youeditの無趣味~なブログ

youeditの無趣味~なブログ

無趣味な暮らしの中のパーソナルな物事を
好き勝手に、そして気ままに綴っていきます。

こんにちは、You・Editです。

 

さてさて、自身の愛車

スイフトスタイル(ZC71S)は

今年2019年11月に

車検を迎えようとしています。

 

自身、車検前には

無用な出費を抑えるために

消耗品類の交換などは

出来る限り交換してから

車検に臨んでいます。

 

しかし自力では

交換できないものも。

その最たる消耗品が

タイヤです。

 

現在装着しているのは

TOYO TIREのTEO plus。

サイズは165/70R14 81S。

(写真は運転席側リア)

 

以前交換したのは2016年3月で

「次回車検まで持つかな・・・?」と

よく見たところ、、、

 

うぁぁ、、、スリップサイン出てる。(リア)

 

あぁ、もうダメだ。。。(フロント)

 

これでは車検はマズそうですね。

仕方ないので

増税前にタイヤ交換することにしました。

 

今回交換したタイヤは

GOOD YEARの

GT-Eco Stageというエコタイヤ。

メーカーの製品サイトが見当たりませんでした。

とりあえずあったページがこちら

GOOD YEAR GT-Eco Stage

 

GOOD YEAR製品の中で

経済的な部類に入るようです。

 

サイズは以前のタイヤと同様

165/70R14 81S。

 

製造年月日を調べてみると

X3119とありますので、

2019年7月末~8月上旬の製造。

新しいのはうれしいですが、

できれば半年くらい寝かせて

ゴムが落ち着いた状態のが好みかな。

 

この製品、日本製でした。

てっきり中国や韓国で

製造しているものだろうと

思っていました。

ちょっぴりうれしい。

 

ウェイトをホイールの

内側に取り付けてくれていました。

親切ですね。

 

最近ではホイールの色に合わせて

シルバーやブラックの

ウェイトがあるらしく

随分と時代は進化したものですね。

 

乗り心地はというと、

新品なので当然良いです。

 

しかし少しだけゴムが固めな

感覚があります。

もちろん個人的な感覚ですが・・・

 

静寂性はとても高く、

その静かさに驚きました。

 

転がり抵抗係数はA。

ウェット性能はCらしいですので

まぁ、フツーのタイヤではありますが、

とても静かです。

もちろん装着したばかりなので

静かなのは当然ですが、

コストパフォーマンスや

ネット上での評価は

比較的フツーというか

可もなく不可もなくという感じ。

 

価格は4本とも新品交換で

交換工賃、バルブ交換(4本)、

バランス料(4本)、

廃タイヤ料(4本)で

税込で25,000円で収まりました。

 

前回交換してから3年半。

このタイヤもそれくらい

持ってほしいものです。

よほどの不良品でない限り、

そして長距離を頻繁に移動しない限りは

ほぼ同じような寿命でしょうね。

 

とても良い買い物ができた気がします。

車検も通るので

これでしばらくは安心!

 

ということで今回はこの辺で。

それではまた!

こんにちは、You・EditEditです。

 

忘備録のために

一週間に1度投稿しているこのブログ、

投稿するのを忘れてて

2週間ぶりの投稿になりました。。。

(忘備録の意味がないぞ)

 

さて今回の投稿はというと

全国のローソンで2019年6月から

「夏のスヌーピーフェア」

なるものがあり、

ポイントがたまっていたようなので

景品と交換してみました。

 

スヌーピーのふんわりタオル。

サイズは横80cm×縦30cmというサイズ。

 

パッケージ裏の注意書き。

 

中身を取り出すとこんな感じ。

手触りは悪くありません。

でも先述のサイズを見て

お分かりの方もいらっしゃるかもしれませんが、

バスタオルほど大きくもなく、

フェイスタオルにしては大きい感じ。

 

タオル裏面。いるかなこの写真。。。

 

 

裏面にはLOWSONロゴタグ。

MADE IN CHINAです。

 

