人を支援するコーチ・カウンセラー・セラピストのメンタルサポート

人を支援するコーチ・カウンセラー・セラピストのメンタルサポート

いつも自分よりも他人(ひと)のこと、会社や仕事、家族を優先して大事にしているあなたが、そんな毎日の中でも、自分の目標達成や願望実現できるサポートをしています。


テーマ:
周りの人たちや家族の都合にとっての
 
「いい人」
 
でいすぎていませんか?
 
 
本当はつらい
 
本当は今の状況は望んでない
 
本当は自分の願いは別の所にある
 
 
だけど
 

周りの人たちのことを気にして
 
周りの人たちになんて言われるかが気になって怖くて
 
家族に迷惑をかけてはいけないと思って
 

周りの人たちや家族の人たちが自分に望む

「いい人」

であり続けてる。
 

辛くても自分がガマンしていればいいと自分に言い聞かせてる。
 
 
禁断の一言
 
「まぁ、いいっか」
 
を自分に言いまくっている。
 
 
周りの人たちや家族の期待に対して
自分の中に違和感があるのは
 
「私が悪いんだ」
 
「私がワガママだからだ」
 
「私が自分を直さなくちゃいけない」
 
とどんどん自分に思い込んでいく。
 
 
そんなことないですか?
 
 
それは「いい人」でいすぎようとしているかもしれません。

 
「いい人」でいすぎようとしていて
自分の中に苦しさをた溜め込んでいるだけかも。
 
 
周りの人たちや家族の人たちと
良い関係を築く努力をしていくことはもちろん必要だと思います。
 

でもそれは
あなたが自分をすべてを押しころしてまで
 
あなたがいつでもガマンする
 
あなたが自分自身の気持ちを拒絶する
 
あなたが自分の心の叫び声を無視する

のとは違う話です。
 
 
 
「いい人」でいすぎようとしていませんか?
 

本当のあなたは何を感じていますか?
 
本当のあなたの心の声は何と言ってますか?
 
本当のあなたがたいせつにしたいことは何ですか?
 
 
 
今回の最後に1つだけ。
 

本当の「いい人」というのは

自分を飾らず
 
自分をたいせつにして
 
自分をありのままに見せて

 
そんな自分であるがゆえに

 
人をたいせつにして
 
人を受容して
 
人を寛容な目で観て

 
接していく。

 
 
そんな人であるように思います。
 
 
いまのあなたに心からのエールをこめて♪
 
 
 

テーマ:
六本木一丁目のカフェより・・・。

今の自分は
本来望んでいる状況ではなかったり

予期もしなかった
辛いことが重なっていたり

「どうしてこんなことが?」
と思うことが起きたり

そんなこともあるかもしれません。

 
そんな時であっても
あなたにできることが1つあります。
 
 
心の中で
頭の中で
瞼の裏で

何を想い
何を望み
何を観て

現実はどうあれ
 
自分がどんな世界や次元で生きるか
自分がどんな世界にフォーカスし続けるか
自分がどんな世界の自分をイメージし続けるか

それは自由でいられます。
 

何人たりとも
あなたのその自由は奪えません。

 
辛い状況はあるかもしれないけど

あなたの中で想い描いている世界を
あなたの頭の中の現実にして
あなたの本来の姿に還れる場所を創ってください。
 
 
きっと不思議なことも起こって来るだろうから。
 
 
いまのあなたに心からのエールをこめて♪
 
 
 

テーマ:

自分が
 

大きく成長していく

今いる場所より遙か高みに上がる

自分の力だけでは到達できないレベルまで行く



ための道筋や方法は
いろいろあるんだと思います。


そんな中で1つ確実に言えるのは


「近さ=自分を引き上げてくれる力になる」


ということ。



もし大きく成長していきたいなら

もし方法はわからなくても大きな飛躍をしたいなら

もし自分だけでは無理と思ってても
目指したい目標があるなら


現実的に出逢える中で
それを体現している人を見つけてください。

そして
 

その人の近くにいられたり
ご縁が持てる方法を考えて近くにいてください。


例えば


お願いしたり誘って一緒に食事をしてもらったり

コーチングをお願いしたり
自分のメンターやアドバイザーになってもらったり

個人コンサルをお願いしたり

会社で話を聞かせてもらったり。




そんなことで良いんです。


ぜひ

近くにいてその人から直接の刺激を受けたり


雰囲気やオーラみたいなものを直接
感じ取ってみてください。




あるいは

頭の中でビジュアルでイメージを常に持っていて
そのイメージを常に自分の頭にセットしていてください。

そこへ自分が近づいていくから。




もしそんな存在が

どうしても近くにはいけない存在だったり

もうこの世にはいない人だったり

実在の人ではなかったりするのなら


やはりその存在のイメージを
常に頭の中に想い描いていてください。


自分がその人になっていることを
意識しているのも良いかも。



物理的であっても
思考のイメージであっても

「近くにいる人」の影響を受けます。

一緒にいる人の影響を受けます。




だから1つだいじなのは


自分と同じようなレベル感の人ではなく

「遙か高みにある人」

の近くにいること

 

 

です。


その人のイメージを自分の中にセットすることです。



だから

同期とか

同僚とか

負けず嫌いの気質の人が自分と比べて
モヤモヤするレベルの人

ではありません。


もっと、ずーっと高みにいる人だからです。



あなたには

「こんな存在になりたい」

「こんな人みたいになりたい」

「こんなイメージの生き方したい」


を体現している人は近くにいますか?



「近さ=自分を引き上げてくれる力」

になります。



ぜひその力を活用してみてください。


最初はちょっと勇気がいるかもしれないけど。



今のあなたに心からのエールをこめて♪


テーマ:

 

「あなたを高みに引き上げてくれる人たちだけを
 周りにおきなさい」

" Surround yourself with only people
  who are going to lift you higher. "


オプラ・ウィンフリー
Oprah Winfrey

 

 

だいじなことだと思います。

 

自分の能力レベルは
自分が普段一緒にいる5人の平均


自分の年収レベルは
自分が普段付き合っている5人の年収の平均値


みたいな話を聞くことがあります。

 

 

私たちは

日頃一緒にいることが多い人たちの影響を
確実に受けます。

 

 

だからこそ


自分が誰といるか
自分が誰といたいか

 

時には勇気がいる場面もあるかもしれませんが


自分で選ぶ


ことがたいせつだと思います。

 


それは時に


自分がいる環境を選ぶ

自分がどこで働くかを選ぶ

自分が誰のアドバイスを受けるかを選ぶ


なんていうことにもなるかもしれません。

 

 

もしあなたが


今より高みに上がりたいなら

今より成長を目指すなら

今より満足のできるものを目指すなら

 

一緒にいる人

教えを乞う人

ともに歩む人


をあなた自身が選ぶ

 

必要があります。

 

 

あなたを確実に高みに引き上げてくれる存在

 

あなたが自分の力と意志で
高みに上がって行く後押しをしてくれる存在

 

そんな人たちをあなたが自分でしっかりと
見つけてチャンスをつかめますように。

 

 

いまのあなたに心からのエールをこめて♪

 

 


テーマ:

「目標に向かって頑張ったつもりでしたが
 達成できませんでした」

「夢は結局
 かないませんでした」

「目指した私の想いは
 実現できませんでした」


というお話を聴かせていただくことがあります。


そこからがサポートのスタートになることもたくさんあります。



その続きのお話として


「私にはそれを願う資格なんてなかったんですね」


「私には無理だったんですね」


「私には過ぎた望みでした」



というお考えをお聞きすることも多いです。



でもね
正直

その通りですねなんて思えたこと、

今まで一度もありません。

一瞬たりともありません。

思えるわけもありません。



ここはけっこう「勘違い」みたいなことって
あるかなぁと思うことがあります。


それは


「 目標や夢は

 達成したら幸せになれる
 達成したから幸せ

 実現したら幸せになれる
 実現しかたら幸せを手に入れられる

 

 っていうものではない」

 

 

