マッサージ屋になるのが既定路線のようなものでした。





テーマ:
夏休みが15日もある。

というのも、前職場を退職し、次の職場入職までたまたま15日間休暇となった。(たまたま?)

若狭に行ってきた。

目的は神宮寺

ここの閼伽井はとても重要!

東大寺修二会のお水取り、つまりご本尊にお供えするお香水を二月堂前の若狭井から汲みあげるわけだが、このお香水は、若狭中宮寺の閼伽井のものだからだ。


若狭中宮寺の閼伽井


中宮寺の閼伽井から汲み上げたお香水は、お水送り神事を経て、鵜の瀬から流される。

御香水が流される鵜の瀬


10日後に東大寺二月堂前の若狭井に御香水が届き、二月堂のご本尊にお供えされる。

東大寺若狭井


中宮寺の閼伽井と鵜の瀬は、岡本玲子作の「陰陽師」を読んでから、ずっと行ってみたかった。

30年の希望が叶った。



そしてとても珍しい二十四面千手観音立像にお会いしに行った。



仏像好きにはたまらないo(^o^)o

小浜では最も古い建築物であるご本堂

ここに二十四面千手観音立像がある。


それが…

これです!


これです!


しっかり堪能しました。


そのあと海へ🏖


もはや貸切…

しばらくうみでボーッと過ごすと、今日の宿へ。

山深い、山深い、山深いとても山深いここへ


玄関出るとこの景色



すごい山の中です。




食事は地鳥のすき焼き


美味いだけじゃなく、生命力というか…何かエネルギーに満ちている。

たんなるカロリー補充ではない。

本当に神聖な生命を頂く、そんな感じがした。

これほど美味いレバーは、未だかつて食べたことがない。

少し行くと廃村があり、そこへ通じるレールも今は寂しい…



近くには有名なこんな場所も




京都、福井、鯖街道の旅でした。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス