サンライフ香港より、新たな米ドル建て終身保険の販売が開始した。その商品名は「Victory(=勝利)」。契約者の人生を勝利に導くのか、サンライフが他の保険会社に勝利するのか、はたまた両方なのかは分からないが、長期運用を前提とした方には、非常にバランスのいい商品ではないかと思う。予定利回りは、同等の他の保険会社の予定利回りを幾分上回っている。

というのも、このVictoryの運用方針が、今までのサンライフの商品と比較すると、だいぶ積極的だ。

保険会社の運用の中身をInvestment Philosophy(投資方針)と言うが、どのように運用するかによって、その将来の利回りは変わってくる。

過去のサンライフの商品は、その運用先のほとんどがFixed Income Assets(いわゆる米国債や社債といったリターンが固定された資産での運用)たが、今回Victoryに関してNon-fixed Income Assets(リターンが固定されていない株式などで運用)が20-75%となっており、Non-fixedの割合が最大75%というのは、過去のどの商品よりも高くなっている。従って予定返戻金は、Non-fixedの割合が多ければ、短期的には契約時の設計書から上下にブレる可能性は高くなるが、20~30年といった長期であれば、株式の性質上ほどほど設計書通りに落ち着いてくるものと思われる。(これはどの商品のNon-fixed Income Assetでもいえる事ではある。)


サンライフのVictory のライバルと言えるのがFTlifeのRegent Premierだ。

Victoryの商品内容としては、FT Lifeのリージェントシリーズに似ており、被保険者を変更しながら永遠と継続できる。


支払方法は5年払い、5年払い全期前納と10年払いの3つを用意されている。

 

年間最低保険料は3000米ドル、毎月の場合は250米ドル~で開始する予定である。

 

Victoryとリージェントプレミア5年払い、年間保険15,000米ドルのシミュレーションと比較を下記に記載する。


元本保証(Guranteed) 返戻金の比較

 

Victory

Regent Premier 2

10

9,486

10,800

15

12,000

14,572

20

15,105

14,473

25

15,900

14,976

30

17,491

15,984



保証+非保証(Nongaranteed)の合計解約返戻金予定額の比較

 

Victory

Regent Premier 2

10

17,931

17,228

15

25,780

25,046

20

36,248

34,365

25

50,372

48,526

30

70,667

67,175



保険会社の運用や業績によって変動するボーナス方式の商品のため、非保証部分が高い商品である。

年間保険料15,000米ドルの場合、Regent Premierと比較しても魅力的な数字ではあり、保険料によっても変わる可能性もある。


個人的にはサンライフで初めて攻めの資産運用商品であり、子孫代々に繋げていける商品でもあるため、日本人に人気のライフブリリアンスよりおすすめである。


お問い合わせはこちら

image



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 


節約・貯蓄ランキング