独自テクニカル

テーマ:
国内 5月31日
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値
一般大豆 54580 66 5/14 52940~
トウモロコシ 28550 64 4/10 27470~
粗糖 40250 40 5/29 40800~
ゴム 258.4 39 5/1 259.6~
4607 50 5/21 4611~
白金 4830 51 5/28 4810~
ガソリン 72520 47 5/29 73840~
灯油 75770 53 4/30 72980~






※ ○は買い▼は売りを表しています
AD

上抜けるか上抜け騙しか

テーマ:

今日は株高、商品高。


為替や株の調整に合わせて金はしっかりした展開。


NY金は5月22日に付けた1413.3ドルは微妙に上抜けてきた形。


NY金で日足基準線1411.8ドル、東京金で日足基準線4595円、


先行上限4605円、先行下限4607円。


東京金、NY金共にこの辺りが上値抵抗であり、


今の段階では明確に抜けたとは言い切れない。


今回は上抜けそうな感じではあるが上抜けか単なる騙しかの分岐点。


それほど勢いのある上昇相場になるとは考え難いが


上抜ければ少しは買って見たいところ。


先月末からの波乱相場に対しての相場であること、


そして一度下抜けてからの相場を期待してたということなどから


個人的には次の相場に気乗りがしない。


当面は仕掛けたとしても軽くに留めておき、


腹を据えて仕掛けられる場面を待ちたい。



大木康弘

AD

GDP

テーマ:

 本日は後場から株価急落にともなって為替も円高へ、

国内商品も下げる展開でしたが、海外夜間取引高で

金だけはしっかりの展開、日経も荒い展開が続いて

いますが、もう少しで3分の1押近辺そろそろ下げ

止まっても良いところでしょうか、ドル円も100円割れあるかどうか

株、為替とも中長期は株高、円安の流れは変わらないと思われ

ますのでそろそろでしょうか。 今晩 米市場 GDP,新規失業保険

申請件数の発表あり。



 貴金属   様子見  国内外ともチャートは三角保合いになっています。

        株安に逆行で本日NY夜間取引の金は1400ドルのせ、今後

        1400ドルを固めてこれるか、又先週の高値1413ドルを上抜け

        できるかどうか、国内で言えば先週の高値4682円を取ってこれ

        るかどうか、そろそろ買い準備をしておきたいところでしょうか。


穀物    売り方針  産地天候悪化、一部洪水発生などで、作付遅延の

      連想からシカゴ上昇 国内は後場からの円高により、上げ幅削る

      展開となっています。 天候悪化も一時的なことと需給は心配して

      ませんが、国内チャートは上抜けとなり、需給関係ない売り方

      ファンドの踏みがでているようです、チャート倍返しはここから

      1000円上ですので、必ずそこまで行くと言うこではありませんが

      売りの手は止めて静観したいと思います、最後は売りでさしきれる

      と思いますので売りキープのままいきます。


                                       近藤



AD

独自テクニカル

テーマ:
5月30日          
銘柄 国内終値 国内RSI 方向 転換した日とその日の終値  
一般大豆 54530 66 5/14 52940~
トウモロコシ 28640 65 4/10 27470~
粗糖 40800 47 5/21 39750~
ゴム 257 37 5/1 259.6~
4567 47 5/21 4611~
白金 4778 46 5/28 4810~
ガソリン 72570 47 5/29 73840~
灯油 75650 52 4/30 72980~
※ ○は買い▼は売りを表しています

6週目

テーマ:

今日は株安、円高。


今晩は米GDP。


株安警戒から円高傾向が続いており、東京市場は頭重い展開。


NY金は1400ドルをしっかり抜けるかどうかの攻防戦。


東京金は4月の大陰線の中で6週間経過しようとしている。


この期間で終値安値は4510円。


上昇相場になるには時間が掛かる形であり、


むしろ引き続き相場の崩れを警戒しなければならない。


株安の状態で金に資金が流入してくるのかも気になるところ。


当面は様子見、この往来相場で蓄積されたエネルギーが


どちらに放たれるか確認してから付いていきたい。


大木康弘