YASUの小心馬券

YASUの小心馬券

ブログの説明を入力します。

YASUの小心馬券

 【最終予想】 BSN賞

 

土曜の新潟メイン、ダート1800Mで行われるOP特別・BSN賞の最終予想をしていきたいと思います。芝のレースより能力通りに決まる事が多いように感じるダート戦は好きで(好きなだけで大幅に的中率が上がるわけではありません・・・)、レースは良く買っております。

あまりブログにUPはしなかったのですが、お邪魔とは思いますが今後は出来る限り記していきたいと思いますので、重賞同様、宜しく御付き合い下さいませ。

メンバーを見渡すと・・お世辞にも強力メンバーとは言えない集団で今後のダート路線の為にも注目とは言えませんね、セダブリランテスの回避も寂しい限りです。

 

【全頭考察】

・アイファーイチオー 丸山:中京ダートで3勝をあげて、左回りダートは適性ありとみた前走でしたが、スマハマという強い先行馬に競られたこともありましたが直線失速・・・、適性よりも能力的にOPではまだ足らないのかもしれません、今回は相手が弱くなるとはいえ同型も多く展開が厳しい事が予想されるのも減点ですね。

・エポック 武藤:休明け後の2戦は低調でしたが、前走は上位を差し馬が独占する流れの中、好位から一旦抜け出す内容での5着は評価できます、強力メンバーのいない今回は久々に馬券圏内。

・グレンツエント デムーロ:東海Sを含み重賞2勝の実績は文句なくメンバー随一も、以降は約2年半ものあいだ馬券にすらなっていません。

戦ってきたレベルが違うので、この相手なら圧勝されても不思議ないとは思いますが、精神面で走る事が嫌になってしまった可能性も感じていて、人気になるのなら買いたくない馬です。

・コパノチャーリー 木幡巧:昨年の夏はOPでも好走を見せていましたが、近走は逃げても上り40秒台を連発して失速では買えません。

・サトノアッシュ 津村:7歳になりますが末脚はまだ衰えていません、展開次第ではありますがこの相手なら食い込みあります。

・サルサディオーネ 池添:昨年の覇者ですが、その内容は単騎のスロー逃げが嵌まった印象で評価は微妙です、今年はメンバー弱くとも同型が多く、楽逃げにはなりそうもありません、そんな同馬が想定①人気では、全く興味が湧きません。

・ナムラミラクル 田辺:近2戦の敗戦は気になりますが、想定⑥人気は舐められすぎ感があります。

昨年の2着馬ですし、武蔵野Sでも3着と左回りのダートならば本命に推されてもおかしくはない能力だと思っています。

・ニットウスバル 柴田大:ダート短距離戦でOPでも活躍していたが、近走は頭打ち、そこで距離延長を考えたのだろうが、既に7歳馬で私にはこの不振はピークオフとしか考えられない。

・ピオネロ 北村宏:ダート路線に変更後は重賞でも好走している実績馬、

8歳の高齢ながら今季もOP特別好走があり、衰えは緩やかだ。

ここは相手も弱化、堅実な先行力ならワンパンチ不足は感じるがそれなりの評価はしておきたい。

・ホーリーブレイズ 内田博:嵌まった時の末脚は強烈で常に警戒が必要な馬だ、先行馬が多く、ペースは流れそうな今回は嵌まる可能性を感じる。

・マインシャッツ 野中:障害でも結果を残せずに戻ってきた現状では・・。

・ローズプリンスダム 西村:新潟はレパードS勝利や昨年の当レース3着など巧者、前走は離された3着だったが上位2頭は強かったもので、今回の相手なら大威張り出来そうだ。

 

【結論】

先行有利なコースも、今年はサルサディオーネ・コパノチャーリー・アイファーイチオーと是が非でも逃げたい馬が揃い、ペースは流れそうだ。厳しい流れを粘ってしまうほどの強い馬は居なく、先行勢の後ろを追走し直線早めに抜け出しをしてこれる馬に展開利がありそう。

そこで本命はローズプリンスダム、前走と同じ競馬ができれば今回はチャンス大とみます。相手にも好位からの堅実な脚を使うピオネロ

 

【YASUの印】

◎ローズプリンスダム

○ピオネロ

▲ナムラミラクル

△エポック

×サトノアッシュ

×ホーリーブレイズ

 

【注目の穴馬】

⑥人気 14.9倍 ナムラミラクル 田辺

武蔵野Sで3着、昨年の2着馬と左回りダートは適性大とみます。脚質的にも先行争いの直後で我慢出来れば突き抜ける能力はあるとみています、近2走の大敗だけが気になりますが、その敗戦なければここまでは舐められる事もなかったでしょうから相殺ですね。

 

【買いたくない馬】(想定単勝一桁及び⑤人気内)

①人気 2.6倍 サルサディオーネ 池添

昨年の覇者で、前走も2着という戦績からの人気でしょうが、そのどちらも鵜呑みにはできません。昨年はスローペースを楽逃げしての勝利で1~3着までの馬全て先行馬同士の決着で全く評価をしていません。

前走2着のスパーキングLCも楽逃げして4馬身千切られるという内容ではこれも評価は出来ず、加えて今回は同型馬が多く、楽逃げにはならない事が予想されます、こんな条件下で①人気では買う気がおきません。