絵本沼

絵本沼

絵本を読み、愉しみ、考えて、ハマる。

吉田進み矢のオンライン絵本講座【絵本沼ゼミ】を12月3日に開催いたします。

 

今回のお題は絵本における「見開き」です。

 

アーカイブ配信もありますので、当日ご都合の合わない方もぜひご参加ください。

 

------------------

 

■イベント名:絵本沼ゼミ「あの赤ちゃん絵本の見開き問題」

 

 

■内容

絵本にとって見開きは演出上の大きな武器です。

見開きが印象的な絵本の紹介・解説と、1970年代に独特の見開きを展開したあの赤ちゃん絵本シリーズの詳細を知ることで、見開きを意識した読み方をマスターできる内容になっています。

 

日時:2022年12月3日(土)20:00~21:30

形式:リアルタイムでのご参加、またはアーカイブでのご視聴(両方可)

形式:Zoomによるオンライン講座(ネット環境でのパソコン、タブレット、スマホなどでのご参加)

内容:PowerPointを使ったプレゼン形式の絵本の解説と評論

参加費:2,200円(税込)

定員:20名

 

お申し込みは下記のPeatixの申込ページにてお願いします。

 

オンライン絵本沼ゼミ「あの赤ちゃん絵本の見開き問題」
(クレジットカード、コンビニ決済、銀行振替などが可能です)


※注意事項

・アーカイブは当日の夜間よりご視聴できます(期間は2週間予定)。

・お申込み後のキャンセルは基本的にできません(Peatixの仕様です)。

------------------

 

ご参加されたみなさまからは毎度「あっという間の90分でした」と言われます。

絵本沼ゼミをぜひご体験ください。

 

------------------

 

※20221204追記
おかげさまで満員御礼でした。
途中、進行が巻いたと思うも終わってみれば90分ぴったしでホっとしました。

アーカイブを見ると、めっちゃ楽しそうに話してます、私。

見開きの話はずっとしたかったんです。 


常連のみなさま、久しぶりのみなさま本当にありがとうございます。

そしてはじめてご参加されたみなさま、感謝です。

 

来年は連続講座も計画してますので、よろしくどうぞお願い申し上げます。

昨晩、オンライン読書会を開催しました。


 

開催時間は90分。

ひとりあたり10分~15分くらいを想定し、人数は5名に限定。

参加費500円はZOOMの有料プランを割り勘する感じで、リアル開催だと会議室代のイメージです。

で、読書会までに読み込みも必要なので10日前にご案内。

 

結果、即満席となりました。

 

私含めて参加者それぞれの絵本への携わり方が違い、話がかぶりそうでかぶらないんですよね。

こじんまりと集まり、みんなで一冊の絵本について語り合うのってひさびさで、めっさ面白くて、あっと言う間に終わってしまいました。

 

ご参加された方の評判もよくて、私も楽しく、これはまたせねばと感じ、来月も開催しようと思います。
(おひとりでもご参加いただければ開催します。少人数で語り合うことに意味があると思っています)
 

お申込みはメルマガ絵本沼ゼミにてご案内しますので、ご興味ある方はぜひご登録ください。

 

 

 

で。

 

今回の課題図書は先月のメルマガ「絵本沼ゼミ」のお題の『しろくまちゃんのほっとけーき』(森比左志/和田義臣/若山憲/1972/こぐま社)でした。

 

私からはメルマガに書ききれなかった、絵本における見開きの意味と効果について10分ほどお話ししました。

これが予想以上に受けましたので、年内にオンライン講座を開催しようと思います。



 

後日ご案内しますのでお待ちくださいませ。

よろしくどうぞお願い申し上げます(^^)/

本年8月6日(土)、セーラー出版元社長小川悦さんとのトークイベントをオンラインで開催いたします。
トークイベントの自主開催ははじめてです。

 

1945年8月15日、戦争が終わってラジオから玉音放送が流れた時、小川悦さんは10歳でした。


コロナ禍だけでなく、外国で戦争が起きるなど、穏やかでない日々が続きます。
そこで、今年87歳になる小川悦さんに、戦争時代のご経験と、絵本出版社立ち上げ時のエピソード、そして今の時代に何を思われているかをお聞きしたいと思いました。

イベント概要は下記となります。

------------------

■日時:2022年8月6日(土)14:00~16:00

  ※この日時にご都合が合わなくてもアーカイブ配信があるので大丈夫です。
   また当日ご参加いただいた後にアーカイブで見返すこともできます。

 

■形式:Zoomを使ったトークイベント

  (ネット環境でのパソコン、タブレット、スマホなどでの参加)


■参加費:1,200円(税込)

・お申し込みは下記のPeatixの申込ページとなります。

 【絵本沼イベント】セーラー出版元社長小川悦さんに伺う「戦争の記憶」と「セーラー出版の思い出」#ZOOM

 
■内容:小川悦さんへのインタビュー形式での対談(聞き手吉田進み矢)

当日は小川さんのご自宅へ伺い、座卓を挟んで貴重なお話をお聞きし、ZOOMを使って配信いたします。

 


■登壇者
〇小川悦(おがわえつ)さん

セーラー出版(現らんか社)元社長、編集者、翻訳家、作家。1935年(昭和10年)福島県生まれ。絵本の翻訳、小説の著作多数。

〇吉田進み矢(よしだすすみや)
絵本研究家、絵本学会会員。書店、ネット書店、図書館支援会社、出版社など出版業界を漂流。さまざまな視点で絵本に携わってきた経験を元に、2018年から大人向けに絵本の面白さを伝える「絵本沼ゼミ」を開催。

------------------

 

濃厚なトークになること間違いなしです。

ひご参加ください!

 

------------------

 

※2020年8月7日追記

ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

お申込みいただいた40人中、半分以上の方がリアルタイムでご参加いただきびっくりでした。

アーカイブは2週間見れますのでぜひご覧ください。

本年7月10日(日)、静岡県三島市のえほんやさんでオンライン絵本沼ゼミを開催いたします。
ひさびさです!


絵本作家のえがしらみちこさんがオーナーの絵本専門店えほんやさんでは、オンライン絵本沼ゼミを昨年二回開催し、ありがたいことに大好評でした。

 

今回の講座概要は下記となります。

------------------
日時:2022年7月10日(日)10:00~11:30

  ※この日時にご都合が合わなくても、アーカイブ配信があるので大丈夫です。
   また、当日ご参加いただいた後にアーカイブで見返すこともできます。

 

形式:Zoomを使ったオンライン講座(ネット環境でのパソコン、タブレット、スマホなどでの参加)

内容:PowerPointを使ったプレゼン形式の絵本評論です。今回のテーマは「高度経済成長期を象徴する絵本」です。

 


この国は戦後に絵本の近代化が起こり、その中でいろんな進化を遂げていきます。

今回の講座はその中のメインストリームに触れることができる内容です。

 

参加費:2,200円(税込)


※お申し込みはえほんやさんのご購入ページ、またはTEL055-900-1052までご連絡願います。


------------------


過去にご参加されたみなさまを絵本の沼に沈めてきました絵本沼ゼミ。

ぜひご参加ください!

 

------------------

※20220710追記
おかげさまで充実の内容で終えることができました。
 

今回は戦後の日本史的な部分が多かったのですが、みなさま集中して聞いてくださり、絵本にはその時代と作り手の想いが詰まっていることをみんなで共有できたかと思います。

常連のみなさま、久しぶりのみなさま本当にありがとうございます。

そしてはじめてご参加されたみなさま、感謝です。

絵本に興味を持つようになってから、しばしば絵本専門店へ行くようになりました。

 

最初に行ったのは京都の百万遍のきりん館、次は大阪江坂のクレヨンハウス、一番よく行ったのは神戸三宮阪急の絵本館。

上京してからは吉祥寺のトムズボックス、銀座のナルニア国、千葉市の会留府、表参道のクレヨンハウス、などなど。

今もばりばりのお店もあれば、もうなくなったお店もあります。

 

そのうち忙しくなってすこし遠のき、コロナ禍もあって外出を控えた期間もありましたが、昨年末くらいから絵本専門店や絵本カフェをあらためて訪店しはじめるようになりました。

 

これまで行ったお店とこれから行きたいお店。

これを一覧化できないかなぁと思い、この度グーグルマップのマイマップ機能を使って地図上にまとめてみました。

 

絵本沼ップ

 

世の中に絵本好きな方がなんと多いことか!

眺めるだけでもとても楽しいです。

 

近場は順番に、遠隔は旅行や出張の際に訪店する予定ですが、生きている間にすべて行くのは無理でしょうね…。

訪れたお店にはGoogleマップでクチコミコメントを入れていきます。

 

「ここが足りないよ」というお店があれば、 info@ehonnuma.com までご連絡ください。

よろしくどうぞお願い申し上げます。