「変化はチャンス」

テーマ:

ニトリ 成功の5原則。


①ロマン(志【こころざし】)
②ビジョン
③意欲
④執念
⑤好奇心
 

①愿景(志向) yuàn jǐng ( zhìxiàng )
②目标(中长期目标) mùbiāo ( zhōng chángqī mùbiāo )
③热情 rèqíng
④执着 zhízhuó
⑤好奇心 hàoqíxīn

 

5番目は「好奇心」です。

 

好奇心とは、常に新しいものを発見しようとすることです。

 

“好奇心”是指“时刻注意发现新事物”。

“ Hàoqíxīn ” shì zhǐ “ shíkè zhùyì fāxiàn xīn shìwù ” .

 

「発見しようとする」を“注意”を使って“注意发现”と訳出するなんて素晴らしいと思います。

 

ビジョンで掲げた数字は、これまで通りのことをしていてはとても達成できない、高い目標です。

それを達成しようと思ったら、今までとは違うやり方が必要になってきます。

だから、あらゆる情報を採り入れ、新しいアイデアを生み出し続けないといけません。

 

目标中的数字,是一个按照迄今为止的做法根本不可能实现的巨大目标。

要想实现,必须寻求与以往不同的做法。

所以需要不断地吸收新的信息,不断地萌发新的创意。

Mùbiāo zhōng de shùzì , shì yīgè ànzhào qìjīnwéizhǐ de zuòfǎ gēnběn bùkěnéng shíxiàn de jùdà mùbiāo .
Yào xiǎng shíxiàn , bìxū xúnqiú yǔ yǐwǎng bùtóng de zuòfǎ .
suǒyǐ xūyào bùduàn dì xīshōu xīn de xìnxī , bùduàn dì méngfā xīn de chuàngyì .

 

「必要になってくる」は“必须寻求”「探さなければならない」と表現されています。
 

「スクラップアンドビルド(方式)」という言葉があります。

“裁撤重建式 cáichè chóngjiàn shì”

 

スクラップアンドビルドとは、老朽化して非効率な工場設備や行政機構を廃棄・廃止して、新しい生産施設・行政機構におきかえることによって、生産設備・行政機構の集中化、効率化などを実現すること。

Wikipedia)

 

私は経営の立て直しをしていた時期がありますが、会社を立て直すためには、まさに似鳥会長が言うように「前任者を否定」する必要があり、「やり方を根本的に変える」必要があるのですが、そうすることで成長していくことができるのでしょう。

 

 

 

確か、人間の骨もそうだったように思います。

 

骨が成長するには古い細胞を壊して新しい細胞をを作っていく。

そうしないとあの硬い骨を成長させることができないのです。

 

『ニトリ 成功の5原則』にも次のようにあります。

 

新しいものを採り入れるとは、古いものを捨てることです。

 

采纳新事物,意味着抛弃旧事物。

Cǎi nàxīn shìwù , yìwèizhe pāoqì jiù shìwù .

 

ニトリが成長したのは常により良いものはないかと新しいものを発見し、それを採り入れてきたからなのですね。

 

中国語学習ではどうでしょう?

 

初級は先生について学ぶ方がよいでしょう、でも、一通り、「学び方」をマスターしたらあとは、自分にあった、効果的な方法を探し、色々試すのが良いように思います。

つまり、受け身ではなく積極的に学ぶということです。

 

私の場合は英語の学習法を片っ端から研究しました。

そして色々試してみました。

 

「もう何年も学習しているのに上達しない」

 

そう思っておられる方がおられたら、学習の仕方が受け身ではないか考えてみるといいと思います。

これまでの方法にとらわれることなく、新しいやり方を模索すると、自分にあった学習方法が見つかり、効果的学習ができると思います。

 

「変化はチャンス」

 

『ニトリ 成功の5原則』には次のようにあります。

 

あなたが成功したかったら、「変化はチャンス」と捉えなくてはいけません。

変化から逃げていては永遠に成功できません。

変化の主役になることをめざすのです。

 

要想成功,首先必须把变化看作机会。

逃离变化永远不可能拥抱成功。

要努力成为变化的主导者。

 

「変化はチャンス」

 

A = B 。ですので“是”を使って、

 

“变化 是 机会”

“ Biànhuà shì jīhuì ”

 

あるいは、他でもない・・・だという意味を込めたいのなら、

 

“变化就是机会”

“ biànhuà jiùshì jīhuì ”

 

でも、間違いではないでしょうが、ここでは“把”を使って次のように表現しています。

 

“把变化看作机会”

“ Bǎ biànhuà kànzuò jīhuì ”

 

・まず何かをするために変化を手に把握する。

・手にした変化をどうするかというと「・・・とみなす」。

・「・・・とみなす」の「・・・」は何かと言うと「机会」、「チャンスとみなす」。

 

“把”は「~を」だと説明されるかもしれませんが、それでは間違いを起こしやすくなります。

古川先生の次の本を読めばよく分かると思います。

 

 

「変化はチャンス」

 

これまでのやり方に疑問を持ち、より良い方法に進むためどんどん変わってまいりましょう!

ニトリ 成功の5原則。
 

①ロマン(志【こころざし】)
②ビジョン
③意欲
④執念
⑤好奇心
 

①愿景(志向) yuàn jǐng ( zhìxiàng )
②目标(中长期目标) mùbiāo ( zhōng chángqī mùbiāo )
③热情 rèqíng
④执着 zhízhuó
⑤好奇心 hàoqíxīn

 

4番目は「執念」です。『ニトリ 成功5原則』には次の表現があります。

 

執念とは、「目標を達成するまであきらめないこと」です。

 

“执着”是指“不言放弃,直至目标实现”。

 

“ Zhízhuó ” shì zhǐ “ bù yán fàngqì , zhízhì mùbiāo shíxiàn ” .

 

“不言放弃”

 

“不言”は「言わない」、“放弃”は「放棄する,投げ捨てる,あきらめる.」

「言わない」。さて、何を言わないかというと「あきらめる」ということ。

ということで「あきらめないこと」になるのですね。

 

百度で調べると、“作业帮”というのがあってそこで“不言放弃”ってどういう意味?という質問があって回答もありました。

 

不抛弃,不放弃.对于认定的事情,不轻言放弃,其从字里行间中,强调了一种精神,一种拼搏向上的精神;一股力量,一股虽千险而不惧的力量;一个信念,不达目的死不休的信念

 

“直至”の意味は?“目标实现”「目標の実現(達成)」がわかれば想像つきますね。

 

どうやって目標=ビジョンを達成するか。

 

似鳥会長の場合は、第2期30年計画の「2032年に3000店」という目標=ビジョンなのですが、これを心に焼き付けるため、車のナンバーも「品川 3000」。この「3000」という数字を自宅のトイレの壁や、寝室の天井にも貼ってあって、朝起きてから夜寝るまで、常に目標=ビジョンの数字を意識するようにしているとのことですが、普通はここまで徹底できませんね。

 

大学合格や司法試験の合格を目指して猛勉強しているときならともかく、社会人になってからや、また、社会人で中国語を学ぶ人はここまでのことはできないと思いますが、でも、「目標による管理」“目标管理”というマネジメント手法があり、目の前の目標を決め、それを達成するという小さな成功体験を積み重ねていく方法を使えば、効果的に学習できると思います。

中国語を学ぶ皆様も、どうかあきらめずに、目標に向けて一歩一歩、歩んでいただきたいと思います。

 

ところで、この箇所の中国語訳は日本語の意味には忠実ではありません。

 

朝起きてから夜寝るまで、常にビジョンの数字を意識するようにしているのです。

そうすることで、食いついたら離れない執念が生まれます。

 

就是这样让自己从早上起床到晚上睡觉,无时无刻不想着这个数字,才让自己产生了执着之心。

 

Jiùshì zhèyàng ràng zìjǐ cóng zǎoshang qǐchuáng dào wǎnshàng shuìjiào , wú shí wú kè bù xiǎngzhe zhège shùzì , cái ràng zìjǐ chǎnshēng le zhízhuó zhī xīn .

 

つまりこのようにして、自分自身を朝起きて夜寝るまで、いっときもこの数字のことを思わないときがないようにさせることで、自分自身に

執着の心を起こさせる。

 

日本語の表現の「食いついたら離れない」というのはすっぽんなどがいったん食いついたらてこでも離れないという執念を表現しているのでしょうが、中国語でそのまま“用牙紧紧咬住”としても中国人にはピンとこないのでしょうね。

 

无时无刻,拼音为wú shí wú kè,汉语成语,意思是没有时刻。常与否定词连用,“无时无刻不” 指时时刻刻、随时的意思。出自明·凌濛初《初刻拍案惊奇》卷六。
 

 

ニトリ 成功の5原則 ニトリ 成功の5原則
1,080円
Amazon

 

 

 

 

 

ニトリ 成功の5原則は;

①ロマン(志【こころざし】)
②ビジョン
③意欲
④執念
⑤好奇心

①愿景(志向)
②目标(中长期目标)
③热情
④执着
⑤好奇心

 

③意欲について、

 

「できそうもないことに挑戦すること」です。

 

“热情”是指“挑战那些看起来无法做到的事情”

 

“ Rèqíng ” shì zhǐ “ tiǎozhàn nàxiē kàn qǐlái wúfǎ zuòdào de shìqíng ”

 

そういえば、中国語の学習も、「できそうもないことに挑戦すること」ですね。

たまに心が折れそうになることがあるかもしれませんが、簡単にできてしまったらおもしろくない。と思って続けてまいりましょう。

 

ニトリがすごいと思うのは、会社として30年先のビジョンがあるのですね。

これは「達成不可能とも思えるほど大きな目標」だとのことですが、これを達成するために目標を10年ごとに分けて、さらに5年ごと、1年ごと、週ごとに分けていくのだそうです。

中国語もこういう方法で毎週の目標まで分けていくと、確実にレベルアップするでしょう。

中国語スクールとはこういう「学習の仕方」を教えることも重要だと思います。

 

さて、『ニトリ 成功5原則』には次の文章があります。

 

努力すればクリアできる。

目の前の目標に置き換えることで、「なんとか達成しよう」という意欲が湧いてきます。

 

通过拆分成眼前经过努力就能达成的小目标,内心会涌出“一定要设法实现”的热情。

 

Tōngguò chāifēnchéng yǎnqián jīngguò nǔlì jiù néng dáchéng de xiǎo mùbiāo , nèixīn huì yǒng chū “ yīdìng yào shèfǎ shíxiàn ” de rèqíng .

 

「なんとか達成しよう」

“一定要设法实现”

 

いい表現ですね。

 

“一定要・・・”

 

「ぜったいに・・・する」「ぜったいに・・・が必要」。力強い表現です。

 

“设法”

 

ちょっと硬い表現でしょうか?

中国語を中国語で説明している“汉典”には次の説明があります。

 

◎ 设法 shèfǎ
[try;manage;strive;make an attempt to] 想办法

 

“想办法”はよく使う話し言葉、表現ですね。

 

“我们一定要想办法实现・・・”

 

「私達はなんとか方法を考えて・・・を実現させよう」

 

“我们一定要想办法实现学好中文的目标。”

 

“ Wǒmen yīdìng yào xiǎngbànfǎ shíxiàn xuéhǎo zhōngwén de mùbiāo . ”

 

日本語の意味はもうおわかりですね。

この言葉を合言葉に、これからも楽しく学んでまいりましょう!

 

 

 

 

ニトリ 成功の5原則とは次の5つ。

①ロマン(志【こころざし】)
②ビジョン
③意欲
④執念
⑤好奇心

 

①愿景(志向)

②目标(中长期目标)

③热情

④执着

⑤好奇心

 

今回はニトリの「ビジョン」について中国語表現とともにみていきますが、①の「ロマン」をもう一度みてみると;

 

ロマンを抱くとは、「人のため、世のために、人生をかけて貢献したい」という気持ちを持つことです。

「ロマン」は大志と言いかえてもいいでしょう。

 

心怀愿景就是时常把“为了他人、为了社会奉献一生”的志向放在心中。

换而言之“远大志向”。

 

Xīnhuái yuàn jǐng jiùshì shícháng bǎ “ wèile tārén 、 wèile shèhuì fèngxiàn yīshēng ” de zhìxiàng fàng zài xīnzhōng .
Huànéryánzhī “ yuǎndà zhìxiàng ” .

 

人は自分のことを優先するものなのでしょうが、人のことを優先すると、それが回り回って自分のためになるのでしょうね。

このことは頭ではわかっても心の底からわかるというのは難しいようです。

特に若いときには「自分を優先して何が悪い!」と思いがちですものね。

 

さて、次にビジョンですが『ニトリ 成功の5原則』には次が紹介されています。

 

ビジョンとは、20年以上先に達成すべき、長期の目標です。

目標とする数字とそれを達成するまでの期限を入れた、具体的な数値目標を言います。

しかもそれは、達成不可能とも思えるほど大きな数字でなければなりません。

 

所谓目标,是指20年以后必须实现的长期目标,包括具体的目标数字以及具体的目标期限。

有具体数字的目标才能成为目标。

而且,这个数字必须大到看起来几乎不可能实现。

 

Suǒwèi mùbiāo , shì zhǐ 20 nián yǐhòu bìxū shíxiàn de chángqī mùbiāo , bāokuò jùtǐ de mùbiāo shùzì yǐjí jùtǐ de mùbiāo qīxiàn .
yǒu jùtǐ shùzì de mùbiāo cáinéng chéngwéi mùbiāo .
érqiě , zhège shùzì bìxū dà dào kàn qǐlái jīhū bùkěnéng shíxiàn 

 

ここの表現は興味深いです。

日本語の表現と中国語の表現が少し違います。

 

中国語を直訳すると;

 

いわゆる目標とは20年以降、必ず実現させなければならない長期目標を指し、具体的な目標数字と目標期限を含んでいなければなりません。

具体的な数字目標があってはじめて目標となるのです。

しかも、この数字は実現することがほとんど不可能のように見えるほど大きなものでなければなりません。

 

単語は直接置き換えることができても、表現となるとこのように微妙に違ってくるのです。

このあたりのことを考えると、日本語が母語である人が外国語の中国語レベルを中国人らしい、いえ、中国人ならこのように表現するというその表現に通訳したり翻訳したりするのはほぼ不可能じゃないかと思わず倒れそうになるのですが、いえいえ、だからこそおもしろいのです。

 

人と人もそうです。

母語が同じ人同士でも、本当に理解し合えるかというのは難しい。

でも、あきらめてしまってはそれでおしまい。

少しでも上に行こう、レベルをあげようと努力することがおもしろいのでしょう。

 

さて、ニトリはサイトで企業理念として次のように言っています。

 

「ロマン」を原点に、「ビジョン」の実現をめざし続けます。

ニトリは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する。」というロマン(志)を社員一人ひとりが企業行動の原点として共有しています。

そして、社員の力を結集して長期ビジョンの実現に全力を尽くすことを企業活動の指針と位置づけています。

ロマンを原点に、ビジョンを実現していくことで、ニトリはお客様をはじめとしたステークホルダーの皆様とともに多様な豊かさを分かち合っていきたいと考えています。

 

中国版は;

 

以“梦想”为出发点,努力实现“愿景”。
NITORI“将缤纷的居家环境呈现给世界上的每一个人。”

这一梦想(志向)作为企业行动的出发点,与每一位员工共享。

同时,集结员工力量,将全力实现集团愿景作为企业活动的指针。

从梦想出发,通过实现愿景,与顾客等利益相关者一同共享多样化的缤纷居家生活。

 

Yǐ “ mèngxiǎng ” wéi chūfādiǎn , nǔlì shíxiàn “ yuàn jǐng ” .
NITORI “ jiāng bīnfēn de jūjiā huánjìng chéngxiàn gěi shìjiè shàng de měi yīgerén . ”
Zhè yī mèngxiǎng ( zhìxiàng ) zuòwéi qǐyè xíngdòng de chūfādiǎn , yǔ měi yī wèi yuángōng gòngxiǎng .
Tóngshí , jíjié yuángōng lìliang , jiāng quánlì shíxiàn jítuán yuàn jǐng zuòwéi qǐyè huódòng de zhǐzhēn .
 

「めざし続ける」が“努力实现”、「いきたいと考えています」が断定的な表現になったりしています。

このあたりも翻訳・通訳が一筋縄ではいかないところです。

そんな一筋縄ではいかない翻訳・通訳。

一生楽しんでまいりましょう!

 

 

ニトリ 成功の5原則 ニトリ 成功の5原則
1,080円
Amazon

 

 

ニトリ 成功の5原則とは次の5つでした。

 

①ロマン(志【こころざし】)

②ビジョン

③意欲

④執念

⑤好奇心

 

そしてニトリの「ロマン」とは、

 

「住まいの豊かさを世界の人々に提供すること」

 

“ 将 比肩 欧美 的 缤纷 居家 环境 呈现 给 世界 上 的 每 一个人 ”
“ Jiāng bǐjiān ōuměi de bīnfēn jūjiā huánjìng chéngxiàn gěi shìjiè shàng de měi yīgerén ”

 

“将” ((文語文[昔の書き言葉])) …を.⇒把 bǎ .

“比肩” ((文語文[昔の書き言葉]))
1. 肩を並べる.
2. 匹敵する,比べられる.

“欧美” ヨーロッパとアメリカ,欧米. 

“缤纷” ((文語文[昔の書き言葉])) (花・彩りなどが)入り乱れる.

“居家” 家居する

“环境” 環境

“呈现” (明瞭な色・状態などが)現われる,出現する.≒呈露.

 
と、
では訳されていますが、ニトリのホームページでは、次の表現になっています。
 
“ 为 全世界 人民 提供 缤纷 的 居家 生活 ! ”
“ Wèi quánshìjiè rénmín tígòng bīnfēn de jūjiā shēnghuó ! ”
 
スローガンとしたら、ホームページある表現がスッキリして力強いでしょう。
直訳。あるいは正確に意味を訳出したのが中国語版のような気がします。
⇒あとで、ニトリの中国語版のサイト、企業理念を見ると以下になっていました。
 
“ 将 缤纷 的 居家 环境 呈现 给 世界 上 的 每 一个人 。 ”
“ jiāng bīnfēn de jūjiā huánjìng chéngxiàn gěi shìjiè shàng de měi yīgerén . ”
 
「中国語は具体的な表現を好む」
 
中国語の一つの特徴ですが、今回の場合、日本語の世界の人々に提供するもの。「住まいの豊かさ」という言葉を表現しようとすると、
 
“ 比肩 欧美 的 缤纷 居家 环境 ”
 
「欧米と肩を並べる多彩さ(豊かさ)を持つ生活環境」
 
「住まいの豊かさ」という抽象的な表現を具体的に表現しています。
こういうところも日中双方の表現方法の違いとして見るとおもしろいですね。
 
さて、似鳥会長ですが、「ロマン」を持つ前、店(家具屋)の経営がうまくいかず、借金を抱えて、うつ状態になり死ぬことばかりを考えていたところに藁にもすがる思いでアメリカへの視察旅行に参加して、そこで見たアメリカの生活の豊かさを日本でも実現させたい。という「ロマン」持つようになり変わったといいます。
 