スポーツする人や

ジムに通う方などは

重宝するサイズかもしれませんね。

 

開封してしまいましたが

仕事の同僚や友達に

スヌーピー好きがいるので

そのうちの誰かにあげようかな。。。

 

他の景品にはクッションや

保冷バッグなどがあるのですが

数量が少ないみたい。

それを目当てにコアなファンの方々が

爆買いしてポイントを貯めて

ゲットしているでしょうから

私のようにフツーにLOWSONを利用して

ポイントを貯めているくらいでは

到底ゲットできません。。。

 

他にもポイントはクーポンにも

替えられるようなので

ここ最近は

そちらを選んだ方が良いかもと

考えるようになりました。

 

パートナー(妻)に

「これ使う?」と差し出したら

「う、うん・・・」と

明らかに使わないであろうリアクションでした(笑)。

 

友達進呈に決定です!

 

ということで今回はこの辺で。

それではまた!

こんにちは、You・Editです。

 

先日、IQOSの2.4PLUSの

純正ハードケースを

特価で購入した記事を投稿しました。

 

そのときの記事はこちら↓

IQOS 2.4PLUSケース ネイビーを買ってみました

 

そのケースを購入した

地元のコンビニに

偶然立ち寄る機会があったので

「まだ純正ケースあるかなぁ~」と

店内をチェックしてみました。

 

じゃ~ン!ありましたので

とりあえず欲しい色だけ

購入してみました。

 

価格は前回と同じ、

「特価¥150」!!!

 

まだ店内には

純正のスキンシールなどが

6~7点ほどありましたが

ケースのみ購入。

 

しかし何度考えても凄すぎる価格。

 

何気にシールを見ると、

「特価¥150」のシールの下に

以前の価格であろう

シールがもう1枚あるのに気づきました。

 

剥がしてみると・・・

うまく剥がすことができない・・・

 

それでも何とか剥がして

裏から確認すると

おそらく「¥530」ではないかと。

 

この¥530という価格、

推測するに仕入れ値と思われます。

 

小売り商品の定価の

約20~40%が

仕入れ値になっていることが多いはずです。

 

それでも売れないので

¥150て・・・。

 

もう少し刻んで値下げすれば

よかったのでは?と思いますが、

実際¥150で店頭に並べても

こうして自身が選べる状態なワケですから

完全な捨て値なのでしょう。

明らかにお店は赤字なハズ。。。

 

そんな心配はさて置き、

気分手間に装着してみました。

 

左が外に持ち歩く用の

iQOS 2.4Plus ネイビーにネイビーのケース、

右が同じく持ち出し用(予備)の

iQOS 2.4Plus ホワイトにアクアブルーのケース。

 

 ホワイトにアクアブルーの組み合わせは

夏らしいカラーリングでイイ感じ。

 

ホワイトの予備は以前、

このブログで紹介した

引退ホルダーのものですが

もうすでに汚れが目立っているので

ケースを付けたところで

手遅れ感がありますが、

ボディバッグに入れていて

ほとんど使わないので、まぁいいかって感じです。

 

今回追加で購入した

左のネイビーのケースは

どこにも使えず箱から出してもいませんが、

友達にでもあげようかな・・・

 

そういえば、自宅用のiQOS3は

まったくアクセサリーを装着していません、、、、

 

自宅用ですから汚れる心配もないけど

いずれこの2.4Plusが引退するとなると

自宅用の3を外出用に格下げするので

そのころには少しは3用の純正アクセが

値下がりしていると嬉しいかも。

 

と、こんな記事を書いていながらも

そろそろiQOSは卒業

しようかとも考えています。

 

理由は定期的に

デバイスを買い替えなくてはならい上

デバイスがホルダー、チャージャー、

キャップなど、買い替え対象が

多岐にわたること、

またその買い替える製品の単価が

少し高めなことなど、

色々と悩んでいます。

 

今のところ、PloomTechプラスが

一番有力候補かな・・・

評判もよさそうだし。

 

ということで今回はこの辺で。

それではまた!

こんにちは、You・Editです。

 

以前、ビートルズの

アナログシングル、

「ゲットバック」の記事を書きました。

↓その時の記事はこちら

ビートルズ ゲットバックのシングル盤を見つけました

 

同じリサイクルショップに

たまたま寄る機会があったので

ふらっと入ってみました。

 

目ぼしい物はなかったのですが

前回来店時からまだ売れずに

残っていた商品があったので

買ってみました。

 

ポール・マッカートニー&ウイングスの

アナログシングル盤

「アロウ・スルー・ミー」。

(ARROW THROUGH ME)

 

ポール・マッカートニー&ウイングスとしては

最後のシングルになります。

発売は1979年。

B面は「オールド・サイアム・サー」。

(OLD SIAM SIR)

 

品番はEPR-20657オデオン盤。

 

両曲とも

ウイングスのラストアルバム

「バック・トゥ・ジ・エッグ」に

収録されています。

 

左はスリーブに入った盤と

右はジャケ。

ジャケのコンディションはフツーで、

経年によるヤレがありますが

全体的にキレイな方なのでは?

 

ジャケ裏。

日本語訳の歌詞が印刷されています。

 

ゲットバックのシングル盤の記事のように

以前の持ち主の落書きなどはナシ。

折り目などもありませんが

紙質の関係か、

少しだけ黄ばみがありました。

 

盤面オモテ。

溝やラベルにはキズもなくキレイ。

針はあまり落としていないと思われます。

マトリクスはEPR-20657-A 1S 9 0-1と読めます。

間違いかな・・・?

 

裏面。こちらもキレイ。

マトリクスはEPR-20657-B 1S 12かな?

 

この曲、自身はあまり好んで聞きません。

かつ、ウイングスの中では

あまり人気の曲ではないし

曲調からして、

なぜこの曲がシングルで発売されたのか

個人的には疑問に感じています。

 

80年代目前にして少しデジタル感が強く

ポールの曲としては異色な作品。

常に新しいものを取り入れて

進化するポールらしい曲といえば

角が立たないでしょうかねぇ。

(A面・B面ともに)

 

まぁ、ラックに飾っておいて

たまにジャケを眺める程度でしょうか。。。

 

そしてジャケの左上に

悲しい言葉が印刷されています。

 

「来日記念盤

遂に来日が実現した

ポール・マッカートニー&ウイングスの

歴史的最新シングル!」

 

そう、この来日は・・・・

ポールが大麻取締法違反と関税法違反で

東京税関成田支署に現行犯逮捕され

来日公演が中止になったのでした。。。

 

当時、公演に参加するはずだった

多くのファンの落胆といったら

とても言い表せないでしょうね。。。

可哀想すぎる。

(自身は当時は子供でした・・・)

 

おっと、ここで自身も

苦渋を舐めさせられた(?)

経験があるのを忘れかけていました。

↓こいつの件を思い出すと

強い脱力感が襲ってきます。

ポール・マッカートニー来日!そして苦い思い出

 

↓あと、こちらも・・・汗

痛恨のツアーグッズたち

 

ということで今回はこの辺で

それではまた!

こんにちは、You・Editです。

 

2019年3月末に

エースコックから

大盛りイカ焼きそばの

生産終了のアナウンスがありました。

 

その後、駆け込み需要などで

品薄になってしまい、

ついには販売終了のアナウンス後、

自身の地元の店頭で

再度見かけることはありませんでした。

 

そんな中でも

自身は少しだけ購入することができ、

ストックをちびちび(?)と食してきました。

ちなみに以前の記事はこちら

エースコック 大盛りイカ焼きそば 販売終了・・・

 

そして先日、ついに

最後の1個を食べてしまいました・・・

(一応、賞味期限もあるし・・・)

 

しかも、なんと、

自身が最後の1個を食べる前に

スマホで撮影したパッケージ写真を

ミスで削除してしまったため、

とりあえず某サイトから

上の写真を拝借。。。

 

食べようと思って撮った写真は

何とも無様な写真。

(ソースとふりかけを混ぜる前・・・)

 

最後の1個は

どろソースもかけず

完全デフォルトでいただきました。

 

今まで何事もなく購入できたものが

手に入らなくなると思うと、

急に(しかも必要以上に)欲しくなるのは

なぜなんでしょうね・・・。

 

数年後でもいいから、

期間限定で復刻してほしいものです。

 

ちなみに最後の1個の

賞味期限は2019年7月21日。

食したのは7月末で

少し期限を過ぎていました(汗)

ブログに下書きしたのは

さらに後の8月10日です(笑)

 

写真を削除してしまうわ、

最後の1食の写真はショボいわで

悲しい記事が

さらに悲しい状態になりましたが

またいつかこの味を

体験できることを切に願います。

 

ということで今回はこの辺で。

それではまた!

こんにちは、You・Editです。

 

季節はすっかり夏。。。

毎日暑い日が続いています。

 

こうも暑いと食欲もあまり湧かず、

ついつい冷たいものを食べがちです。

 

先日パートナー(妻)と

夕食に出かけた際、

ざるうどんが食べたくなって

地元の丸亀製麺に行ったところ

こんなキャンペーンを

行っていました。

 

夏の福袋 2019年

 

自身「ふぅ~ん・・・」と思って

内容を確かめてみると

2,000円で2,400円のお食事券と

だしソース、だししょうゆが

各1本づつ付いているという代物。

 

結構なお得感・・・・

急に欲しくなりました(笑)

 

ということで自腹で購入。

中身は先述の通りですが、

一応ご紹介しますね。

 

まず、商品券。

 

1枚200円の額面の商品券が

12枚(2,400円分)入っていました。

しかし有効期限があります。

 

2019年12月27日で、

自身の来店ペースだと、

使い残すことはなさそうで一安心。

 

裏には注意書きがありましたが

毎月1日の釜揚げうどんの日にも

使えるようで太っ腹ですね。

 

次はだししょうゆ。

 

内容量は400ミリリットルで

お店のテーブルに置いてあるモノと

同じ製品です。

 

製造は正田醤油。

自身はカボチャやサツマイモの天ぷらに

かけて食べるのが好きですね。

 

最後はだしソース。

 

実は食事券やだししょうゆも

手に入れることができて

とてもうれしいのですが、

この、だしソース欲しさで

福袋を購入したのでした!

 

内容量は340gで

だししょうゆに比べると

少し少なめ。

製造はオリバーソース。

 

このだしソース、

自身はかしわ天には

必ずこれを使います。

 

だし加減といい、

ソースとのバランスが秀逸。

地元のスーパーに

同等品がないか探しましたが

残念ながら見つかりませんでした。

 

オリバーソースのメーカーサイトに

同等と思われる製品がありますが

送料を考慮すると

購入に踏み切れませんでした。。。。

丸亀製麺のテーブルに

置いてあるモノと

全く同じ味ではないかもしれないし・・・

 

しかしこのキャンペーンなら

送料も不要で、

確実にお店のテーブルに

おいてある製品なので安心。

ありがたいキャンペーンです。

 

気になる賞味期限ですが

だししょうゆ(左)は2020年7月3日、

一方、だしソース(右)は

2021年7月27日です。

 

おそらく自身は、

だしソースの消費ペースが

早いと思われますが、

難なく期限までに使えそう。

 

この福袋、1年の中で

一定の期間に販売されるようで、

前回は2019年1月。

来年の年明けにも

販売されると思われるので

その時はもう一度買いたいな。

 

販売価格よりも400円も多い

食事券が付いていて、

かつ、だししょうゆ、だしソースが

付いてくるなんて、

なんて最高のキャンペーンなのでしょう!

