海外ヨガリトリートならルミナス!

海外ヨガリトリートならルミナス!

イギリス在住バックパッカー、世界中でヨガをするルミナスがヨガを深めるリトリートと旅のお手伝いをいたします。

☆☆☆ yoga-luminousのブログへようこそ ☆☆☆
yoga-luminousは主に海外でのヨガ・リトリート企画運営をしています。


ヨガリトリート2022年:インストラクター向け強化合宿・コース

2022年RYT200全米ヨガアライアンス資格取得コース

また今年もフジの花が咲き始めました!

 

 

フジの花には「優しさ」とか「恋に酔う」とかの意味があって、色によって違うんですって。

紫はなんだろう??

 

 

 

もう少ししたらもーーッと咲きます!

 

 

うちには薔薇もあって、バックガーデンには大きな薔薇が、玄関前には小さなバラが育っています。

そこの近くで行うヨガも気持ちいいのですが、玄関前では犬の散歩族とか、近所の人が通り落ち着かず、バックガーデンでは、ちょうどバラの花の前で野菜を育てているので、野菜を守るために断念。。

 

でもこれってとても平和なことですよね〜。

 

 

ご近所さんとの挨拶も元気にできるようになりました。

完全ロックダウン中はやっぱりどこか笑顔にも影があったように思う。

 

庭で野菜作りができる環境には感謝してます。

 

 

 

 

さて。

こちら完売になりました。

スワロフスキーを使ったブレスレットでした!

 

 

フジの花も素敵だけど、このエメラルドグリーンも素敵!!

 

 

最近はブレスレットがよく出てまーす。

聖なるルドラクシャはこちらから!

 

 

全米ヨガアライアンス10月スタート対面とオンラインはこちら!

 

 

よく当たる!インド占星術はこちら。

 

 

インドネシア語が学べる!

 

Namaste🌟

家の中でセーターを着込んでいたけど、最近はシャツ1枚か、カーデガン、のイギリスから!

 

 

ジムが再オープンになったのをいいことに、運動不足解消にと行くのはいいけど、自己流だと仕事ばかり気になってしまって早く終わらせるくせがあるので、クラスをちゃんと取ろう、と、先日はピラティスのクラスを予約しました。

 

ピラティスって、、、実は苦手で、過去に数回やったことがあるけど、、、、むにゅむにゅ、、、。

 

 

インストラクターは太ももが私のウエストの倍近くあるような大きな人でしたが爆  笑、でもフィジオの資格を持つ経験豊富な人。

 

 

なんとその日は私ひとり笑い泣き

 

 

「ひとりなのね〜!なんでもやるけど、何がいい?」って聞かれ、

「じゃ解剖学教えてください、カラダ動かしながら」

とのリクエストを快く引き受けてくれました!

 

 

急遽、解剖学のワークショップの時間になったけど、先生は太っている体が大きいせいかエアコンを効かせていて、私はずっと寒いまま。

 

 

動けば暖かくなると期待して、

 

こう動かすときは足首をこうする、そうしないと腰に負担がかかるから

 

腰はここまでしか移動しない、無理な動きは体を傷めるから

 

など教えてもらって、私は首と肩がよろしくないので、そこも教えてもらいました。

 

「首は冷やしちゃダメよ」とかね、、、今が一番冷えてるんですけど。。。笑い泣き。。。エアコン止めて欲しい〜。

最後にこれをいうと「あらそう?」てなもんだった。。。

私はやっぱり冷え性なんだな笑い泣き

 

 

 

 

今週はマクラメ編みのルドラクシャ 作品のオーダーが殺到しました。

 

 

2ムキは一瞬で売れました。

マクラメ編みのブレスレット希望で、お造りさせていただきました。

(2ムキはイギリスの、私の手元にまだあります、興味のある方は連絡ください)

 

 

 

うれしい悲鳴!?

でもね、まだまだ頑張ります。

 

今はバリ島全体で困っている人が多く、それこそ悲鳴が聞こえてきました。

施設の子供たちもでしょうけど、仕事がない大人の元にいる子供たちに、、、

届け!!この愛ラブラブラブラブラブラブ!!!

、、、って、冷えた部屋で解剖学を聞きながらも思っていました!

 

 

 

 

聖なるルドラクシャはこちらから!

 

 

全米ヨガアライアンス10月スタート対面とオンラインはこちら!

 

 

よく当たる!インド占星術はこちら。

 

 

インドネシア語が学べる!

 

Namaste🌟

こちら完売しましたが、お時間いただけたら再販可能です。

 

 

 

 

 

さて。

メーガンは

「王室は私を守ってくれなかった」

と言ったけど、

 

王室が守るべきは国民です。

 

国民から愛され敬意を払ってもらうためには、反論などに時間や労力を使わず、ひたすら国民のために公務をすることです。

 

 

 

 

メーガンは

「2019年世界で最もネット上で嫌がらせされた人と言われているから・・・・なんちゃら〜」

とも言いました。

 

 
私は個人的に、この、、

「2019年世界で最もネット上で嫌がらせされた人と言われた」

、、、この発言がとっても違和感です。

 

これを自分で言ってしまうなんて。

被害者にしたい感じ?

嫌がらせを最も受けたのは誰か、、、なんていうどうでもいいことを自ら言う?

 

 

メーガンのママはソーシャル・ワーカーだし、ヨガ・インストラクターです。

一番身近な母には頼らず、メールや文書を残して

「こういうことをしたけど何もしてくれなかった」

と世界に向けて発信した。

 

矛盾だらけですが、

「真実を話したい」と、メーガンの目線での”真実”を話したけど、真実って、お互いに起こったことはどちらも真実で、

行った/言った人の意識と意志

行われた/言われた人の解釈と感情

によって随分と違うものです。

 

 

守ってくれなかった、人種差別があった、と言うけれど、

「私の結婚式ではイギリスに700億円以上の経済効果をもたらした!」

(だから結婚式にかかった費用などはちゃら?)

みたいな、、、どこまでもお金目線な思想で、裁判にその旨提出したんですって。

 

でも「サセックス公爵夫人」の名前はフルに使って出たいところにだけ出て行く。

 

 

日本人も英国人も、

誰かがロイヤル・ファミリーとか皇室に加わったら、

慣れてくるまでの言動、、、ファッションも含めて、、、、、などを、

その成長ぶりも含めて見るのが好きで、そこを期待しているのだ。

 

その中には否定的なことを言う人もいるでしょうけど、

伝統はある程度守りながら、

それを貫いて絶賛されるか、

伝統に落ち着いて絶賛されるか、、の違いで、

最初から出来上がった完璧な人など望んでいないのです、、、そうでしょ?

 

 

メーガンは堂々としています、結婚式も完璧でした。

(だって二度目だもん爆  笑

(だって女優だもん、、、カメラなどには慣れてるよね)

 

私も結婚式は生中継で見てました。

素敵だったし、今までと違ったし天気も良くて完璧でした。

 

ただ、、、フレッシュさはあまりなかった、、、それはやはり二度目だから公の場に出ることに慣れているから、って思ってます。

これはこれでいいのです。

 

 

国民が皆で祝福してました。

それは間違いありません。

 

 

自由の国アメリカからいきなりロイヤル生活は、確かに息苦しくも堅苦しくもあるでしょうけど、国民とともにそれを乗り越えることはできたはず。

だって彼女は強い!

働き者でもあります。

 

 

やり方を変えて、もっと平和的に王室や国民と有効な関係性を持ってもらいたいな〜。

 

 

 

ルミナスの『聖なるルドラクシャ』も、あなたを守るための”お手伝い”をしているのみ、です。

幸せは自分で掴む!

 

私は、リトリートにおいては、最大限守るべきは参加者の健康で、そのためだったら現地の人と有効な喧嘩もします(良い意味での喧嘩です照れ)、ただし、日本人の参加者さんがバリ島において不利益になる行為をした場合は、参加者さんでも注意します。

 

そこの国や地域の文化をリスペクトして、皆が良い関係を保てるように、人間として成長してほしいと思っているからです。

 

 

そして初めて、一人一人が幸せを掴む、掴む道を見つけられると思っているからです。

 

昔「くれない族」という言葉がありました。

「◯◯してくれない」

ということばかりをいう人のことですが、

そんな人は、人に対して何かをしてあげているのか。

 

王室と良い関係を築いて、国民のためを思って行動してこそ、王室はその人を守るのではないかなー、、、

、、、なーんて、イギリスのどんよりした空を見ながら思いました笑い泣き

 

 

聖なるルドラクシャはこちらから!

 

 

全米ヨガアライアンス10月スタート対面とオンラインはこちら!

 

 

よく当たる!インド占星術はこちら。

 

 

インドネシア語が学べる!

 

Namaste🌟