ほぼ週刊火曜日


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

戸倉の隧道へ

鳥取側、車で入れるのは50m。この雪なら問題なく歩けそうだ。

 

兵庫側はこの感じ。

 

こちら側はハイカーに人気。

 

 

 

夜が明けたので、行きましょう。誰もいないところへ。自転車降ろそうかと思ったが、使えそうにないのでやめた。

 

ずっ~と車道を行く。積雪は30~100。

 

道幅はどこからどこまでなのか、知ってて損はない。迂闊なところへは入らんほうが無難。

 

ん?なんや?

 

ただの肉…雪割れか。見えてるのは道路。水が流れるところはこうなる。

 

 

 

上から攻めれるかと試したとこ見えてきた。

 

全体的に沈み込みは10cmほど。この1800円は侮れんわ。

 

No.2(独自基準)が見える。こちらはNo.1の中ほど。

 

見えてきた。

 

 

 

赤を上がる。手前に溝あり。別に知ってなくてもいいが、私は知ってたい。

 

堰の横を上がってく。沈み込みは膝くらい。ここのところの暖かさで、木の周りの雪解けが進み、たまに足の付け根まで踏み抜く。

 

暗渠。

 

GPSにハイカーの軌跡もないし、もちろん踏み跡もない。知ってないと来られへんで、こんなとこ。今どきはGPSがあるのでどこでも行けるが、GPSに頼らず行けるってのが理想だ。そして雪の下がどうなってるのか、私、それを知ってたいタイプなので、基本的には予習してないルートには行きたくない。特に誰かを連れて行くとなると、そこには責任が伴うから。ホワイトアウトしたときに対処できるのか、どこに雪庇がどうできるのか、その雪庇は安全なのか、とか気になる(笑)単独だと危なそうやからやめとことなるところが、誰かと一緒だとついせっかく来たのに的な雰囲気にもなるしね。とにもかくにも安全第一。MTBerが凍死してたなんて話も聞くしね。雪はヘタしたら死ぬ。

 

この水が暗渠へと流れる。

 

 

 

今日は奥へは行かない。

 

まあまあな雨漏り具合やからツララができてると思ったんやが。ここんとこ暖かかったもんね。大寒波きたら、できそうやから、また来よう。今日歩いた感じでは、もっと積雪があっても来れそう。ラッセルせなアカンけど。誰も見たことのない景色をみたいんよね。←不思議なやつw

 

そのうち剥がれ落ちそう。

 

明治の古道。

 

飯食って終了。

 

 

このトンネルは途中で崩落してるが、430m先で兵庫に繋がってたとの話もある。てことはなんだ、兵庫側には導坑が開いてる?それ聞いたことないね。おぉーそれ気になる。春になったらそれ探そ。

 

 

 

 

 

 

 

 

迷走中

気になってた作業道に入ってみる

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば自転車禁止の某遊歩道辺りで自転車乗ってた時、「乗ってるのは、道ですらないトコですよ」なんて屁理屈言ってた。登山道を禁止されるなら、そういう原点に戻ればええのか。

 

でも、九十九折れをクネクネ上がって、まっすぐ下りたら、下りはアッちゅう間w

 

別場所、ここも使えそう。

 

このゴンドラはスキー場へ上がり下りするためだけのもので、ゴンドラ区間はスキー場じゃないのを思い出した。てことは、これに乗れればチャリで下りてこれるやん!俺って天才や!と思ったが、上は雪多すぎて無理ねw

 

この先が八反の滝。奥ハチのまだ奥、こんなところまで除雪されてるとは思わんかったね。

 

 

 

天空のバス停。との噂。

 

うへ山の棚田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いごいご

この画像見て、おお!もしかして我が(我がではないがw)軍事トンネルもこうなってんじゃねーか?って思ったが、現在の積雪は1m50ほど、道がどこか、判別できるかなぁ、こっち側は誰も行っとらんし、ハードル高いよなと、思いとどまる。

 

で、穴にぶら下がるつらら求め、アクセスのいい、水多めの別の「穴」へ。

ん?様相がおかしい。

 

あら~

 

除雪されてると思ってたが、冬季休業か。スノーシュー履いていごいごするか?やめとこw

 

ついでにうろうろ。けびなんちゃら公園への道は…ですよねw

 

「マイ消毒液ですか!すごいちゃんとされてますね」

「そうは見えへんやろ?でもちゃんとしとんねん。僕、コロナ脳のほうやから」

「え!Σ(・ω・ノ)ノ!」

「いやいやいやいや!ものすごい対策してるってことやから!」

コロナ脳って言葉が通じんかった。下手したら逮捕されるとこやw

 

 

 

 

夜が明け、ここへ。D山が軸にはなりそうにないので、林道でお茶濁す。俺の趣味はどこへ向かう?どうすればいいのだ?

 

 

 

 

 

 

世の中の喧騒が嘘のように静かだ

 

 

風が抜けるところは積雪は少ないが、下はカリカリ。

 

 

 

 

乗れるのかって?ま、乗れたり乗れなかったり、散歩的なもの。いごいごしただけだが、酒飲んで寝てるよりマシw

 

 

え?ピースしない?笑

 

 

 

 

 

轍の日(動画)

私の年代で逮捕と言えばこの曲。

「道を外れず生きてゆけよ」って気持ちを表してみました←後付け(笑)

ま、人生に音楽を。

 

 

 

 

 

 

 

ホーム→D山→ホーム(動画)

今年はこのD山を軸にする感じかな。ただ担ぎ2時間、この区間の雪が安定せんのよね。ドカッときたときはいいけど。色んなトラップが隠れてるから、下りもなかなか難しいの。ホームの地面がきれいすぎたってのもあるね。ものすごい整備された山やから。D山、これが本来の山やわね。

 

 

 
 
 
 
 

 

全米が泣いた日

絶好の天気っすよ。

 

やはりハイカーさんもこの日を逃せませんよね。

 

 

道つけといて、ココ好きな友人を呼んでやろう。

 

 

林道最終地点で振り返る。ここまで来て登山口が見える。ん?なにやら新しい看板が立ってる。オフロードバイクと書いてあるようだ。入るなってことだろうな。オフロードバイクといえば、アレだな、皆さんご存知のオートバイだ。私のもオフロードではあるが、エンジン付いてないもんね。でも、なにやら、名称としてアレだ。誤解を受けないように、MTBとか呼ばないようにしよう。ファットなんちゃらとか言わないようにしよう。横文字はやめ。自転車なのよ自転車、なんならママチャリで通そう。と、何か言われたとき、「ただの自転車ですよ」と、押し通そうと心に誓った。

 

自転車て書いてあるがなーーー!!

 

ハイカーに嫌われないように丁寧に丁寧に、大事に大事に使ってきたホームマウンテン。だから冬しか来ないし、毎週は来ない。で、来たときはホテルでご飯食べて温泉入る。自転車のおっさんがいるという事実を分かってもらったうえで、少しだが金を落とす。ここ大事。

なのに…先日も除雪車の上から「かっこいい自転車ですね」って言ったやん!今日も「あんたまた来たんかいな」と話したやん!フロントのおねーちゃんともコミュニケーションとってたやん!それでも出禁なんですね。ああ無常。正直、いずれこんな日が来るかもと思ってた。それが今だったとは。麓に管理者がおり、ハイカーの人気も上がってきてる、心配はしてた。ハイカーに嫌われたら終わりだと。俺が嫌われたのか?誰かが嫌われたのか?シーズン序盤にこれとは…この日、全米が泣き、そして僕は途方に暮れるwww

 

ま、来るなっちゅうなら、しょうがない。新しい山を探すしかない。まずここだ。

 

条件として駐車地点から山までの距離が近いこと。延々林道なんてのはダメ。押して帰ってこなきゃならんからね。この日、先行者はひとりと一頭。

 

で、安定して程々の雪があること。なくてもダメ、ありすぎてもダメ。これがなかなか難しい。

 

程々のハイカーがいて、適度に踏まれてるのが理想。ま、ここはハイカー少なそうなので、自分で道を切り開かなきゃならんなw

 

 

沢渡るんかw

 

 

 

 

また沢渡るんかw

 

 

 

ん~どうだろ、沢沿いルートって自転車向きじゃねーよね。危険がいっぱいw

 

 

行ける山もないのに自転車2台も積んでダボやなこのおっさん。

 

ご飯だけ食べようと駐車料金500円も払ったけど、こんな密なとこで、よー飯食わんわw

 

 

ハイカー行っとうなー

 

ここは雪多すぎるので、はなから却下。

 

ここは林道が長いんよねー

 

ん?なんかおかしい。

 

これが正解か。こないだ枝にぶつけたもんな。

 

ここも山まで遠いなw

 

そうだ、金山だ。と南からアクセス。山までむっちゃ遠いやんw

 

北からの登山口。完全に埋もれとるねw

 

まぼろしの滝道w

 

ええ雪降ってます。

 

そしてなぜか衝動買いw

 

 

ハイカーさんがちゃんと書いてくれてた。

 

 

雪の少ない時なら、緯度上げたり、標高上げたりでいくらでも対処できた。が、いきなりの大雪、ハイシーズンに使える山はココしかなかったんよね。安定して程々の雪がある。安全面もばっちり。それが出禁とは痛い、痛すぎる。俺の趣味の危機である。さてどうしたもんやら。

①スノーボーダーに戻る

②スノーシュー履いてハイカーになる

③もっともっと山を探す

④ひきこもる←今ここw泣いてくれ全米

 

 

 

 

 

2020から2021へ 相変わらず雪の中

2020、今年の漢字が発表されました。注)きっと検察へ呼ばれるだろうってことなので、この話題は2021も続きますw

 

 

大晦日の朝、目覚めたのはココ。

 

 

除雪なんて全然追いついてない

 

駐車場もまったく除雪の手は及ばず、50cmくらいかな。新雪だから、気にせずツッコめばいい。

 

ちょうど床面くらい

 

ハイカーもいないようなので、自分で道をつけなくてはならん。しかも、登山口までは傾斜が緩いので、帰りも押しが決定w

 

む~w

 

帰ろ帰ろ。登山口まで着けへんわw押して行って押して帰る。本日終了。

 

駐車場から山を下りてると、上がれなくなった車が4台立ち往生してた。

「この先、どんな感じですか?上がれます?」

というので

「あと数百m行ったらその先は除雪できてるから大丈夫。」

と答えるが、心配そうにしてるので、Uターンして除雪できてない部分をハイエースで走り回って、轍つけたり、道幅も拡げた。のに、おい、みんな諦めんのかよ。

「やっぱり心配なのでやめときます。」

と、帰っちゃった。ま、心配ならやめといたほうがいいよね、それが正解。

 

で、思いついたのが、秘密のお泊まり小屋。あの裏山なら林道歩かなくてもいいし、ちょろっと遊ぶにはいいかもと向かう。村の中を右折…した瞬間、不穏な空気が漂う。これはヤバいかもしれない。と思いつつ進む。で、いよいよヤバなってきて断念。Uターンもできないし、延々バックするハメにw

 

風に煽られた雪が落ちてくんのよね。一瞬で何も見えなくなるw先に集落があるが、よーこんな奥に住んどんなw

 

ついでなので、大屋へ抜ける。除雪の真っ最中。「おまえ、行くんか?迷惑なやっちゃな。スタックしても絶対助けへんからな」と思ったろう。

 

 

トンネルを抜けるとそこは…まったく除雪入らず。

 

 

 

大屋は広すぎて除雪なんて追いつかんよね。

 

そこからスキー場を越え、戸倉へ抜ける。スキー場手前で上がれない車やハマった車。まったく除雪追いついてないので慣れてない人はこの日、無理でしたね。

「そやから不要不急ゆうたやろ」と、気象庁の心の声が聞こえそうでした。

 

スキー場の上は尚のことw

 

 

そしてグル~っと数十キロも回り込んで、こちらの雪の様子を偵察。ヘッデン点けてピッケル持った人が下りてきてビビる。16km、10時間ラッセルした(深いとこで腰上)ってさ。すごい人がいるもんやな~。元日はここにするかと、年越し車中泊w

 

 

 

 

 

2021最初の朝。体を温めることでテンションを無理やり上げるw

 

ソロハイカーと出会う。この人もピッケル持ってた。

 

ここまで上がってくる道は結構ハード。ハイカーは皆、下に車置いて歩いて上がってくる。午後になるとまた凍りだすので早めに下りなきゃね。

 

 

 

 

 

 

一瞬だけ日が差す。

 

 

 

元旦から何の因果で自転車担ぐか、きっと前世で悪いことしたんだろうw

 

 

このルートは2度目だが、傾斜も急で岩が点在、クネクネした道の感じは雪のないときでも難しめ。それが雪に隠れてるから登りも下りも尚更ハードw登りでは岩で滑ってコケるし、下りでは岩でつんのめってコケる。まー難しいわ。

 

 

 

 

さ、元日の定番行事も終わったし、もういちど北部へ向かおう。明日はホームの予定。きっと今日ハイカーが道をつけてくれてるだろう。

 

 

 

 

 

 

雪中うろうろ

ま、当然こうなってるよね。春まで入れないだろう。気が向いたらスノーシュー履いて行くかも。

 

トイレ行くのに財布落として、必死に探してると、親子連れが拾ってくれて、子どもに1000円あげた。免許証入ってたからビビった。なくしたらまた警察いかなアカンもん。警察はアカンw

 

ホーム周辺の遊歩道入ってみる。

 

重機の轍でベースの地面が50cm掘れてる。で、高いところ下ろうとして、案の定落ちる。

 

ジュルジュルでどろどろw

 

ホームはベースで30cm

 

最近意味なく載せてみがち

 

 

定点観測

 

定点観測

 

65%買い出しついでにこちらへ。真っ白の予定やってんけどなw

 

定点観測

 

 

除雪入るのはここまで。春まで来ないだろう。

 

そんな文化聞いたことないで

 

友人と合流。犯人は現場へ戻るってやつ。警察は現れませんでした

 

 

 

 

滝へ

 

車はここで諦めてた

 

俺はここで諦めた

 

暖冬なら使おうと思ってたトコ

 

定点観測

 

山上がる気も起きんし無駄に写真だけ撮る

 

そのまま帰るのも早いので林道でお茶濁そう。

 

なんの因果でこんなしんどいことせにゃならんのだ。趣味間違えた。グルメとかすればよかった。

 

 

意外や意外、下り、この轍がリュージュみたいですごい楽しかった。

 

ほんま登るん嫌。こんなおっさんなってからなんでこんなことせなアカンのよ。

 

でも綺麗ねん

 

 

四駆はここで諦めた

 

積雪は股下。私もここで諦めた。

 

 

 

 

 

先日の動画

 

 

この後のドカ雪により、どちらのルートも春まで入れない(苦笑)

 

 

 

 

 

 

FATBIKE始めました

赤いあの人に会いにいったら…青ざめてた。

 

今年はここから

 

今シーズンも安全第一で参ります。

 

 

雪景色ってほんま綺麗

 

 

 

 

積雪は15cmくらい

 

 

気になってた作業道へ。

 

謎の生命体現るw

 

 

 

ナイス斜面

 

 

載せてみるよね

 

で、乗ってみるよね。

 

ドアないから

 

 

 

翌日のために偵察

 

 

 

 

ファーストトラックゥゥゥーーーー!

 

 

 

 

 

 

私の中で最近懐メロがブーム。雪の舞う中、たまたまスマホからの音楽が中島みゆきゾーン入って、しんみりとした悲しすぎる唄が、たった一人の雪山に妙に合う。

 

この階段下って本日も無事終了。ここ、GOPRO撮れてなかったw

 

2度目の冬を迎える養生テープ笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>