どうも(⌒0⌒)/~~

ドラゴンバスターです(^-^ゞ

 
今回のモンハンは
MHXX(モンスターハンターダブルクロス)のストーリー、最終話の中編になります筋肉
 
 
今回もD・バスタージュニア君はストーリー中に登場するので、そのままストーリーが始まる流れになりますカエル
 
それでは私は失礼しますグッド!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
こんにちわ、あたしユウ。
 
ヨウスケの犠牲と、さらに協力してくれている様々な村人達を襲う【ミラルーツ】の姿を見て、あたしの中で真の【ドラゴンバスター】の力が目覚めた。
 
その人によって【ドラゴンバスター】の力は違うみたいだけど、あたしは髪が黄緑色になって目が黄色くなるみたい。
 
その力に目覚めた後は、嘘のように思った通りに体が動く。それに、反応速度・判断力・洞察力・瞬発力・攻撃力・防御力も飛躍的に向上している。
 
あたし実はこんなに動ける人だったの?
 
そして、ヨウスケが命を懸けて対龍用巨大爆弾を【ミラルーツ】に当ててくれたおかげで、【ミラルーツ】の鋼のように硬化した鱗をついに破壊することができた。
 
これで、ようやくダメージが通る。
 
ここが正念場!
 
あたしは村人A班、C班の無線サポートを受けながら【ミラルーツ】に接近し会心攻撃。
 
 
ザシュザシュ!!
 
新開発の武器の性能と、虫さんの白エキスによる会心率アップ効果、さらに村人C班と【DB村】とで新開発した新装備の力を借りて会心率は驚きの85%まで引き上げることに成功。
 
あたしの武器攻撃はほぼ会心攻撃状態。
 
 
さらに超会心のスキルを使って会心攻撃をさらに強化しダメージを与えていく。

 

 
あたし達の村が苦手とされる雷耐性も、【DB村】の技術で雷耐性は最大値。
 
だから、イナズマを受けても状態異常にならない。これも大きなメリット。
 
でも、油断すると一撃で形勢逆転されることには変わりない。
 
あたしは、【ミラルーツ】の動きを注意深く観察しダメージを与えていく。
 
 
その頃、【DBジュニア君】達は、
 
受傷者の手当てを一通り終えて、皆が休むことができるようマットを取り出し
 
 
自分よりも大きなマットを皆のために運んでくれていた。
 
 
受傷者達を休ませた後は【ミラルーツ】に使用できそうな物を探しに行く【DBジュニア君】
 

小さい体なのに一生懸命よじ登り

 
 
高い所にある使えそうな物を進んで取りに行ってくれている。
 
 
こんなに小さいのに。
 
あたし達の村の人達も凄く助かってるって。ありがとう。
 
あたしは攻撃の手を休めず【ミラルーツ】に攻め立てる
 
でも、【ミラルーツ】もさらに力を高めていく!
 
お互い限界を超えた戦いになりそうね・・・。
 
そして、あたしが攻撃していると、イナズマを唱え始める。
 
あちこちでスパークが。
 
バチバチバチ!
 
 
【ミラバルカン】と同じで、落下パターンがある。
 
あたしは、安全地帯を把握してイナズマを唱えている【ミラルーツ】に会心攻撃で攻める。
 
 
バチバチバチ!!
 
あたしの周囲にまでイナズマが押し寄せる。
 
くっ!
 
 
あたしは攻撃を中断して【ミラルーツ】の背後に回り込む。
 
 
すると【ミラルーツ】は、あたしの方に振り向き噛みつき攻撃。
 
その時、イリュージョンを使って幻影に噛みつき攻撃を受けてもらって、あたし本体はそのまま攻撃を続ける(ストーリー上の設定:たまたまイリュージョンのような画像が撮れました)。
 
 
噛みつき攻撃を回避した後は頭部が隙だらけ、
 
あたしはこの機を逃さず、ひたすら頭部に会心攻撃を当てて攻め続ける。
 
 
攻撃を受け続けるだけじゃなくなった【ミラルーツ】
 
さらに威力を増したイナズマ攻撃を放ち、積極的に反撃を開始しだしたみたい。
 
【ミラルーツ】も本気だ。
 
【ミラルーツ】は荒れ狂うようにイナズマを放ち続け周囲を崩壊させていく。
 
みんなが!
 
あたしは【ミラルーツ】を止めようとするも、激しいイナズマに遮られ倒されてしまう。
 
うっ!
 
このイナズマが邪魔をして、体がビリビリする・・・。常に電撃が飛び交う場所にいるから、直撃はなくても体の自由を奪われていくのが分かる・・・。
 
 
あたしは力を振りしぼって立ち上がり【ミラルーツ】の胸部に力を込めた会心攻撃を放つ。
 
 
【ミラルーツ】はあたしの攻撃を受け、悲鳴をあげ驚いたように起き上がる。
 
今だ!
 
あたしは、あたしの攻撃と同時に虫さんをロケット弾のように発射!
 
 
やっ!!
 
あたしの斬撃と虫さんのスクリューロケット突進が【ミラルーツ】の剥がれた鱗ボディに直撃。
 
 
ザザザザーーーー!
 
全身を使ったフィニッシュ攻撃だから攻撃力は高いけど、攻撃後の隙は大きい。
 
【ミラルーツ】はあたしの攻撃後の隙を狙うかのように次々とイナズマを発生させていく。
 
 
あたしを取り囲むかのようにイナズマが次々と襲う。
 
ビッシャアアアアアア!!!!!!
 
くっ!

 

 
あたしは襲い来る複数のイナズマの合間をぬって、虫杖を使いジャンプで離脱。
 
 
虫杖によるジャンプで直撃は免れたけど、あまりの激しいイナズマの嵐で着地できず転落。
 
さらに雷柱があちこちに発生して徐々に体力を奪われていく。
 
はあ。はあ。
 
【DB村】、【ココット村】、【ポッケ村】、【交易船の人々】の治療を終えた人達がバリスタ弾を【ミラルーツ】に撃ち込んで追い詰められるあたしを助けてくれた。
 
ありがとう。
 
でも、もう建物の外にでないで!
 
イナズマが激し過ぎて外に安全な場所がない。
 
あたしが使わせてもらっている雷耐性を最大値まで引き上げた装備がないと、雷柱に触れただけでも感電して死んでしまう!
 
【交易船】の船長
「くそっ!どうすればいいんだ!」
 
「ユウさんは、こんなイナズマが発生し続けている危険な場所で戦っているのか。普通の人では近づくこともできないのか!」
 
【ミラルーツ】があたしが立っている位置に薙ぎ払いブレス。
 
あたしは【ミラルーツ】の頭部に接近して斬りつける。
 
 
ザシュ!
 
このチャンスを逃さない!
 
少しでもダメージを!
 
 
あたしは【ミラルーツ】が頭を戻した瞬間を狙ってジャンプして、さらに頭部にジャンプ攻撃!
 
すると【ミラルーツ】は地面に叩きつけられるようにダウン。
 
あたしは、【ミラルーツ】の頭部に乗り込み、乗り専用ナイフで頭部をひたすら攻撃。
 
そして、ついに【ミラルーツ】の左目を部位破壊することに成功。
 
 
【ミラルーツ】からスパークが消え、大きくダウン。
 
あたしは巻き込まれないように先にジャンプして離脱。
 
 
乗りダウンの間、さらに頭部を集中攻撃。
 
 
でも【ミラルーツ】はもう立ち上がる。
 
もう起き上がるの?!
 
その時、【DB村】、【ココット村】、【ポッケ村】、【交易船の人々】、【アイルー村】、【DBジュニア君】が協力して、集めた素材で拘束ネットを作成。
最後の一発を発射して【ミラルーツ】を拘束してくれた。
 
【DBジュニア君】
「ユウ姉ちゃん、これで連続攻撃のフィニッシュを決めちゃって!」
 
みんな!ありがとう!
 
あたしは、拘束ネットで一時的に動けない【ミラルーツ】の頭部を狙って虫さんとのフィニッシュコンボを放つ。
 
ザシュ!+どこーーーん(虫さんのスクリューヒット音)
 
 
ヨウスケが頭部にも対龍用巨大爆弾を当ててくれていたおかげで【ミラルーツ】の片目を部位破壊することができた。
 
あたし達の攻撃、効いている!
 
【ミラルーツ】はゆっくり起き上がり再び激しいイナズマをその身にまとう。
 
くっ!
 
これだけ、弱点部位である頭部を攻撃しているのに、まだそんな力が!計り知れない体力。
 
力を溜める【ミラルーツ】の胸部を虫杖で突き
 
 
そのまま連続攻撃!
 
ザシュザシュザシュ!!
 
ぐっ!
 
【ミラルーツ】から激しいスパークが!
その力で攻撃しているあたしがやられそう
 
 
【ミラルーツ】が力を溜めている行動を、あたしの攻撃では止められない!
 
あたしは虫さんとの連係攻撃で攻める。
 
 
その時、
 
カーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
 
こ、こんな大きなイナズマを放つつもり!?
 
さ、避けられない!
 
 
ビシャアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!
 
 
あたしがいた周囲は、今の超巨大溜めブレスで吹き飛ばされた。
 
あ、あたしは・・・。
 
やられる瞬間【ドラゴンバスター】の力を使って狩技を発動させ光虫を形成
 
あたしの体を回って守ってくれる光虫が間に合わなかったら間違いなく死んでいた・・・。
 
ゴホ!
 
光虫が盾になってくれていても(ストーリー専用設定)体力はホンの少し・・・。
 
なんて威力・・・。
 
そして、今の衝撃であたしの左肩周囲の防具が激しく破損。
 
【ドラゴンバスター】の力を最大限引き出してくれているこの新装備もそろそろ限界・・・。
 
ぐぐぐ。
 
あたしは力を振り絞って立ち上がる。
 
 
はあ。はあ。はあ。はあ。
 
み・・・【ミラルーツ】・・・。あなたは、いったい・・・どれほどの体力がある・・・の?

つづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
という感じでMHXXストーリー100話(中編)は終了カエル
 
ちょっと今回のD・バスタージュニア君は無理やり感がありますが((笑))
 
ジュニア君の写真は、僕が職員ジムで運動している時に、自分で色々やっていたので撮影したものです三毛猫
 
僕が赤いマットを敷いて腹筋していると次々と赤いマットを持ってきてくれたんです(笑)
 
その優しさに感動しました音譜
 
さてさて、モンハンですが次回で長い長いストーリーがついに最終回!
 
ホント最後まで付き合ってくれ、見てくれた方々に心から感謝!ありがとうございました黄色い花爆  笑
 
しっかり完結させて終わりたいと思います音譜
 
それでは、今回はこの辺で(°∀°)b

 

最後まで見てくれた方々ありがとうございましたヾ(@°▽°@)ノ

 


モンスターハンターランキング

 


にほんブログ村