頼経遥のブログ!『yoriTunes』

頼経遥のブログ!『yoriTunes』

日常や、演奏・オペラ・ミュージカル活動、出演情報などを書き記す頼経遥のブログです。

●最新出演情報●





チケットのお問い合わせなど、頼経遥へのご連絡は h_yrtn@yahoo.co.jp までお願い致します。


●所属事務所●
ヴォーカル株式会社
〒143-0022 東京都大田区東馬込1-14-2
http://www.h6.dion.ne.jp/~vocal/

テーマ:
お正月、初詣の人で賑わう鶴岡八幡宮で、かなり先に見える目的地に着くまでの間、母親とずっと考察していました。

レモンの万能性について。

なぜ唐突にこんな話を持ち出すのか。

気になり過ぎて三食のご飯しか喉を通らず夜も眠ることしかできなかったそこのあなた。




今年も健康ですね。






昨年一年間の至るところで耳にし、大晦日の紅白歌合戦でのパフォーマンスも凄かった、米津玄師さんの名曲「Lemon」。

ドラマ「アンナチュラル」の演出も相まって、もう流れるだけで涙が誘われるのですが、

ひとたび冷静になって考えると、あんなに胸打つ曲のタイトルが果物の「レモン」って、もしかすると一歩間違えたらとても間抜けに聞こえてしまう可能性もあるわけです。

それなのになぜあんなにも多くの人々を感動させ、曲のタイトルに対して微かな疑問さえも感じさせないのか。

もちろんメロディー、歌詞の素晴らしさは言わずもがな。

今回はそこを考察の対象から外し、本当にあの、果物の、レモンに焦点を絞って考えました。

そこで我々はあるひとつの結論に辿り着いた。




結論、レモンという果物はふざけていない。



では仮にふざけてる果物と言って何が挙がるのかと言われたら言葉に窮するのだけれども。

例えば

「胸に残り離れない苦い レモン の匂い」という歌詞がありますが、

苦いの王様、かつ三文字である「ゴーヤ」を上記の歌詞に当てはめてみたら曲の世界観を壊すのは歌わなくたって分かる。

苦いという条件を取っ払い、三文字のメジャーな果物を入れてみる。

「胸に残り離れない 苦い ○○○ の匂い」

リンゴ、バナナ、すいか、メロン、ぶどう…

ん〜。メロンとレモンの語感は似ているから無くもないが…やはりどれも少し笑ってしまう。

バナナには失礼だが、バナナなんて本当に笑ってしまう。



やはりここは レモン でなくてはいけないのだ。


思えば昔からレモンが関わったもので笑いを誘うものなど無いのではないか?

某テレビ情報誌の表紙では美女美男子が当たり前のようにレモンを持っていて、誰もそれを指さして笑わない。

今は休刊となってしまったが、ティーンズが限られた小遣いの中で買っていたフッション誌だってタイトルは「ピチレモン」だ。

やはりそうだ、レモンはふざけていない。


(ここまで書いて私はオカレモンの存在を思い出すが、一旦目を瞑ることとした。)





そう、レモンは、ふざけていない。

食卓に並ぶ時だって目立ち過ぎはしないものの、確かな存在感を持って登場する。

ステーキの上に乗ることも出来るし、甘いハチミツと上手く交わることも出来るし、私の好きなコーラにも一味添える存在としてコップの縁に上品に引っかかっている。


想定外にオカレモンを思い出してしまったことに軽く動揺してスマホを持つ手が僅かに震えているが、心を強く保つ為にもう一度強調する、


食べ物としてのレモンは、ふざけていない。



こんな会話を初詣に向かう人混みの中で真剣に話していた私たち親子は一体周りからどんな風に映っていたのか、今になって些か不安を覚える。

決して罰当たりな会話ではないはずだが、

新年早々、お正月にわざわざ時間をとってする会話かと言われたら自信を持って頷くことはできない。

もっと日本の未来について語るべきだったかもしれない。

でもこういう時間が好きだしこういう時間に付き合う母親に私もなりたいと思う。






それから数時間後、カフェでお茶してた時に母親が思い出したかのようにこう言った。

「さっきはレモンだったけどさ、ふざけてない野菜って何だと思う?」

もうレモンの話から4時間は経っていたのに、「さっき」という時間表現に何の違和感も感じていないあたり、お互いずっとこのことが胸に残り離れなかったのだろう。

そして私と母は目を合わせ阿吽の呼吸で「せーの」というモーションをして同時にこう言った。




「セロリ」












なんだこれ。

テーマ:
終わりますね。

普段の48倍のサザエさん症候群を感じております。



元日は親戚で集まり、2日は箱根駅伝の応援から鶴岡八幡宮へお参りというのもお決まりコース。

箱根駅伝の応援も、上京してから確か毎年のはずだから、かれこれ9年連続、とかでしょうか…!


祖父の母校を毎年応援しているのですが、この箱根駅伝の応援にくることで、ランナーの皆さんの迫力にパワーを貰うのと同時に、

嬉しそうに母校の校歌を歌っている祖父を見て、今年も健康で応援に来られたことを嬉しく思うのです。


今年の結果は少し残念でしたが、来年の活躍を今から楽しみにしています!

(お願いだから出場して!笑)

ガンバレ早稲田!!



箱根駅伝の後は江ノ電に揺られて、


鶴岡八幡宮へお参り。



今年も変わらずのんびりとお正月を過ごせたので、早くも来年の三が日を楽しみに(笑)、明日から頑張っていきます〜!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス