拡散‼️CIAに派遣された派遣会社の男が帰って来た! | 神軍物語:人類が心眼を拓きアセンションする鍵は、人類大救世主大塚寛一先生の秘蔵書「暗夜の光明」の中にあった‼️

神軍物語:人類が心眼を拓きアセンションする鍵は、人類大救世主大塚寛一先生の秘蔵書「暗夜の光明」の中にあった‼️

地球人類はまもなく肉眼の奥に潜む「心の眼:松果体」を啓きます。その鍵は人類大救世主大塚寛一先生秘蔵書1936年発刊80年後、ロニ復刻の「暗夜の光明」にある神軍の役割にあったのです❗アンドロメダ銀河出身ロニと共に地上天国を築きましょう‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
小泉純一朗元首相の下で郵政を民営化させ、日本人の大切な資産をアメリカに売った男、竹中平蔵こと韓国名、李平蔵がまた新政権に食い込んで来た。


安倍、菅政権時にもしっかりと民間諮問議員として日本人の派遣労働者化と日本の資産をディープステートにしっかりと売り飛ばして来た男である。

安倍元首相からは
『あなた程愛国者はいない!』?
とお褒め戴いた画像が残っている事は私は知っている。

岸田新総理は政権から新自由主義者を排除するとされていたが、結局はアメリカの意向があってねじ込まれた感がある。



竹中平蔵がCIAのボディガードに守られて日本の政権に食い込んで来た時に、彼のパソコンを去る愛国者が確保して中身を見た所、
あまりに酷い日本売国計画が書かれてあったのに、一同驚いた!
との逸話がある。

さて、先回の衆議院議員選挙にも是非立候補して自民党の中で国民の為に活躍して欲しかったが、見事に貶められて立候補出来なかった
安藤裕元自民党議員


もうこうなったら、自民党以外の財政拡大派のれいわ新撰組とかがもっと頑張って欲しいと述べていた。

自民党にいた、まともな議員は今や民間人となり皆さんに政治を解説しています。