以前のブログで半年間の妊活と書かせて頂きましたが


実際のところ、入籍してから約1年は自分なりに頑張りながらも中々上手くいかず、あっという間に時間が経ってしまい


最後の半年間は不妊治療に特化した産婦人科に通院していましたキラキラ


半年間て期間短いのでは…と誤解を生むような、不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありませんアセアセ


期間は人それぞれあれど、ある人は数ヶ月、ある人は半年、ある人は数年と、様々な妊活ブログや経験を書かれていた方々の言葉や悩み、思いがすごく勉強になっておりましたキラキラ


そんな私も最後の半年間はもちろん、トータルで言えば入籍してからの1年半、モヤモヤ不安がよぎる日々…


そんな中、地味に辛かったことが何気ない会話の中でありましたアセアセ


『お子さんの予定は?』


『なんで作らないの?』


『子供はいいよ〜!!早く作った方がいいよ!!』


この会話、私の場合はほとんどが上の世代の男性から頂いた言葉でしたアセアセ


そんな傷つく会話?と思われる方もいらっしゃるかもしれないんですけど


『言われなくてもわかってるよ!!えーん


と大声で言いたくなるほど私は辛かったアセアセ


妊娠するまでどれだけ大変で、奇跡的なことなのかを認識している方が多い女性からは


このような言葉をかけられることが全くありませんでしたキラキラ


妊活のアドバイスでしたらありがたいのですが、おもむろに上から目線で『早く作らないとダメだよ〜』『早く作った方がいいよ〜』


と何度も言われた時は、苦笑いするしかありませんでしたアセアセ


その度にプレッシャーになり、落ち込み…


母親に泣きながら電話することもアセアセ爆笑


そんな言葉は気にしないのが1番なのかもしれませんが


この時期はナーバスになることもあるので、こういった言葉のトゲは中々抜けなかったですアセアセ


今の時代、様々な形で夫婦の絆を築いているご夫婦、ご家庭に、自分の価値観を押し付けることは絶対にしてはいけないなと勉強になりましたお願い