海外ヨガリトリートならルミナス!

海外ヨガリトリートならルミナス!

イギリス在住バックパッカー、世界中でヨガをするルミナスがヨガを深めるリトリートと旅のお手伝いをいたします。

☆☆☆ yoga-luminousのブログへようこそ ☆☆☆
yoga-luminousは主に海外でのヨガ・リトリート企画運営をしています。


ヨガリトリート2020.11月:インストラクター向けビジネス・コース

同じく11月はRYT200全米ヨガアライアンス資格取得コース

イギリスでは、スーパーも、ショッピングモールも、一方通行の規制がされています。

「2メートルの間隔を保ちましょう」とも。

 

まだまだ気を緩めたらダメですね。

 

 

 

さて。

日本人のヨガ友とスカイプでお話しをさせていただき、

「最後に会ったの、じゅう、、、何年も前よねー?」

と言われ、

 

「2013年なので7年前ですよ~」

と言えば、二人して

 

いずれにしても月日の経つのは早いね~~!!!

 

ということで盛り上がりました。

 

 

でも、変わらないんです。

笑顔もあの頃のまま。

お互いに年は取りましたが、変わらない。

 

そこから「あの時のXXXさんはね、、」「そうそう、、、Aさんはねぇ、、」てな話にもなりまして、懐かしさで大盛り上がり!!

 

 

 

 

ルミナスがTTC(ティーチャーズ・トレーニング・コース)を始めるきっかけになったのは、リトリートの講師から「TTCやりませんか?」という声がかかったのが始まりでした。

 

その時に、自分が受けた全米ヨガアライアンスのコースを想いだし、、、、しばし遠くを見てしまったり、ニヤけたり、いろいろと、苦しかったことも含めてとっても良い想い出になれたし、ヨガを深められた良い経験が蘇り、「よし!やろう!」って結構即決!

月日は経ったけど、その時の想い出が背中を押してくれたのも事実です。

 

 

その時の仲間と今も繋がっております。

当時は独身者が、結婚、出産、子育て、、あっという間にその子たちも学校に上がり、、など、本当ーーに月日を感じます。

 

 

 

そんな感じで「時間」というもので盛り上がったのでしたー。

時間というのは、未来に良い方向に残るものにこそ使うべきである、と感じました。

未来とは、今である。と。

 

この時のお話しの時間も、とっても貴重なもので、受けるものがたくさんあった実りのある時間となり、感謝しております。

 

自分にとって心地よい相手、未来のお互いが幸せでいられるような相手との時間使いって大事だな、という“気づき”!

 

皆さんにも、幸せな未来が起こるための「今」という時間の使い方をしていただきたいな、と思っています!

 

 

 

全米ヨガアライアンス資格取得コース!(←こちらをクリック!)

 

Namaste☆

イギリスはロックダウンも少し緩くなり、車で移動してもよくなったので(スーパーマーケットなどの用事)、切れたお醤油などを買いに少し大きなタウンへ行って来ました。

そこへ行かないと、私の町には日本食って売ってないんです。

 

天気も良く、張り切っていったのに、、、まさかのクローズ、、、えーんえーん

 

スーパーはオープンしててもいいはずなのに、、、小さなお店だから、でしょうか。。

中国人がやっているアジア食品店なのですけど、、、あそこがなかったら困るアジア人、、、多いだろうなぁ。

 

私のような、少し田舎に住んでいる者には特に神様でした。

ロンドンの日本食スーパーはそこへいかないと買えない(←都会嫌い)。

オンラインでは買えますけど、いくら以上って指定があって、それ以上の金額を買わないと無料で配達してくれませんし、なにしろ高い!!

 

なのでこのクローズだったお店、、、神様でしたが、、、しかたない、もうしばらく我が家のシェフが作る欧米のものでしのぎます笑い泣き笑い泣き

 

でもね、

久しぶりにシャバに出たかのような気分になれて嬉しかったですチューリップ

 

 

 

 

 

さーて。

世の中、「オンライン」「オンライン」ですね~。

 

何でも、良いところと、そうでないところを併せ持つものです。

各個人がそれぞれの想いを持ち、目的をもって進んでいけばいいと思います。

 

ルミナス・スクールでも、もしかしたらオンラインでのRYT200(全部ではないですが)を、アライアンスの指導にのっとって行う、、、かも、、しれません。さまざまな条件付きで、です。

良い先生になっていただきたいから照れ

 

 

 

とはいえ、です。

バリ島のヨガ・ティーチャーをゲストにお呼びし、直々に指導を受けた参加者さんからこんな言葉もいただきました。

下矢印(原文まま)

わたしはバリリトリート の写真を見返しては、
あー、先生、こんなことおっしゃってたなー、足の指めちゃめちゃ押されたなー、こんなかんじでアジャストしてくれてたなーとかとかとか、、、
思い出しながら、ちょこちょこ練習してます笑

上矢印

 

 

 

この「足の指めちゃめちゃ押されたなー」という感想はオンラインではあり得ないのです。

この時の感覚、温度、強さ、などは、まさに“そこに行き”、直に感じることが出来るもので、お金には代えられません。保障します。

 

 

バリ島からのヨガ・レッスン、大人気です。(←こちらをクリック)

 

 

 

別のお話しです。

下矢印

「英文科卒業です」

「駅前留学でx年通いました」

という人の英語が生きていないのを感じたのはオーストラリア時代でした。

ン十年前。。(遠くを見る、、)。。。トシとったなぁ、、ウシシ

 

(注:私は自分が英語が出来ると思ったことも、言ったこともありません。だって、出来ませんから!)

 

 

「留学してました」という人、、

言語は正確かもしれないけど、文化への配慮が日本人のまま、な人も多くいます。

言語を学びに行ったのでこれはこれでいいのかもです。

 

とはいえ、せっかく行ったのなら世界観も味わい、世界に出たらそこをも表現してほしいな、とも思っています。

日本にいる間はいいのですけどね!

 

 

 

 

ルミナスの全米ヨガアライアンス・スクールではその世界観を肌で感じていただきながら、世界に通じるヨガ・インストラクターさんを応援します。

外国からの問い合わせもありました。

世界から集まるコース、、、これもいいですね~!!!

楽しみです!

 

Namaste☆

 

【募集のお知らせ】

ヨガ通訳が出来る方、いらっしゃいますか?

またはそのような人をご存じないですか?

ヨガをやられてる方が望ましいです。

よろしくお願いします。

 

 

 

在英歴40年以上、とか、

ヨガやってる人でヨガをじっさいに英語で教えている人、とか、

英文科卒業、とか(出た!!)、

などの人に聞いてみたのですが、どなたもヨガの通訳には自信がない、と。。

 

 

これ、ものすごく理解できます、私も出来ません。

解剖学とかヨガ哲学になると、頭では分かってもそれを日本語に、しかも良い感じに仕上げないといけない、というのは難しいのです。

 

同言語で、日本人が日本語でヨガを伝える(教える)場合も、言葉によってまったく違うものになりますね。

なので、言語が出来る、だけでは通訳、または翻訳も出来ないのです。

 

日本人だから、って安易に日本語を教えようとしても無理なのと同じです。

そのメソッドや、通訳・翻訳家としての勉強と訓練を受けていなくては。。。

 

 

ですけど、

ルミナスでは、時として通訳が必要になるケースがあるかもでして、その時の為に通訳が可能な人を求めております。

プロじゃなくても、ヨガ通訳、なんとかできますよ、という人、

我こそは、という方、どうかお申し出くださいませ。

 

 

 

 

全米ヨガアライアンスRYT200コース、来年の予定が上がってまいりました。

(詳細お待ちください)

コロナの事で不安な方、今年のコースに申し込みをされたら来年まで同金額で持ち越すことが可能です。

※2021年からは金額が上がります。

ルミナス・スクールは、安い・安い・早い早い・簡単にとれる、という資格内容にはなっていません。

 

 

しっかりとしたスキルを身につけるチャンスです。

ヨガ・インストラクターになりたい方、興味のある方、すでにヨガ・インストラクターとして働いているけどアライアンスの資格はお持ちではない方、どうぞこのチャンスに資格取得を考えてみませんか?

 

 

 

 

2020年11月全米ヨガヨガアライアンス資格コースはこちら!

 

 

資料請求はこちらからどうぞ!

 

Namaste☆