秀吉の枷 | 依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

OBC商蔵奉行を中心とした奉行シリーズの最新情報や活用方法を紹介しつつ、中小中堅企業の経営とITの融合を目指してみたり、みなかったり。。。


テーマ:

今日は最近読んだ本、「秀吉の枷 (かせ) 」をご紹介します。


新書ではなく、私が読んだ文庫版の画像で紹介しています。新書は日本経済新聞出版から出ています。


依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

加藤廣の本能寺3部作のうち、第2弾として出版されました。


第1弾の「信長の棺」では、信長に仕える太田牛一の視点で物語をつづった著者でしたが、


今回は、タイトルの通り、秀吉の視点で物語が進みます。


皆さんご存知の通り、信長に仕える先輩の有力武将を押しのけ、


農家の出の自分を武将にまで引き上げてくれた信長を慕う秀吉が


謀反人明智光秀を山崎の合戦で討ち果たし、全国統一へと進んでいくわけです。


しかし、信長が本能寺で光秀の謀反により倒される原因に、秀吉が絡んでいたら・・・




信長については、おそらく多くの専門家の意見や、既に多くの考察がなされていることと思いますが、


特に自分はそれについて詳しいわけでもなく、ごくごく一般的な歴史の認識しかありません。


従って、詳しい方からしたら、こんなのありえないとか、様々な意見があるのかもしれません。


でも、私は、読んでいて、わくわくしたし、面白かった。


読めば読むほど続きが読みたくなり、毎日電車の中でしか読めないので、


行き帰りの電車が待ち遠しいほど。


秀吉が本能寺の変にどのように関わっていたのか、


天下統一をとげた秀吉の跡継ぎに対する悩み、


など、教科書には載っていない秀吉の生涯を楽しむ事ができました。




史実に忠実かどうかを追うのではなく、歴史を題材にしたフィクションだと考えて


素直に読めば、楽しめるのではないかと思います。


興味のある方は、是非どうぞ。




第3部の「明智左馬助の恋」も、先日ようやく文庫化されました!


いやー、もう文庫化されないのかと思いましたよ。早速、買わねば!!


ペタしてね

依田会計IT室長古屋健さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス