中国語と海外ドラマとプレミアの日記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年10月17日 06時42分07秒

第3回中国現代文学を語る会

テーマ: ・中国語原書

先日参加してきました~♪

魯迅、張愛玲に続き、第3回のテーマは
『銭鐘書の《囲城》(結婚狂詩曲)に対しツッコミあおう!』
でした。


今回、原書が間に合わず、途中まで(それも最初の数十ページ)しか読まず参加してしまいました。
(いちおう、日本語訳読んでの参加も可)

日本語訳も読むのに予想以上に時間がかかってしまったからなのですが、
邦訳だけでも十分面白い作品でした。

面白箇所の付箋はりまくりました。

本の感想は原書読み終えてから改めて書きたいと思います。



ユーモア満載の作品だけあって、主に主人公に突っ込んだり、盛り上がりました。
あとは銭鐘書の奥様、杨绛についてもみなさんよく研究されててすごい。


遠方から来られたはるさめさんに初めてお会いできたのもうれしい。
前日行かれた西川口の様子もお話くださって、
これは是非いかねばと思いました。



そして場所を移して北池袋の「アリヤ」で食事。

はじめての清真料理です。

北池袋のちょっと怪しい雰囲気の階段を上がり店内に入ると、
青ベースの広くて明るいレストラン。


チュー太郎さんがセレクトして頂いたのは、どれも食べやすく、かつ東北風味のハラル料理の特色が生かされたお料理ばかりでおいしかったです!




写真以外にも 大丰收(野菜についてた卵味噌が絶品)、水煮羊肉、羊肉胡萝卜水饺もありました。


7人揃うと色んな種類が食べられて、贅沢なランチでした。


最後にねずみのチュー太郎さんからDVDとブルーレイまで頂き至れり尽くせりでした。




主催してくださったねずみのチュー太郎さん、ushikoさんはじめ、
ご参会の皆さん、
楽しい会をどうもありがとうございました!

2018年10月06日 23時10分11秒

通訳案内士の登録

テーマ: ・通訳案内士試験対策

通訳案内士の登録してきましたー!


必要書類や登録までの流れをメモしておきます。


通訳案内士の登録証を手に入れるためには、

住所地の都道府県で登録が必要になります。


埼玉県のHPで調べてみると、

必要な書類


1.申請書
2.健康診断書
3.合格証書(原本と写し)
4.履歴書(市販のもので可)
5.誓約書
6.写真2枚
7.本人確認書類
8.印鑑
9.手数料(県収入証紙5100円分)



揃えるのも結構手間です。


2の健康診断書、精神機能障害の有無の記載のあるもの、とあるのだけど、
かかりつけの内科は診断書出すのに10日くらいかかると言われ、

近所に最近オープンした医院に飛び込みで行って書いてもらいました。
こういう事情で、診断書がほしいんです、と伝えたところ、受付のおねえさんに、


看板には皮膚科、内科とあるんですが、専門は皮膚科ですがいーですか?

と聞かれ、ネットで医師免許持ってれば誰でもいいらしいと書いてあったので、そのままお願いしました。


サンプルの診断書、超簡単なんです。2択。




で、

医師「精神機能障害ありますか?」
私「ないです」


その場でサイン書いてくれて
以上、終了。

簡単だったおかげなのか?診断料が1500円と予想より安かった。


でも、初対面1分で終わるなら、

長い2次面接やった時に、ついでに判断してもらえないかな。

ていうか、今回のコレ、自分で判断してるし。


さて、

県庁も、事前にアポを取って、担当者の都合と合わせる必要があります。
書類そろってるので、郵送じゃだめですかと試しに聞いてみたら、本人が行かないとだめとのことでした。

県内と言えども家から1時間以上かかるので、仕事も休まないとだし大変。


県庁の観光課に申請書を出し、担当者から、
研修の受講義務と、通訳案内士検索サービスについて説明を受ける。


研修の受講義務については、

私は法改正前のH29年度の合格なので、

今年から追加された科目、
「通訳案内の実務」に関する研修を受講しなければなりません。来年度までは無料で受けられるそう。
動画研修もあるので、これは受けたらまた書きます。


そして、5年に1度は通訳案内研修を受けることとなっています。
多分有料って言ってた。





通訳案内士検索サービスについては、

旅行会社等が、通訳案内士に仕事を依頼するときに使うシステムとのことで、

通訳案内士を仕事にする予定もない旨伝えたところ、
情報自体は非公開にしておけるとのことと、

「先に登録だけしておけば、定年退職されたときにすぐに活動できますよ」

と言われた。
自分では遥か先のことで考えたこともなかった定年退職後を
さくっと言われたので、
この若い担当にとっては、私の定年はそんなに遠くないと見えているのか、
と若干ショックを受ける。(この心のザワザワ伝わりますか?)


そんなわけで、
申請してから10日後くらいで、登録証が届きました。


写真もそのままラミネートされ、簡単に偽造できそうな作りです。
よく見るとパウチっこの中の紙も手でちぎったような手作り感満載です・・・。
これ提示して国家資格だと信じてもらえるかなあ。




ここまで書いてきて、

手間もお金も時間もかかる通訳案内士登録、
今の私には何のメリットないですが、

やっぱり合格したからにはなんか欲しいじゃないですか。


届いたばかりの今は、使わないけどお財布に入れてます♪

2018年09月30日 07時05分47秒

勉強特集

テーマ:▼中国語のこと

しゃんいぇさんがご紹介されていた、『日経WOMAN』、気になって、私も買ってきました!


日経ウーマン 2018年 10 月号/日経BP社

特集は、

人生を変える「勉強」大作戦!


大人の学びについて取り上げられています。


今も仕事でいろいろ悩んでいて、勉強で人生変えられればいいなと思っている。

人生変えるのはなかなか難しいけど、

私にとって勉強は、少なくとも気分のリフレッシュにはなっている。


専門家の意見だけじゃなく、

実際勉強している人の勉強のやり方がたくさん取り上げられてるのがいいです。

ちょっとした工夫や、便利なツールの使い方は実際にためになるし、


それ以上に、精神的な影響が大きくて、

勉強のきっかけや、思いをみると、自分もがんばろうという気になる。


あと、書き込まれているノートを拝見するのが好き!

やる気がでてきます。


中国語勉強している人が掲載されてなかったのはちょっと残念だけど(英語多い、韓国語は何人かいた)、

ブログやSNSを通じて中国語の実践的な勉強されていて、公開してくださってるかたもありがたい!


わたしもできるだけ勉強について細かいところ発信していきたいな。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス