人体展

テーマ:

先日やっと人体展に行って来れました


 

平日だったのですが結構混んでました

 

 

 

基本的な身体のしくみや

貴重な資料の展示があったりとおもしろかったです

 

 

なかでも最新の研究についてのブースが

興味深かったです

 

“運動すると筋肉から放出される物質が記憶力をアップさせる”

“脂肪細胞から骨をつくる働きを促す物質が放出される”  などです

他にもエピジェネティクス(後天的に決定される遺伝的な仕組み)に

ついての展示も勉強になりました

 

 

鍼の研究でも

鍼の刺激を受けて体内で

様々な物質が放出され

 

その結果

痛みが和らぐ

症状が治まる

という反応がおこることもわかってきています

 

 

人体の理解が進むにつれ

鍼灸の作用も解明されていくことで、

鍼灸がより効果的に活用され

科学的に理解されていくことを

願っています