預言者のコラム2

預言者のコラム2

俗言ではなく、預言者の視点から哲学、
人生、宇宙、宗教、
時事問題などを語って行きます。

   


コラム1kindle コラム2kindle コラム3kindle コラム4kindle コラム5kindke



      


コラム6kindle コラム7kindle 愛の預言1 愛の預言2  愛の預言3



      


愛の預言4 愛の預言5  愛の預言6




 


姓名判断のご依頼はこちら


 

ピエール瀧が麻薬で逮捕され、話題になっていました。

彼の過去の出演映画作品がお蔵入りになるかどうか、過去の音楽CDを差し止めるかという議論もありました。


そして彼のこれまでの才能は麻薬によるものだったのだろうかという議論も。

 


私の意見は、
確かにそのようなことはあるだろうというものです。
 

ということは西洋人でよく麻薬をやって音楽性を広げたという人たちがいるが、彼らもそうだったということになるわけです。

世界的に有名なビートルズは麻薬をやっていたことで有名だ。

 

彼らは活動中期で、インドに行き、瞑想を行なう。当然麻薬もやっていただろう。

そして彼らの音楽は初期の頃は比較的平凡な60年代グループサウンズの音だったのだけれど、しかし中期になってから、とたんに変わるのです。


1966年に彼らが日本に来て、半月くらいで彼らは新しいアルバムを作る。「サージェントペパーズ」であるが、この頃から彼らは髭を生やし始め、髪を伸ばし、ジョンはメガネをかけ、容貌が著しく変わって行くのです。
そして才能の爆発もこの頃からです。


彼らがインドに行ったのはその後だったかもしれないが、それ以前から麻薬をやっていた可能性はあるのです。


彼らはツアーで疲労困憊していたはずだ。ホテルに缶詰めになり、やることもない囚人のような生活である。ストレス発散に使用しなかったとは言い切れないではありませんか。

そして彼らはそれの影響で変わったのだ。彼らが世界1になったのもそのためかもしれないのです。


ただ、麻薬を使っていたアーティストは無数にいるでしょう。彼らが突出したのは、それ以前のエプスタインというマネージャーのコマーシャリズム戦略と、彼ら独自の元々の才能などもあったとは思います。
しかし麻薬の影響も大きかったのではないだろうか?

言い換えるなら彼らは不正をしていたのだ。

私はこう思います。

麻薬というのは人の意識を狂わせ、時に狂人を生む。そしてその狂人は殺人鬼となってしまうこともある。

 

実際にそのようなニュースもありました。であるから誰もが皆が使用するべきではないのです。


しかし、

グラハムハンコックの本で彼がネイティブアメリカンの地で、幻覚作用のある植物でトリップする描写があるが、

そのように人はある種の麻薬を使うことで、精神改革を起こすことも可能なのです。

すなわち、

人が催眠状態になったり霊的な世界を探るために物理的にそのような薬を用いるなら、未来の人類は霊的な世界を探究することも出来るようになるだろうということなのです。


言い換えるなら、現在の人類は麻薬を非合法としているが、遠い未来の人類はそれを精神探究の道具として用いるかもしれないということなのです。

そうすると人類世界には今のビートルズよりももっと才能を開花させる人が大勢現れるでしょう。

私としてはビートルズのファンであるが、世界で彼らの熱狂的なファンの姿をみて戒めねばならないと感じています。浮き足立ってミーハーになるのは戒めねばいけないと。
世の有名人は、音楽家でも映画俳優でもスポーツ選手でも皆、ただの人だと。
 

 

 

 

いつも、いいねをありがとうございます。(*´ω`*) 

 

姓名判断(あなたの惑星転生、運勢、カルマなどを導き出します) カウンセリング タロット占い 開運名~ペンネームを作って開運する~ ご依頼はこちら

 

愛の預言・宇宙の法則Kindle版

 

預言者のコラムKindle版

 

アメーバブログより古い過去記事はこちらから探って下さい。 

 

愛の預言、宇宙の法則(人生・転生・愛・カルマなどの解明)・左メニュー預言集1~6参照

 

 

 

 

