田中義人 / Yoshito Tanaka Official Blog Powered by Ameba

田中義人オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:
<第1話>
 
僕が体験した事が誰かを
救うキッカケになるかもしれない、、
復活に向けてどの様な
治療をしてきたか正確に書き記したいので、
敢えて個人名、病院名も記させて頂きます。
 
2016・10/11
僕にとってこれからの
人生感、運命にも関わる手術の日
 
遡ること…
 
2015・春頃
ギブソン動画の頃には
もう既に違和感を感じ始めていた。
 

https://youtu.be/m4O1d8yJBHw

 

最初はピックが手につかない、
おかしいな?と感じ...とはいえ
恐らく気のせいだろうと、
その時期ピックをティアドロップから
おにぎりに変えたり、猛練習したり....
その違和感をピックを変える事や
練習する事で解消しようとしていた。

間違いの第一歩である
 
また、奏法の問題があるのかな?
と手首の角度を変えたりした事が
後に仇になろうとは思わなかった

時既に遅し、
人間の脳の学習能力の高さを
僕はまだ知らなかったし、
脳は自分の意志とは真逆に
その間違った新しい奏法を
学習し始めていた.....

二つ目の大きな間違いを
犯しはじめていた。
 
 
2015・6
クライズラーアンド カンパニーのツアーの頃、
自身初の武道館公演も控え、
高揚感と比例するかのように
腕の違和感が増していった
 
2015・7
それまで何かしらの腕の
炎症だと思っていて針やら、整体やら
ありとあらゆる事を色々試した
 
時に置き針を施したまま
ステージに上がる事もしばしば
 
症状は一向に解消せず
余計に酷くなる症状に焦りと
苛立ちは抑えらえなかった
 
手の外科にも沢山通った
赤坂クリニックでは 、
これはジストニアではないと言われ
ブロック注射を打ち
 
酒井クリニック
(後に東京女子医大音楽家外来)
ではレントゲンを撮り、
首、腕、骨、腱などに、
問題が起こる程の目に見えた疾患はなく

これは脳が動作を学習してしまった
機能的な問題
つまり局所性ジストニア
(この時酒井先生は何故か
ジストニアもどき?!と診断した)
ですと診断されそれまで色々な本を読んできて
怪しいな?!とジストニアを疑ってきたが、、
それが悲しくも確信となった日だった。

酒井先生には
薬を処方して頂いた
てんかんの薬として有名な

リボトリール

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1139003.html

 

そして何故か心臓の薬である

 

アロチノロール

http://kusuri-jouhou.com/medi/heart/arotinolol.html

 

両方とも残念ながら僕には効果が感じられなかった。

 

 
この頃、病院によって診断内容が違ったりすることに疲弊し、
肉体的にも精神的にも追い詰められていた。
と同時期にカッティングをしようとすると
手首が固まってしまい

2015・8
の情熱大陸では、そのできない部分の事を
石成さんにお願いしたりしてたっけ?
 
2015・9〜12
葉加瀬太郎さんのツアーでは
カッティングだけでなく
8分のミュートピッキングにも違和感が出てきた。

マイケルシェンカーの
アームドアンドレディのリフ等
あんなに得意だったはずの
メタルミュートも出来なくなるw
 
ツアー中に禁酒をしたり
色々と身体への違和感をなくそうと試みて、
身体は楽になったものの…症状は消えなかった。
 
とはいえ、ツアー自体最高に楽しく
毎夜お客さんからの笑顔で救われていました!
 
この後スキマスイッチで年末の
CDJでJamiroquaiの
Vitual Insanityを演奏したのだが
16のカッティングが出来ない事に
確信を持ってしまった
 
第2話へ

田中義人 / Yoshito Tanakaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み