ニトリの「ロマン」とは“愿景”。
 
愿景,意思是:希望看到的情景。
 
「“愿景”の意味は見たいと思う情景。」
 
MBA智库では、
 
“企业愿景(Corporate Vision),也称公司愿景(Company Vision)”
 
とあるので、5原則の②ビジョンと重なるところもあるのですが、ニトリの言う「ロマンを抱く」という意味について以下の記述があります。
 
ロマンを抱くとは、「人のため、世のために、人生をかけて貢献したい」という気持ちを持つことです。
ロマンは「大志(たいし)」と言い換えてもいいでしょう。
 
心怀 愿 景 就是 时常 把 “ 为了 他人 、 为了 社会 奉献 一生 ” 的 志向 放 在 心中 。
Xīnhuái yuàn jǐng jiùshì shícháng bǎ “ wèile tārén 、 wèile shèhuì fèngxiàn yīshēng ” de zhìxiàng fàng zài xīnzhōng .

换 而言 之 即 “ 远大 志向 ” 。
Huàn éryán zhī jí “ yuǎndà zhìxiàng ” .
 
それにしてもこの「人のため、世のため」ということ。
自分のことを優先することが当たり前の世の中で、このようなことを思うのは難しいのではないでしょうか?
人によってはそれは「きれい事」だと思うかもしれません。
それでも私は思うのです。
この世に生まれてきた理由は「世のため、人のため」だと。
そして、病気や怪我、そして辛いことなどは「間違っている」と教えてくれる天の声だと。
 
いつも他人を優先し、無料でコンサルタントや人の紹介をする私のことを、「先輩!まずご自分の家族のことを考えてください!」と叱られるのですが、いつの日かこの世を去る時、私はやはり世のため、人のために生きることを優先したことを後悔することはないと思うのです。
 
今生は来世までの乗り換え時間。
 
来世が少しでも良い世界であるように、少しでも良い霊でいられるように今生を生きていきたいと思う、今日このごろです。
 
最後に“就是”について見てみます。
 
“就是”をWeblioで検索すると色んな意味がありますが、基本は“就”+“是”。
 
“是”は前回見たように、
 
主語(テーマ)+“是”+・・・。
 
「主語(テーマ)は・・・。」
 
でも“是”という動詞(判断や説明)の前に“就”が付くとどうなるか?以下の2つの文で見てみます。
 
“ 这 是 一 本 书 。 ”
“ Zhè shì yī běn shū . ”
「これは一冊の本です。」

“ 这 就是 一 本 书 。 ”
“ Zhè jiùshì yī běn shū . ”
「これがその他でもない一冊の本です。」
 
強調しているというか、スピード感というか、他でもない、取りも直さずという意味を付け加えています。
 
※とり も なおさず -なほさず 【取りも直さず】
( 連語 )
上に述べたことが次に述べることにひとしいこと。そのまま。すなわち。ほかでもなく。 「この事実を認めることは-彼の無実を認めることである」
 
そうそう、中国語学習者にとって「ロマン」とは何かについて少し考えます。
 
「人のため、世のため」という考え方があるのがニトリ流の「ロマン」。
そういう意味で、中国語学習者は、「中国語ができるようになって、日中相互理解を少しでも深め、日中双方がより幸せになるように活動したい」と思うのはいかがでしょうか?
 
実際、私は若い頃、中国人女性と結婚し、男の子一人、女の子一人を授かったのですが、結局離婚してしまいました。
身につけた中国語を日中双方のために役に立てたい。それが自分に与えられた使命だと思い、これまでやってきましたが、どうしても自分の欲があったようです。
その度にいろんな形で教えていただいたのですが、若い頃はなかなか気づかない。いえ、今もまだ十分だとは言えないのでしょう、日々色んな問題が起きます。
胃が痛むことが起きたりするのですが、それでも明るく前向きに生きていこうと思います。そして、私なりの「ロマン」は「日中(中国語の世界)の相互理解を深めるために少しでもお役に立ちたい、そうも思う今日このごろです。
そして、この「ロマン」があるので、今も中国語を学び続けることができるのだと思います。