こんにちは^_^


先日、インター校に通う息子の担任の先生と遊びました。


息子はタイ、チェンマイにあるインターナショナルスクールpanyadenに通っています。


現在、超円安なので大人のクラスメイトや学校の先生が日本に遊びに来ています。


それで長男の担任の先生のアダム先生も日本に来たので、浅草観光にお連れしました。



左側アダム先生、右はアダム先生なイギリスからの幼馴染で日本在住のサムさん。サムさんは青山学院大学の先生!

2人とも大きい爆笑



参拝前は手水の作法。

左手を浄めて、右手を浄めて、口を浄めて。


イギリス人はビールが大好きなので、浅草のドヤ街も行きました。

イギリスは労働者階級と上流階級に分かれていて、いろんな階層が混在している国です。ロンドンの中にも色んなエリアがあって、イギリス文化を知るためには階層への理解は必須。先生は世界中を旅して色んな文化を研究されている方なので、観光客はあまり知らない日本の下町浅草ホッピー通り体験を入れてみました^_^


因みにタイは14時から17時の間はお酒が買えません。

イギリスの文化、日本の文化、タイの文化、色々な話が飛び交いました^_^


ホッピー通りの横には場外競馬場があって、昔はギャンブル好きなおじちゃん達が昼間から飲んでるイメージでしたが若者が多くなっていました。


浅草といえばおさえておきたい金色のう⚪︎ち…じゃなくてアサヒビールの泡。


ここから電車に乗って両国駅へ。

軽度の満員電車も体験できました。


両国といえばちゃんこ鍋!


ちゃんこ鍋が食べたくなったら行くのはいつも霧島部屋です。昼間にドヤ街で飲んでいたので、おじやに行きつけませんでした。


そして〆のカラオケ。


東京下町一日コースでしたw


浅草周辺だけでもレンタル着物写真撮影とか、人力車とか、花屋敷とか、水上バスとか、スカイツリーとか、観光スポットはたくさんあるけれど、あまり詰め込むと忙しくなってしまうので極力ゆっくり出来るコースにしてみたお陰でゆっくり堪能できました♪


panyadenの先生達は本当にフレンドリーで、こうやって学校の外でも交流が持てるのがかなり特殊なんじゃないかなって思います。


アダム先生は翌日北海道にスキーをしに旅立って行きました。日本を満喫してくださいねー!!



最後まだ読んで下さってありがとうございました。


愛と光を込めて

長谷川陽子


いつも読んでくださってありがとうございます^_^


現在、LAVAのトップインストラクター向けの集中合宿にて講師をさせていただいています。



ご参加のトップインストラクターの皆さんは、何をするか知らされていない状態で合宿が始まります。


今回の合宿は不可視の領域へのアクセスポータルを作ることが目的なので、右脳をフル活用させるためにも裸で飛び込んでもらっています。



私の合宿は、その場にいる方によって内容が変わります。



基礎知識のシェアは同じなのですが理解の深度によって、基礎的な補足に時間を割くか、深くダイブしていくかが変わります。


LAVAのインストラクターは入社すると研修が無料で受けられるので、自分で支払っていない分受け身にもなりやすいです。


考えてみると、私たち日本人はとても多くのことに無関心。日本人は他国に比べて裕福なのに、まだ精神性に目覚めてない人が多くて、そういう人は無自覚に利己的に生きてしまいがちです。


自分を成長させることに興味はあっても、精神性に目覚めていない状態では目を閉じて暗闇を手探りで歩いているようなものなので、興味の矛先もその時の感覚でコロコロ変わり、気づいたらいろんなものが寄せ集められて自分が作られている状態です。


そんなことは分かっているけれどどうしたらいいかわからない。だからこそ必要なのは精神性は目覚めることです。


物質次元は頭打ちと気づいたら、その先の霊的次元に目覚めるしかありません。


霊的次元、、、目に見えない領域。


そこは物質次元に生きる人にとっては未知の領域。


だからこそ今回私がお役目をいただきました。


私はLAVAにいる時から20年、霊的次元にアクセスするための解脱の行を続けています。(そんな人はなかなかいないw)



ここで、日本におけるLAVAの立ち位置ですが、


LAVAは日本のヨガ界でもフィジカルトレーニングに重きをおいており、ヨガを始めるにあたり敷居が低いため、初心者が入りやすくなっています。(それゆえに日本のヨガ人口の底上げに大きく貢献しているのがLAVAです)


それゆえにLAVAのインストラクターはフィジカルトレーニングが得意となります。求められるものがフィジカルトレーニングなために、長年フィジカルトレーニングの研鑽を積んできたインストラクターが沢山います。



それでもヨガの本質は精神性の向上のためにあるものなので、準備が整ったインストラクターのために用意されたステップが今回の合宿となるのです。


私はLAVAの創世記(黎明期)にLAVAでヨガインストラクターを務めさせて頂いていました。


現代社会でLAVAが担う役割を尊重しながら、どのように精神性を養っていくか?これが今回のミッションと言えるでしょう。


参加してくださってる皆さんには、LAVAの成り立ちからお話ししています。私はアルバイトインストラクターから初めて、修行を行い、トレーナーになり、総合職社員となったので、様々な観点からお話しすることができます。


LAVAを去って既に15年近く経っていますが、その間も鷲見会長とは変わらず親交を持たせていただいているお陰で、現在の成長期・成熟期のLAVAの感覚も理解し、会社の意向も尊重しながら合宿を進めております。


合宿内にこれらに触れることで、客観的に見ることができるようになり、全体像と方向性を理解して、さらに主体的に活躍しやすくなっていきます。


私個人としましても、LAVAを去ってからも古巣LAVAをまだホームのように感じ続けており、こうして関わらせていただけていることに深く感謝しております♡


現在はトップインストラクター向けの合宿です。

この意図が成功して一般のインストラクターの皆さんにも触れる機会ができたら至上の喜びです^_^



今回のLAVAのトップインストラクター向け合宿で行う講義の多くは、私が主催する「セイクリッドハートヨガのティーチャーズトレーニング(RYT200)」と、「神秘魔法入門」で語られるスピリチュアルの基礎となるお話です。


「セイクリッドハートヨガRYT200」はヨガのインストラクターを目指す方のための「アサナの実践」と「神智学・ヨガ哲学」と「サイキックチャンネル活性法」です。


「神秘魔法入門」は「神智学・ヨガ哲学」と「サイキックチャンネル活性法」です。



次回の「神秘魔法入門」講座は8月に開催いたします。

(神秘魔法入門 毎週水木 10:30〜)


現在のこの世界は、宇宙の惑星の配列・運行の恩恵を受けて、意識レベルがとても上がりやすい状態にあります。私たちの意識はやがて眠っている状態から目覚めて、魂に生き始めます。早く目覚めた方がそれだけ人生が豊かで充実したものになるのです。


もしピンと来た方はぜひ歩を進めてくださいね。


どんどん善い方に向かっていきますよ^_^


最後まで読んでくださってありがとうございました。


愛と光を込めて


長谷川陽子



コロナが明けて、

日本とタイの往復生活が始まっています。


今年はインストラクター向けの集中合宿のお仕事で4月、5月、9月、10月に日本に来ます。

(もしかしたら夏休み辺りに子供連れてもう一回来るかも)



(今年も桜が見られてとても幸せでした^_^)


4月の集中合宿3回を終えて、G.Wはお休みなので一度タイに戻って子供の顔を見てまたG.W明けに日本に戻ってきます。


独身時代の私ならG.Wは「ここでやらずにいつやるの?」とばかりにWSを入れまくっていたと思いますが、今年はお利口さんに待っていてくれる子供と過ごしたいと思います。


毎日LINE通話で話しています^_^


もう一つの理由はコロナの時の経験があるために、予定をギュウギュウに詰め込まなくなりました。


コロナの世界を経て外側の世界も内側の世界も様々なことが変わったなと思います。


それでタイと日本を往復しているわけですが、これがすごく良い。自分としてはかなりベストな状態です。


と、いうのも日本に来ないと日本に住む人たちの感覚が感じられないからです。




考えてみたらタイにいてコロナの世界が始まり、


もう一生日本に帰れないかもという覚悟で「ワクチンを打たない」ことを決めました。


そんな大袈裟な…と思うかもしれませんが、本当なんです。


あの感覚はすごい経験です。


コロナの世界はいつ終わるかわかりませんでした。


終わることを期待して毎日を過ごすと、終わった後の普通の生活を夢見てしまうので、それが出来ない現状にフラストレーションを感じてしまうので、とにかく全て手放して「今」だけに集中し続けて生きていました。


ワクチンを打ってない私は日本に行く自分を想像すると、自ずとワクチン打つ打たないの葛藤に引き摺り込まれるので「打たない=行かない」で思考を終息させていたからです。


諦めても心のどこかでは期待しているってよくあることですが、あの時ばかりは期待を断ち切っていました。


だからこそ今こうして日本にいられることが、もうなんだか不思議です。


それがどれだけありがたいことなのか静かに噛み締めています。


人は上手くことが運ばないと他者のせいにしたり、状況のせいにしたりして、なんとか自分の思い通りに全てを運ばせようとする生き物です。


そしてそれは上手く行く時もあれば、上手くいかない時もあるもの。


この世界を創造する私たちにとっては具現化力は何より大事ですが、そこに執着してしまうと苦しくなります。


執着を手放し、人事を尽くして天命を待つ。


コロナの世界を経て、私たちの目に見えない世界とのつながりはさらに強まったと思います。


コロナあけてすぐに私が日本に行くより速く、生徒さんたちが日本からタイにも来てくれました。


会った時は涙を流して再会を喜び合いました。


あの感覚はとても大切にしたいし、大切にするべき感覚です。


そこには目の前のタスクをこなすことで精一杯になっている、忙しい現代人が日頃絶対に感じられない感覚がありました。


ここで私たちが自分自身に意識づけを出来なかったら、意識の進化のチャンスを逃してしまいます。


現在、日本とタイを往復していますが、だんだん慣れてきて自分自身やっとスイッチが入ってきたのを感じます。


さて、今年の現地魔法学校は10月25日から1週間を予定しています。 


コロナの世界を抜けてから2回目の現地魔法学校です。


少しずつ準備が整って参りました。


人は「喉元を過ぎると熱さを忘れてしまう」生き物ですから、この感覚が薄れる前にしっかりと意識付けしたいですね。


皆さんもどうぞ意識を合わせにいらして下さいね。


内容整ってきたらまた改めて開示します。

(日にちは現在この日程が濃厚ですが、多少変動があるかもしれませんので、新しい情報をお待ちください^_^)



最後まで読んでくださってありがとうございました。


愛と光を込めて


長谷川陽子

いつもブログを読んでくださってありがとうございます^^

 

かねてからリクエストを頂いていました

「クリスタルボウル奏で方教室」を開催いたします。

 

クリスタルボウルは

自分のために奏でれば自分を癒し

他者のために奏でれば他者を癒します。

 

 

それだけではありません。

 

 

アトランティス時代には神と繋がるのにクリスタルを用いられ、クリスタルボウルは神様と会話するための聖なる楽器として大切にされていました。

image

 

神様は物質人間ではありませんから

人間の言葉で語りかけてくるわけではありません。

 

神様は目に見えない領域にいらっしゃいます。

image

 

私たちにはハート真ん中に「ハートの聖なる空間」と呼ばれる自分の中で最も神聖な場所が存在します。

 

それはアストラル領域に存在しますから、

心臓を解剖しても物質的に見つけることはできませんが

その部分を意識的に活性化させることでハートの聖なる空間と呼ばれる神聖な場所と繋がれます。

 

ハートの聖なる空間は

最も神聖なアナタ

 

神のエッセンスとつながるアナタが存在します。

 

そこで神との対話が出来るのです。

 

物質肉体の私たちは

悪いことも考えてしまうし、

恨みや嫉みなどのネガティブな感情を湧き上がらせてしまうこともあります。

 

けれど、このハートの聖なる空間に住まう

最も神聖な自分は完全なピュアさ(純粋性)をもっていて、そこには強い光が込められています。

 

私たちが各々のハートの聖なる空間にアクセスし

本当の自分ともいえる神聖な自分と出会うことで

私たちは本来の自分に戻れるのです。

 

外の物質世界に身を置いていると

この感覚をついつい忘れてしまいがちですが

 

クリスタルボウルを奏でる時に

意図的にハートの聖なる空間にアクセスを繰り返すことで

私たちは自分を何度も取り戻すことが出来るのです。

 

と、いうわけで

クリスタルボウル奏で方教室では

単に癒しを起こすだけではなく

 

アナタの神聖さとつながるためのお教室です。

 

クリスタルボウルをお持ちの方だけでなく、

クリスタルボウルをお家に迎え入れたい方も

クリスタルボウルを通して神聖な自分と対話してみたい方も是非是非いらしてくださいね。

 

クリスタルボウル奏で方教室の後は

ボウルの直売会も行えますので

 

気に入った子に出逢えたら

そのままお家に連れて帰れます^^

 

アナタの神様と対話 クリスタルボウル奏で方教室

開催日時    5月25日(日) 13:00-16:30

参加費 

初回の方    1.5000円 

2回目以降の方  1.0000円

開催場所   中川駅  クリスタルボウル テンプル

(会場の詳細はお申し込み後ご連絡いたします)

持ち物 動きやすい恰好・お水

 

お申込みはこちら!

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

愛と光を込めて

長谷川陽子

 

 

いつもブログを読んでくださってありがとうございます!


高萩にある天馬夢ヘルスリゾートで行っている3泊4日のLAVAトップインストラクター集中合宿、第3回目が終了いたしました。


1回目は神奈川、名古屋、福岡のトップインストラクターたちがご参加になりました。



2回目はSトップと呼ばれるスーパートップインストラクターたちがご参加になりました。



3回目は九州、四国、千葉、東京と色々なところからのご参加でした。



九州の方々は往復10万円かかるそうで、LAVAが今回の研修の意義を感じてくださり、また私を信頼してお任せ下さることに心から感謝し、誠心誠意尽くさせて頂いています。


私は日頃からスピリチュアリティを大事に生きておりますから、フィジカルトレーニングが売りのLAVAからするとかなり異色だと思います。


けれどそれでもヨガ自体がそもそもが超スピリチュアルなものですから、ヨガからスピリチュアリティを抜いた状態というのは本来ならば、自然な状態であるとは言えません。


そもそも何故、現代日本のヨガからスピリチュアリティが抜き取られているのかには大きな理由があるのです。


その大きな理由というのは、地下鉄サリン事件です。


朝の通勤ラッシュ時に地下鉄で起きたテロ行為の首謀者がオウム真理教であり、彼らがヨガ集団だったことが原因で、日本人の脳裏に「ヨガは危ない宗教」という先入観が植え付けられてしまいました。


その後、現代日本のヨガは宗教性を一切排除したボディエクササイズとして再び市民権を得たのでした。


そのきっかけとなったのがHOTヨガであり、HOTヨガを日本に持ってきたのがLAVAの会長である鷲見さんなのです。



そして鷲見さん自体はとてもスピリチュアリティの高いお方で、LAVAでトレーナーとして働いている時も、鷲見さんがしっかりとしたスピリチュアリティをお持ちだったからこそ、私はLAVAに働き続けていられましたし、自己の修行に励むこともできました。


LAVAでトレーナーをしていた頃は鷲見さんと沢山お話をさせていただきました。


当時私は自分の師匠について修行の最中で、独自のスピリチュアルなレッスンの提供も実験的にすることを許していただいていました。


大きな船であるLAVAではありますが、いつも新しい可能性を模索し続け、感触を探り続けるバランス感覚があるのが鷲見さんのLAVAだなと思います。


そして現在、私はまたLAVAでトレーニングをさせて頂いています。



今回のミッションはフィジカルとスピリチュアルの融合です。



LAVAのインストラクターたちの意識を変容させるための意識付けの集中合宿です。


極陰は極陽に転ずる。


急速な変化は陰陽バランスが崩れて危険です。


今この時代に必要なのは、急激な変化ではなくて、確実な変化です。

 

今年はトップインストラクター向けの研修合宿が4月5月に1回あり、9月10月にまた2回目があります。



じっくりしっかり育てて変容の花を開かせたいと思います。


素敵なご縁に感謝して、最高最善の光の導きが得られるように努めてまいります♡


ちなみに目に見えない世界の話を一切知らない方がご参加になっていると、研修中何回も何回もポカーンとして思考停止状態になるので、その度に「信じるか信じないかはあなた次第です!!」と言って緩めてますw




最後まだ読んでくださってありがとうございました。

愛と光を込めて

長谷川陽子