ホームページを更新しました。

「7つの都市 怒りを制するものは、7つの都市を制する」
http://asafe.amearare.com/contents11.html

まだまだ現代人には、肉体と精神、転生、罪、病気などが分かっていないようです。
天文学の知識は増しているようです。
でも私が開示しないと、世界の天文学も発展しないでしょうが・・・。


*預言集8に移行し、預言集7をキンドルにするため、記事をいくつか残して削除する予定です。

 

 

 

 

 

いつも、いいねをありがとうございます。(*´ω`*) 

 

姓名判断(あなたの惑星転生、運勢、カルマなどを導き出します) カウンセリング タロット占い 開運名~ペンネームを作って開運する~ ご依頼はこちら

 

愛の預言・宇宙の法則Kindle版

 

預言者のコラムKindle版

 

アメーバブログより古い過去記事はこちらから探って下さい。 

 

愛の預言、宇宙の法則(人生・転生・愛・カルマなどの解明)・左メニュー預言集1~6参照

 

 

 

 

「システムは敵だ 彼ら(大衆)は我々が救おうとしているものだ しかし救われるまで彼らはシステムの一部だ 敵だ 多くの者はプラグを抜く準備ができていない 盲目的にシステムに頼っている」

マトリックスという映画のラストのセリフです。

聖書に出て来る「預言者」というのは、未来を透視する霊能者という意味ではなく(その能力を持つ者も多いが)、彼らは神の言葉=意思を大衆に伝える役割をする人たちのことです。


単に自分がこう思うとか、聖典にはこう書いてあったということではなく、人間の意思を越えて、しかも単に霊がこう言ったとか、霊視したらこうだったということでもなく、


神という存在が人間に求める意思というものを確実に聞いた人が、預言者と言えるのです。

イザヤ、エレミヤ、エゼキエル、
ブッダ、イエスキリスト、
近代ではエドガーケイシーなどです。

繰り返しますが、単なる霊視によるものでも、人間の意思によるものでもありません。


まずは「神」という存在を正しく理解することから、始まります。
 

神は、浮遊霊のことでも、人間の想像の産物でも、人間の高みの心のことでもありません。神社にいる霊のことでもありません。
全宇宙、全人類、善宇宙人、全ての星系を創造した、実在の存在のことです。


さて、
そのような神の意思、神の意思につられて世直しをしようとしている人々、彼らは大衆を救おうとしています。
 

間違った思考、間違った社会理念(政治や社会システムなど)、そのようなことを正そうとするのです。
 

時に、スピリチュアルに傾倒している人たちの中にも、多々、誤った情報に振り回されている人たちも大勢います。

しかし、多くの場合、大衆は助言に耳をかそうとしません。
彼らは間違った宗教、間違った政治、間違った社会常識を信じています。
間違ったスピリチュアル情報にも嵌っていたりします。

イエスキリストの時代にいた、祭司たち(ファリサイ派やサドカイ派)のようなものです。
彼らは誤ったユダヤ理念を持ち、自分たちが正しいと信じていました。
そしてそれゆえに、その時代にはキリストの敵だったのです。

今、誤った理念を持つ人々も、神に敵対しているのです。彼らは自分たちが正しいと信じています。
そして頑なになっています。
ブッダの時代にいた「結髪の行者たち」と同じです。頭が固いのです。

彼らはこの俗社会の中にいて、自分が何者で、どこから来たか知らず、どこへ行くのか知らず、転生というものを理解していない人たちです。
 

彼らはいわば「盲目」であり、「足萎え」であり「不具」なのです。
そして彼らはこの誤った社会のシステムの一部となっているのです。

「システムは敵だ 彼ら(大衆)は我々が救おうとしているものだ しかし救われるまで彼らはシステムの一部だ 敵だ 多くの者はプラグを抜く準備ができていない 盲目的にシステムに頼っている」
 

 

 

 

 

いつも、いいねをありがとうございます。(*´ω`*) 

 

姓名判断(あなたの惑星転生、運勢、カルマなどを導き出します) カウンセリング タロット占い 開運名~ペンネームを作って開運する~ ご依頼はこちら

 

愛の預言・宇宙の法則Kindle版

 

預言者のコラムKindle版

 

アメーバブログより古い過去記事はこちらから探って下さい。 

 

愛の預言、宇宙の法則(人生・転生・愛・カルマなどの解明)・左メニュー預言集1~6参照