谷よっくるのスピリチュアルな作家活動の記録

谷よっくるのスピリチュアルな作家活動の記録

主にスピリチュアルな作品を世に問う作家、谷よっくるの作家活動の記録です。
詩、物語、エッセイ、龍神ツアーレポートや映画レビューなど。
たくさんの方に読んで頂いて、心に響けば幸せです。

書け❗️


書け。

    書け!

        書け~~~‼️


よっくる笑

【愛し、愛されて】

人はみな

愛し、愛されて

生きている

親との関係におき

恋人との関係におき

夫婦の関係におき

子供との関係におき

職場や地域の関係においてすら

人との交わりの中で

愛し、愛されて

愛を学ぶ

それが国家をこえ、

全地球的な関係におき

愛し、愛されて

生きることが

愛の星、地球に

住まうものの

ありたい姿。

そこで鍵となるのは

やはりまず、愛すること。

愛すれば、

愛される。

愛は循環するものなので、

愛を贈ると

愛がどこからか

返ってくる

愛されたいと

待っているだけでは

愛は返ってこない

まず

自分から愛を贈ること

それが未来の扉を開く

鍵となる

よっくる( ´ ▽ ` )ノ

【雲の上はいつも晴れ空】


曇り空は私たちの心の空

光も闇もある私たちの心の空

でも

雲の上に出てみようよ

雲の上はいつも晴れ空

そこには私たちの真我太陽が

さんさんと輝いている

神から分かたれた分け御霊

それが私たち

本当の私たちは雲の上の太陽

だけど

地上での生活が

私たちの心に曇りを作り

太陽を覆う

私たちは曇り空に慣れてしまい

雲の上の太陽を忘れてしまう

思い出せばいい

太陽は私たちが気づこうと気づくまいと

さんさんと輝いている

いつもいつも


     よっくる