タイに移住して、現地採用として働いた場合を以前のことをブログで書いたが。

第2弾は、タイで現地採用として働いた場合の老後の生活費の準備や、教育費について書いていきたいと思う。

•老後について

タイの現地採用で働く場合は、日本で住民票を抜いて働いてくる場合がほとんどである。

その場合、日本では国民年金の加入場任意になるため加入していない場合が多い。

タイの年金に加入した場合は、月額で1万バーツ(35000円)よりずっと少ない。

そのため、現地採用で老後の準備をしている場合は、タイ現地の個人年金や生命保険加入して、老後に備えている。

支払額が年間20万バーツまで所得の課税対象から控除される。
 
また、日本よりも金利が良いためオススメではあるが、受け取りに問題がある。

もし、歳をとり日本に戻ってきた場合は、日本の銀行口座での受け取りができない。そのため、タイの銀行口座を作り維持する必要がある。

また、タイの生命保険よりもっと金利がよくオススメしたい老後の準備方法がある。それはオフショア地域の生命保険である。オフショア地域の保険は世界主軸のアメリカドルでの運用であり、

受け取りの際は日本への海外送金にも対応し、金利もタイの生命保険よりも高い。

そのオフショア地域を代表しているのが香港なのである。

タイの現地採用や駐在員は香港の生命保険に加入している人が多くいる。

私が加入している保険について、以前のブログで掲載しているため参考にして頂きたい。



•教育費について、

タイで現地採用として、家庭を築き子どもを育てる方もいるだろう。

その場合、日本人として子どもを育てる場合はとても多くの費用を要する!

令和2年度に関しては小学部・中学部ともに入学金が160000バーツ(約576000円)、授業料金は年間で146000バーツ(約526000円)。

入学初年度は100万円以上の支払いが必要になる。


小学部を卒業して、そのまま中学部へ入学する場合でも、60000バーツ(約216000円)の入学金が必要。



日本であれば、保育料無償化により幼稚園費用が無料。

小学校から高校までたくさんの補助がでる。


まとめ。

老後を準備する香港の保険は日本に滞在しながらもはいる方法もある。

やはり、金銭的なゆとりが欲しい場合は、日本で働き、厚生年金加入し、香港保険にはいることである程度の老後に必要な額を準備できる!

どうしても、タイに移住したい場合は、若い時の一時的に移住し働くか、日本でしっかりお金を貯めて、早期リタイアでタイで生活することをオススメしたい。

タイ移住や投資や節約に関する気になることがあればお問い合わせはこちらまで!!








ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 


節約・貯蓄ランキング

みなさん、GWのガマンウィークはいかがおすごしでしょうか!

我が家も自宅で大人しく家族で過ごしております。

さて、若い20代、30代の方はマレーシアやタイに

移住されておりますが、その中でもタイに移住に関して記事を書いてみたいと思います。

外務省の発表する海外在留邦人数調査統計によると、年々増加するタイの日系企業数は、2017年時点で3,925拠点。
この数は、中国、アメリカ、インドに次ぐ世界第4位に位置しております。

また、在留邦人数に目を向けた場合、その数は7万2,754人にも上り(同じく2017年のデータ)、こちらも世界第4位。
2002年は2万5,329人と記録されているので、15年で約3倍にまで増加していることが分かります。

それだけ、日本企業が多く進出しております。

また、テレビで放映されていて生活費も安くて、住みやすいと放送されておりましたが実際にそうなのでしょうか。

いくつかの項目にわけて記事を書いてみたいと思います。

給与

タイのバンコクで働いている日本人はおおよそ現地採用としてスタートします。スタート時の給与はタイ政府より、50000バーツからとなります。

1バーツがおおよそ、3.5円のため。50000バーツは日本円で175000円になります。

タイでの社会保険

バンコクでは毎月750B(約2,600円)の社会保障費が給料から天引きされています。給料50,000B以上の人は一律750Bとして決められています。

このお金はタイの年金制度や医療制度など、保険費としてあてられています。

外国人でも「出産手当」や「失業手当」などをもらうことが可能です。

どんなに給料が高かろうが約2,600円しか給料から引かれないのは日本の社会保険料からみたら魅力的ですね!

住居

そこから家賃10000バーツ(約35000円)~13000バーツ(約4万6,000円)で、駅にも近く、プールやフィットネスジムも付いているコンドミニアムに住めます。

今まで述べたのは、独身で一人で現地採用された場合の主な生活です。

食事

タイでは3食全てを屋台のタイ料理で済ませられれば、食費は1/3以下になりますが、ほとんどの日本人が無理だと思います。
タイ料理が美味しくないとか嫌いとかではなく、日本食が絶対に恋しくなります。

日本料理店のランチを食べれば、大体200バーツ(約700円)ぐらいかかります。
友達と居酒屋に飲みに行けば、日本より高くつくことの方が多いです。


第2章では、タイでの子育て老後の準備について記載します。


タイ移住や投資や節約に関する気になることがあればお気軽にお問い合わせ下さい。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 


節約・貯蓄ランキング


さて、今日は香港やシンガポールのオフショア地

域における、海外の金利差を日本の大手生保会社

で比較して記事を書いてみたいとおもいます。

以前のブログの記事で私が加入している学資保険について書いてありますのでお時間ある方はお読みください。

さて海外に進出している日系大手生保会社では東

京海上グループがアジア方面ではとても強く大きいです。 

そのなかでも、香港と同じオフショア地域であるシンガポールに進出している東京海上グループであるTokio marine の学資保険を事例に取り上げてみたいと思います。

3歳で学資保険をかけて、支払い期間を5年間で行ったシュミレーションになります。

1シンガポールドル 75.5円で計算しますと。

支払い額は5年間で67500シンガポールドルです。

円に直しますと、5096250円になります。

子供が18歳で学資資金を受け取りを開始すると

トータルで101124シンガポールドルになります。

日本円で、7634862円になります。

掛け金の1.5倍以上増えて帰ってきます。

Tokio Marine Life Insurance Singapore Ltd.

※シンガポールに進出しているTokio marineはシンガポールに滞在可能なビザをお持ちのかたしかお申込みいただけません。

では、日本で学資保険で有名なソニー生命の学資保険で算出します。


図の通り支払い額が、東京海上とあわせるため保障金額を750万に設定してシュミレーションをしてみました。

そうすると、支払い保険料総額が7352640円です。

これをみて頂くとわかるように、オフショア地域に進出している大手日系生保でもこれだけの違いがあるのはお分かりいただけたと思います。

香港の保険も同じことが言えます。ご自身も本当にお金を増やしたいと思いがあるのなら勇気のある行動をしてみましょう。


ご相談や問い合わせはこちらまで、









ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 


節約・貯蓄ランキング