どうも(⌒0⌒)/~~

ドラゴンバスターですp(^-^)q

 
今回はストーリーの87話前編です(^^)/
 
今回もパソコンでお絵描きしてみました(^_-)-☆ちょくちょく練習しないとな。
 
そのため、今回の記事はストーリーからになりますおすましペガサス
 
それでは、早速はじまるようなので私は失礼しますOK
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
俺はヨウスケ。
 
メカパーツの新システムを使い、なんとか変種ジョーを倒した。
 
しかし、激しい戦いでこの機体は破損し使用できなくなってしまった。
 
そんな時、モンハンXXの代表モンス【オウマ】が出現し助けてほしいと移動式便利屋?【モンハンメイクライ】に連絡が入った。
 
どうやらこのモンスも【バルカン】の影響を受け、普通のディアブロとは比べ物にならないほど狂暴化しているらしい。
 
ユウは変種ジョーとの戦いでダメージを負い、一緒に行動しているA班に運ばれ帰還中であるが、まだ【モンハンメイクライ】に戻っていない。
 
戻ってきてもユウには体の治療が必要だ。
 
ここは俺が食い止めるしか・・・。
 
だが、今の俺の体ではメカパーツなしで【バルカン】の影響を受けた変種モンスと闘うことは・・・。
 
そのため、村人B班、C班と作戦会議。
 
メカパーツは全て使ってしまい新型の開発が間に合っていない状況らしい。
 
ってことは生身で戦うしかないってことか・・・。
 
今回ばかりはメカの力を借りず【ドラゴンバスター】の力を使う必要がある・・・。
 
だが、この力は体への負担が大きすぎる・・・。俺の体がもつだろうか・・・。
 
するとC班が、ユウが入手してきた【バルカン】の角で、【バルカン】の力を持った手甲を作り上げたとか。
 
その手甲を装備することで【バルカン】の力が得られ、狩技が溜まればさらに力を増幅することができるようだ。
 
そして、【ドラゴンバスター】の力をさらに強化して闘うことができるのだとか。
 
俺は早速【バルカン】の手甲を装備し【ドラゴンバスター】の力を全開放した。
 
俺が【ドラゴンバスター】の力を使うと、髪は茶色から銀髪へと変化し、眼球が赤く染まる。
 
さらに、この手甲を使うことで、すでに力がみなぎって来るのが分かる。
 
おまけに俺の左胸の辺りから頬にかけて血管のような赤いラインが浮き出だす。
 
 
これは【ドラゴンバスター】の力だけではない現象だ。
 
これが【バルカン】の力と【ドラゴンバスター】の力を合わせた力か・・・。
 
ユウはまだ動けない。
 
俺がやるしかない。
 
 
 
俺はSOSを出した交易船の村に行き船長から話を聞いた。
 
今までにないほど危険なモンスのようだ。
 
よく分からないらしいが、とにかく汗臭い匂いが充満するらしい。
 
・・・。
それは、呼吸障害を狙った技か?違った意味で強力な武器だな・・・。
 
 
俺とB班は現場へと向かう。
 
そこには黒く染まったディアブロ、別の名はオウマ。を発見。
 
こいつか。
 
 
お互い【バルカン】の力を得たモノ同士。狂ったパーティの始まりってわけか!
 
オウマは俺を発見するといきなりその巨体で猛突進。
 
俺もオウマの突進と同時に剣を抜く。
 
 
ガキン!!
 
オウマの角と俺の剣がぶつかる。
 
この【バルカン】の手甲のおかげで力負けはしていない。
 
 
するとオウマは体を回転させ叩き付け尻尾攻撃。
 
ただの叩き付け攻撃ではない。
 
画面が揺れるほどの衝撃。攻撃力は段違いだ。
 
 
俺はその攻撃をイナシで回避。
 
はっ!
 
オウマは休むことなく次の攻撃。
 
 
ドスーーーん!!
 
巨大な尻尾叩き付け攻撃。
 
俺はその攻撃に合わせてカウンター斬り。
 
 
そのまま剛・気刃斬り!!
 
ザシュ!
 
