昨日は
を開催しました音譜



昨年
我が家にホームステイに来てくれていた
ドイツ人留学生Triも交えて




ホストファミリーをしてみたいけど
私にできるかな?
どうしたらいい?
実際のところ、どうなの?

子育てでいっぱいいっぱいなのに
留学生さんのお世話までできるかな?

でも子どもたちのことを考えると
すごく良い体験だなぁって思うんだけど
英語ができなくても大丈夫かな?

ホストファミリーはハードルが高いけど
おうちの外でもできる
国際交流についても知りたい。

親子留学に興味がある。
どうやって実現させたらいい?


などなど
さまざまな家庭環境の中で
さまざまな思いがある
子育て中のお母さんたちと

昨年の秋に
自宅・ゆうま〜る広場に
集まっていただいて
お話会をしました。




実際に
ホストファミリーをしている
我が家の雰囲気や
ホームステイをしている
留学生Tri とも話したり交流してもらい

家に海外からの留学生がいるって
こんな感じだよ。
を味わってもらったり

お母さん方からの
質問や聞きたいことを中心に
お話していくので

みなさん
肩の力が抜けて
お話会後は
それぞれのできるところから
無理なく、がんばりすぎないで
楽しんでできるところで
おうちの外や中で
国際交流を楽しまれています。



前回までは
4人のグループでの
お話会だったので
グループならではの
いろんな視点からの質問が飛び交い




一緒に
おむすびを作ったりもして




みんなで楽しむ時間や
同じ国際交流に興味がある
仲間ができたり
グループならではの
交流ができました。



今回は
遠方で参加できないから
ぜひオンラインで
お話を聞きたい。
リクエストをいただいて

グループではなく
1対1 で
個別でじっくりと
その方の
質問や希望や
家庭環境に沿って
どんな国際交流がしたいか?
どんな国際交流ができるか?
いっぱいお話しました。





国際交流したい!
だけど主人が乗り気じゃなくて。。
おっしゃる方が
めちゃくちゃ多いのですが
実際
我が家のパパもそうでした。


家庭や家族を守りたい!気持ちの強い
ご主人様からすると

家の中に
見ず知らずの人がいる。
ということが
どうも落ち着かず
くつろぐ場である家庭が
くつろげなかったり
リラックスできない状態になり
拒否感や嫌悪感になってしまいます。

それが
さらに
海外の人となると…

もうパニックです!(笑)

未知すぎて
想像もできなさすぎて
理解不能!

今から
5年ほど前に
ホストファミリーがしたい。
パパに話したら

「 なんでそんな発想になるん?
俺にはわからん。
ついていけへん。」
パパに言われました。

あ、もちろん
「 良い体験にはなるとは思うよ。」
とは
言ってくれていました。

だけど
それを、する。のは
また別の話。

家の中ですることだから
当然
パパの生活にも
ふりかかってきます。(笑)

だから余計に
身構えてしまいます。


その前の年には
「 親子留学に行きたい。」
と話すと

その場に
コントのように
倒れて寝込んだパパ。
ショックがでかすぎたようです(笑)。


こんな風に
夫婦であっても
パートナーであっても
好きなもの嫌いなもの
興味があるものないもの
価値を感じるもの感じないもの
やりたいことやりたくないこと
ちがう者同士。


夫婦そろって
やりたいね!となるのって
案外少なかったりします。


そうなると
パパが反対するから〜できない。
パパがイヤな気持ちになるなら〜やらない。
パパに気をつかってまで〜やりたくない。
パパともめたくないから〜やめとこう。

自分のドキドキワクワクや
やってみたいなぁ。
な気持ちよりも

パパが〜な方を優先してしまいます。

本当は
そこからがスタートで

じゃあ、どうする?
今の現状から
じゃあ、何ができる?
から
スタートなのに

スタートにも立たないで
あきらめてしまう。
やめてしまう。
なかったことにしてしまう。
選択してしまいがちです。


これをやってしまうと
パパのせいで〜…
が後々出てきて
やっかいなことになりやすいので
要注意です!

過去に
私も散々経験してきました(笑)。


パパに反対されても
パパがしぶっていても
私が
自分のやりたい!を大切にしてきたのは

パパのせいで!
と思う自分にはなりたくなかったから。
が強かったから。


自分がどうしたい?以上に
パパと
どんな夫婦でいたい?
どんなパートナーシップを育みたい?
どんな家族でありたい?

ここを大切にしていくと
自分のやりたいことをやろう!
につながりました。


もちろん
パートナーが大切な存在だから
尊重したい思いやりの気持ちがあるから
やらないという選択もありで

私も一度
親子留学を断念しました。


だけど
そこと
私がしたいことをしない。
とは
イコールではないこと。

パートナーはパートナー。
私は私。
それぞれが
やりたいことをやって
支え合う助け合う
ことで
さらにパートナーシップが深まります。

いくら私がやりたくてたまらないことでも
パパを悲しませてまで
嫌な思いをさせてまで
無理やりはしたくない。
パパにも心から応援してもらいたい。
きっといつか無理なくできる時がくる。
その時まで待っていよう。
パパにも話して
親子留学を一度はあきらめ
ベストなタイミングを
温めながら待っていました。

するとしばらくすると
やっぱりやりたい!な気持ちがわいてきて(笑)
「 あの〜パパ、やっぱりな〜… 」
と言いかけると

パパから
「 留学のこと?
いいよ。行っておいで。」
まさかのパパから応援してもらって
娘こはるが3歳の時に
マレーシア・ペナン島への
親子留学&ホームステイが実現しました。

私が初めに
「 親子留学がしたい。」
と話し始めてから
半年強かかりました。

私があきらめて待っていた間。
パパはパパで
大好きな奥さんが
こんなにやりたいって思っていることを
なんで俺は応援できないんやろう?
行っておいで!って
楽しんでおいで!って
言ってあげたいのに
なんでそれができないんやろう?
俺はなんて小さい男なんやろう?
パパもいろんな葛藤があったと
話してくれました。

私が素直に正直な自分を伝えることで
パパも素直に正直な気持ちを伝えてくれる
ようになり

このことが
私たち夫婦の絆を深めてくれました。




国際交流は
はじめは
子どものために〜な気持ちから入っても
パートナーシップを育む流れに入ります。


子どもは
実はそんなにネックじゃない。
ことの方が多いです。

子どもたちがいるから
国際交流が
無理なく楽しいものになる。

子どもたちは
遊びの天才。楽しむことの天才。
だから
どんなところでも育っていきます。




それよりも
親である私たちが
我慢していない?
楽しんでる?

子どもたちに
どんな大人になってほしいか?
じゃあ
親である私が
そんな大人であるかどうか?  

それが大切なんだと
私は思っています。


パパの気持ちも尊重しながら
ゴリ押しもしない。
だけど自分のやりたい気持ちも
我慢したり抑えたりもしない。
いろんな理由をつけてあきらめない。
未来はどうなるかなんてわからないから。
そんな気持ちでいると

「 ゆうちゃんのおかげで
世界拡げてもらってるわぁ。ありがとう。」

「 パパのおかげで
やりたいことができてしあわせ。
いつも支えてくれて
協力してくれてありがとう。」

お互いに
感謝を伝え合える関係性に
時間とともにゆっくりと
育まれてきました。

もちろん
今現在も進行中で
お互いの価値観がちがうところでの
いざこざや
なんかスッキリしない感や
言い合いや
色々いろいろモメたりもしますが(笑)
そんなやり取りが
また私たち夫婦を深めてくれるんだろうなぁ。
そんな過程も
楽しんでいけたらいいなぁと思っています。




今回の参加者さんも
ママはやってみたい!
だけど、パパが…
なところで
足踏みされていて

お子様は
英会話スクールに通われていて
そのスクールのイベントなどに
参加しています。
家の外で楽しまれていましたが

ママ自身も
もっと英語を話せるようになりたいし
子どもたちにも
英語でのコミュニケーションを
体験してもらいたい
思いを持っていらっしゃいました。


なので
まずは
今の現状からできること。

おうちの外でできる
国際交流。

そして
妹家族やご実家など
自宅以外でできそうな
環境を使っての国際交流。

などなど
一緒に探していきました。

できない!ことからの
できる可能性探しです。


「 国際交流って
お金がかかるって思っていました。
でも
お金をもらいながらできることも
あるんだって知れて
安心しました。

ホームステイじゃなくても
できる国際交流が
こんなにあるんだって知れて
すごく嬉しいです!!

