シンデレラメソッド®の著者・河合めぐみオフィシャルブログ「魂の設計図をおもいだす」

シンデレラメソッド®の著者・河合めぐみオフィシャルブログ「魂の設計図をおもいだす」

今の生活は、そこそこ幸せ。でも、もっと自分には思い出すべきことがあるような気がする。。魂の設計図を思い出し、意識を拡大させるエネルギーを放ちながら書いているブログです。


当ブログにご訪問くださりありがとうございます。

こちらのブログでは、恋に仕事におしゃれに、自分磨き。やさしく、愛らしく芯の強い女性になれる*とびきりの魔法をお伝えするブログです。

初めての方は、こちらからどうぞ → 自分の人生を生きる

本ブログは、リンクフリーです。ご紹介なども、ご自由にどうぞ。
(ブログ等で紹介して頂いた場合は、メッセージくれると嬉しいです。読みに行きます。)

執筆・原稿等のご依頼は → こちら




イベント・セミナーのご案内
現在のところ、イベントやセミナーのご案内はございません。
また、募集につきましてはメルマガ読者さまに優先的にご案内しております。

→ メルマガ登録はこちらです



イベント・セミナーのご案内
※2016年4月22日まで“出版記念限定料金”で行っております。
毎月5名様しか受け付けておりません。
お早めにお問い合わせください。

→ 詳しくはこちらをご覧ください。

テーマ:
まず、ご報告を。
今月号の美人百花6月号に
シンデレラ・メソッドが掲載されています。


お疲れの心に効く名言として
選んでいただきました。
数々のご活躍されている作家さんと並び
シンデレラ・メソッドが選ばれたことに
感謝の気持ちでいっぱいです。


うれしいなぁドキドキ
読んでくれた方々の
素晴らしいエネルギーのおかげ。



言葉の力は偉大です。
ぜひ、美人百花6月号
お手にとってみてください。






あ、さて。

女性の権利を求めるまえに
男性の偉大さを知る。




わたしは、旦那さんを日常茶飯事
大好きで仕方ないわけではありません(笑)

ウインク



イライラすることもあれば
腹立たしいことも
数多くあります。
(ま、お互いでしょうが)


去年2018年に2人目を出産したときは
酷い産後うつになったので
離婚してやろう。と思ったことも数知れず。



あーーー、わたしって本当に
結婚不適合者だわー。
と、嘆きました。自分自身に。



だから、女性の権利を求めることが
多かったです。
わたし。





家事は、女性がやるもの。
子育ては女性がやるもの。
仕事と家事は両立させるもの。


ヘドが出るゲロー



女性にも権利をーー!
自由をーー!
って騒いでいました。



でもね、今は想うんです。




世界の優しさと同じぐらい
男性は偉大で、優しいって。



優しさ度合い、男性には敵いません。
度量?器?
めちゃくちゃ大きいんです。
男性って。

(だけど、少しだけアホなんです笑)


それに気づくと、女性の権利を求めることが
バカらしく思えてきてね。
   


いや、夫婦ケンカもするし
苛立つこともありますよ?今でも。
でも、張り合って権利を求めることは
無意味なんです。


とは言え、へり下ることは
しませんデレデレ

男性を立てよう!とか
男性よりも一歩後ろを歩こう!とか
しません。




男性には男性の特質があり
女性には女性の特質があり
違うのだから、統合して
活かせばいい。



シンプルに、そう考えています。






世界って、実はめちゃくちゃ優しい。
あなたが「世界は優しい」と信じていれば。


世界は意地悪だ!と信じていれば
あなたの世界は意地悪で構成されます。


でも、世界は、地球は
本当は愛から創られたから、優しいはずです。

わたしは、そう信じています。



そうするとね、女性が〜とか
男性が〜とか
性別で区分けするのは変な話で。
性別が違うから特質は違うけれど

1人の人間のなかに、
男性的な部分も、女性的な部分も
すべて持ち合わせているのだから
性別すら統合してしまえばいいんです。
陰と陽です。






例えば、女性は感情に気づくことが
得意と言われています。
毎月の生理(月経)によって
ホルモンのバランスが崩れ精神にも影響します。

生理でも、仕事はあります。
やることは沢山あります。
ホルモンに影響されながらも、なんとか感情を
コントロールしようと無意識のうちに
自分自身で感情と向き合う術を身につけます。


時々、感情をコントロールできなくて
自分を責めてしまうこともあるけれど
それでも、毎月身体の声を聴きながら
生きています。


男性には、生理がないから
力だけで何とかしようとします。
忍耐力、意地、体力で乗り越えようとします。
その分、感情に気付きにくくなるけれど
力強さがあります。  

経済的な部分も男性は得意。



そして、男性は優しい。
肚の底からくる優しさを持っています。

力仕事や、忍耐力が得意だから、優しさを
どう表現したらいいのか不器用で分からないけれど
肚の底からくる優しさは
女性には敵わない。
家族のために死ぬ気で働く男性を
わたしは何人も見てきました。





それら特質を統合したとき
男性も、女性も
性別を超えた愛が生まれる。



1人の人間のなかに
両方を兼ね備えているけれど
男性的な特質が強いのか
女性的な特質が強いのか

ただ、それだけのこと。
なので、1人の人間のなかで
統合してしまえば、めちゃくちゃ優しい世界が
創れる。
バランスが大切。




わたしね、「女性に自由をーー!」
「女性に権利をーー!」って
声高く発言していたけれど
それは、わたしの中の男性的な特質と
女性的な特質を統合出来ていなかったから
叫んでいただけに過ぎないのね。


自分自身の中で、バランスが取れていなかった。


特に産後うつの時は酷かった。

「役立たずが!」
「産めないくせに!」
「女性ばかり損だ!」

と、旦那さんに暴言を浴びせてきたけれど

それは、すべて自分への
言葉だったよ。


わたしが、わたしに対して
「役立たずが!」
「産めないくせに!(無能め!)」
「女性ばかり損だ!(損するな!)」
って責めていたの。



それに気づくと、すべて世界は
自分の投影だという事を再確認した。

自分が自分を1番責めていた。



だから、女性が〜とか
男性が〜とか主張するよりも
それぞれの特質を理解して
統合すると世界は優しくなる。


そして、女性が思っている以上に
男性は優しくて偉大なんだ。
まるで菩薩だよ。


旦那さんを亡くした母を見ていて
(わたしの父ね)
実感する。
あれだけ生前、ケンカしていたけれど
亡くした後は菩薩を思い出すかのように
父のことを話す。



憎たらしいときほど、男性に対して
菩薩のようには思えないけれど
頭の隅っこに男性の肚の底の優しさや偉大さ
菩薩のような愛があることを知っていれば
いざという時、思い出す。



わたしも、機嫌がいいときは
旦那さんに対してそう思えますが
苛立っているときは中々難しいものです真顔




でも、いいんです。
それぞれの特質を統合する。
これを習慣化しているので、
苛立ったら思いっきりイライラして
肚の底からの愛を受け取る
準備だけはしています(笑)


自分自身の中の統合。
性別を超えた世界。
優しい世界は、1人の人間から創られる。




先日、旦那さんの会社主催のセミナーが
開催されたのでお手伝いしてきました。
男性的な特質 出まくりの旦那さんでしたので
わたしは女性的な特質を活かしてきましたウインク

(とは言え、わたしはフラフラしているだけでしたが)


両方の特質をうまく活かしたとき
理想的な世界が広がる。
これからのパートナーシップは
性別を超えたものとなります。
それをわたしは次世代パートナーシップ
呼んでいます。



さて、あなたの中の投影が
異性への投影です。

どんな世界が見えていますか?












河合めぐみからメッセージや
ブログ更新情報が届きます。友だち追加

テーマ:

氏神さまへご挨拶に。
渋谷区のパワースポットらしいです。
金王八幡。
ありがたや。



さて、
日常生活を送るなかで意識するといいことは
横ではなくて、垂直。

これだけでは
なんのこっちゃ、ですね(笑)







目醒める
目醒めない
という言葉を聞いたことがありますか?



ネガティブな意識で生きることを選択していると
次第に闇に進むよーてきな。アレです(笑)

地球のアセンションと共に
私も目醒めます!てきな。ソレです(笑)

聞いたことがありますか?



【本来の自分で生きる=目醒め】
ネガティブで、自分の可能性を信じられず
不安や恐れを抱いて生きるのではなく、
本来のチャレンジングな、無限の可能性を感じて
自分らしく生きていく。

簡単に書くと、目醒めの意味はこんな感じです。



スピリチュアル界隈では「目醒め」は
有名な言葉で
誰もが出来れば目醒めの方向へ進みたい!
と思っています。



だけどね、わたしは、目醒めに執着することは
危険だと思っています。


極端な話、どっちでもいいです。
目醒めようが
目醒めなかろうが。
それすら、生まれるときに決めてきた
設計図通りなんだから、
執着する必要がありません。





目醒めに進む人は進むし
進まない人は進まない。
進みたい!と思っても進めない人もいるし。




いちばん要注意なのは


「スピリチュアルを学んでいるから」
とか
「スピリチュアルについて詳しい人が友達にいる」
とか

スピリチュアルに触れていれば
わたし目醒めてますけど?的な、
アレです。


それも、執着です。



執着は、すべて
意識が横なんです。



横を意識。
横を見ている。
外側を意識している。
外側の誰かを見ている。



大切なことは、意識することは垂直。
縦です、縦。
タテタテ。


横を意識するのではなく、縦を意識。

上の人を見ろ!という意味ではないですよ?
人を縦の関係性で考えろ!という意味でもないです。



自分の意識は、常に垂直に
するんです。




「スピリチュアルを学んでいるから」
とか
「スピリチュアルについて詳しい人が友達にいる」
とか

スピリチュアルに触れていれば
わたし目覚めてますけど?的な、ソレは
横に意識が在るのが分かりますか?



「あなたは目醒めていない」
「わたしは目醒めている」
「わたしはスピリチュアルを学んでいる」
「あなたは目醒める気があるのか?」




横に意識が行くと、全部二元性なんです。




わたしは出来ている
あなたは出来ていない
2つを比較して
自分は出来ている、と優越感を感じる。


これは
スピリチュアルの話しだけではないです。

わたしは持っている
あなたは持っていない
わたしは叶った
あなたは叶っていない

わたしは出来ていない
あの人は出来ている
わたしは無い
あの人は在る


すべて二元性。
横に意識があると、二元性になり
悩みを創り出します。


すると、無価値観が顔をだす。


意識は横ではなく
垂直!縦!



在っても無くても。
出来ていても、出来ていなくても
どっちでもいいじゃないですかウインク


大切なことは、
誰かと比べて何かを後付けで持とうとするのではなく、自分の中を見つめていくこと。



後付けで持とうと頑張っても、
気づくときが来ますよ。

なーんだ。
わたし、すでに全部持っていたじゃん。って。

形在るものとは限らずね。

後付けで頑張ろうと躍起になると
強制終了がかかることもあります。



生きているときに気づく人もいれば
死んでから気づく人もいるでしょうね。




だから、意識することは
横ではなくて、縦なんです。
縦に大きく広がること。
誰かと比べて生きるのではなく、
自分の内面を見つめること。



チャクラも縦に並んでいますよね?
身体の縦、垂直に真っ直ぐ天に向かって
意識を持つことが大切なんです。

自分の中を、真っ直ぐに。





横に意識が在る人(二元性の人)が
身近にいる場合、
話半分くらいで聞くといいですよ(笑)


デレデレ



鵜呑みにして、意識が引っ張られると
聞いている側も横に意識が行きます。
「あの人は」
「誰々が」
と、二元性の悩みを持ちます。


何事も執着せず、
どっちでもいいんです。
ケ・セラ・セラ。


執着しないで、意識を横に持っていかないで
常に縦に、垂直に意識を向けていれば
二元性の悩みを持つことも減ります。



「わたしは、わたし。
あなたは、あなた。」


わたしに集中。



悩みが出てきたら、二元性の悩みか
確認してみてください。
そして、意識がどこに在るか
再確認してください。



意識は、垂直ですよ?
誰かと比較して悩むことも、イラつく必要も
ありませんウインク














河合めぐみからメッセージや
ブログ更新情報が届きます。友だち追加

テーマ:
初めてのことへの挑戦や
新しいことを行うとき
そして、常に日常生活の中でも
世間からの目が怖くて
人からの見られ方を意識し過ぎて進めないことは
ないですか?


今日は、やたら
他人の目を気にする人へのメッセージが
高次の意識からガシガシ届くので
他人の目を意識し過ぎることが
どれだけ無意味なのか説明していきますウインク




どうして、世間からの目や
人からの見られ方を意識してしまうのか。


「どう思われているのか怖い」
「ダメな奴だと思われることが怖い」
「失敗したら陰で何か言われるかもしれない」
「大したことないって思われたくない」
「親から批判されたらどうしよう」
「認めてもらえないかもしれない」




つまり、「恐れ」を抱いている状態です。
恐怖心ってやつです。



なぜ恐れが出てくるのか。



自分の潜在意識の中に
沢山のゴミがあるから。

ゴミというのは、不要な信念です。
潜在意識、もしくは潜在意識よりも深いところにある
超意識の中に自分でも無意識のうちに、めちゃくちゃ信じまくっていることがある。



人からの見られ方、世間からの目を
気にして動けなくなってしまうのは
潜在意識の中にゴミがあるから。


自分の潜在意識で信じていること
自分の中の映写機から映し出していることが
「現実」です。





スピリチュアルでも、何でもなく
意識についてはただの事実。
これが、すべて。
わたしたちは、思考パターンで生きている
と言っても過言ではないです。



「お金持ちになりたい!」
と思っていても、実際のところ
潜在意識では
「お金持ちなんて無理…」
と信じていれば、お金持ちになれるわけがない。

本気で信じていることは、「お金がない」
ということだからねニヤニヤ


そりゃ、叶うわけがないです。

お金は、紙です。
交換のツールです。
あの紙に意味を付け過ぎるとお金を特別視します。

「能力のある人しか、あの紙は持てない」
と潜在意識で信じていれば
自分には、能力もないしお金もない。
という無価値観を信じていることになります。





自分の潜在意識の中にあるゴミを
見つけ出す方法は、
最後まで諦めないで
ゴミを見つけ出して、手放すこと。

どうしても、自分で自分を探って行くと
途中で断念します。
なぜなら、潜在意識は安心安全な、今の現状を
維持したいから。
たとえ問題が起きていたとしても、それすらも
安心安全だと認識してそれ以上の行動をストップします。恐怖心が湧き出ると新しいことに挑戦しよう!とは思いにくくなります。



だから、潜在意識を書き換えたり
思考パターンを探るには誰かの力を借りると
スムーズです。
(※誰かに任せっきりにする、という意味ではない)






人からの見られ方を意識したり
世間からの目を気にすると
どんな行動や思考になるのかと言うとね…


専門家の声だけ
信じたり、
権威のある人、結果を出している人だけを信じるようになる。



ゲロー


ああ、恐ろしや。


あのね、これからの時代は
自分の中の第六感を使えないと
生きていけないよ?

つまり、自分自身の声を信じられない人は、生きることがしんどくなるよ?



「直感力」は、分かりやすいですね。
ビジネスだろうが、日常生活だろうが
人間関係だろうが、自分の直感が大切です。

「なんか嫌な予感がする」
「これは、チャレンジした方がいい気がする」
「あの人に会ってみたい」

なんか知らないけれど
うまく説明できないけれど
感じることが、直感です。



ビジネスにおいては、数字を見ることも
必要かもしれないけれど
最終的には、直感で決めます。
「本当にやりたいのか」
心に問いかけて、数字と相談して決断します。


専門家の声だけを信じたり
権威のある人の意見だけを信じていると
自分の中の声がどんどん聞こえなくなります。
鈍感になります。
終いには、何をやりたいのか分からなくなったり
感情表現が出来なくなります。

泣きたいのに強がったり
頼りたいのに我慢したり
本音が見えなくなる。





「有名な人と知り合い」
とか
「権威のある人と付き合いがあるから
わたしは大丈夫」
とか

権威、肩書きを持つ人が身の回りにいるから
安心安全。という思考パターンの人も多く見られます。




いやいやいやいや。
あの人は、あなたの人生を
責任とってくれませんよ?


あの人に権威があっても
あなたは無関係ですよ?


自分の中の声(直感)を信じた方が
あなたは幸せになりますよ?



ウインク


誰も、自分以外
あなたの人生に責任を持ってくれる人は
いません。親ですら。



世間からの目が怖くなったり
新しい一歩を踏み出すことに
恐れを感じたら
自分の中の声を聞いているか
思い出してください。 


そして、潜在意識では何を信じているのか
誰の意見を信じ込んでいるのか
探ってください。


根っこで信じていたものが(ゴミ)
不必要だと思ったら手放してください。
「こんな思い込み要らない!」
と気付いたらポイっと捨ててください。
はじめは、不必要な思い込みに気づくだけでもいい。
どんどん探ってください。


ゴミがある以上、
スピリチュアルで言うところの
天とつながる、とか
チャネリングしてメッセージを降ろす、
メッセージを感じる、
と言うのも
エゴの上に繋がっていることになります。

 
わたしは、せっかく生きるのなら
誰かを崇めたり、誰かを信仰して生きるよりも
自分自身を信仰して生きたいです。
そのために、日々古い不必要な思考パターンを
手放しています。






もっとスピリチュアルな視点で話すと
この世(現実)は、自分以外誰も存在していません。




自分の想い(信念)が投影されているだけなので
他者は、映し出していることになります。
つまり、幻想です。
他人は鏡、というのもコレです。


わかるかなぁーーウインク


あなた以外、誰も存在していないんです。
あなたの中の映写機がスクリーンに投影しているだけ。



現実は幻想です。


未来すら、幻想かもしれないです。
「今」の積み重ね。

だから、「未来は今の積み重ね」というのも
そういう意味です。




…となると、

誰かの目を気にして恐れたり
自分以外の人を崇めるなんて
不必要じゃないですか?




例えば
今、人間関係で困っているのなら
それは自分の中の信念が映し出しているだけ。
「人は怖い」
「人は信じるべきではない」
「人間関係は困難がつきものだ」
「人は責めてくる」
「人は冷たい」

などなどの信念が映写機にあれば
それを現実に映像として映し出しています。



解決する方法は、ただひとつ。
自分の中の映写機のフィルムを
取り換える。
つまり、自分の中の不必要な思い込みを
探って手放す。新しいものと入れ替える。




あなたは、あなたの人生を
思いっきり遊び、思いっきり楽しむために
生まれてきました。
どんな経験も無駄ではないけれど
不必要な思い込みがあるのなら
嫌な経験をする前に、手放すことも可能です。



せっかく生きるのなら
誰かを気にして、誰かのせいにして
誰かを信仰して生きるのではなく
あなた自身を信じて
あなた自身を愛してください。

そして、新しい一歩を踏み出してください。
















河合めぐみからメッセージや
ブログ更新情報が届きます。友だち追加

Ameba人気のブログ