フラメンコ界の大イベント、カンテデラスミナスが今年も終わった。
炭鉱の町で開かれる文字通り「炭鉱の歌」の大会。

約一週間に渡り開催され、有名アーティストの公演に続き、コンクールが4日間行われる。
各地の予選を勝ち抜いできた人たちによる3日間のセミファイナル。
そして最終日は決勝。

このコンクールで優勝した人は皆、その後のキャリアが華々しくなるという由緒あるもの。

今年のランパラ・ミネラ(この大会で最も大事な賞。歌部門の優勝。最優秀賞)はマティアス・ロペス。
昨年エル・フンコのグループでガルロチに来日していたので日本でも知っている人が多いのでは。

なんと約10年程前に小松原舞踊団のツアーにも来ていたのです。
日本中を一緒に周りました。
少し控えめな好青年という印象でした。

それから段々と名のあるアーティストのバックを務める様になり、最近はCDを出したり精力的に活動してます。
この秋、石井智子さんの舞踊団公演に来日予定。
チェックですよ!

2015年には私もセミファイナルに参加しました。
ラ・ウニオンという町はスペインアンダルシアの東端にあります。
そこまでの長い道のり、クリスティナ・オヨス夫妻、ヘスス・オルテガに支えてもらい、舞台の上でもがっちりサポートされ安心して楽しんで踊れたのを覚えています。
いや、忘れられない経験でした。
タラント
ファルーカ

現地の方々の温かさ、前日に入った炭鉱。
そこで行われたコンサート。
雰囲気…
全てが今の私の活動の糧となっています。
改めてこんな経験が出来た事、その活動を支えてくれたマルワ財団に感謝いたします。

毎年、この時期は何故だかドキドキするのです…
今年のセミファイナリスト、受賞者の皆さんおめでとうございます!!!!!!


Estudio LA FUENTE 
田村陽子フラメンコ教室

☆東新宿・自由が丘のフラメンコ教室
☆見学、体験随時募集中!!!!!!

予約受付中!!!!