札幌発 B級グルメ放浪記

札幌発 B級グルメ放浪記

札幌のB級グルメを食べ歩きしながら、まちの魅力を再発見

 

ここの近くに住む同僚から情報を得てたのに、

タカトシに先を越されて、ほとぼりが覚めた頃にニコ

 

 

 

東15丁目屯田通を越えたら、すぐ。

 

 

住宅街の中のアパートのような佇まいチョキ

雨降りだけど、店舗の前には車がビッシリ。

 

 

 

階段を上がった2階が真の入口あしあと

 

 

 

ちょうどお昼時とあって、結構な込み具合キョロキョロ

店内はカウンター2席に、大小のテーブル席が4つ。

 

 

 

店の名前を冠したカレーはワンコインニコニコ

お得な風水やチーズ、生タマゴ、焼きカレーなど12種類も。

 

色が微妙に違って見えるけど、同じなんだそう。

 

 

 

スープカレーや麺類まであるんですね虫めがね

 

 

 

辛さは、1UPごとに10円増し!?

 

 

 

 

 

当人にとっては、いいかもしれないけどアセアセ

 

 

「納豆オクラスープカレー」 900円。

漂ってくるオイニーがなかなか強烈チュー

好きな人にはたまらないネバネバ トロ~リ。

 

 

 

大辛7番をものともしない鬼嫁は、

ひと口ですっかり気に入ったようで、高評価OK

 

 

 

 

「カツカレー」 900円。

ボクは、やや抑えめの中辛の5番で。

一番人気は、大きな皿に150gのカツがドーンと拍手

 

 

 

まさに飲み物のようなルーの海波

 

 

 

豚骨スープで3日間煮込んだルーは、

 

サラッとした舌触りながら、コクもしっかり☆

 

 

肉や玉ねぎが溶け込んだやさしい甘さ。

しかしながら、後からくる辛さは予想以上炎

 

 

 

サクッと揚がったカツも、ボリューム満点!!

ルーに浸った部分とそうでない部分の食べ比べも。

 

 

 

ヒリヒリしながら、スパイスチャージ完了ラブ

 

 

 

 

2008年(平成20年)のオープン。

ほかの店とはひと味違うルー&スープカレー。

毎月18日は、準泰カレーが300円に流れ星

 

 

 

 

札幌市北区屯田7-10

 カレーの 準泰 (junya) 

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング

 

おやつやパンがほしくなる週末ですが、

そういえば、週末にしかやってない店を思い出しニコ

 

 

 

前回は雪があったけど、この道でよかったっけ!?

住宅街の中は、ナビがあっても不安な奥の細道…

 

 

目印の小さな看板を見つけて、ホッラブラブ

 

 

 

週末だけパン屋さんになるご自宅チョキ

今年2月に初訪問して以来、約8か月ぶり。

 

 

 

奥様は奥から出てこれないようですが、

人の良さそうなご主人が対応してくれましたニコニコ

 

 

「クロワッサンは売り切れですか」

「あの~、冬場しか作ってないんですよ」

 

クロワッサンが冬季限定販売だったとはガーン

 

 

 

気持ちを立て直して、焼き立てなどをお願い

 

 

イートインスペースは、まだ道半ばなのかなキョロキョロ

 

 

 

 

2018年(平成30年)のオープン。

道産小麦と天然酵母で焼くパンは土日限定。

それを求めて、後から車が立て続けに拍手

 

 

 

 

 

美味しいパンで過ごす週末は、シアワセベル

 

 

「クランベリーとマカデミアナッツ」 320円。

牛乳と玉子だけで練った生地は口どけ抜群!!

甘酸っぱいクランベリーとマカデミアナッツが合う。

 

 

 

「フィグキリ」 280円。

ライ麦ならではの味わいチュー

中は、で煮込んだイチジクとフランス産のチーズ。

 

…とくれば、お酒にも合いそう赤ワイン

 

 

 

断面はこんな感じチュー

生地はハードすぎないセミハード。

 

 

 

「あんぱん」 140円。

黄身だけを使った生地に、

甘さ控えめの自家製つぶあんがたっぷりラブ

 

 

一つ一つ丁寧に手づくりされた味に、ほっこり流れ星

 

 

 

 

札幌市手稲区星置2-6

 Otu pan (乙ぱん)

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング

 

午後から予定が入ってたので、買い物は午前中に。

でも、その前にお昼をどうするかで鬼嫁と駆け引きニコ

 

 

 

何となく予感はしてたけど…

 

 

またここのそばが食べたいんだってチョキ

手稲に行くのとそう変わらないのは分かるけど。

 

 

さすがに、3週間で3度目なので、

訪問時間もだんだん遅くなって来ましたあしあと

 

 

 

開店時間から30分ほどの店内は、

すでに二人連れや家族連れでほぼいっぱいキョロキョロ

 

 

 

メニューを見る時間はかなり短縮虫めがね

冷たい方よりも温かい方に目が行きますね。

 

 

 

 

 

先客は多くても、ゆったりした雰囲気。

なので、出来上がりを待つのもさして苦じゃないベル

 

 

「鶏ごぼう天そば」 1080円。

鬼嫁は、前回とまったく同じメニューグラサン

 

 

 

まぁ、かけそばも美味しそうですけどねグッ

 

 

 

 

ボクはせめて違うメニューで対抗ラグビー

 

 

「カレー南蛮そば」 920円。

鶏肉がゴロゴロ、長ネギの切り方も大胆!!

 

 

 

カレーの香りが支配しているようなニコニコ

 

 

 

アツアツのカレー汁の中でも、存在感のあるそば拍手

 

 

 

そばつゆの主張もしっかりあって、

 

カレーとのブレンドが絶妙な加減☆

 

 

 

鶏肉はやわらかく、食べ応えも十分もぐもぐ

 

 

 

次々訪れる来客に、パートのお母さん方も大忙しアセアセ

お腹いっぱいになったし、そろそろお暇しますかな。

 

 

早くも、次への布石なのか、

「いや~、美味しかった」 と何度も反芻する鬼嫁ラブ

 

 

 

 

2011年(平成23年)のオープン。

鬼嫁の好きなそばの三本の指に入ったおそば屋さん。

市外店ながら、ローテンション入りは避けられないみたい流れ星

 

 

 

 

石狩市花川南9-1-92

  そば農家の店 そば舎

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング

 

南区での用事が無事午前中で終了。

せっかくのご縁をいただいたので、お昼も南区でニコ

 

 

 

「元気街道230」 の幟はためく石山通沿い。

 

 

年季が入って雑然とした感じの佇まいチョキ

こう見えて、広めの駐車場がしっかり完備しています。

 

 

 

カウンター8席と小上がり2卓の店内も、

雑然とした感じがしますが、ノープロブレムニコニコ

 

 

 

ちょうどお昼時とあって、先客は4人。後から2人。

皆さん馴染んでる様子なのは、常連の方ばかりみたいキョロキョロ

 

 

ご夫婦で切り盛りされているようで、

ホール担当のお母さんがすぐ注文を取りにきてくれたけど、

 

「すいません、もうちょっと…」

 

 

だって、メニューの種類が多いんだもんアセアセ

 

 

看板は 「ねぎラーメン」 のようですが、「濱龍ラーメン」、

「サンマーメン」、「油ラーメン」 など気になるものも目白押し虫めがね

 

ようやく見つけた三味の下の 「光メン」 って何だろう!?

 

 

麺類だけでも豊富なラインナップですが、まだ続きがハッ

 

 

ご飯物に、お得そうなセットメニュー、

夜は居酒屋仕様になるのか、ほろ酔いセットまで。

 

興味は尽きませんが、新参者なのでいつものをお願い

 

 

先客のあんかけ焼きそばができたみたいだけど、

あの大きさは普通盛りじゃないよね、気になるな~

 

 

 

 

 

見とれているうちに、お母さんが運んでくれましたベル

 

 

「塩ラーメン」 750円。

盛り付けなど気にしない、潔いビジュアルラブラブ

散らかったネギ、メンマ、海苔、チャーシューがトッピング。

 

 

 

麺がこんもりと盛り上がっている感じウインク

 

 

 

スープは、あっさり、すっきり!!

今風じゃない昔ながらの安定の味わいがいいですね。

 

 

 

麺も、ほどよく縮れ、ほどよい弾力グッ

 

 

 

チャーシューは、クラシックタイプでも、トロトロでもなく、

 

実にしっとりやわらか☆

 

肉の繊維に沿ってほどける感じがたまりませんラブ

 

 

 

ごちそうさまでした拍手

 

 

 

1996年(平成8年)頃に石山でオープン、2010年に移転。

ご主人は定山渓章月グランドホテル内にあったラーメン店から独立。

そんな噂を聞けば、やはり看板メニューをいただかなくては流れ星

 

 

 

 

札幌市南区藤野2-5

 ねぎラーメン 味の濱龍

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング

 

何となくお腹にまだ余裕があるのは、

宴会の鍋の〆を食べ忘れたからと自分に言い訳しつつニコ

 

 

 

地下鉄南北線「北24条駅」から、徒歩1分。

 

 

新しくできたばかりの立ち食いそば屋チョキ

以前、たこ焼き屋さんがあったところですね。

 

中に入ろうとすると、ガラス戸に一枚の張り紙がハッ

「右側の入口にある食券機で食券をお買い求め下さい」

 

 

はて、右側ってどこだろうキョロキョロ

 

 

えーっ、ここ!?

さすがに、分かりずらいですよね。

 

 

 

メニューは、温かいそば&うどんで、

かけ、もつ煮、かしわ、月見の4種類のみニコニコ

 

 

 

食券を手に、あらためて中に入ると…

 

 

先客の男女二人組が頼んだと思われる

「とりめし」 を、お店のお姉さんが詰めている最中。

 

へぇ~、持ち帰りもできるんですねウインク

 

 

 

正真正銘の立ち食いスタイルOK

二人が帰ったところで、お姉さんに食券を渡しながら…

 

 

「券売機は、ちょっと意外な場所ですよね」

「すいません、そうなんです。あそこしか場所がなくって」

 

「三船さんといったら…」

「はい、ここの裏手にある美唄焼き鳥です」

「岩見沢の本店も、実にいい雰囲気ですよね」

「私は行ったことがないんですけど、マスターなら」

 

「オススメって何ですか」

「もつ煮です、今度ぜひ」

 

 

話をしながらも、手を休めずに完成ベル

 

 

「かしわそば」 480円。

何の変哲もない、シンプルなそばラブラブ

トッピングは、たっぷりのネギと小さなかしわ肉。

 

 

 

表面を覆う鶏の脂がキレイキラキラ

 

 

 

かなり熱いので、何度もフーフーしてからチュー

 

 

そば自体にはこれといった特徴はありませんが、

 

鶏の旨みたっぷりのつゆが半端ない☆

 

かしわ肉も、コリっとした歯応えもぐもぐ

 

 

 

いや~、あったまりました拍手

まるで、ラーメンを完食したような満足感。

 

 

 

 

今年(2019年)9月にオープン。

立ち食いそばとしても珍しいオイリーな鶏ガラそば。

日に日に寒さが増すこれからの季節、また寄ってしまいそうラブ

 

 

 

 

札幌市北区北24西4

 立喰そば・うどん 三船

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング