若き頃に、私が目指した「中国武術界」の映像です | 中国武術 カンフー 横浜武術院 日本華侘五禽戯倶楽部のblog

中国武術 カンフー 横浜武術院 日本華侘五禽戯倶楽部のblog

中国武術師範 伝統華侘五禽戯伝人 太極拳・気功講師 成澤正治のブログ


テーマ:

 

日本国内では「知る人は知る」と思いますが、1980年代は来年が「日中国交正常化40周年」ですが、40年前の1978年に日中平和友好条約が締結されて本場の中国武術、太極拳が初めて日本にいろいろと紹介されました。

 

それまでは香港で制作された「カンフー映画」での影響や、台湾の伝統拳術を紹介される感じでしたが、私がこの蔵前国技館で行われた「中国武術 代表団」の演武を見て、

 

この映像での「中国武術 世界観」が若き頃に、私が目指し、日本に根付かせようと18年前に東京から横浜へ活動拠点を移して ひたすらに努力を重ね続けてきて 今ようやく少しずつ実現しつつある「中国武術界」です。

 

 

そしてこの時代での「中国武術 代表団」の世界公演に活躍された「中国国家 代表団」の演武です。

 

 

 

 

※この中で槍術を行っているのが私の師匠の「楊承冰 老師」です。

 

老師2

 

1989年安徽省武術隊にて、赤セーターが私 右端が楊老師。

 

楊

 

楊老師からは、いろいろと世界公演での思い出話など よくしてくれました・・

 

この映像で興味深いのは、少年時代の「ジェット・リー 李連傑」やアメリカでお世話になった「フー・チェンチアン 胡堅強老師」や西安の英雄「趙長軍」さんが若々しいことです(笑)

 

そして私が1985年に上海体育学院、1986年安徽省武術隊で本場の武術チームで鍛えられ、私が憧れ、技の境地を目指していた大先輩の皆さんの中国武術の長拳です。

 

30年前の1987年 杭州武術大会

 

 

 

1986年 済南武術大会

 

 

 

 

 

 

 

今こうして、30年以上も時が流れ、

 

日本も中国も新しい時勢になりましたが、

 

まだ見果てぬ「武術の夢」へ向けて、教え子を育てながら、「太極拳の夢」「健身気功の夢」を頑張っています・・

 

 

NARUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス