2020年2月(もうすぐです)に北海道のあちこちでサイクルツーリズムのセミナーが開催されます。

北海道観光振興機構が主催だそうで、多分それぞれのエリアで開催することで、そのエリアの人たちと一緒に主催組織自体も学びを深めたいのだと思います。

サイクリストの受け入れを模索している皆さんにとっては、ヒントや参考になるお話が聴ける機会になろうかと思いますし、観光振興機構に想いを伝える機会にもなるのかなぁ?と考えたりもしています。

 

開催は合計4回。

3回目と4回目の講師は同じ方ですね。

 

私も第2回目の俱知安での開催回は出席してみようと思っています。

 

皆さん、すっかり遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

喪中の方には、寒中見舞い申し上げます。

 

この冬は本当に雪が少なく、市街地に住んでいる身としては喜ばしいことなのですが、そんな自分ですらスキー場の雪不足を心配してしまうという毎日です。

 

冬の体力づくりに、クロスカントリースキーも取り入れていますが、ここ数年参加している『札幌国際スキーマラソン』も、40周年イヤーという記念すべきシーズンに雪がない!と言うことで、果たして開催できるのかどうか・・・

 

そんな冬真っ盛りなニセコですが、サイクリング系部隊は着実に、来るサイクリングシーズンに向けて種蒔をしているところでございます。

 

で、もうこのブログを書いている1時間半後。2020年1月15日正午から、Niseko Classic 2020のエントリーが始まります!

大会エントリーはこちらから!

結構速攻でエントリーが埋まるらしいです。

その後はキャンセル待ちになるそうです(こちらもそれなりに出てくるそうですけど)。

 

今年はオリンピックイヤーということもあって、開催時期が6月に変更となっています。

 

本州の皆さんは梅雨時期ですかね?

涼しい北海道へサイクリングを楽しみにいらしてはいかがですか?(^o^)

 

11月下旬のNisekoは、スキーシーズン突入準備の真っ只中です。

毎年11月23日にはスキー場の安全祈願祭が執り行われ、この日以降、ゲレンデに雪が積もればいつでも山開きとなります。

今年の山は、現時点でそれなりに白くなっているものの、まだちょっと滑れるところまでは行ってません。

 

でもそんな状況ですから、Niseko周辺はもうサイクリングを楽しめる状況ではありません。

寒いし、道路上にも一部雪があるし・・・やっぱ寒いし。笑

 

でもですね、そんなNisekoから車でほんの1時間程度移動すると、完全に季節が『秋』でしょ!※個人の感想です

って場所があるんです。

それが西胆振

Nisekoの気温が氷点下でも、こっちは10℃くらいになることもあって、シーズン最後のサイクリングには持って来いなエリアなわけです。

11月24日、西胆振の予想最高気温は13℃。

こりゃもう行くっきゃない!って事で、仲間とバイクを持って行ってきました。

 

今回は洞爺湖町のJR洞爺駅近くからスタートして、伊達市を通り室蘭まで。

ゴールは地球岬で、折り返して戻ってくる走行距離約95kmのサイクリングです。

獲得標高は800mくらいかな。

 

室蘭までは国道37号線をひた走ります。

白鳥大橋は自動車専用なので、行っちゃダメですよ。笑

 

東室蘭に向かい、室蘭市市民会館の横をギュン!と登れば、地球岬まで続く高台のワインディングロードの始まり。

後は『地球岬』と書かれた看板を追っていくだけなんですが、ついつい立ち止まって工場が立ち並ぶ街並みをいつまでも眺めていたくなります。

 

 

しばらく走ると、室蘭八景、トッカリショ。

ここまで来れば、地球岬までもうすぐ。

 

 

地球岬到着。

 

もうヘロヘロ・・・あ、視線の先にいたのは・・・

まだまだ疲れ知らずの先着2名。

 

多島美とはいきませんが、ここはここでいい景色です。

 

帰りは母恋駅まで急坂を一気に下ります。(途中、信号がありますからお気をつけを)

 

適当なところでラーメンを食べ、伊達の道の駅でソフトクリームやスィーツを楽しみ、暗くなる前にゴール。

 

 

バイクを車に収納して、洞爺湖温泉まで移動&温泉であったまる。

 

そしてNisekoへの帰路に待ち受けていたのは・・・

日常でした・・・笑

 

バイクとスキーとでは使う筋肉が似通っていて、そのためにスキーやスピードスケートの選手が夏場のトレーニングにロードバイクを取り入れています。

冬場はしっかり滑って、次の春に備えたいですね。

令和元年 9月 14日〜10月14日の1ヶ月間の毎週末+祝日、国土交通省の社会実験が羊蹄ニセコエリアで行われています。

 

【実験概要】本社会実験は、道の駅の近隣にある国道5号ニセコ除雪ステーションを、

      夏期の非稼働期にサイクリスト専用駐車場として開放し、発着拠点として有効活用する。

【場所】ニセコ町元町61番地(ニセコ道の駅ビュープラザから黒松内方面に300m) 

【時期】R1.9.14~10.14の土日祝日

 

降雪期に道路除雪のために大活躍する重機を格納している場所が、北海道全域には数十カ所あります。

そこは、作業員が待機したりしますから、それ相応の施設となっているわけです。(お風呂・シャワーの類はありませんけど)

そんな北海道各地にある施設が夏場は全く使われないなんてもったいなくない?

トイレや給水・休憩にサイクリスト用駐車場としての機能があれば、北海道のサイクルシーンもほんの少しアクティブにならないか?というのが発想。

道外、それも関東以南の方なんか、除雪車両なんて間近に見たことないのではないでしょうか。

オープン中は、格納庫のシャッターも開けておくので、さすがに中へは入れませんが、かなり至近距離でその迫力ある姿を見ることができます。

 

 

サイクル拠点では、サイクリスト向けの各種サービスメニューも展開しているんです。

電動アシスト自転車のレンタルとか、バイクトラブル対応とか。

お越しになって、何がしかのサービスを体験してモニターになって頂いた方にはプレゼントなど特典も用意してますし、自転車に興味はあるけれど、まだ持っていないという方にも楽しんでもらえるためのイベントも開催します。

9月28日は、電動アシスト付き自転車(e-Bike)の無料体験会とミニ音楽イベントです。

シティータイプ、スポーツタイプと、日々進化するe-Bikeの世界を体験してみてください!

 

フェイスブックやインスタグラムのWEBページも作成していますので、皆さんもフォローや拡散をお願いします!

【フェイスブック】http://www.facebook.com/beautifulYNCA/

【インスタグラム】http://www.instagram.com/beautifulynca/?hl=ja

羊蹄ニセコエリアの道路状況や素敵だなと思った風景などを『#サイクルオアシス』とハッシュタグをつけて皆さんのSNSでアップしていただけたら嬉しいです!

このサイクル拠点を訪れて、アップしたことを示してくれたら、ニセコビュープラザで使えるソフトクリーム券がもらえるはず。笑

 

ニセコに遊びにいって、サイクリングをしたい!

9月21日のワンダーサイクリングに出たいけど、スポーツバイクを持ってない(持ってまでは行けない)!

そんな皆さん、ニセコエリアにはレンタバイク業者がありますよ。

スポーツバイク・電動アシスト付きスポーツバイクのレンタルについてはこちらの3社をご確認ください。

 

ホワイトアイルニセコ

http://www.niseko-weiss.co.jp/e-bike/19summer%20price.pdf

電動アシストに強そうですね。

 

Rythm

https://www.rhythmjapan.com/rentals/bike-hire/

ロードバイクのレンタルもありますね

 

iGATE IKEUCHI

https://www.igate-ikeuchi.com/

サイト上にはニセコでのレンタル情報が見当たりませんが、問い合わせする価値はあるかも。

 

その他、各観光協会に問い合わせてみるのもいいですね。(こちらは『ママチャリ』が多いかとは思いますが)