岡山駅前の歯科医院:柳デンタルクリニックのブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

天然歯のような前歯

真っ白な歯も綺麗ですが

天然歯のような

前歯は技工師さんの

腕にかかっています。

前回のセラミックの

仮歯までは

当医院で製作

しました。

そのときの記事は

こちら

このデータを

もとに

出来上がったのが

こちらです。

 

ジルコニアにステインで

仕上げています。

通常のかたどりではなく

全て

スキャナーのデータで

仕上げていますので

製作工程の

膨張、収縮などの

エラーはほぼありませんので

適合もばっちりです。

 

 

 

 

 

精度のいい虫歯の治療

虫歯の治療に重要なのは

精度と確実さです。

虫歯をきっちり取り除き

精度のよい詰め物を

する。

当たり前のようで

これを

するのが

非常に難しいのです。

精度が悪かったり

虫歯の取り残しが

あれば

再び虫歯になり

歯は徐々になくなって

いきます。

写真は

後ろの歯が

虫歯なのと

銀歯の下が

大きな虫歯になっていました。

 

両方の歯とも

綺麗に虫歯を取り除き

最先端口腔内スキャナーと

CAD/CAMシステムで

製作した

セラミックで仕上げました。

セラミックインレー

¥60000~

 

 

 

 

肉眼の20倍で治療

虫歯の原因は

細菌です。

詰め物に段差があると

その段差にプラークがたまり

そこに細菌が定着して

虫歯や歯周病の原因に

なります。

 

要は段差の少ない

詰め物やかぶせものを

作りことが

歯の治療には

大事なのです。

肉眼で認識できる範囲は

限られていますし

お口の中は一方向から

しか見れないため

精度の欠けてしまします。

 

肉眼の20倍で

色々な角度から

見れる

マイクロスコープを

用いた

治療だと

このように

精度の高い

治療が可能になるのです。

虫歯を繰り返す方は

歯だけの問題ではなく

治療精度に

問題があるのかも

しれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>