 

だししょうゆとだしソースは

自宅での食事で活躍しそうです。

 

福袋の袋が

一瞬ユニクロチックに見えるのは

気のせいでしょう・・・(笑)

 

そうそう、忘れていました。

同時期になにやら

ワンピースとのコラボキャンペーンを

行っているらしく、

その該当メニューを注文すると

先着で缶バッジがもらえるようでした。

パートナー(妻)の注文したメニューに

該当メニューがあったようで

とりあえずルフィを選びました。

 

うぅぅぅ、、しかし使うところがない。

友達にあげようかな。。。

 

ということで今回はこの辺で。

それではまた!

こんにちは、You・Editです。

毎日暑いですねぇ・・・

 

以前、(だい~ぶ前・・汗)

PloomTECHを購入し

その記事を書きました。

 

その後、

自宅の室内専用として

使っていて気付いたのですが

マウスピースがないと

不衛生ですよね。

 

PloomTECHの公式ショップにて

純正品なら2個入り850円(税込)。

しかも色のバリエーションあり。

 

ロゴも入っていて

純正品ならではといった感じですが

手ごろな価格で

かつ手軽に手に入らないかと思っていたら

地元のコンビニ(ローソン)と

ダイソーに社外品がありました。

 

左がコンビニで手に入れた

シリコンマウスピース。

メーカーは東京パイプ株式会社、

中国製で5個入りで108円(税込)。

 

左がダイソーで販売されている

シリコーンマウスピース。

こちらも中国製で7個入り108円(税込)。

 

東京パイプ株式会社製の

シリコンマウスピースのパッケージ。

 

ダイソーのシリコーンマウスピースの

パッケージ。

 

二つの製品を比較すると。。。

 

左が東京パイプ株式会社製。

右がダイソー製。

 

東京パイプ株式会社製の方に

少し透明感があります。

一方、ダイソーの方は

全体が濃い黒で透明感はありません。

 

吸い口を比べてみると

左の東京パイプ株式会社製の方が

少し角ばっています。

ダイソーの方は丸みが強い感じ。

 

実際に双方を試してみたところ

対して差は感じられませんでした。

 

東京パイプ株式会社製の方には

アジャストシールなるものが

付属されています。

(写真には写っていません)

 

このチープ感丸出しのシールは、

マウスピースの脱着時に

たばこ側に貼ることにより

マウスピースとのすき間を埋めて

脱落を防ぐためらしいですが

PloomTECHについては

必要なさそうな感じでした。

 

双方とも、フツーに使って

取り外そうとすると

たばこカプセルも一緒に

スポッと抜けてしまいます。。。

 

なので自身は

たばこカプセルを再度装着しなおしています。

どうせマウスピースを外すときは

新しいたばこカプセルを装着する時だし。

 

ここに紹介した以外にも

社外品のマウスピースは

沢山出回っていると思いますが、

この二つを比べて

どちらに軍配があがるかは

人それぞれといった感じです。

 

自身の中では

どちらかというとダイソーに

軍配が上がりそうです。

 

その理由は

7個入りで108円(税込)ということ。

しいて言うなら吸い口が

少し丸みがあること。

 

ダイソーの方が

シリコーンの硬いのも特徴です。

 

ちなみにですが、

東京パイプ株式会社製の方の

取説の注意書きには

「本製品は洗浄し、

繰り返し使用は出来ません」、

ダイソーの方は

「本品は使い捨て商品です」、

と書かれていますが

どちらも中性洗剤で洗って再利用してます。

だってシリコーン製だもの。

(ちなみに純正品は洗浄して再利用可能)

 

よほど亀裂や損傷がない限りは

洗浄して使っても支障はないと思う。

 

どちらも安価ですが

今後はカラーバリエーションが

増えると嬉しいかもしれない。

 

しょーもない記事でしたが

最後まで読んでいただき

ありがとうございましたっ!

 

ということで今回はこの辺で。

それではまた!

こんにちは、You・Editです。

 

自身、喫煙者なのですが

紙巻タバコは卒業して

電子タバコのIQOSをメインに

glo、PloomTechを使っています。

 

IQOSは2台持ちで

1台の2.4PLUSは外出用、

もう1台のIQOS3は自宅用として使い分け。

 

メインのIQOS2.4PLUSは

外に持ち出すため、

ケースに入れていますが

かなりヤレてきているので

新調することにしました。

 

地元のコンビニ(セブンイレブン)で

2.4PLUSケースのネイビーを購入。

 

しかも驚愕の価格!

150円!!!!!

 

この製品、

この記事を書いている現在でも

公式サイトでも販売されており、

定価販売の2,480円。

 

その値引き率なんと

約94%OFF!

 

たまに自身のIQOSに関する記事を

書いたりしていますが、

その折りに、

純正アクセサリーの

価格設定に疑問を抱いている旨を

書いてきました。

 

価格設定が適正でないため

手軽にカスタマイズできない!・・と。

 

気分転換には

丁度よいアイテムが見つかったので

早速装着してみることに。

 

ポケットチャージャーとケースが

同じネイビーなので

コントラストがほとんど同じ・・・汗

 

側面にはストラップピンの穴が。

(使えるのかな・・・?)

 

インジケーターはとても見やすい!

さすが純正品といった仕上がり。

ボタン部は、少しだけクセがありますが

正しい位置を確実に押せるので

フィット感は社外品にはかなわないかも。

 

デザインコンセプトに合った製品なので

一体感と精度はピカイチですね。

 

しかし、定価2,480円を

150円でたたき売るなんて・・・

スゴすぎる。

 

コンビニの経営者の方も

売れない製品を置いてても

ラチがあかないので

特価で売っているのかと思いますが、

それにしても150円・・・安すぎでしょっ!

 

仕入れ以下の価格であることは

間違いないので

買う側としては得した気分ですが

同時に少し心配になりました。

 

ちなみにこのケース、

他にも純正のスキン

(↑ポケットチャージャーに

貼るステッカーですよっ!汗)

なども150円で売っていたので

また覗いてみようかな・・・?

 

ということで今回はこの辺で。

それではまた!

こんにちは、You・Editです。

 

暑くなってきましたね。

車のメンテなどをするには

少し億劫な季節です。

 

しかし愛車のスイフトスタイルは

オイル交換の時期が迫っています。

どうするか迷いましたが

真夏日での作業はしんどいので

曇りの日を選んだうえで

重~い腰を上げて作業開始です。

 

セーフティーアップと

ブロックを組み合わせて

車輌の前部をのせました。

数回行っている作業なので

この準備については

だいぶ慣れてきました。

 

下のドレン(17mm)を緩めて

古いオイルを抜いていきます。

 

今回はオイルフィルターも交換します。

しかしその予定がもろくも崩れ去りました。

 

なんと

オイルフィルターを

自宅に忘れてきた・・・・

 

うぅぅぅ・・・、

オイル交換作業は

自宅から少し離れた

親戚の敷地内で作業しているため、

オイルを抜いてしまった以上、

車で取りに行くことができない。。。。

 

親戚に車を借りて

取りに行くことも可能ですが

面倒臭いので今回はあきらめました。

 

仕方がないので

一度オイルフィルターを外し、

フィルター内の古いオイルを捨てて

オイル交換をすることに。

(つまりオイルフィルターは使いまわし・・・)

 

65φのフィルターカップで緩めて

オイルが出てくるのでしばらく放置。

 

オイルの流れが落ち着いたら

慎重に取り外します。

 

オイルフィルターが

付いていた車体側。

とりあえずキレイにしておこっと。

 

不本意ですが、

付いていたフィルターを

再度取り付けるので

フィルター内のオイルをできるだけ抜いて

もう一度パッキンにオイルを塗布して

再装着しました。

 

車輌の前部を上げたまま

新しいオイルを3L入れました。

う~ん少し足りないか。

 

ブロックから車を下ろして

平坦な場所でオイルを0.5L追加。

少し多かったかな・・・?

追加は0.4Lくらいで

よかったかもしれません。

(合計3.4Lくらい)

 

とまぁ、ここで実質的な作業は終了。

 

今回のツールたち。

 

左奥からビニ手、ウエス、

廃油受けの容器、

左手前から新しいオイル

(モリグリーン5W-30、SN合成油)、

65φのフィルターカップ、

17mmのボックスレンチ、ジョッキ。

 

なんか、

オイルフィルターを

交換できなかったのが心残り。

なんて情けないんだ。。。

 

仕方がないので(?)、

バッテリーをチェック。

パナソニックのカオスは

装着後1年半が経過。

コンディションは全然元気でした。

 

バッテリーに取り付けている

ライフウィンクも

MAXでLEDが点灯。

さすが保証期間が

長く設定されているだけあって

頼もしい限りです。

 

とはいえ、

自身の準備の悪さや確認不足は

不安な限りです。

 

ちょっとしたモヤモヤ感が残りましたが

オイルはキレイになったので

次回はオイルフィルター交換を

忘れないようにせねば・・・

 

ということで今回はこの辺で。

それではまた!

こんにちは、You・Editです。

 

ここ何回か連続で、

愛車スイフトの

スピードメーターに関する記事を

投稿してきました。

 

以前、故障のため取り外した

スピードメーターの

メーター周りの枠を

交換したスピードメーターの

メーター周りに移植できないか

トライしてみることに。

 

上の写真は現在取り付けている

スピードメーターを

パーツごとに大まかに分解したもの。

左からメーター本体、枠(?)、

アクリルカバーの順です。

 

そしてこれが

故障により取り外した

スピードメーターのパーツ。

 

つまり、上記の写真にあるように

新しいメーターの本体(左)に

取り外したメーターの枠(右)を

合体できないかチャレンジしたのでした。

 

その理由はというと、

新しく取り付けたメーターは

XGモデルのものらしく、

あまり飾り気のない仕様。

 

それに対し

スタイルについていた枠は

メッキパーツで縁取られていて少し豪華。

これらを合体できないかと

検討していたのでした。

 

取り外したスピードメーター。

針の下に敷いてあるシートは

フラットなタイプで1枚型。

 

それに対し、

現在取り付けているスピードメーターのシート。

スピードメーター針の回りだけ

別のパーツで作られていて

下のシートの上に

別のシートがベースのシートの上に

取り付けられているのがわかります。

 

その枠のパーツを持ち上げてみると

なんとなく持ち上がるのですが

スピードメーターの針の関係もあり、

外せるような感じではありません。

ハサミで切って外せそうですが・・・・

 

枠の左下にパーツの巻き込みがありました。

このシートだけ別で光るように

どうやら基盤側より

巻き込んでいるようです。

 

うぅぅぅ、、

これはそのままにしておいた方が

よさそうな雰囲気です。

 

そこで試しに

慎重にフィッティングの確認。

やはりスッポリとは収まりません。

 

別パーツになっている

シートの出っ張り部分が

取り付けたい枠と

干渉しているもよう。

 

とりあえず、左右の赤い矢印と

上下の合計6か所くらいのツメの

スムーズに入る部分だけをセット。

 

無理そうなところは

かませずにフリーにし

外側のアクリルカバーを取り付けてみると、、、

 

ツメを全部セットせずとも

シートの干渉が若干影響しているようで

シートの一部に浮きが出ていました。

 

でもよく見ると、

スピードメーターの針が

シートに干渉するほど

浮いていなかったので

とりあえず放置(笑)。

 

実際に車輌に取り付けてみました。

 

スピードメーターのユニットに

アクリルカバーが

グラつかない程度に取り付けられれば

さほど問題はなさそう。

 

この後、試運転しましたが

シートに針が干渉して

針の動きに影響もなさそう。

 

うん、これでしばらく様子見して

何事もなければこのままOKにしましょう。

 

ということで、

メーター周りが豪華になって

少しだけ嬉しいゾ。

(完全に自己満のレベルですが)

 

こんなカスタムしている人は

他にはいないでしょうし、

誰もしないと思うので

何の役にも立たない記事ですが(汗)。

 

ということで今回はこの辺で。

それではまた!