昨日かいた股関節ですが、少しわかりにくいかなと思って補足しておきます。

 

骨盤がまっすぐに立って股関節も中立の場合は重力もまっすぐに下に落ちていきます。

 

絵が反対になりましたが、骨盤が後傾してしまっている図です。

骨盤は後ろ側に回旋していくので前側は伸びていきますね。

股関節も図のように伸展されてしまいます。

この状態は本来のカチッと決まった状態ではないで、上からの重力もさらに大きな負担がかかることになります。

 

こちら骨盤が前傾した状態。

股関節は上の図の逆に屈曲、折れ曲がった状態になります。

こちらも同様に股関節は安定した状態とは言い難い状態です。

 

間違った状態で体重を乗せると関節は無理な負担がかかることになります。

この負担は関節をけずることになり、将来変形性関節症のリスクの一つになるわけですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村

今日は股関節

この前某番組で人工股関節に置き換える手術をする先生の特集を見ました。

手術をした後は皆さん元気に歩き回れるようになり、本当に良かったと感動しました。

自分がこんなことになるなんて・・・という患者さんの言葉も印象的でした。

 

そうなんですよね。

毎日元気に歩き回っている。運動もしている方も関節はどうなるかはわかりません。

使い方が合っているのか?間違っているのか?なんてわかりませんからね。

 

特に股関節や膝関節は立っている、歩いているときには常に荷重がかかり続けるところですので、負担も大きいです。

 

股関節は図のように上からの圧力と

下からの圧力がぶつかるところですので、より大きな力がかかります。

 

骨盤をまっすぐに立たてて、股関節をまっすぐ立てる。

骨盤が前傾・後傾させすぎない。

あとは足を組まない。

片足で立たない。

ねじれた状態で作業しない。

 

今まで言ってきたことと同じようなことになりますが、

やっぱり股関節も大切にしていきたいものですね。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村

O脚・X脚は膝への影響がものすごく大きいと書きました。

 

膝関節が痛くなると不安になると思いますが、

若いときの膝の痛みの多くは関節が問題になることは少なく

他の要因が大きいと思います。(当然関節の問題もありますが)

 

でも膝の痛みが小さいとほっておくと将来的に関節への影響へ移っていく可能性があるので、若いうちから対処していくことが大切です。

 

膝の表側が痛くなる要因として

O脚・X脚の他にも

大腿四頭筋が弱くなる (太ももの前の筋肉です)

そして膝のお皿の動きが悪い。

もしくはお皿が真正面に向いていない。

などがあります。

 

座ることが多い方はこの膝の周辺の動きをよくしてあげることが必要。

動かさないと錆びつきますよ。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ カイロプラクティックへ
にほんブログ村