1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年09月18日

ユーモアのセンスを問われるとき

テーマ:ブログ

こんばんは

 

 

今日は 昼前後に起きたある人とのラインのやり取りです。

 

 

その方は

 

 

先日 耕せにっぽん!の代表

 

 

東野 昭彦さんと

 

 

一緒に鹿児島に行った時の

 

 

お母さんです。

 

 

27年引きこもりという 東野さんの歴史の中でも

 

 

最長の引きこもりを 家から出すために

 

 

東野さんと一緒に鹿児島に行ってきました。

 

 

結果から言うと ものの30分で本人は決断し

 

 

僕も東野さんも肩をなでおろした感じでした。

 

 

あれから約三日の今日の朝

 

 

その27年引きこもりの信一郎のお母さんからラインが入っていました。

 

 

結構な長文でなにか問題でも起きたかな?

 

 

と 少し不安になりつつも

 

 

読み進めていくと その不安は安心に変わりました。

 

 

・ 北海道に来て良かった

 

 

・ はじめて穏やかに話ができた

 

 

・ 俺って嫌な奴だなって気づいた

 

 

など

 

 

良い報告が続いていました。

 

 

しかし

 

 

最後の僕に対する一文で

 

 

僕のユーモアのセンスが問われることとなりました。

 

 

 

 

 

 

氷室さんの顔を見て一瞬で

 

 

諦めがついたと感じています。

 

 

 

僕はお母さんにあっているので

 

 

悪気がないことは百も承知です。

 

 

そのうえで

 

 

僕はこのラインを見たとき

 

 

” あっ 来たな 俺ユーモアの神様に試されとるわ。 ”

 

 

最近 神様にオーダーしてばかりだったので

 

 

神様が

 

 

” お前よ たまには 俺を笑わせてみろよ ”

 

 

と言っているように感じ

 

 

物凄く面白い返事を考えたんですが

 

 

先日書いたように

 

 

もしかしたら このブログを母親が見ているかもしれないので

 

 

こう返事しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕的には 30点

 

 

自分で書いて自分で笑ってしまいました。

 

 

ということで

 

 

今日伝えたかったのは

 

 

どんなことも

 

 

自分の見方次第。

 

 

ってことです。

 

 

僕が本当はなんて返事をしようかを聞きたい人は

 

 

連絡ください。

 

 

お教えします。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年09月14日

伝わるを望む前に伝えること 伝え続けること。

テーマ:ブログ

おはようございます。

 

 

昨日 9/13の夕方

 

 

自分の頭の中にも心の中にも全く思ってもいなかった出来事が起きました。

 

 

それは

 

 

ラインでの友達追加

 

 

その画面をふと見ると

 

 

とんでもない人の名が出ていました。

 

 

その写真です。

 

 

 

 

岩田厚子(いわた あつこ)

 

 

この名は 僕の母親の旧姓です。

 

 

ある日突然いなくなってから 早25年

 

 

僕は正直 もう今回の人生では もう会うことも話すこともないだろうと思っていました。

 

 

僕はてんぱりました。

 

 

どうしよう?どうしよう?

 

 

電話をするか メッセージを送るか?

 

 

いや もしかしたら同姓同名の人かも?

 

 

ラインの設定を調べてみると

 

 

僕の電話番号を知っている人しか出ないことがわかりました。

 

 

僕はそれでも

 

 

人違いかもしれない そう思おうとしていました。

 

 

もし 本人じゃなかったら 

 

 

期待して 違ったら傷つくから

 

 

僕は勇気を振り絞ってライン電話をしました。

 

 

7回くらいコールした後

 

 

電話を切られました。

 

 

僕はそのあと メッセージを送りました。

 

 

それでも いてもたってもおられず

 

 

もう一度電話をし そして最後にまたメッセージを送りました。

 

 

今日の朝見ると

 

 

僕はブロックされていました。

 

 

既読もついていませんでした。

 

 

僕のメッセージは届きませんでした。

 

 

でも

 

 

僕は悲しくはありませんでした。

 

 

なぜなら

 

 

ブロックされた時点で 母親だと感じたから

 

 

そして

 

 

どこにいるかはわからないけど 生きてくれていたから

 

 

最初に見た時のホーム画面では

 

 

ラインのツムツムってゲームをやっていました。

 

 

次に見たときはそれが見れない状態 ブロックでした。

 

 

でも

 

 

ゲームをやる余裕があるんだな

 

 

母親がゲームをやっていたなんて記憶はないけど

 

 

生きていること

 

 

ゲームをやれる余裕があること

 

 

そして何よりも

 

 

僕の電話番号を知ってくれていたこと。

 

 

もう十分でした。

 

 

 

 

我ながら 泣けてくる文章です

 

 

もっと書きたいこと 伝えたいことはたくさんあった

 

 

出来ることなら 声が聴きたかった

 

 

それができなくても

 

 

文字でもいいから返事がほしかった。

 

 

たった一言でいいから

 

 

言いたいことがあった

 

 

先日 Facebookのライブ中継を始めてやりました。

 

 

北九州の頑固さん 本田さんに殻を破ってもらうために

 

 

本さんのお母さんに感謝の言葉を目の前で伝えてもらいました。

 

 

愛してると伝えてください。

 

 

感謝してると伝えてください。

 

 

そして

 

 

一度切った電話をもう一度かけなおしてもらい

 

 

どうしても聞いてほしかったこと

 

 

” 俺が息子で良かった? ”

 

 

この言葉

 

 

この想い

 

 

これは 僕の想いでした。

 

 

もしかしたら 母親がその動画をみたのかもしれない

 

 

もしかしたら 僕のブログを見たのかもしれない

 

 

もしかしたら どっかで僕の気持ちを聞いたのかもしれない

 

 

何が理由かはわからない

 

 

でも

 

 

はっきりしたことは

 

 

僕の事を 心の中に置いていてくれたこと

 

 

もしかしたらを願い

 

 

ここに 母親へのメッセージを残します。

 

 

” お母さんへ ”

 

 

15年間そばにいてくれて ありがとう

 

 

悪いことばかりして 心配ばかりかけてごめん

 

 

俺の事を心の中に置いていてくれてありがとう

 

 

忘れないでいてくれて ありがとう

 

 

昨日は急に電話してごめんね

 

 

びっくりしただろうし 困るよね

 

 

俺は 親父が死んだとき 独りぼっちになったって感じたけど

 

 

そうじゃなかったね

 

 

俺の事を思ってくれる人はいっぱいいるけど

 

 

俺は あなたに思っていてほしかった。

 

 

それがわかって すごくうれしいよ

 

 

おれは

 

 

あなたの息子で

 

 

あなたに育ててもらえて 本当に良かった。

 

 

あなたの愛情を子供たちや大切な人たちに注いでいくからね

 

 

もしね

 

 

自分を責めているのなら 責めなくていいよ

 

 

だってさ

 

 

俺は幸せだし あなたの事を恨んでも憎んでも責めてもないからね

 

 

だから安心して生きてね

 

 

あなたが俺の事を思ってくれていたように

 

 

俺もずっとあなたの事を思ってたしこれからも思ってるよ。

 

 

ずっとね。

 

 

もしかしたら お互い顔を見てもわからないかもしれないね

 

 

でもね

 

 

何がどうであっても

 

 

俺はあなたを愛してる。

 

 

産んでくれてありがとう

 

 

あなたが命を懸けて産んでくれた息子の手

 

 

覚えてくれてるかな?

 

 

百握りって教えてくれたね。

 

 

キン肉マンの消しゴムを取りに行ったとき

 

 

「 百握りだから良いものいっぱいとれるよ 」って

 

 

言ってくれたこと

 

 

ちゃんと覚えてる。

 

 

あなたの意志じゃなくても

 

 

あなたを感じさせてくれて ありがとう

 

 

いつか会えたらいいね

 

 

その日まで

 

 

これまで通り

 

 

あなたの幸せを心からずっと祈ってる

 

 

だから

 

 

安心して 今を生きてね。

 

 

心から愛してるよ。

 

 

優 より

 

 

 

 

 

 

 

AD
2017年09月07日

開く

テーマ:ブログ

こんにちは

 

 

ここ最近 ブログを書こう書こうと思いつつも

 

 

中々指が進まず書けませんでした。

 

 

書こうと思った時に何かが起こる

 

 

今日も今さっきまでは 若い衆の話を書こうと思って

 

 

キーボードに手を置いた瞬間に

 

 

下の子さくらからラインがきました。

 

 

さくは 僕と性格が似ているので

 

 

彼女を怒らせたり喜ばせたりするのは

 

 

僕にとってはとても簡単です。

 

 

今日は いたずらっ子の僕が出てきたので

 

 

いたずらしてみました。

 

 

 

 

こんな感じです。

 

 

予定通り怒って 返信がなくなりました。

 

 

僕は一人で笑ってました。

 

 

昨日 たまたま見ていたブログに書いてあった言葉

 

 

” 楽しいか 楽しくないか で良いでしょ! ”

 

 

素直で正直な僕はそのまんま受け取り

 

 

さくらが怒るだろうと予想がついても

 

 

上のやりとりをしました。

 

 

先日 弟分のブーの事を書きました。

 

 

 

 

こんな感じでいつも笑わせてくれます。

 

 

そのブーともう一人の弟分フジモンと

 

 

日本一の弟分 バタチャンの男四人で

 

 

先日 映画 君の名は を見ました。

 

 

 

今日

 

 

ブログのタイトルを ” 開く ” としました。

 

 

写真を見てもらえばわかるように

 

 

僕は写真を撮るとき 手を開くことにしました。

 

 

僕の好きな言葉

 

 

” 握ればこぶし開けば掌 ”

 

 

写真をよく見ると テレビまで手を開いていました。

 

 

今日は

 

 

なんの意味もなく

 

 

書いてみました。

 

 

最近 僕の部屋に来ては

 

 

親父の線香をあげてくれる人がいます。

 

 

 

 

上 マサさん

 

下 ブー

 

ありがたいことです。

 

 

書きたいことはいっぱいあるけど

 

 

あえて今日は 脈絡もなく

 

 

思ったまんま書いてみました。

 

 

以上

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月23日

5年目の墓参り

テーマ:ブログ

こんばんわ

 

 

今日は 久々に名古屋に来ました。

 

 

丁度5年前の一昨日の夜

 

 

愛するパパが亡くなりました。

 

 

お墓に行くと 綺麗な白い花が生けてありました。

 

 

 

ありがたいことです。

 

 

 

 

 

何の花かはわからいけど

 

 

きっとここにいる 

 

 

パパもおじいちゃんもおばあちゃんもおじさんも

 

 

みんな喜んでいると思います。

 

 

愛するパパを失って5年

 

 

あれから多くの人と出会い 

 

 

別れも経験しました。

 

 

親父は喧嘩っ早く 人との縁が長く続く人ではありませんでした。

 

 

そんな親父を反面教師にして

 

 

お花の横の石を ある物に似せてみました。

 

 

それはこれです。

 

 

 

そうです
 
 
手です。
 
 
僕の好きな言葉
 
 
握れば拳ひらけばたなごころ
 
 
僕は親父から受け継いだ大切なことを軸としながらも
 
 
親父ほど拳を握り締めるような人生ではなく
 
 
手のように心を開き
 
 
手を差し伸べながら生きていきたいと
 
 
改めて感じる
 
 
5年目の墓参りでした。
 
 
パパへ
 
 
ありがとう
 
 
いつも見守ってくれていること
 
 
 
わかってるよ
 
 
安心して見ていられるように
 
 
一生懸命に生きるから
 
 
 
これからも
 
 
俺の大好きなあなたの笑顔で
 
 
 
見守っていて下さい。
 
 
いつもありがとう
 
 
これまでも これからも
 
ずっと愛してるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月17日

お願いしたいことがあります!!!

テーマ:ブログ

こんにちは

 

 

今日はまず 約四年前の記事を見てください。

 

 

http://ameblo.jp/youbuzz/entry-11582018290.html

 

 

読んでもらいましたか?

 

 

そうです うちの誠治の記事です。

 

 

この記事にも書いたように あれから四年経ち

 

 

誠治は だいぶ成長しました。

 

 

仕事もそう お金のこともそう そして 人としての心根も。

 

 

仕事は現場の責任者として

 

 

うちのトップクラスに並ぶくらいのスピードを身につけ

 

 

お金のことは

 

 

あれだけだらしなかったのに 少しづつだけど貯金し

 

 

もう何年も お姉ちゃんに仕送りをしています。

 

 

そして人としての部分

 

 

今日は 昨日の夜みんなで遊んでいた中での出来事を書きます。

 

 

まず この写真を見てください。

 

 

 

 

この写真 みたまんま マシンガンです。

 

 

もちろん BB弾で遊ぶ銃です。

 

 

誠治の趣味は このミリタリー集めや プラモデルの作成や車などです

 

 

先日 僕は初めて誠治と熊本メンバーで

 

 

サバゲーに行ってきました。

 

 

BB弾の銃を持って撃ち合うゲームです。

 

 

正直 そこまで期待はしてなかったけど

 

 

何事もやってみなければわからない。 というまんまで

 

 

めちゃくちゃ面白かった。

 

 

やったことない人は 是非やってみたらいいと思います。

 

 

老若男女問わず遊べるし

 

 

良い運動にもなる 面白い遊びでした。

 

 

僕は 興味を持ったら とことんやるタイプなので

 

 

早速 モデルガンを買い 昨日みんなで飯を食った後

 

 

熊本の土場で 真っ暗な中 みんなで遊んでいました。

 

 

僕と誠治が同じチームの時 トラックの後ろで隠れている僕の横を

 

 

誠治が走っていきました。

 

 

「 痛っ!!! 」

 

 

声が聞こえ 誠治の方を見ると ずっこけてました。

 

 

僕は笑いをこらえながら ゲームを続けていました。

 

 

ゲームが終わり 休憩中に 僕はコンビニに行きました。

 

 

コンビニから帰ると ブーが

 

 

「 兄貴 誠治君 病院行った方がいいんじゃないですか? 」

 

 

と 言ってきたので

 

 

僕は 携帯のライトで照らしながら 誠治の傷を見ました。

 

 

見た瞬間

 

 

「 お前 病院行け 」 と言うくらいの傷でした。

 

 

(写真を載せるので 見たくない人は飛ばしてください )

 

 

 

 

 

 

結果 誠治は三針縫いました。

 

 

僕がライトで照らしてみているとき

 

 

横にいた誰かが 

 

 

「 誠治さん 銃を守ってますもん 」

 

 

と 言っていました。

 

 

僕は 誠治がなぜ玩具の銃を守ったのか?

 

 

そこに 誠治の優しさであり 心の成長を強く感じました。

 

 

話は飛びますが

 

 

今 氷室建設の名古屋には 誠治のお兄ちゃん そして 実のお父さんがいます

 

 

誠治のお兄ちゃんは 目の病気にかかり 夜になると

 

 

人の手を借りないと歩けません。

 

 

そして 誠治の実のお父さんは

 

 

去年 17年ぶりに連絡があり 齢70歳にして

 

 

現役の運転手として いま 働いてくれています。

 

 

心臓に爆弾を抱えながら。

 

 

ガキの頃

 

 

家族のためを思い 犯罪を犯した

 

 

そして あれから十何年たったいま

 

 

一家の面汚しだった誠治のもとに 家族が集まる。

 

 

別で暮らしているお姉ちゃんには ずっと仕送りをし

 

 

別で暮らしているお母さんには 事あるごとにお小遣いを渡したり

 

 

休みになれば 買い物に付き合ったりなど

 

 

あいも変わらず 家族の為に一生懸命に生きてます。

 

 

そんな誠治が どうしてこの銃を守るためにケガをしたのか?

 

 

それは

 

 

実のお兄ちゃん そして 実の お父さんからの

 

 

初めての誕生日プレゼントだったから。

 

 

安月給の二人が 一生懸命にためて買ってくれた

 

 

七万円もするモデルガン。

 

 

下手したら 失明していたかもしれない状況にもかかわらず

 

 

そのプレゼントをかばい

 

 

自分が怪我をすることを恐れない。

 

 

もう38歳にもなる 世間から見たら なんともならない男かもしれないけど

 

 

僕から見たら そこらへんの口だけ男より

 

 

よっぽど 男らしく 人に傷み 人の想いがわかる

 

 

素晴らしい男であり人間だと思ってます。

 

 

顔はぶさいく お金もない 貯金もなければ 稼ぎも人並み

 

 

でも

 

 

ここまで読んでくれた人ならわかるように

 

 

彼には 誰よりも秀でたものがあります。

 

 

それが

 

 

大切なもの 大切な想いを守る 守り抜くという やさしさ。

 

 

今日タイトルにも書いたように

 

 

どうして誠治の事を書いたのか?

 

 

それは

 

 

誠治がようやく 志を立てたから

 

 

そして

 

 

それに伴って 縁があれば お願いしたいことがあるからです。

 

 

誠治は ” 独立して社長になる ” という志をたてました。

 

 

今のこいつなら 数年後には 立派な社長としてやっていけると僕が太鼓判をおします。

 

 

その上で 僕がお願いしたいのは

 

 

彼に女の子を紹介してあげてほしい。

 

 

ということで

 

 

どなたか ご縁があるようでしたら

 

 

コメントなどでも結構なので連絡お待ちしています。

 

 

氷室 優

2017年07月14日

どっち側の人間でありたい?

テーマ:ブログ

こんにちわ

 

 

前回のブーのブログ えらい好評でびっくりしました。

 

 

ブーにも伝わったようで良かった。

 

 

今日はそのブーと

 

 

熊本で出会ったもう一人の弟分フジモンの兄弟喧嘩の話です。

 

 

喧嘩の内容 理由はどうでもいいんです。

 

 

問題は喧嘩の後処理

 

 

僕からしたらかわいい弟分

 

 

さぁ どうやって仲をとるか?

 

 

僕は今さっき 中村一家のライングループに書きました。

 

 

 

 

 

 

この通りです。

 

 

文字で伝えました。

 

 

電話もしてないしあいにもいってません

 

 

なぜなら

 

 

あいつら二人を信じてるから。

 

 

ブー

 

 

お前はフジモンからしたら 兄貴分

 

 

だから お前が呑め。

 

 

呑めんのだったら 俺に言ってこい。

 

 

人はな

 

 

どんな時に間違えたり後悔したりするか知っとるか?

 

 

それはな

 

 

自分が正しい 自分は間違ってないと思ったときなんだぞ

 

 

兄弟で どっちが正しいかなんて関係ねーだろ?

 

 

大事なことは

 

 

その奥の想いだろ?

 

 

わかってほしくて書いてるんじゃねーぞ

 

 

わかると思って書いてるんだぞ。

 

 

わかったら 呑め。

 

 

以上

 

 

フジモン

 

 

昨日 飲み屋で言ったな

 

 

シャンパンタワーと一緒で

 

 

下の人間が 上を支えるの

 

 

簡単だろ?

 

 

あえて 二人の事を書いてる意味わかるか?

 

 

男にはさ くだらんかもしれんけど

 

 

意地があるだろ?

 

 

意地ってのはな 自分の為に張るもんじゃねーぞ

 

 

意地ってのは 守るものの為に張るもんなんだぞ。

 

 

お前が張ってる意地は 誰のためだ?

 

 

わかるな?

 

 

お前が携帯壊れて 見えないと思ってここに書いてる。

 

 

同じ場所に行きたくてもさ

 

 

飛行機が苦手な人もいれば 船が苦手な人もいるだろ?

 

 

お前ら二人は 今まさに

 

 

気を見て森を見ず なんだぞ

 

 

お互い俺の事を思ってくれてるだけだろ?