さっそくできるところから
やっていきます。」


国際交流や英語に触れるって
お金を出してやるもの。
というイメージがあるけれど

もちろん
お金が必要なものもあるし
お金をいただきながらできるものもある。


自分にはできない!と
思ってしまうのは

今の自分の中にある
ほんの小さな世界でのこと。

自分のイメージする
国際交流のかたちだけを
見ていると
できない!無理!になりやすいけれど

そこがまたヒントで

じゃあ、何ができないって思うの?
じゃあ、それ以外だったらできるよね?
できない!無理!からの
できるところ探しをすればいいだけドキドキ


視野を広げて
世界を広げて
見てみれば

できることが見えてくる音譜


こうでなければいけない!なんて
ないからドキドキ


みんなそれぞれ
好きなことも嫌いなことも
得意なことも苦手なことも
やりたいこともやりたくないことも
楽しいことも楽しくないことも
みんなそれぞれ
ちがうから。


自分の好きな楽しいスタイルで
国際交流を楽しんでいけばいいからラブラブ



昨年の
グループでの国際交流のお話会で
でてきたQ&Aもお伝えすると

「 あ、それ
私も聞きたかったです!」

「 私も同じ気持ちです。」

グループならではの
共通する質問もでてきて

「 私だけじゃないんだな。」
みんな
同じような不安や悩みを持っているんだな。
励みになっていきます。




今回は
個別でお話を聞きながら
どんなことができるかな?
国際交流のお話をして

さらに
一人一人の現状や環境に沿って
どんなことができるかな?
深いお話ができて

個別でのお話会もいいなぁドキドキ
と感じました。


個別だからこその
今、リアルなお悩みやお困りごとについても
話しやすく
丁寧に関われて嬉しいなぁと
感じました。


なので
これからも
おうちで国際交流のお話会を
随時
個別で開催していこうと思います音譜





今回
zoomを使った
オンラインのフリートークで
パソコン画面を共有して

おうちの外でできる国際交流。
おうちの中でできる国際交流。
ホームステイやホームビジット。
親子留学や国内留学など。
検索の仕方や
オススメの斡旋会社なども
色々お伝えできて
すごくわかりやすい!と
言っていただいたので


zoomを使ったオンライン。
もしくは
対面(JR茨木駅付近)にて。



8月末まではスペシャル価格の
90分 3000円で
個別でお伝えします。


ご希望の方は
よろしくお願いいたします。


詳細内容は
こちらをご覧くださいませ。


ぜひぜひ
ご一緒に
国際交流を楽しんでいきましょう音譜




夜は、ラーメンキラキラ

昼は、お好み焼きキラキラ


I Love Japanドキドキ

いただきました音譜

 



Corkey の素晴らしいピアノ演奏を

お聴きになりたい方は

もりた ゆうこのfacebook

" THE YOUNG AMERICANS2019  "記事を

ご覧くださいね。

 


Corkeyのピアノ演奏の素晴らしさに

感動しまくりな私。

とは対照的な

いたっていつも通りな子どもたち(笑)。


ホストファミリーあるある話(笑)。

子どもバージョン(笑)。


ホームステイしている人が

起きてきたら


朝ご飯を食べた後でも

またもう一回

一緒に朝ご飯を食べる(笑)。


ホームステイしている人が

帰ってきたら


夜ご飯を食べた後でも

またもう一回

一緒に夜ご飯を食べる(笑)。


「 だって

食べてるの見たら

おいしそうドキドキ

私も食べたい!て

なっちゃうんだもんドキドキ 」

だそうな。


だよね。

一緒に食べるって

おいしいし

楽しいし

なんかいいね。




Corkeyのジャズピアノ演奏を聴きながら

まったりと

本日2回目の朝ご飯を堪能中の息子こうへい(笑)音譜




人生初のお好み焼きに挑戦のRez音譜

うまくひっくり返せて大喜びドキドキ



Corkey も トラーイ音譜



お好み焼きは、簡単に作れて

作って楽しい

食べて美味しい

国際交流の強〜い味方ドキドキ


美味しかったね〜音譜



昨日の練習風景や

ヤングアメリカンズ の

言葉がけや関わりに感動ドキドキ


『 一人一人に特別な力があるんだよ。

本当に。ウソじゃないよ。

だから

みんなで力を合わせたら

ものすっごいことになるよ。

宇宙人もびっくりだよ。

びっくりしすぎて

こんな顔になっちゃうかもね!

みんなで世界をびっくりさせよう!

