70代男性の患者さん

テーマ:

ごぶさたしています。



前回の書き込みから一か月以上たってしまいました(汗

これからは心をいれかえてマメに更新しようと思っています!



今回は当院にいらっしゃった患者さんのことを書かせていただきます。

(もちろん患者さんの了解をいただきました。)



70代男性  腰とももの痛み


三年ほど前から足腰の痛みのため徐々に外出する頻度が減っていき

ほとんど家から出なくなったため、見かねた奥さんに連れられて来院されました。




杖をつきながらの不安定な歩き方で、どこかぼーっとした様子

普段からあまり動かないようで関節の動きが固く、足腰の筋肉も張っており

起き上がりや寝返りも「よっこいしょっ」と言いながらやっとという感じでした。



聞けば元職人さんらしく、もっぱら口より手を動かす方が好きで

おしゃべりは苦手!とのこと(割とお話し好きと僕は思ってるんですが、、)




固くなった関節を動かすためにストレッチ

足腰の痛みをとるために鍼


といった具合に、おしゃべりしながら治療をつづけること3回

「ここのところあんまり痛み感じないから朝起きるのも楽になった」とのこと

日課の犬の散歩も苦にならずにいけているそうです。




今でも通院してくださっていますが、来院当初から比べると

表情がとてもよくなっている、と感じています。

息子さんからも「よくしゃべるようになった」といわれたそうで、

コミュニケーションをとりながら治療ができるのも鍼灸治療の良さだなと実感しました。