どうも(⌒0⌒)/~~

ドラゴンバスターですp(^-^)q

 
今回は86話の後編ですランニング
 
 
さてさて今回のD・バスタージュニア君は星
 
続いて山でお散歩筋肉
 
 
そして、沢山の落ち葉が舞い降り興味津々おねがい
 
 
ん?なにこれ?

 

 
不思議そうに木を見上げるジュニア君でしたクッキー
 
それではストーリーが始まるようなので私は失礼しますセキセイインコ黄
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうも。俺はヨウスケ。
 
【バルカン】の影響を受け禍々しいオーラを頭部にまとった変種ジョーと戦闘中。
 
俺は完治できない故障した体で今回もモビルスーツに身を包み、体の弱点を補いつつ戦っている。
 
そして、この機体には新システム【明鏡止水ハイパーモード】が搭載されていて、それを発動させると機体が黄金色に変化し、全ての能力が強化される仕組みだ。
 
しかし、この変異ジョーは顎を砕いても平然としおり、痛みを感じていない?
 
それに異常なまでの食欲。そして、臭い・・・。
 
長期戦は不利だ。そこで村人B班からのアドバイスで、次の強化モードを使ってみることにした。
 
これか。
 
トランザム!!
 
 
キュイイイーーーーン!!(色が変化する音)
 
 
スーーーーー。(機体は虹色に変化)
 
こ、これは普通のトランザムじゃない。
 
これはさらに上を行く【トランザムバースト】
 
 
トランザムは機体が赤く染まるが、トランザムバーストは機体が虹色に輝く。
 
【明鏡止水ハイパーモード】よりも力がみなぎる。
 
しかし、【トランザムバースト】の方が体への負担は大きいようだ。長くはもたない。
 
 
モードを切り替えた瞬間、変種ジョーは別の捕食を完了しており再び禍々しいオーラを顔にまとった。
 
そして、そのまま禍々しい広範囲ブレス体勢。
 
 
来る!
 
バチバチバチ!!
 
 
禍々しいブレスにその辺に飛んでいた蚊も一瞬で侵され息絶える。まるで、殺人ガスのようだ・・・。
 
俺はイナシでなんとかやり過ごす。
 
しかしイナシでも思った以上に体力が削られるな。それだけ強力な威力ってことだ。
 
このブレス・・・。まるでヨダレをまき散らすかのようなブレスだな。
 
 
変種ジョーの激しい攻撃を回避し、変種ジョーが休憩行動に入った瞬間に強溜めの準備。
 
剣にトランザムバーストの力を送り込み、剣はビームサーベルのように光り輝く。
 
 
まだだ。まだパワーは溜められる。
 
その時、変種ジョーが噛みつき攻撃。
 
今だ!
 
 
俺はダッシュと組み合わせた強溜め斬りで変種ジョーの攻撃を回避しつつ
 
 
溜めた剣を振り下ろす!!
 
 
変種ジョーは禍々しいオーラをまとったり消えたりを何度も繰り返す。
 
暴走していて制御ができない状態か・・・。かなり危険だ。
 
連続の捕食噛みつき攻撃を変種ジョーの懐に入って回避しつつ頭部をとらえた。
 
俺は剣に力を送り
 
 
頭部に会心攻撃!
 
 
さらに、そのまま大回転斬り!!
 
今度は変種ジョーも怯み行動があった。
 
トランザムバースト。かなり効果がありそうだ。
 
 
しかし、変種ジョーの連続攻撃は続く。
 
俺は噛みつき攻撃をギリギリの所でサイドに回避。
 
そして足を切る。
 
俺は頭部を狙えない時は転倒を狙って足を攻撃した。
 
 
すると変種ジョーは回転尻尾攻撃。
 
1回目は回避できたが、2回目は回避しきれない。
 
俺は攻撃をまともに受け吹き飛ぶ。
 
 
このぐらいの攻撃なら、この機体ならば耐えられる。
 
俺はすぐに起き上がり変種ジョーの攻撃を誘い、攻撃後の隙をつく
 
うおおおおおお!!
 
ザシュ!!
 
 
しかし、変種ジョーは俺の攻撃に耐え、その巨体でタックル。
 
ぐあっ!
 
 
今回の攻撃は機体にかなり響いた・・・。
 
ムキムキなボディしているからタックルがかなり強力だ。
 
その時、ブレイブ効果も同時に切れた・・・。
 
シューーー(ブレイヴ効果が切れた音)
 
限界時間か・・・。
 
 
俺は再びブレイヴゲージを溜め直す。
 
 
特殊納刀からの攻撃を数回あて
 
 
ブレイヴモードを再開。

 

カッ!!(発動音)

 

この機体の耐久性と、俺の体を考えて、これが最後のブレイヴ時間か。

 
 
変種ジョーは連続噛みつき攻撃で俺を追い込んでいく。
 
そして俺を画面端まで追いやり踏みつけ攻撃+地震攻撃。
 
変種ジョーの向かって右側に移動し踏みつけを回避。
 
すまないな。B班の提案で耐震スキルを付けていて地震はきかないんだ。
 
 
俺は耐震スキルを利用して、強溜めを弱点部位に叩き込む。
 
ブシャアアアーーーー!!
 
この出血量、手ごたえありだ!
 
 
そして、薙ぎ払い!!
 
この時、狩技ゲージが溜まった。
 
 
俺は狩技を発動。
 
ゴオオオオオ!!
 
全身全霊の溜め攻撃。
 
 
この技は長時間ため続け、その闘気を全て剣に凝縮させる技。
 
闘気を凝縮された剣からは炎が燃え上がる。
 
 
くらえ!!!
 
 
震怒竜怨斬!!!
 
剣を振り下ろすと同時に、激しい火柱がその威力を物語る。
 
しかし、変種ジョーはサイドステップし俺の攻撃を回避。
 
マジかよ・・・。
 
この技は斬撃までにかなりの時間を要するため、そこが最大の欠点。
 
 
大技を空振りしショックを受けていた俺に遠慮なく禍々しいブレスを放つ変種ジョー。
 
俺はとっさにイナシで回避。
 
やってくれる。
 
 
俺は再び変種ジョーの隙をついて攻撃し
 
 
狩技ゲージを溜めていく。
 
 
はっ!
 
俺の攻撃で徐々に変種ジョーがひるみだした。
 
お互いそろそろ限界が近づいているって感じだな。
 
 
俺は再びさっきの狩技を発動。
 
これで、決める。
 
 
俺が溜め続けていると変種ジョーは禍々しいブレスを放つ。
 
ぐ、ぐあ!
 
俺は溜め行動のままブレスをまともに受けた。
 
しかし、この狩技は敵の攻撃を力に変えることが出来る。
 
攻撃を受けた後、俺の体から激しい紅色のスパークがはじける。
 
 
くらえ!!!
 
震怒竜怨斬!!!

 

うおおおおお!!!
ザシュ!!!!
 
チュドーーーーーーン!!!
 
直撃と同時に激しい火柱があがる。
 
 
この攻撃で、変種ジョーから禍々しいオーラが消え動きが止まった。
 
俺はすかさず今まで攻撃していた足に強溜めを狙い
 
 
会心の溜め攻撃!!
 
 
うおおおおりゃああああ!!!
 
俺の会心の一撃が、今まで傷つけ弱らせていた変種ジョーの足に直撃。
 
 
変種ジョーは大きく転倒。

 

ドテーーーン(転倒音)

 

 
さらに追加攻撃のチャンス。
 
俺はそのまま強溜めの体勢に入る。
 
そして剣に闘気を溜め
 
 
これで、トドメだ!
 
俺は一気に剣を振り払う。
 
 
ザシュ!!!!!!!
 
 
変種ジョーに強溜め薙ぎ払い攻撃が直撃。
 
同時に尻尾も切断。
 
はあ。はあ。
 
こ、これだけやればもう動けないだろう。
 
かなり機体の性能に助けられたとは言え、キツイ戦いだった。
 
 
今回もモビルスーツを身にまとっているが、今回は電池切れとなることなく自分で帰還することができた。
 
 
B班とC班が考えてくれた【明鏡止水ハイパーモード】と、【トランザムバースト】の新システムを搭載した新機体。これはかなりの力作だった。
 
しかし、この機体の能力はこの戦いで使い切り今後、使用できなくなった。
 
よくやってくれた。ありがとう。
 
そういえばユウは?
 
まだ、帰還できていないみたいだな。
 
俺の方が先に戻ることになりそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という感じに86話は終了グラサン
 
 
それでは、今回はこの辺で(°∀°)b

 

最後まで見てくれた方々ありがとうございましたヾ(@°▽°@)ノ

 


モンスターハンターランキング

 


にほんブログ村

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

※【ルームの詳細】※

 

ルーム名

【モンハンメイクライ】

(基本は何でも屋のお手伝い部屋です)


※検索について

【ターゲット】     アトラル・カ

【クエスト形式】   G級クエスト

【パスワード】    9876