んです。



もちろん



「目指していた目標を達成したから幸せになれた」

「夢が実現して幸せになれた」


という人は多いと思います。



でもね

実は世の中の現実として

多くの人たちのキャリアに関わっていると


「 目指していた目標は達成したんだけど
 目指していた目標は達成したのに・・・

 今はものすごい苦労している」



「 願っていた夢が実現したんだけど
 願っていた夢だったはずなのに・・・

 こんなはずじゃなかったって状態になってる」



なんてこと、ザラにあります。



大きな目標を達成して
夢が叶って

表向きには誰もがうらやむような人生や生活に
見えるかもしれないけど

実態は・・・

パートナーシップの方は・・・

夫婦関係は・・・

家族とは・・・

身体の健康は・・・

メンタルは・・・

お金の本当の状況は・・・


と、実は誰にも言えない状況の方々もまた
非常に多い現実があります。



そんなことも含めて
目標とか夢のことでいつも思うことは


「 目標は達成して初めて
 夢が叶って初めて
 幸せになるんじゃない。

 目標や夢に向かっていく
 そのプロセスが

 自己充実していたり
 幸せなんだったら

 それが既に幸せを手に入れている
 ということ

 それが既に充実している
 ということ」



です。



目標が実現したり
夢が叶ったと思ったら

「こんなはずじゃなかった」

「私が欲しかった幸せは
 こんなことなんかではなかった」


ってことにならないでほしいと
願ってます。



もう一方で言うと

冒頭でご紹介したお話をお聞きし


ご自分が「ダメ」だと思っている方々に
そのプロセスや目指している時のことを
お伺いすると


「 目指して頑張っている時は
 すごく充実していました」


「願いを叶えたいと自分を高めるために
 あれこれやっている時は
 すごく幸せでした」


「 そう言えば
 今までのことは無駄にはならないと
 どこかで思っている私がいます」



というお話を聴かせてくださる方々も多いです。



そして


それでいい


んだと思います。



自分では気づかなかったかもしれないけど
 

「自分の目標に向かってがんばってた」

「自分の夢を実現したくて努力してた」

それは必ず

これからのあなたの人生に
プラスに働いて来ると思います。

あなたの考え方次第で。




そして



あなたの今まで生きて来たその生き様は

これからのあなたを必ず

今以上に素敵にしてくれる

 

 

と思います。




そしてもう1つ。


今までのプロセスに意味を見い出せなかったり

どんな自分なりの意味があったのか
わからなくても

きっと大丈夫。



それは多くの場合

一人では見つけるのがむずかしいことが多いだけ。


あなたが望めば

あなたを助けて支えてくれる人は
必ずいると思います。



いまのあなたに心からのエールをこめて♪



テーマ:
今日も日本橋のカフェより・・・。

あなたは

自分がとった行動や
自分が人に対して言ったことを
後から振り返って

それが良かったことなのか
そうではなかったことなのか
顧(かえり)みてみる方かもしれません。
 
 
自分の言動が
人の気持ちや行動に

自分の意図したこととは違う影響を
与えてしまっていたことはないか

とても気にして
考え直すことが多いかもしれません。
 
 
素晴らしいことですね。
 
 
人に対して
無神経に振る舞うことはなく

いつも人のことを気遣うことのできる
あなたの誠実で優しい気持ちから
ゆえのことと思います。
 
 
そんなあたたかな気持ちを持った
あなたには
 
ひとつだけ
ご自分を振り返る時の観点で
一緒に含めておいてほしいことがあります。
 
 
それは

「振り返りが行き過ぎちゃってて
 いつのまにか
 自己否定や
 過度な自責の念になってませんか?」

ということ。
 
「私が悪かったんじゃないか」

「私が悪いのかもしれない」

「私が何か原因だったから
 あんな態度になったのかもしれない」

「私が、私が、私が、・・・」
 
それらがいつの間にか
自分の中に習慣化されて積みあがっていき

『「自分が悪いと思えること」連想ゲーム』

になってませんか?
 
多分、そこで挙げてることは
あなたの事実とは違うと思います。
 
あなたがすべきことは

「私がわるいんじゃないか?」
っていう思考に自分を導いていくこと
なんかじゃなくて
 
あなたの素敵で誠実な特性である

自分の振り返りを適切なところで完了させて

「だったら次はこうしよう」連想ゲーム

にきりかえていくこと。
 
 
そして
 
 
そんなふうに人のことも自分のことも
誠実に考えられるあなた自身に
今のあなたにOKを出していくこと。
 
そんなことだと思います。

 
ちょっと考えてみてみてください。
 
「あの時の私はどうだったかな?」

そんなことを誠実に振り返ってみる
想いがあるだけで
それだけでとても素敵なことだと思いませんか?
 
 
いまのあなたに心からのエールをこめて♪
 
 
 

テーマ:
日本橋のカフェより・・・。
 
 
「『心の声を聴きなさい』と言われたけど
 正直、よくわからないんです」
 

「『あなたの心は何と言ってるの?』と
 聞かれて答えられないんです」
 

「『あなたはどうしたいの?』
 『自分の気持ちをだいじにしなさい』と
 も言われても、
 それがわからないから相談に来たのに・・・」
 

いろいろな方々とお話しされたり聞いてもらった
経験のある皆様とご縁をいただくことがとても多いです。
 

お一人おひとりの状況によるので
「これです」
という共通の答えみたいなものはないのですが
 
1つ言えるのは
 
 
「何か具体的な"声"みたいなものがキャッチ
 できると思い込むと苦しくなる。
 
 それよりも
 何となく感じる『違和感』をたいせつにしてください」
 
 
ということでしょうか。
 
こんなことってないでしょうか。
 
 
「頭で考えれば(選択肢は)こっち。
 
 心情的には(選択肢は)こっち。
 
 これまでの関係性を考えたら(選択肢は)こっち。
 
 今までの自分だったら確実に、迷うことなく
 (選択肢は)こっち。
 
 
 でも、でも・・・、
 

 今は明らかに自分の中に何か"違和感"を感じる。
 
 何か『もう違うんだ』というものを感じる。
 
 何か今回は気がのらない、気が向かない。

 
 それは、頭の中の思考から来てるのではない感覚がある。
 
 それは、私の胸の奥からやって来る感覚。
 
 
 理由?それは説明できない。
 理屈や思考で考えたらこの"違和感"はおかしいもの。

 でも何かが違う気がする」
 
 
そんな感覚があったら、それが多分

 
あなたの『心の声』
 

です。
 
そんな感じなのも「心の声」なんです。
 
 
でも私たちは
 
 
その「何となく」を軽んじがち

自分の「心の声」を無視しがち。

大切な「サイン」をスルーしがち。
 
 
そんな感覚を受け取ること
ありませんか?
 
 
それは
 
 
理屈で考えると流されます。

感情や不安で考えていると感覚が鈍っていきます。

「わるいから・・・」という判断軸でいると
どんどん無視されていきます。
 
「心の声を聴く」って
そんな形で現れることがあります。
 
 
今、何か観じることはありますか?
 
 
いまのあなたに心からのエールをこめて♪
 
 

テーマ:
銀座のスタバより・・・。
 
 
「 私は人見知りなので
 接客やりたいけど向いてないと思うんです」

「 私はすごく人見知りするので
 研修講師の仕事はできないですよね・・・」

「 私は人見知りで
 人の話をしっかりお聴きできるか
 不安なんです」

・・・というお話を時々いただきます。

学生の皆さん方からのご相談をいただく
中に出てきたりします。
 
 
その時にいつも

「あのぉ・・・、今、目の前にいる人間は
 いい年していまだに
 超人見知りなんですが・・・」

と私の話をするとものすごく驚かれます。
 
「超」が付くくらいの人見知りで

・ どこに買い物に行っても
 探し物がどこにあるかわからなくても
 店員さんに
 自分から声をかけては聞けません。

・ 立食パーティーや懇親会などに出ても
 自分から積極的に方々に声をかけて
 人脈を広げる!・・・なんてことは全くできず
 一人で隅っこでずっと何か食べてます。

・ 何かのセミナーとか講座に参加して
 「名刺交換して積極的に知り合ってください」
 と言われたって
 自分から声をかけるのはビビりまくりで
 話しかけられなければ
 黙ってることが多いです。
 
・・・そんな状態です。
 

そんな人間なのに、接客や教育の最高峰の
会社で20年以上働いていました。
 
どちらかと言うと現場の最前線よりは
接客スタッフやマネージャーを育成したり
場創りが長かったのですが
 
接客や販売もしながら、20年以上ずっと
接客サービスの会社にいました。
 
 
そして今は、ほぼ毎日
 
数十人から数百人の皆さまの前に自分の
全身をさらけ出して立ち、
お話ししたり、ファシリテーションで場創りを
する志事をしています。
 
しかも、毎回ほとんど
 
「新しい場」で「初めてお会いする方々」。
 
さらに
ご依頼のテーマや伺う先の状況・状態によっては

「かなりアウェー感」

の中でただ独り、
 
全てを受けて立ち
 
全てを受けとめ
 
全てを包含して
 

伝えるべきことを伝える
 
知っていただきたいことを伝える
 
本質を伝える
 
 
なんて毎日の繰り返しだったりします。
 
 
 
超人見知りなのに(T0T)。
 
 
 

でもね
 
「人見知りだからわかる人の気持ちもある」
 
「人見知りだから感じられる人の感情もある」
 
「人見知りだからできる話し方・伝え方もある」

とも思ってるんです。
 
 
事実
 
僕のいた前職の接客サービスの会社では
「人見知りです」っていう人

実はものすごく多いんです。
 
 
ものすごい素敵な接客をしている人たちなのに。
 
超売れっ子で人気の研修講師や
コーチ、カウンセラー、キャリコンさんたちも、
もちろん

「人見知りは全くしません」

という方々も多いんですが
数的には多分

「自分も人見知りのケがあって・・・」

という方、実は多かったりします。
 
 
おそらく謙遜して言っている人たちもいるとは
思いますが
 
それでも「人見知り」の方々は現実的には
多いんだと思います。
 
 
では、なんでそんな状態なのに

接客をやってきたのか
講師をやってるのか
 
おそらく

「人の力になりたい」
「自分ができることをしたい」

その気持ちのままに人の前に立つことを
たいせつにして来たからからかな。
 
そっちをたいせつにすると
いざ人の前に立った時には無我夢中になり

結果的に

「スイッチが入った」

状態になっているのかもしれません。

そんなもんだったりします。
 
だから

「私、人見知りなので・・・」

って心配されている方。
 
 
「 心配しないで。
 
 そんなあなただからこそ
 できることがたくさんあります。
 
 あなたにできる範囲でやってみて。
 そこからいろんなことが
 見えてくるから。
 
 そんなあなたから
 広がっていく笑顔がたくさんあるから」
 
 
いまのあなたに心からのエールをこめて♪
 
 
 
 
 
 

テーマ:
時々ふと

今までの人生
今まで生きてきた中であったこと
今まで出逢ってきた人たちのこと

を思い出すことがあります。
 

そんな時にいつも想うことがあります。
 
 
いろんな意味で

自分が危なかったこと
違う方向へ行きそうだったこと
ポキリと折れそうだったこと

そんなことが
一度や二度ではなかったことに気づいたりします。
 
そんな時にさらに想うことがあります。
 
 
その都度
その都度
 
誰かが必ず手を差し伸べてくれた。
 
必ず手を差し伸べてくれる人がいた。
 
まるで自分の事であるかのようにサポートしてくれる存在があった。
 
 
そんなことです。
 

その中には

「今あの人はどうしてるかな?」

という感じになってる人たちもいらっしゃいますが

その方々を含めて思い出すたびに
心静かに
感謝の念を送っています。

「 あの時ぼくは
 あなたがいてくれたから
 
 強くなれた。
 
 強くいられた。
 
 どんなことも乗り越えられました」
 
って。
 
 
不思議なものですね。

自分が求めていさえすれば
いつも
 
必要な人が
 
必要な存在が
 
必要な力が

舞い降りて来てくれる。
 
そばに現れてくれる。
 
また近い関係になってくれる。
 
 
今、自分は独りではない。
 
今までも、独りではなかった。
 
これからも、独りぼっちなんかじゃない。
 
 
あの時 あなたがいてくれたから強くなれた。

 
本当に感謝の想いです。
 
 
いまのあなたに心からのエールをこめて♪
 
 

テーマ:
今回は
 
・ 研修講師
・ キャリアコンサルタント
  キャリアカウンセラー
・ コンサルタント
 
などのお仕事に関わっている方々向けかもしれません。

また
これから新社会人になる方々にも
もしご参考になればと思うことでもあります。
 

4月に入ると
講師業をなさっている方々すべてという
わけでもないんですが
「新入社員研修」の時期に入ります。
 
多くの新入社員研修では
「ビジネスマナー」の一環で

「身だしなみ」の基本

が含まれますが、

この時に研修講師の方々に
 
こんな点も意識しておいていただければな~
 
と思うことがあります。
 
 
それは

「 白いワイシャツ・ブラウスほど
 実はよく見られています」

ということです。
 

具体的には
 
「 『白いワイシャツ・ブラウスだったら
  何でもいいや』
 と思って気を抜くと、
 白いシャツほど
 そのクオリティの違いはものすごく
 わかりやすく伝わります」

ということ。
 
 
今は、
 
特に男性用のワイシャツは、
安く済まそうと思えばかなり安いものも
販売されているし、
 
安いわりには質が良いものもあるので、

「シャツにあまりお金をかけたくない」
「白であれば何でも大丈夫だろう」

と思いたい気持ちもわかるんですが、
意外に白のシャツって、
 
けっこう「質」がわかりやすかったりする点は
ちょっとご留意いただくと良いかもしれません。
 
 
私も素人なので、具体的にどこがどう違う、
とかを詳細に挙げての説明はできないのですが、
 
前職での経験も踏まえて

・ シャツ全体から伝わるなんとなくの雰囲気
・ 生地全体の質感
・ 襟や袖など縫製の完成度
・ 既製品であっても着ている人へのフィット感
・ 品の良さ

・・・等々、曖昧な部分も多いのですが、明らかに
違って見えます。
 
 
そして、こわいのが、大げさに思われるかも
しれないのですが、

「 その講師の着ているシャツの質感が
 その講師のイメージになる」

「 その講師の着ているシャツの質感で
 その講師の仕事に対する姿勢や認識が判断される」

「 その講師の着ているシャツや服装が
 その講師への信頼度や印象に影響する」

ということなんです。
 
そして、
 
「新入社員の皆さんは、シャツの違いは
 わからないだろう」
なんて決して思わないでください。
 
「最近の皆さんはすごいな~」と感心してしまう
点でもあるのですが、
 
新入社員の皆さんから見ても、その辺りの雰囲気の
違いは感じ取れたりします。
 
 
白いシャツ・ブラウスが云々・・・と明確な理由は
わからなくても、
そういう所から来る講師の雰囲気を敏感に
皆さんは感じ取っていたりします。
 
あるいは
 
シャツの着方やチョイス、そういう所に
投影されて現れる
その人の中の何かを敏感に
キャッチしているのかもしれません。
 
 
なので

白のワイシャツやブラウスって
一見みんな同じように見える(ような)ので、

「何でもいいや」とおっしゃる方々も
いらっしゃるのですが、

 
「白いワイシャツ・ブラウスほど
 その違いがけっこうわかりやすい」

「その印象は
 講師としての自分の信頼度にも直結する」

ということもちょっと意識して、

「講師としての身だしなみ」

も再確認なさってみてください。
 
 
あ、もちろん、いくら質の良いものを着ていても

・ 襟や袖口が黄ばんでいる
・ 袖口がスレてきている
・ いかにもあからさまにノーアイロン状態

みたいな点は、それ以前のことという前提です。
 
 
今日は妙に仕事っぽい話になっちゃったな~。
 
 
いまのあなたに心からのエールをこめて♪