海外ヨガリトリートならルミナス!

海外ヨガリトリートならルミナス!

イギリス在住バックパッカー、世界中でヨガをするルミナスがヨガを深めるリトリートと旅のお手伝いをいたします。

☆☆☆ yoga-luminousのブログへようこそ ☆☆☆
yoga-luminousは主に海外でのヨガ・リトリート企画運営をしています。


ヨガリトリート2020.11月:インストラクター向けビジネス・コース

同じく11月はRYT200全米ヨガアライアンス資格取得コース

7月7日にスカイプでお話しすることになっていて、これが決まった時にお相手の方から

「七夕ですね!」

って来たけど、、

「夕方ですね!」

って読んでしまい、、、「日本時間は夕方だけど、、都合悪かったかな?」って一瞬思ってしまいましたっ笑い泣き

ローガン、、、恐るべし。

 

 

 

外国にいて、しかもロックダウンでしょ、、、国内移動もままならない3か月でしたし、もっぱら日本の情報はネットです。

(その前からもネットじゃん、ってツッコミ入るか笑い泣き?)

 

ナマの日本の状況が分かっていないのも困るので、こうして時々ヨガ仲間や、ヨガ講師とお話をさせていただくのですが、

先月、

mimo先生ともお話をさせていただきました。

 

 

 

mimo先生、、、開口一番に

 

「Keikoさん!日本は今、政府もオンラインヨガを推奨するようになってね!」

 

から始まりましてびっくり

 

国を挙げてオンラインをお勧めされたら、なんだかそうしなくちゃいけないような雰囲気になるかも、、って危機感。

スタジオを持ってるヨガ講師は青くなりますよねー。

 

 

オンラインって便利ですけど、、、私は楽しいって感じることが少ないですてへぺろ

全くないわけじゃないでしょうけど、感じ方が少なくて、それもしょうがないよな、って自分で納得してました。

それはコロナの件があったからです。

 

オンラインでのヨガを楽しませるための努力、という、ヨガ講師にかけられた使命も大変なもの!!

 

テレビに出てる人たちが、あの四角い小さな枠から、いかにお茶の間を楽しませることが出来るか、の使命と似てる(?)。

 

ヨガを受ける側も一定のマナーを守り、本来は「行くべきところに行く」を忘れずに受けていただきたいな、とね。

 

身体を動かすだけのヨガはヨガではない、とルミナスは考えています。

アサナはヨガのほんの一部でしかないのです。

 

 

 

ということでニコニコ、、瞑想もお勧め!

庭のバラの前での瞑想、時々しています。

 

 

 

雨が多いイギリスではタイミングが必要ですが、鳥のさえずり、ハトの声、ロビンもやってくるし、ハチも飛んでますびっくり、、そんな雰囲気の中での瞑想では心が落ち着き、、、落ち着いた頃に

「ティー・タ~イム!!」

ってなると最高の気分ですてへぺろ

 

 

 

 

 

全米ヨガアライアンス:ヨガ・インストラクター養成スクールならルミナス・スクールでどうぞ!

 

全米ヨガアライアンス正式認定校:luminous-school

 

Namaste☆

7月4日から、イギリスのパブ・レストラン・カフェなどもオープンが許可されました。

美容院もラブラブ

予約が殺到してすぐには髪を切りには行けず、、ですが、もう少しの辛抱だーーチョキ

 

パブが生活の一部になってる英国人にとってはもうお祭り騒ぎのドンチャン騒ぎ!

とはいえ2メートルの距離は保たねばならず、ガーデンでも室内でも、テーブルとテーブルの間は2メートル以上あり、、カウンターにはシールドがあります。

 

こんな感じ。

(英国のニュース記事より拝借)

パブ、って、パブリックの略で、人との触れ合いの場所なのに笑い泣き

でも今はしょうがない!

その時の最善なやり方で進むしかないよね!

 

うちの近くのパブがどんなか行くつもりが、、、昨日はあいにくの雨で散歩せず、でした。

またどんなか報告させてくださーい。

 

 

 

 

さて我が家のお話し!

我が家の専属ガーデナーは、今年はストリベリーを植えまして、私はそれを積んではビタミンC補給しています!

収穫専門ウシシ、うしし!

 

ロックダウンになってから植えはじめました。

最初は小さな鉢に、

それから地面に植えましたよ~(専属庭師がね)。

 

 

 

しばらくすると、、

ほ~ら!イチゴだーー!

私は草取りするだけ笑い泣き

 

 

 

もう少し・もう少しラブラブ

草取り専門が必死に願う。

 

 

 

このころはイギリスでは珍しく晴れが続いて雨がなかったので、毎日の水やりが大変でした~。

(専属水やり師の仕事でしたが、去年までは私がやってたんですーえーん

ロックダウンは生活を少し変える、、むふっ)

 

 

そして、、、、、収穫第一号ーーー:イチゴ!(すまぬーー)

美味しそうなイチゴがっドキドキドキドキ!!

 

 

 

毎日少しづつ摂れます。

自然なものですしね、形は色々です。

 

 

 

人間も、見た目で判断されがちですが、月並みな言い方で、、

 

人間は見た目ではありません

 

色々な姿の人がいていいし、それが自然の法則、無理に自分を変える必要もないし、美しく見えるようにと着飾る必要も、修正する必要もないのです。

私は「インスタ映え」(※人物の場合)ってとっても疑問です。

 

あなたはあなた。

そのままでいいのです。

 

 

 

こういう思想はもともとありましたが、ルドラクシャからの学びでもありました。

ルドラシャ粒のエネルギーは種から来ています。 
(皆さんが目にするルドラクシャのムキの中には種が入っています)

そのエネルギーはブツブツ(粒に見られるゴツゴツ)から発せられています。

そして、それは時間とともに欠けていきます。

それでもルドラクシャ粒の可能性を減らすことはなく、しっかりその機能を果たしています。 

破損したルドラクシャ粒を身に着けていても何の利益も得られず、害もありません。

しかし、ビーズが虫によって汚され、中の種が破壊されて、そしてRudrakshaにヒビが入っているならば、それは無効になります。 

人間も、中身が腐った人(言い方が悪くて申し訳ありません)にならないように~。

 

 

 

 

 

形の不ぞろいのイチゴやズッキーニを見ながら、いつもそう思います。

だって、どんな高級な、どんな綺麗に整ったイチゴより美味しいから!!それでいいのです。

ロックダウンが緩和されてもイチゴ育成(&収穫!)は続きますグッド!

 

 

 

 

 

全米ヨガアライアンス:ヨガ・インストラクター養成スクールならルミナス・スクールでどうぞ!

 

全米ヨガアライアンス正式認定校:luminous-school

 

 

Namaste☆

 

 

2020年。

ロックダウン中のイギリスに、、、

 

 

夏がっ!!

 

 

 

半袖ですよ!!!半袖!!

イギリスで、外で、、半そで!!!

 

驚きますよ!

イギリスに夏はない!、、、って豪語してきましたからね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスの自称:夏!、、、なら外でヨガ出来ます。

 

 

≪裏話≫

ヨガマットを引かず、裸足になってやっていたら、、、

 

 

足の裏にトゲが刺さったぁぁああああ!!

 

 

数日、痛くて、、、実はヨガにも支障がありました。

足の裏で踏ん張るポーズが多いですからね!

 

そんな時は無理せず、瞑想にふけりますニコニコ

瞑想もヨガ!

 

 

≪教訓≫

外ヨガではマットを引こう!

当たり前だ、うんってへぺろ照れてへぺろ

 

 

 

 

 

全米ヨガアライアンス:ヨガ・インストラクター養成スクールならルミナス・スクールでどうぞ!

 

全米ヨガアライアンス正式認定校:luminous-school

 

Namaste☆