 

 

だとするなら

 

 

俺が悲しむことするな

 

 

何回喧嘩してもいいけどさ

 

 

それプラス一回だけ 仲直りしろ。

 

 

相手の立場に立て

 

 

相手の声を聞け

 

 

相手の想いを理解しようとしろ

 

 

それでもわからなかったら 素直に教えてもらえ

 

 

徹底的に とことん向き合え

 

 

そうやって 絆は出来上がるもんなの

 

 

わかったな?

 

 

ラインにも書いたけど

 

 

師匠に心配かけるようなことだけは するな

 

 

その時は

 

 

日本一の兄貴の鉄拳をおみまいしたるでな

 

 

二人 笑顔で熊本に帰って来いよ。

 

 

待っとるからな。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年07月12日

完璧主義で悩んでいる人へ

テーマ:ブログ

こんにちわ

 

 

今日は 熊本で出会った 弟分

 

 

河原田 敦志

 

 

通称ブー に先日伝えた話です。

 

 

 

 

見たまんま デブだから ブー

 

 

元やくざで 一度会社を倒産させたことのある 39歳

 

 

こいつ デブなくせに 完璧主義者なんです。

 

 

基本 デブは完璧ではない。

 

 

なぜなら 自分の自制心で自分の欲求をコントロール出来ないから。

 

 

これが 一般的な意見となります。

 

 

ちなみに 僕も完璧主義者です。

 

 

僕を見たことある人ならわかると思いますが

 

 

僕も デブです。

 

 

だから こいつと一緒で 完璧ではない。

 

 

あくまで 一般論としてです。

 

 

人は生きていると 悩みにぶち当たります。

 

 

ブーは 二日でも三日でも考える

 

 

なぜなら 完璧な答えを導きたいから。

 

 

僕は 悩みにぶち当たると

 

 

最大 2秒まで考える。

 

 

なぜなら 完璧だから。

 

 

同じ完璧主義者なのに とる行動は全然違います。

 

 

ブーは 悩みにぶつかると 本気で考えます。

 

 

僕も悩みにぶつかると 本気で考えます。

 

 

最大2秒。

 

 

ブーは 最大 何年間も。

 

 

せっかくできた かわいい弟分だから

 

 

昨日

 

 

この違いについて 中村一家のライングループで伝えました。

 

 

僕は昨日 結構心と頭がモヤモヤしていました。

 

 

若い衆が あいもかわらず格好悪い考え方をしたり

 

 

若い衆が 何回言っても やってはいけないことをやったり

 

 

若い衆が 何回失敗しても 同じことを繰り返したり

 

 

理由は様々です。

 

 

僕は さっきも書いた通り 2秒考えました。

 

 

結果 何をしたか?

 

 

 

 

そうです スーパーに行き 子供用のプールを買い 水浴びしてました。

 

 

一人で空気入れるのに一時間もかけて

 

 

空気を入れるのに疲れたから 電動のコンプレッサーを使い

 

 

大きな音を出しながら空気を入れました。

 

 

その横で 熱中症で若い衆が寝ているのに。

 

 

余裕でお構いなしです。

 

 

なぜなら 完璧だから。

 

 

このことを ブーに伝えました。

 

 

ブーは ものすごく色んなことを真剣に悩んでいるのに

 

 

思わず笑ってしまった。 と言っていました。

 

 

 

一体 なんの勝ちなのか?

 

 

そんなこと どうでもいいんです。

 

 

今日は 完璧主義で悩んでいる人へ書いています。

 

 

もう答えは伝わりましたか?

 

 

そうです

 

 

答えは

 

 

完璧かどうかの基準を 他人軸ではなく 自分軸にするんです。

 

 

超簡単です。

 

 

僕はよく言います。

 

 

” 人に意見なんか くそくらえだわ! ”

 

 

人を馬鹿にしているわけではありません。

 

 

人の意見で振り回されて 無駄なことを繰り返す前に

 

 

一度でいいから

 

 

自分がしたいことだけに 集中してみたらどうだ?って意味です。

 

 

僕は眠くなったら寝るし 腹が減ったら飯を食います。

 

 

酒を飲みたかったら飲むし 歌いたくなったら歌います。

 

 

完璧主義の人は その評価の基準を他人に預けるから苦しいんです。

 

 

それは もうやめましょう。

 

 

はっきり言って 意味ない。

 

 

無駄。

 

 

誰かから 100点もらって自己重要感が潤って

 

 

満足しました。

 

 

そして その人の基準が変わったら

 

 

また その人の基準で100点取るんですか?

 

 

あなたは いったい誰の人生を生きてるの?

 

 

子供の人生?親? 仲間や友達?先生や上司?

 

 

もう自分の人生を生きていいんです。

 

 

人に迷惑かけるかもしれない

 

 

人に嫌われるかもしれない

 

 

それは その時考えましょう。

 

 

迷惑かけたなら

 

 

迷惑かけて ごめんなさい。

 

 

嫌われたなら

 

 

今まで 好きでいてくれて ありがとう。

 

 

たった これだけで 問題可決です。

 

 

超 簡単です。

 

 

どっかの誰かより あなた自身が納得できればそれでいいんです。

 

 

人生って 本当にそんなんでいいと

 

 

僕は本気で思ってます。

 

 

だから

 

 

完璧主義で苦しんでる人に書きました。

 

 

あなたが僕をどうおも思うが

 

 

僕は 常に完璧です。

 

 

なぜなら

 

 

僕を評価するのは

 

 

僕だから。

 

 

 

2017年07月10日

過去の解消法

テーマ:ブログ

こんにちは

 

 

去年から 東野さん師匠 そして僕の三人で

 

 

相談会という名の 小さなイベントやってます。

 

 

その名の通り 人の相談に乗る場です。

 

 

相談内容は様々ですが 共通点は一つあります。

 

 

それは 人間関係

 

 

当然のごとく それは過去の出来事となります。

 

 

生きているのは 今

 

 

考える基準や感じる基準は過去

 

 

よっぽど自分に自信があるか 納得している人生や選択をしていない限り

 

 

この基準では 悩みます。

 

 

その相談会以外にも 僕は いろんな人から相談を受けます。

 

 

Facebookやメールなどで 相談が来て

 

 

時には 会いに行って話をするときもあります。

 

 

状況を見て判断しますが 緊急性が高い時には会いに行きます。

 

 

そうでないときは 電話やメールなどのやりとりでお答えしています。

 

 

でも

 

 

会いに行っても 電話でもメールでも

 

 

結局いうことは一緒です。

 

 

言うことは一緒なんですが 言うとはつまり

 

 

その人の中に言葉を入れる ということなので

 

 

この人は 会って話を聞かないと 心のコップに空き容量ができないな と

 

 

判断したら会いますし

 

 

この人は 会わなくても 心のコップに空き容量ができるだろうと

 

 

判断したら メール電話での判断とします

 

 

基本的に人は

 

 

聞く準備ができていないと 何を言われても入らない

 

 

聞く準備とは 

 

 

心のコップに空き容量ができること そしてそのうえで

 

 

聞きたいという状態を作ることだと僕は思ってます。

 

 

そして その状態を作ってからが本番となります。

 

 

その本番で僕が言うことは 基本 いつも一緒です。

 

 

親から与えられた こうじゃないといけない という考え方が原因なら

 

 

親に 私は こうしたい と伝える

 

 

友達や学校で与えられた こうじゃないといけない という考え方が原因なら

 

 

その与えた人に 私は こうしたい と伝える

 

 

むちゃくちゃ簡単です。

 

 

この簡単なことが 中々できない人が多い。

 

 

正直 僕からしたら 無茶苦茶簡単なこと

 

 

なぜなら それしか方法がないと知っているから。

 

 

いじめられたことが原因なら

 

 

そのいじめっ子のところに行って いじめられて苦しかった と伝える。

 

 

親の厳しいしつけが原因なら

 

 

あなたには幸せになってほしいけど 私は私を幸せにしたい と伝える。

 

 

子供に対しての自分の行動が原因なら

 

 

子供に面等向かって 謝る 必要なら土下座でもする。

 

 

ごめんなさい。と

 

 

そして 私は私なりに一生懸命にやったけど 未熟でした。と認める

 

 

きっと 相談に来る人たちは これをわかってる。

 

 

わかってるけど 出来ない。

 

 

なぜなら

 

 

行動した後の事を考えてるから。

 

 

つまり 許してもらえないかもしれない

 

 

わかってもらえないかもしれない。

 

 

と考えるから。

 

 

僕は相談者の人に 必ず言います。

 

 

「 それ 無駄ですよ 」

 

 

なぜなら

 

 

あなたが悩んでいる悩みで その人は悩んでいないから。

 

 

もしかしたら 相談者の人たちは それもわかってるのかもしれない

 

 

だから僕はいつも言うんです。

 

 

「 僕が一緒に行きましょうか? 」

 

 

つまり 僕なりのはっぱをかけます。

 

 

勇気を与えようとします。

 

 

必要なら本当に一緒に行きます。

 

 

こんな感じで いつも相談に乗ってます。

 

 

昨日の日曜日 耕せからの卒業生 通称 フレンドリー (フレ40歳)

 

 

に ある命令を出していました。

 

 

簡単に話をすると

 

 

フレの家は 医者の家系

 

 

お父さんはお医者さんで 子供のころから厳しい教育を受け

 

 

いつも 出来る兄弟と比較され育てられました。

 

 

そしてある日

 

 

お父さんは自宅のふろ場で自殺しました。

 

 

あれだけ厳しかった父親が ある日突然 人生から逃げる。

 

 

フレは人生に迷いました。

 

 

彼が選んだ道は 出家でした。

 

 

あるお寺に入り 坊さんとして人生をやり直そうとしました。

 

 

結果 彼は そこから逃げ出しました。

 

 

つい一週間ほど前 熊本の若い衆と飯を食っているとき

 

 

フレが その逃げたことを 後悔していると感じさせる言葉を吐きました。

 

 

僕はすかさず

 

 

「 おい フレ お前次の日曜日 そのお寺に行って謝ってこい 」

 

 

氷室建設のルール①

 

 

社長に絶対服従。

 

 

うもすも ありません。

 

 

 

彼は昨日そのお寺に行ってきました。

 

 

 

 

 

逃げた経緯 逃げた理由 そして 今どうしているのかを話したそうです。

 

 

住職は 彼の話をずっと聞いてくれました。

 

 

フレが話を終えると 住職は話し始めました。

 

 

「 君が 心から逃げ出した後 法事などで人手不足になったとき

 

 

君は 来てくれたよね?

 

 

本当に助かったよ ありがとう。

 

 

そして 今はやりがいのある仕事をみつけて

 

 

一生懸命に頑張ってるんだね 安心したよ。」

 

 

そう言ってくれたそうです。

 

 

 

 

これがタイトルにも上にも書いた

 

 

過去の解消法です。

 

 

過去に何かあるなら その場所 その人に会い

 

 

その場所で その時 その人に言いたかったことを伝えればいい

 

 

たったそれだけのこと

 

 

簡単です。

 

 

難しくしてるのは あなたです。

 

 

もう一度書きますが 難しいと感じるのは

 

 

そのあなたがしようとしている行動の先まで あなただけが考えているか

 

 

さっきも書きましたが

 

 

あなたの相手は そんなこと 考えていません。

 

 

だから 考えるだけ無駄です。

 

 

わかってもらえたなら 即座に行動しましょう。

 

 

以上です。

 

 

 

2017年05月26日

芦木 無料相談所 Vol1

テーマ:ブログ

こんちには

 

 

氷室建設では 五年ほど前からカウンセラーが常勤しています。

 

            あしき   みふく

その名は 芦木 美福

 

 

事務員です。

 

 

約五年前から 耕せ日本の卒業生を受け入れることを始めるにあたり

 

 

単なる事務員であった美福さんに

 

 

カウンセラーの資格をとってもらい

 

 

カウンセリング事務員へと昇格した女性です。

 

 

僕が 外に出ることが多くなったこともあり

 

 

彼女に若い衆の心のケアのそのほとんどを任せています。

 

 

彼女は 彼らに相談に来るうちの馬鹿どもの声を聴き

 

 

ある一線を超えた もしくは 超えそうだと感じたときのみ

 

 

僕の連絡をくれます。

 

 

そこで 大将の僕の登場となります。

 

 

みなさんのイメージだと きっと

 

 

” 一喝するんだろうなぁ ”

 

 

的な感じだと思いますが

 

 

案外僕は 聞くに徹し 彼らの心の声を感じ取り

 

 

彼らのベクトルが未来や自分に向くように努めます。

 

 

そんな感じで 協力しながら 若い衆と向き合っている僕らですが

 

 

先日 面白い相談内容があったので

 

 

載せていこうと思います。

 

 

せき

 

 

この男も 耕せからの卒業生

 

 

26歳

 

 

兵庫県出身

 

 

父親が警察官を教育する警察官

 

 

厳しい家庭で育ち あるきっかけで引きこもりとなり

 

 

そして 縁あって 氷室建設にきました。

 

 

頭は頑固で 融通がきかず 一つのことに集中してしまい

 

 

周りが見えなくなる そんな男です。

 

 

彼の趣味は サバゲーです。

 

 

サバイバルゲーム

 

 

BB弾を詰め込んだ ハンドガンやマシンガンなどを持ち

 

 

服も軍服を着て チームに分かれて撃ち合い

 

 

楽しむという ゲーム

 

 

いうまでもなく ミリタリーおたくです。

 

 

そんなせきが 先日 美福さんに相談してきました。

 

 

” 芦木さん 今 北朝鮮とアメリカが戦争になりそうなの知ってますか? ”

 

 

「 ごめん 全然知らない それがどうしたの? 」

 

 

” いや 相談なんですけど 非常食を買っておいた方が

 

 

良いですかね? ”

 

 

僕はここまでの話を聞いて 爆笑しました。

 

 

氷室 「 マジで! 美福さんそれでなんて言ったの!?」

 

 

” 社長! 私は真剣に答えましたよ! ”

 

 

美福さんが答えた答えは

 

 

” せき君 給料日前だけど 非常食買うお金ある? ”

 

 

「 ないです 」

 

 

” あのね せき君知らないと思うけど せんべいも非常食になるんだよ

 

 

だから 100円ローソンでも言って 買っておいで ”

 

 

「 あっ そうなんですか ありがとうございます 」

 

 

数日後

 

 

美福さんが せきに聞いたら

 

 

せきは せんべいを買っていなかったそうです。

 

 

このやりとりだけで 彼の心の不安は取り除けた

 

 

そんな 報告を聞き 僕はせきに電話しました。

 

 

「 なんだ!お前

 

 

非常食買ったんか!あ? 」

 

 

” いえ 買ってません ”

 

 

「 お前な お前もうちの若い衆なら

 

 

戦争になると思ったら 食い物の準備する前に

 

 

てめーが戦争に行く準備しろ! あほ! 」

 

 

” はい! すいません! ”

 

 

その後彼が自慢の おもちゃの銃を整備したかはわかりませんが

 

 

こんな感じで

 

 

芦木 無料相談所は日々

 

 

若い子たちの 心の悩みと向き合ってます。

 

 

相談したい方は いつでもどうぞ。

 

 

以上です。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年05月18日

いつか読む 若い衆へ (あつし)

テーマ:ブログ

こんにちは

 

 

今日 二年前に逮捕された うちの若い衆あつしからの手紙の話です

 

 

彼は四人家族の長男坊

 

 

昔からやんちゃで 悪いことを散々やってきた男でした。

 

 

そんな中 彼は格闘技に出会い

 

 

東海地区のチャンピオンにまでなりました。

 

 

当然 喧嘩負けなし 僕も勝てないと思うほどの男です。

 

 

彼は 格闘技に出会うまで ジャンキーでした。

 

 

音楽が好きで 覚せい剤に手を出し

 

 

前科もあります。

 

 

何年ぶりに僕とたまたま出会い 氷室建設に来ることになりました。

 

 

それがざっと 7年前

 

 

そして 一年ほどしたとき

 

 

また 傷害と覚せい剤で逮捕されました。

 

 

その服役中に 最愛のお母さんが亡くなりました。

 

 

死に目には会えませんでした。

 

 

その原因を 彼が金を貸していた うちの誠治に向け

 

 

この二年間の手紙の内容は

 

 

ほとんど誠治を許せないという内容でした。

 

 

今日きた手紙に

 

 

また 書いてありました。

 

 

誠治を許せない。

 

 

でも いつもと違って その続きがありました。

 

 

” 僕は誠治が許せないんじゃなくて

 

 

誠治を守ってばかりいる社長が許せないのかもしれない ”

 

 

彼は

 

 

そう書いた後 昔僕が差し入れした本 鏡の法則にある

 

 

感謝のメッセージを僕に書いてくれました。

 

 

・ 友達になってくれてありがとう

 

・ ガキの時 シャブでヨレヨレで行く所がなくて困ってたら

 

「 家くればいいが 」 って言って嫌な顔しないで何日も

 

泊めてくれてありがとう

 

・ 高校生の時 電車であったらいつも社長の方から「おはよう」

 

って言ってきてくれてありがとう

 

・ 仕事してなくてプラプラしてた時 「 ウチで働けばいいが 」

 

っていって働かせてくれてありがとう

 

・ ケンを可愛がってくれてありがとう

 

・ 四国にお遍路つれてってくれてありがとう

 

・ フィリピン連れてってくれてありがとう

 

・ おいしいもの食べるとき いつも自分より先に僕に食べさせようと

 

してくれてありがとう

 

・ ガキの時 麻雀教えてくれたり ダッチマン(バー)つれてってくれて

 

ありがとう

 

・ 粋塾の時「よくがんばった」ってほめてくれてありがとう

 

・ 彼女を作らない簿奥のことを心配して何回もコンパ開いてくれて

 

ありがとう

 

・ ガキの時 自分もお金ないくせに いつもおごってくれてありがとう

 

・ 金沢刑務所出所した時 迎えに来てくれてありがとう

 

・ 何回刑務所きても 見捨てないでくれたありがとう

 

・ 氷室建設で働かせてくれてありがとう

 

・ ガキの時 仕事終わった後 肉まん半分くれてありがとう

 

謝りたいこと

 

 

・ シャブやめれなくて何回も刑務所きてごめんなさい

 

・ 誠治のせいにして 自分の弱い所や悪い所を認めなくてごめんなさい

 

・ 娘さんの作った エドの首輪捨てちゃってごめんなさい・

 

 

こう書いてありました。

 

 

僕は 彼からの手紙を読んで泣いたのは初めてでした。

 

 

返事の手紙にも書いたけど

 

 

正直 うれしかった。

 

 

今日 僕の心はとてもすがすがしくきれいになりました。

 

 

その矢先に この手紙

 

 

” あぁ 神様いるな やっぱり大丈夫だわ ”

 

 

そう思いました。

 

 

本当に嬉しくて ありがたい手紙

 

 

出所したら ガキの時みたいに

 

 

朝日が昇るまで飲みたいと思います。

 

 

あつし

 

 

ありがとう。

 

 

お前のお陰で忘れてた思い出を思い出すことができたよ

 

 

思い出してみると

 

 

俺って 昔から恰好良いなー なんて

 

 

良い気分に浸れたわ。

 

 

金なくて半分こした肉まん

 

 

半分こした 100円のジュース

 

 

懐かしいな。

 

 

お金がなくて良かったな。

 

 

物の価値を勉強させてもらえたな。

 

 

それが 今の俺にとってものすごく大切な価値観になってる

 

 

そんな 大切な時間を一緒にいてくれて

 

 

一緒のことを感じてくれてありがとう。

 

 

待ってるからな。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。