103円台

テーマ:

 本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円はチャート上抜けで103円台

となっています、今晩の米の民間の雇用統計、週末の政府の雇用統計

次第ではさらなる円安の可能性もあるのではないでしょうか。



貴金属  昨晩NYは金、銀、白金下落 FRB副議長のテレビ会見で

      9月利上げの可能性が高まり 下落となっています。

       国内  金、銀プラスサイド、白金下落 円安で下げ幅

       削る展開 円安とNY安の綱引き、金、銀は一目雲の下限

       で抵抗にあっています、雇用統計次第の流れとなりそうです。

       大勢は買い方針で見ていきたいと思います。



穀物   昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦安 依然豊作見通し ファンド

     売りでコーン、小麦は新安値更新、国内 コーン、プラスサイド

     大豆マイナスサイド、円安傾向、このところの売られ過ぎもあり

     コーンはマイナスサイドのスタートでしたが上昇となっています。

     戻り売り方針ですがある程度の戻りがほしいところです、このまま

     円安すすめばもう一段上の戻りもあるのではないでしょうか。



                                     近藤

AD

独自テクニカル

テーマ:
8月31日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 42510 42 8月29日 42550~
トウモロコシ 19340 41 7月26日 20310~
ゴム 152 46 8月25日 149.5~
4328 46 8月2日 4422~
白金 3501 40 8月18日 3606~
原油 29820 55 8月16日 28760~
ガソリン 41140 60 8月16日 39190~
日経平均 16887 57 8月22日 16598~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力
AD

 本日は商品まちまち、株はマイナスサイド 依然 米 利上げが9月にあるか

どうかが 市場の一番の材料となっています。 目先は今週末の米 雇用統計

に注目が集まります。今晩FRB副議長のテレビインタビューがあるようです。

 


貴金属 昨晩NYは金、白金プラスサイド、銀上昇 テクニカル的な動きで

     小動き、3品共 一目の雲で抵抗にあっています、 国内 円安も

     あり プラスサイド、依然 底入ったのかただの修正高なのか判断

     難しいところ、ここにきて米 9月利上げの可能性が高まってきて   

     いることがさらに難しさを増している感じです、大勢は買い方針で見て

     行きたいと思います。




穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦 下落 依然豊作ムードで下落

    世界的に供給過剰の小麦の下げと、ファンドの買い手仕舞いが

    遅れていた大豆の下げが引っ張る展開 シカゴ引け後 作柄状況

    良以上 コーン75%先週と変わらず、大豆73% 先週より1ポイント

    良くなっています。 国内 円安もありコーン、まちまち、大豆上昇

    現在 コーン戻り売り方針ですが、本日下げ過ぎていた 中物が

    急伸しており、鞘の変化がでてきています、売るにもある程度の

    修正高がほしいいところです。ここからさらに突っ込みがあれば

    短期買いも考えたいところです。


                                       近藤

        

AD

独自テクニカル

テーマ:
8月30日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 42700 44 8月18日 43260~
トウモロコシ 19240 38 7月26日 20310~
ゴム 154 49 8月25日 149.5~
4322 45 8月2日 4422~
白金 3532 42 8月18日 3606~
原油 30160 57 8月16日 28760~
ガソリン 41350 60 8月16日 39190~
日経平均 16725 52 8月22日 16598~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力

戻り待ち

テーマ:
今日は株商品共に小動き。


貴金属の流れは下げ相場だが戻りが出易い状態。
金の上値抵抗は
日足先行下限4339円、
日足基準線4373円、
日足先行上限4407円、
週足先行下限4420円。


方針は変わらず金売り場所待ち。
4380円から4420円の間を売り仕掛けの初手としたいが、
週末までその値段が出なければ
週後半に試し売りは入れておきたい。


大木康弘