横田真由子のブログ ☆ ミニマムリッチ・ライフ

横田真由子がミニマムリッチな暮らしをお伝えします。


テーマ:

お盆休みも明け、今日から始動という方も多いのではないでしょうか?

しかし、梅雨の戻りのような天候で、涼しいというより、肌寒い東京です><

 

天候に気分は影響されやすく、どんよりした空気に押しつぶされそうなときは、上手く気分転換したいですね^^

 

そんな時は、「いつもなら観ないタイプの映画やエンタメ」

「普段はあまり縁がない集まり」

「行ったことのない場所」など、

ピンと来たら、直感のまま行動してみるのもいいかもしれません。

 

先日、いつもは観ないアニメ映画ですが、「パリの風景が観たい」と、

ただそれだけで入ってみた映画館で、パーっと心が晴れましたので、

ご参考までにご紹介しますね^^

 

映画「フェリシーと夢のトゥシューズ」

施設で育った少女、フェリシーは、パリ、オペラ座のバレリーナになるために施設を飛び出すところから、物語は始まります。

 

エッフェル塔が、まだ建設途中のパリで、フェリシーは数々の試練を乗り越えて、「もっと高く跳ぶために大切なことは何か?」に気づいていきます。

 

施設で育ったという環境のせいにせず、フェリシーの前へ前へと進む行動力は、とても大事なことを思い出させてくれます。

 

最初、「どうして踊りたいの?」という質問に、フェリシーは答えられません。

ネタばれになるので書けませんが、この質問は、壁にぶち当たったとき、とても大切な質問だと思いました。

 

「なぜ、上手くいかないの?」と悩むときは、

「どうして○○したいのか?」と、自問自答してみると、大切なものが見えてきます。もっと高く跳べるヒントがきっと見つかります。

 

大人になって、分別がついた気になって、「なんだか受け身になっていたのかな」と、反省させられました。

夢中で夢を追いかけていた頃は、「やる」か「やらないか」の二択しかなく、常に「やる」を選択していた気がします。

 

やらないで後悔するより、やって後悔の方がマシですよね。

人生は、一回きりですから。

 

 

 

 

今は、何をやっても、何を言っても、批判されたり、炎上したりと、受け身の方が安全だというご時世ですが、

「自分からサーブを打つことを止めないこと」を、忘れないでいたいと思いました。

 

秋に向けて、自らサーブを打ちましょう。

試合は、まだまだこれからです!

 

 

 

そんな気持ちで書いた、こちらの拙著も、

よろしければ、お読みくだされば嬉しいです^^

 

 

 

 

【追伸】8月19日(土)のランチ会は締め切りました。

お盆休み中、お申込みいただきました方には、お返事ができず申し訳ございませんでした。

サイトの不具合がございました。

次回、またご案内差し上げます。

お申し込み、ありがとうございました!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まゆゆさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります