不織布マスクで酸欠状態 | 【岐阜県 各務原市】岐阜県議会議員 松岡 正人(まつおか まさと) やらなあかんブログ


3月定例会の代表質問登壇するにあたって、政務調査会や県政自民クラブ総会において、質問項目や内容をする機会が続きました。


政務調査会は10人ほどの会議ですがディスタンスをとっていたり、クラブ総会は30人を超え大きな部屋での発言なので、マスク着用のうえ大声での説明となります。


不織布マスクをして大声で10分以上説明を続けると酸欠状態に陥ることを経験し、マイクや飛沫防止用のアクリル板のありがたさを痛感しています。


医療従事者からワクチン摂取が始まりましたが、マスク着用が必要なくなる日がいつ来るのかなぁ、早くそんな日が来て欲しいと思いたくなる出来事でした。