同じ技を連続でやっても俺には通じないぞ。
 
 
するとオウマは地面に潜り始めた。
 
地面から突き上げる攻撃か。ディアブロと同じ攻撃じゃないか。
 
俺はB班の指示通り音爆弾を使って地上に引きずり出す。
 
オウマは驚き地面にハマったまま動けない状態。
 
俺はその隙に連続攻撃。
 
 
オウマは地面から飛び上がり抜けだした。
 
今だ!
 
俺は閃光玉をカメラ側に投げオウマに閃光の光を見せた。
 
 
空中で閃光の光を見て目をくらませたオウマはそのまま転落。
 
俺はそのまま連続攻撃。
 
 
するとオウマは巨大な咆哮を放つ。
 
ぐあっ!
 
鼓膜が破れそうだ。
 
それに何て広範囲だ。
 

 
俺が耳を塞いで身動きがとれない間、オウマはよーいドンの姿勢。
 
まさか!
 
 
そのままオウマは俺に向かって猛突進。
 
俺は耳を塞いでいて身動きとれないってのに、これが奴のコンボか。
 
俺は納刀する時間がなくイナシ!
 
 
かすり傷程度のダメージはあったが、直撃は免れた。
 
あのコンボ。気を付けないと命取りになりそうだ。
 
 
オウマの攻撃は止まらない。
 
俺はオウマの動きを見ながら、オウマの攻撃を徐々にカウンターで合わせダメージを与えて行った。
 
 
何度もカウンターで反撃すると狩技が溜まった。
 
どうやら今回の狩技は、この【バルカン】手甲に秘められた力を引き出すもので、さらに【ドラゴンバスター】の力を底上げできるのだと。
 
しかし、呪われた技であるため、体力がみるみる減っていくという諸刃の剣・・・。だが、攻撃を当てると体力が少しずつは回復できる。そんな技だ。
 
俺はさっそく、【バルカン】手甲の力を解放し狩技を発動。
 
チャキ!
はああああああ。
 
俺の全身から赤黒い、いかにも呪われてそうなオーラが。
 
 
はっ!!
 
 
ふう。
 
狩技を発動すると、さっきの赤黒いオーラは全て剣に宿った。
 
力がさらにみなぎる。
 
ぐっ!しかし、剣に体力がどんどん吸い取られていく。
 
 
この技、発動中は、休憩はしていられない。
 
俺はオウマに立ち向かう。
 
オウマはその巨体から次々と突進やタックル、尻尾攻撃で反撃する。
 
俺はその攻撃をカウンター!
 
 
カウンターした後は、そのまま斬撃!!
 
ブシャッ!!
 
 
攻撃を当てていくと徐々に俺の体力も回復していく。
 
俺は攻撃の手を休めず連続攻撃。
 
 
おおおおりゃあああ!!
 
 
この力を解放するとオウマでもダメージは通っているようだ。
 
オウマは怒ったのか俺の所まで急接近。
 
俺は剣を構える。
 
 
オウマが自慢の巨大角を突き付けてきた。
 
俺は剣で押し上げ、オウマの攻撃をはじく。
 
 
攻撃を弾かれたオウマは体勢を崩した。
 
その隙に急所突き!
 
体力が常に吸われ続けていくが、途切れることなく攻撃を当てることで体力を吸収。
 
 
俺はそのままダッシュ斬りに移行し、懐に入り込む。
 
剣を振り、オウマのあちこちに攻撃を当てていく。
 
 
さらに気を溜め
 
 
剛斬り!!
 
オウマの頭部にクリーンヒットしひるみ行動に。
 
 
しかしオウマはすぐに尻尾叩き付けで反撃。
 
俺はカウンターで弾いた。
 
これだけやっても、まだそんな元気が残っているのか。
 
 
怒り形態に入ったのか、オウマには血管のような赤いラインが薄っすら浮かび上がる。
 
そして、巨大な角を突き出し猛突進。
 
俺はカウンターで合わせて反撃。
 
ガキッ!!
 
 
ザシュ!!
 
攻撃と同時に紅色に染まった剣からエネルギーを吸収。
 
俺の吸い取られていく体力を回復。
 
 
俺の体力が尽きるのが先か
 
敵が倒れるのが先か。
 
俺は攻撃による体力回復のため積極的に攻撃を仕掛けた。
 
 
その時、【バルカン】手甲の効果が切れた。
 
剣から紅色の光は消える。
 
体力が吸い取られていく感じはなくなったが、攻撃力が減少。
 
 
しかし【バルカン】効果が切れても【ドラゴンバスター】の力はそのまま使える。
 
再び狩技を溜めれば、さらに力を高められる。
 
 
俺は【バルカン】手甲の狩技を発動できるようさらに攻撃をしかけゲージを溜めていく。
 
 
再びオウマがひるみ行動。
 
トドメだ!
 
俺はトドメに急所突きを放った。
 
するとオウマは体を持ち上げ俺の攻撃を回避。
 
なにか、とてつもないオーラを放ち始める。
 
 
すると、オウマは急に尻尾叩き付け攻撃。
 
俺はとっさにイナシで回避しがた、今までの攻撃とは威力が段違いだ。
 
 
な、なんだ?
 
オウマを見上げると、オウマの頭部やボディに紅色の真っ赤な血管ラインがハッキリと浮き上がっていた。
 
俺の現象と同じじゃないか。
 
強力な力を引き出す証に、血管が浮き出てくるって感じか。これが、【バルカン】の力か・・・。
 
まだ、そんな力を隠し持っていたのか・・・。
 
 
その後オウマは大きく飛び上がる。
 
 
そして俺に向かって突っ込み、そのまま地面へと潜っていく。
 
急に曲も忙しいリズムが変わった。この演出はいったい・・・。
 
 
地面からはおびただしい汗蒸気が。
 
ぐはっ!船長が言っていたのは、こ、この匂いか!
 
地面から吹き出す臭いでも、凄い威力だ・・・。
 
その時、オウマは地面から飛び出し、大きくジャンプした後着地。
 
そして体からは汗蒸気が!
 
危険を感じた俺はオウマから離れた。
 
 
しかし
 
ドシュウウウーーーーーーン!!!
 
その汗が大爆発を起こし、周囲を吹き飛ばす。
 
その攻撃範囲は計り知れない広さで、オウマから離れていた俺もその汗爆発に巻き込まれ吹き飛ばされてしまう。
 
ぐあっ!!
 
まるで、オナラ大爆発のようだ
 
 
こ、これはかなりの攻撃力だな・・・。
 
しかも汗臭いし・・・。
 
汗爆発の後は休憩するようで、俺はその間に体力を回復。
 
するとオウマは俺を睨みつけ、ものすごい形相で猛突進を連発。
 
こ、これは・・・暴走?
 
俺はサイドに大きく飛び、オウマの暴走猛突進をなんとか回避。
 
敵の体は巨体で回避するのもやっとだった。
 
 
オウマの暴走突進は止まらず、いつまでも俺のターン状態。
 
このままでは!
 
俺は再び【バルカン】手甲の力を解放し狩技を発動。
 
 
剣は再び紅色に染まり力がみなぎる。しかし、やはり体力は吸われ続けていく。
 
この技、体への負担がかなり大きいな。
 
それだけ【バルカン】の力が強大ってことか。
 
 
オウマは再び突進体勢。
 
 
させるか!!
 
ガキーン!
 
俺は暴走突進を続けるオウマに回避せず、カウンターで返していく。
 
 
カウンターで暴走オウマの動きが止まった一瞬に
 
 
連続で攻撃。
 
 
攻撃を連続で加えることで、紅のオーラは俺の体に流れ込み俺の力に変えていく。
 
 
そして、
 
ザシュ!
 
 
連続攻撃のフィニッシュ!!
 
 
暴走オウマの行動は止まらないが、俺のこの力は効いている。
 
実力は五分五分って所か・・・。
 
暴走オウマとの激しい戦いは続く。
 

つづく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後に今回のD・バスタージュニア君虹
 
寒くなってきたので、カッコいいジャケットを着てお出かけ車
 
 
この上着は僕もお気に入り(笑)
 
お出かけの時にはかならず車を持って行くジュニア君でした拍手
 
 

 

それでは、今回はこの辺で(°∀°)b

 

最後まで見てくれた方々ありがとうございましたヾ(@°▽°@)ノ

 


モンスターハンターランキング

 


にほんブログ村

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

※【ルームの詳細】※

 

ルーム名

【モンハンメイクライ】

(基本は何でも屋のお手伝い部屋です)


※検索について

【ターゲット】     アトラル・カ

【クエスト形式】   G級クエスト

【パスワード】    9876