今日は株小安く商品高。


金は下げ止まり大きく上昇、
ただし一昨日の大陰線の中での動きとなっており、
上げ一辺倒の相場に変化は生まれている。
ここを超えて再び高値更新を目指すか下げ相場に転じるか。
金の証拠金は今日から372000円に変更。


方針は変わらず金売り。
出来高も良く出来ており1日の動きも大きいため、
余裕を持って仕掛けたいところ。
一昨日の大陰線の始値6838円を上値の目安と考え、
売り狙っていきたい。


大木康弘

本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は106円65銭
昨日より5銭のドル安円高となっています。金は昨日の
急落から修正高となっています。


貴金属   昨晩NYは金上昇、銀、白金は下落となって
    います。 3品とも安値からは切り返す展開
    これで下げ止まれるかどうかと言ったところ。
     国内 金、銀、白金上昇、昨日の急落に対して
    修正高、金の高値は下げに対して0.382戻し
    3品とも一目均衡表 転換線で上値抵抗にあって
    います。金は夜間取引から証拠金アップとなって
    おり影響がどうでてくるか、波乱の展開が続いて
    おり、仕掛け難 様子見。

穀物  昨晩シカゴはコーン、大豆上昇、小麦下落
   昨晩 米国農務省需給発表は コーン、大豆
   生産増、在庫増の発表でしたが、既に織り込み
   済との見方もあり上昇となっています。
    国内 コーン上昇、大豆変わらず 弱い需給発表
   に反してコーンは上昇となっています、値位置的には
   安値近辺にありあまり下げは見込めない雰囲気です
   安値では買いを検討していきたいところ。

                       近藤

8月13日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 46000        
トウモロコシ 23010 56 8月13日 23010~
ゴム 173.3 66 5月18日 151.4~
6620 55 6月22日 6018~
白金 3200 61 7月1日 2875~
原油 30660 63 8月6日 30260~
ガソリン 41370 56 6月1日 35950~
日経平均 23249 58 7月31日 23249~
※ ○は買い▼は売りを表しています
テクニカル,システム売買,相対力

今日は株高商品高。


今日の金は一時安値から300円近く戻すなど波乱の展開。
荒れた相場だが下げた分の半値戻しは達成しており、
初戻り売りの仕掛けが効いてくるかどうか。
下げ相場に入ったというには日柄が浅く判断出来ないものの、
上げ一辺倒の異常な相場はひとまず終了したと見てよさそうだ。


方針は変わらず金売り。
思った以上の荒い値動きであるため、
じっくり待ちつつ思い切り良く仕掛け、
大きな動きとなった場合は利食いを入れ、
下げ相場に繋がることに期待したい。


大木康弘

本日は商品まちまち、株は上昇 ドル円は106円70銭
昨日より64銭のドル高、円安、米国 財政出動期待
からドル高、ユーロ安、長期金利上昇、金安となって
います、金はロシアのワクチン承認も下げ材料となった
ようです。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金急落 米国 財政出動期待
    からドル高、ユーロ安、長期金利上昇 で金中心に
    急落、ロシアのコロナウイルスワクチン、世界初の
    承認のニュースも影響、金は一目均衡表 基準線で
    下値抵抗にあっています、0,618押し近辺 この辺で
    下げ止まれるかどうかと言ったところ、国内 金
    銀、白金急落、金は0.618押し下抜け チャート
    的には前値押しあってっも不思議ではないところ
    依然 乱高下であり仕掛け難 様子見。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦上昇 今晩 米国
   農務省需給発表控えて調整商いとなっています。
   事前予想は、コーン、大豆 単収増の予想がでています
    国内 コーン下落、大豆変わらず 今晩需給発表
   待ち 戻れば売り、収穫時の安値で買いに回りたい
   イメージ。

                      近藤

金の証拠金 一枚 372000円にアップになります