札幌発 B級グルメ放浪記

札幌発 B級グルメ放浪記

札幌のB級グルメを食べ歩きしながら、まちの魅力を再発見


テーマ:

 

やっとのことで鬼嫁を説得して、

開店時間までに間に合うように車を飛ばしてニコ

 

 

 

今回の目的は、岩見沢のご当地グルメナイフとフォーク

 

 

2008年(平成20年)開店の元祖もつそば店チョキ

元祖という割には、意外と古くないんですね~

 

 

でも、何となく様子が…

「やってないみたいだよ」 という鬼嫁の声に

 

「えっ、うそー」

 

 

 

ホントだ、臨時休業の貼り紙に愕然ガーン

(すでに再開されてますので、ご安心を)

 

気をもつ直して、他のそば屋を探します。

 

 

 

 

 

次に到着したのは、開店時間10分前でしたが、

すでに待っている車が1台、すぐ後からも1台と。

 

 

先ほどの店より歴史がありそうな佇まいチョキ

暖簾が出たのと同時に颯爽と中へ入る鬼嫁に続いて…

 

 

 

店内は、カウンター席やテーブル席、

 

 

 

小上がり席もあって、どこかアットホームな雰囲気ひらめき電球

 

 

 

舐めるようにメニューを見ると… ありましたビックリマーク

写真はないので、イチオシというわけではないようですが…

 

店名を冠した 「福松蕎麦」 や 「カレー南蛮(中辛・辛口)」、

「鳥皮蕎麦」 というのもかなり気になるけど、初志貫徹でグッ

 

 

 

そばは並粉のほか、1日限定10食の更科と田舎。

3種類の手打ちそばが同じ値段とはうれしいですねニコニコ

 

 

 

もちろん、2人とも田舎でお願い

 

 

「いか天蕎麦」 800円。

鬼嫁のは、大ぶりで厚みのあるいか天が3つも。

よほど噛み切りにくかったのか、早くも悪戦苦闘の様子グラサン

 

 

 

「鳥もつ蕎麦」 950円。

思ったよりつゆだくで、もつと長ネギが溺れそうなくらいルンルン

 

 

 

立ち上る湯気と香りがもうたまりませんドキドキ

 

 

 

鳥もつの出汁が効いたつゆは、かなり濃いめ。

かなりこってりとしたコクがあって、アッツアツ炎

 

 

「口の中、火傷した!」

向かい側からの声に、こっちも気を付けなきゃ注意

 

 

 

炙ったもつはクセがなく…

 

滋味深い旨みがワイルド☆

 

いろんな部位の、いろんな歯応えが楽しめますもぐもぐ

 

 

 

極太の田舎そばは、濃いつゆにも負けない風味ラブ

 

 

 

予約のお客さんも含めて、店を出る頃には満員御礼。

もつと食べたいくらいですが、1軒では終われませんお願い

 

 

これからじゃ無理かもと思いましたが、鬼嫁が

「行ってみれば、いいしょ」 と珍しく背中を押してくれました。

 

 

 

 

 

市街地から、車で30分弱車

 

山あいの大自然に抱かれた静かな美流渡地区は、

かつて炭鉱町としてにぎわっていたんですねキョロキョロ

 

 

 

目立たないけど、道端にそれらしいサインがひらめき電球

 

 

 

でも、車が1台も停まってないし、嫌な予感アセアセ

 

 

 

炭鉱長屋を改装した秘境系のパン屋さんコッペパン

1998年(平成10年)に移住してきたご夫婦が始めた石窯パンの店。

 

 

 

売り切れの札が掛かっていましたびっくり

やっぱり、午前中に来ないとダメなんでしょうね…

 

 

ちなみに、年内の営業も11月いっぱいまで。

来春には、隣に新築していた建物に移るんだそうOK

 

 

 

 

 

まぁ、こんな日もあるさと、再び岩見沢駅周辺に戻り、

シャッターが降りている店が目立つ寂しげなアーケード街へ。

 

 

確かこの辺のはずだけど…

一度通り過ぎて、二周りめでようやく発見虫めがね

 

 

 

アーケード街にひっそり佇むパン屋さんチョキ

 

 

 

総菜パンや菓子パンのほかにも…

 

 

 

ハード系もなかなかの充実ぶり!!

季節限定や土曜日限定など、限定に弱いんですよね~

 

女性スタッフだけで営んでいて、ほっこりした雰囲気ラブラブ

 

 

 

2015年(平成27年)にオープン。

さびれそうな街並みにポッと灯りをともすかのよう拍手

 

 

 

今月からスタンプラリーも始まっているんですってチュー

 

 

 

 

 

せっかくなので、もう1軒ベル

 

 

1965年(昭和40年)創業のおやき屋さんチョキ

歴史はありますが、3年前に移転リニューアルしたみたい。

 

 

メニューは、5種類とシンプルでリーズナブル。

季節限定の 「お好み」 は、焼き上がりにかなり時間が

かかるみたいですけど、出来上がりがあったので、すぐ購入爆笑

 

 

 

この辺は、再整備されているんですねキラキラ

店内にもイートインスペースはありましたが、車内でおやつタイム。

 

 

 

「お好み」 130円 & 「あんこ」 100円。

どっちがどっちかよく分からないけど、耳付きの大き目の方かなはてなマーク

 

 

 

具だくさんの食事系おやきなんて珍しいOK

 

玉ねぎとひき肉のソース炒め、ベーコン、

マヨネーズ、紅ショウガ、キャベツが入ったオリジナル。

 

街並みは変わっても、昔ながらのソウルフードなんでしょうねドキドキ

 

 

 

鬼嫁は、「コロネ」 (150円) をパクッもぐもぐ

中には、甘めのカスタードクリームがたっぷり。

 

 

 

 

 

パンのいい香りに包まれて、帰宅。

 

ちなみに、途中で鬼嫁が食べた以外のパンは、コチラクラッカー

 

 

季節限定の 「マロンブレッド」 (360円)は、栗のあんがしっとり。

 

土曜日限定の 「クリームチーズカレンズ(ハーフ)」 (230円)と

「パン・オ・ジョリソ」 (300円)は、クランベリー&クリームチーズや

刻んだサラミが入って、どちらもワインに合いそう赤ワイン

 

ハード系だけど、道産小麦ならではのもっちりな食感ですラブ

 

 

 

 

岩見沢市7西2-34-3

  手打ちそば 福松

 

岩見沢市1西1-2

  パン工房 こんとれいる

 

岩見沢市3西3-1

  おやきの 菊水堂

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング

 


テーマ:

 

日に日に寒さが身にしみますね。

こんな時は、自分を甘やかしてあげることも大事ニコ

 

 

 

市電「静修学園前」電停から、徒歩3分ほど。

 

 

レンガの壁が落ち着く感じの佇まいチョキ

貼り紙をしっかりチェックした上で、中へ。

 

 

いつも、「加賀豆大福」や「きびだんご」にばかり

目が行ってましたが、今回は浮気するつもりでニコニコ

 

 

 

こじんまりした店内ですが、

昔ながらのショーケースはなかなかの充実ぶりビックリマーク

 

餅菓子を中心とした和菓子のみならず、

ロールケーキやプリンもあるんですよね~

 

 

「これ、最後の一つですよね。良かった~」

ボクの安堵の表情に、お母さんも思わずニッコリドキドキ

 

 

 

1967年(昭和42年)創業。

ご主人は奥にいていつも姿は見えませんが、

名前のように末永く続いてほしいですねラブ

 

 

 

 

 

では、熱いお茶とともにいただきます。

 

 

「加賀豆大福」 140円。 

厚みのある餅生地を折りたたんだ大福は、

塩気の効いた黒豆が香ばしく、安定の味わい。

 

ほどよい甘さのあんこがやさしいんですよねOK

 

 

 

そして、今回初めて浮気してしまったのが、コレベル

 

 

「正油くるみ焼」 150円。

醤油のしょっぱさとこしあんが絶妙。

餅の焦げ目、くるみの歯触りと相俟って…

 

目くるめく美味しさに悶絶しそう☆

 

 

 

前回品切れで、今回も残り1個だった洋菓子もグッ

 

 

「プラリネロール」 230円。

通常のロールケーキより大きくどっしりびっくり

しっとりしたカステラ生地の中にナッツのクリームがたっぷり。

 

 

素朴ながら上品な匠の技に癒されます拍手

 

 

 

 

札幌市中央区南17西8

  銘菓匠 百代亭

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いしますお願い
人気ブログランキング

 


テーマ:

 

先月、澄川の2号店に行ったのが仇になり。

そろそろ、ここら辺りで行っとかないと限界かもアセアセ

 

 

 

環状通に近い中の島通沿い。

地下鉄南北線「中の島駅」から、徒歩5分ほど。

 

 

何度も鬼嫁がリクエストする店は、3年ぶりチョキ

中に入るなり、券売機に突進する鬼嫁なわけで。

 

 

 

おすすめは醤油だけど、

前回いただいたのとは違うものをポチッビックリマーク

 

限定麺の「鶏豚清湯醤油」も気になりますけどねひらめき電球

 

 

 

やっぱり、こっちの方が見やすいニコニコ

 

 

 

まだお昼には早い時間とあって、

先客はL字型カウンターに1人、テーブル席に2人。

 

若き店主と女性スタッフの2人で切り盛りキョロキョロ

 

 

 

距離感が近い厨房は、まさに店主の晴れ舞台ウインク

 

 

 

 

 

堂々とした店主の所作に見入っている間に、完成ベル

 

 

「中華そば 醤油」 750円。

鬼嫁が頼んだのは、シンプルさで勝負する一杯ビックリマーク

2種類のネギ、2種類のチャーシュー、メンマ、海苔だけ。

 

 

 

「中華そば 塩」 750円。

ボクが頼んだのも、トッピングは同じ。

透明感のある黄金色の端正な装いに見とれてしまいますラブラブ

 

 

 

煮干の香りがほんのり、どこか懐かしさもキラキラ

 

 

 

スープのキラキラした脂がビューティフルドキドキ

 

雑味なく、あっさり、すっきり、じんわり☆

 

インパクトは強くないものの、奥深い。

バランスをとことん追求したまとまりの良さを感じますグッ

 

 

 

京都から仕入れた麺は、ツルツルもぐもぐ

なのに、淡麗なスープに合いますね~

 

 

 

チャーシューは、バラと肩ロース。

薄切りなのに、肉感のある味わいが絶妙OK

 

 

 

安定感抜群の一杯に、乾杯ラブ

塩も、おすすめでいいと思うんだけどなぁ…

 

 

これで、しばらくは鬼嫁も大人しくなるはずお願い

 

 

 

2013年(平成25年)のオープン。

先代を受け継ぐ店主が目指すは、毎日食べられるラーメン。

水鳥のように、見えないところでの努力を感じます拍手

 

 

 

 

札幌市豊平区中の島1-3

 麺処 まるは BEYOND

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いします照れ
人気ブログランキング


テーマ:

 

宴会で〆の雑炊を食べ損ねたせいか、

小腹が空いて、ちゃんとした〆がほしくなりニコ

 

 


地下鉄東西線「琴似駅」5番出口から、すぐそば。

 

 

ゴールは、やっぱりここでしょうチョキ

 

 

 

なぜか、いつもの席が空いていますニコニコ

先客は、テーブル席に3人と奥のカウンターにも。

 

 

 

しお、しょうゆ、10周年記念の塩、みそと、

基本の三味は網羅したので、未食のメニューでお願い

 

あれっ、いつの間にか新メニューも増えたんですねひらめき電球

 

 

 

 

 

あの店にもあったけど、食べるのは初めてベル

 

 

「味噌南」 800円。

ネギ、メンマ、ホウレン草、なると、海苔、麩、チャーシュー。

いつものように昔風の盛り付けですが、一面真っ赤な液体ビックリマーク

 

 

 

「カレー南」に比べて、「味噌南」って珍しいかもラブラブ

 

それが、 ミソなん です爆笑

 

 

 

ほーっ、結構な辛さですねびっくり

味噌に南蛮などの薬味を加えているみたい。

 

辛いは辛いけど、スキッとした辛さ☆

 

前回いただいた味噌とは、まるで別物ドキドキ

 

 

 

いつものように、ズルズルッと啜ろうとしたら、

思わずむせるほど辛かったけど、すぐに慣れて…

 

旨辛スープが縮れ麺と絡みますねグッ

 

 

 

チャーシューも絶品OK

クラシカルなようで、ムチッとした肉の旨みが最高!!

 

 

 

体の芯からあったまるわ~拍手

スキッとした辛さは〆にもいいし、寒い季節にはもってこいの一杯。

 

 

 

次回は、少し値が張るけど、「鴨ねぎしょうゆ」かなウインク

 

 

 

2007年(平成19年)オープンの焼鳥屋さんが、

2017年(平成29年)にラーメン屋としてリニューアル。

師匠の味を継承しつつ、店主ならではの味もじわじわラブ

 

 

 

 

札幌市西区二十四軒4-5

  ラーメン・鴨鍋 純平

 

 ←よかったら、ぽちっとお願いします照れ
人気ブログランキング


テーマ:

 

鬼嫁がやんごとなき事情で遅いので、夕食はフリー。

外飲みするのもいいけど、家でゆっくりするのもいいかニコ

 

 

 

下手稲通沿い。

JR琴似駅から、徒歩15分ほど。

 

 

そんな時に寄るのは、こちらの総菜屋さんチョキ

昼は、勤め人やタクシーの運転手さんなどで混み合う人気店。

 

 

 

大皿に盛られた煮物や焼物、揚げ物などいろいろグッ

やっぱり、いつものお弁当にしてもらっちゃおうかな~

 

 

 

「また、よろしくお願いします」

と言われても、滅多に来れないんですけどねアセアセ

 

 

 

20年以上続いているテイクアウト専門店ラブ

チェーン店にはない味を求めてしまうのが人情というもの。

 

 

 

先に家に帰っていた薄情娘も、

ここで買ったお弁当を夕食にしたらしいニコニコ

 

 

 

「おかず4品弁当」 500円 + 「ポテトサラダ」

手づくりのやさしい味が、飽きがこない秘訣なのかもドキドキ

 

 

 

さんまの煮込み、メンチカツ、ふきの煮物…

 

 

 

もやしのカレー炒めは、テッパンですOK

 

 

 

ポテサラは、ビールのつまみにピッタリビックリマーク

 

スルメを細く切ったものを入れているのか、

絶妙の塩加減で、止まらなくなるんですよねもぐもぐ

 

 

もちろん、残さず完食です拍手

 

 

 

 

札幌市西区八軒6-4

  総菜・弁当 おかずや


 ←よかったら、ぽちっとお願いします照れ
人気ブログランキング  

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス