”  子育ての基本  ”

おはようございます

  

一昨日から 弟分のブーが遊びに来てます

いつもは一人で来るけど
今回は 末っ子のたいちを連れて

ブーはいつも
僕の家に来ると まるで主婦の様に
飯作ったり 掃除したり 洗濯したり
エドの散歩したり

買い物に行くと
僕が何か買おうとするたびに

” 兄貴 人参はまだありますよ ”

 ” 兄貴 キャベツもまだありますよ ”

なんて
格別のサポートをしてくれます

そんなブーはいつも
僕の家に来ると 必ずパパに線香をあげ
手を合わせてくれます

出来ることなら 
一度 パパにあわせたかったけど

きっと

” 優 良い弟分出来たなー ”

なんて
安心してる事でしょう

今日は
タイトルにもかいた通り

ブーと末っ子 たいちを見てて

” あー 子育ての基本はこれだよなー ”

そう思う事がありました。

それは
写真にもある様に

” 親の背中を見せる ”

現実的に言うと

 ” 子は親の背中を見てる ”

さっき僕が風呂から出ると
たいちが パパの前で手を合わせてました

その写真を見て

” パパ これ誰ー? ”

そうです

たいちにとって 
その写真に写ってる人が誰か?
そんな事どうでも良い

たいちにとって大事な事は

親がいつもと違う事してたら
真似したい

これです。

僕もそうでした

僕が娘達の前で本を読むのを見たら
途端に本を読む様になったり

僕が筆ペンで何かを書いたりしてたら
途端に絵を書き出したり

子供って大人の真似しますよね

僕ね
自分の子も粋塾の子達にも

基本的に
あーしろ こーしろとは
ほとんど言いません

聞いてきたら答えるくらい

何故なら 知ってるからですよね 答えを。

その答えがさっきの事

子供は自分の人生に必要な事が何か?

それを知ってる

僕はそう思ってる
だからこそ

  

僕が思う子育ては

聞いてきたら答える

逆に
聞かれてないのに あーしろこーしろを言わない

それと
大切にしたい事は

伝えるのではなく 伝わるものなんだと信じる事。

ブーとたいちが見せてくれた様に

ちゃんと伝わります。

今日もありがとうございました。