めちゃくちゃすごいことやっちゃおう!』 


まさに

今年のヤングアメリカンズ 2019のテーマ

" Inspire The World " 



子どもたちを

笑わせたり楽しませたりしながら

集中して取り組めるように

関わりながら 


なにより

ヤングアメリカンズ たちが

楽しんでるのを感じる。 



ヤングアメリカンズ が

子どもたちに

歌やダンスやパフォーマンスを教える

というよりも 


子どもたち一人一人に

体験するという

機会を与えてくれているように感じる。 


子どもたち一人一人が

踊ったり歌ったり表現することを

一緒に楽しんでいる。 

 


アイデアを出し合って

それぞれのアイデアを

すごいね!と受け取って

その中から

じゃあどれにする?と

ぜんぶ子どもたちが決める。 

 

子どもたちが

主体的に関われるように

自分を表現する楽しさ

みんなと一緒にパフォーマンスする楽しさを

ヤングアメリカンズ が

励ましながら讃えながら見守ってくれる。 


You can do it! 大丈夫!

そんな信頼で

関わり見守ってくれている。 


昨日も

ヤングアメリカンズ と子どもたちが

一緒に

歌い踊る姿に

涙が出てきてしまいました。

まだ本番のショーとちゃうのに!(笑)



今年は

息子こうへいをパパにお任せして

私一人ゆったりと

自分のペースで

ヤングアメリカンズ を堪能ドキドキ


だからか

余計に

感動の波が押し寄せてくるのが早いです(笑)。 



ヤングアメリカンズ は

めっちゃ楽しいし感動いっぱいだけど


3日間怒涛のワークショップで

子どもたちはもちろん

親も体力やエネルギー使うし

朝早く夜遅くまでで

下の子も振り回されちゃうから

なかなかにハード。


だけど

それを上回る感動と成長を感じます。


パパとこうへいがお留守番中に(笑)

ワークショップ後に

パパ一押しのラーメンを

食べに行きました音譜


めちゃくちゃ美味しい!!

と大絶賛。


いまだかつて

日本のラーメンが苦手。嫌い。

と言う海外の人に

日本で出会ったことがないくらい


日本のラーメンは

世界に誇れる旨さドキドキ


こんなゆったり楽しい時間をすごせるのは

パパのおかげやなぁ。

パパありがとう〜ラブラブ


家に帰ってからも

CorkeyとRezからも

君のオススメラーメンは

最高だったよ!と言ってもらい

パパも嬉しそう。


こういう心配りや声かけを

ナチュラルにできるYAの2人に感動ドキドキ


パフォーマンスアート専攻のRez。


自身もYAのキャストをし

フロリダ・ディズニーランドで

パフォーマンスをし

20年もの間

YAのディレクターをしているCorkey。


パフォーマンスは

ショーだけでなく


日常の会話や関わりからも

人を喜ばせる。意識が

しっかりあり

しっかり表現されている。

日常がもうアートキラキラ


素晴らしいなぁ。見習いたいなぁ。

出会いに感謝ですドキドキ



娘こはるは

小学生1年生〜3年生チーム。 


2つに分かれたチーム名は。

" Happy " と " Minions " 


昨日のワークショップ後に 


「 Happy って

私が言ったんだよ!

そしたら、チームの名前になっちゃったの!

あはは〜。」

嬉しそうに笑いながら

帰ってきたこはる。 

 

1年目は

何もかもが初めてで

楽しくてたまらなくて

もっとやりたい!! 


2年目は

前もやったし

もういいかな。

来年はもうしない! 


3年目は

なんかやっぱり楽しい!

歌もダンスも大好き! 


4年目は… 

 


どんな風に1年を積み重ねていくのか

年に一回の

ヤングアメリカンズ で

こはるの成長を一緒に味わえるのが

ほんま楽しみドキドキ







今日から 
ヤングアメリカンズ 2019 in 大阪・高槻が
スタート音譜


ヤングアメリカンズ( YA ) って何?

アメリカの若者たち40人と
子どもたちで
三日間で
歌とダンスとパフォーマンスの
ミュージカルのような
ショーを作り上げる
アウトリーチ・ワークショップ。

小学生1年生から参加できるので
娘こはるは
1年生から毎年参加していて
今回で3回目の
ヤングアメリカンズ です。


詳しくは
こちらをごらんくださいね〜音譜







今年は
大阪・高槻市で
ヤングアメリカンズ のワークショップ開催
10周年の
スペシャル・イヤーキラキラ



昨夜は

ひと足お先に 

ヤングアメリカンズと対面し

一緒に

ウェルカムパーティーをワイワイ

楽しくすごしました。 


むふふドキドキホストファミリーの特権ドキドキ (笑)

 


ウェムカムパーティーの会場に着くなり

「 手伝いたい!」

娘こはるは

何やらやる気に火がついたようで

ドリンク運び役をイキイキとやっていました。



グルテンフリーやベジタリアンの人たちにも
対応したパンの数々音譜


突然
となりに座り

ウクレレでハナミズキを演奏して

日本語で歌ってくれた音譜



" What color do you like? " 

と聞かれて


" Yellow! " 

と答える息子こうへいに


" I like Yellow〜! "

と即興で弾いて歌ってくれて

こうへいは大喜び音譜




お見事
ウクレレをゲットしました(笑)音譜



「 あ、令和の人いる!」

こはるが指差したら


" Hi! " 

気さくにしゃべりに来てくれた音譜



日本語の時と同じように

おしゃべりしまくりな

いつものこはる。


それが英語に変わってるだけ。


何て表現していいかわからないところは

私にこそっと聞きに来ながら(笑)。


ほんま子どもって環境が変わると

見事に柔軟に切り替わるから

おもしろい音譜



" Your English is very good! "

ほめられて

" Thank you〜. "

と言って

喜んで踊り出したこはるです(笑)。


彼は

15歳からYAに参加して

ずっとYAのキャストに憧れていて

本当にYAのキャストになって

今回が4回目のツアーだそうな。


夢を描いて

夢を叶えて

夢を与える。


素晴らしいなぁキラキラ





サインや文字には
まるで興味がないこはるですが

YA参加も3回目になると
英語で名前も書けるように
なっていくんやなぁ。

家族全員分
こはるに書いてもらいました。
助かる〜音譜




ウェルカムパーティーは
軽食って案内でしたが
超豪勢キラキラ



アメリカンなピザに


日本の巻き寿司やいなり寿司に
サラダ・唐揚げ・ナゲット・ソーセージ・ポテト
カレーライス・ナン・フルーツ・ケーキ
チップス・クッキーなどなど
盛りだくさんキラキラ



ピーピー笛?カメレオン笛?で
ティッシュはさみゲームも
大盛り上がり〜音譜




それぞれのファミリーから代表者が1人前へ。

普段は
人前で何かするのは苦手なこはるですが

こーゆー楽しそうなことは
進んで前へ行くから
おもしろい音譜


「 どっちも取れなかったよー!」
大笑いで帰ってきました。


パパも早くに仕事を終えて
家族4人全員で
ウェルカムパーティーを満喫できて
パパに感謝ドキドキ

もともと超インドアなパパ(笑)。
だけどこんな風に
一緒に楽しもうとしてくれていることが
嬉しくて
こういう家族で楽しむ感動を与えてくれる
YAとの出会いにも感謝ですドキドキ



通常YAのホームステイは
初日のワークショップ後からで

今回のように
ワークショップ前に
YAとホストファミリーが会って
一緒にご飯を食べて話して〜と
いつもより
1日長いホームステイで

よりお互いのことを知れて
すごいいい!!


ホストファミリーをされている方々とも
話していると

同じ気持ちで
嬉しかったドキドキ


毎年
こんな感じやとええなぁ。


ウェルカムパーティーを企画&ご準備を
してくださった
ボランティアスタッフのみなさま
いつも本当にありがとうございますドキドキ


いつか
子どもたちが成長して
YAを卒業したら
ボランティアスタッフをして

子どもたちや親御さんが
YAを思いっきり楽しめるように
子育てファミリーのお手伝いを
したいなぁ。


与えてもらったことは
同じように与えたい。
ありがたくて
そんな気持ちになります。




そんなわけで

ヤングアメリカンズの

ディレクターをしている男性Corkeyと 


今回が

初来日&初ヤングアメリカンズ・ツアー

参加の女性Rezの 


2人が

我が家にホームステイに

来てくれています。 

 



今日から

怒涛の3日間で

ヤングアメリカンズと子どもたちで

英語と音楽と自己表現パフォーマンスで

ショーを作り上げていきます。 


ヤングアメリカンズは

小学生1年生から参加できます。 


娘こはるは

昨年の参加時には

「 来年は、やらない!」

宣言をしていましたが 


やっぱり

またやりたいなぁドキドキに変わり(笑) 


今年で3回目のヤングアメリカンズ です。 

 


チラッと

昨夜のヤングアメリカンズのTシャツに

" Inspire The World "

って見えた!


私自身

大好きすぎるフレーズに

すでに胸キュンドキドキ


ヤングアメリカンズらしい

スケールがでっかいテーマ。


" Inspire The World "


口にするだけで

なんだかドキドキワクワクしてくる音譜

 


はてさて

どんな3日間&ショーになるのかな? 


ホームステイの時間も

家族みんなで楽しんでいこう〜ワクワク音譜