すくすくチェアのyamatoya blog.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

子連れ出勤スタート!

こんにちは!

広報部のErieです虹

 

約1年の産前産後休業と育児休業を終え

ついに職場復帰をしましたニコニコ

 

それもなんと!10か月になったばかりの息子も一緒の

いわゆる「子連れ出勤」ですウインク

 

長い歴史のあるyamatoyaですが

出産しても仕事を続ける女性社員は実は初キラキラ

子連れ出勤ももちろん初めての試みです爆  笑

 

仕事復帰に向け、打ち合わせを重ね、制度をつくり

子育てルームも設置レンチ

(設計施工はすべてyamatoyaスタッフ!)

ついにこの日を迎えました。

 

朝礼では”新入社員”の息子に辞令がおねがい

 

 

yamatoyaの一員として迎えてもらい嬉しそう音譜

 

ママがお仕事中は子育てルームでひとり遊びニコ

 

 

ママのデスク脇に置かれた

ベビーチェアにお座りしていることも。

 

 

時にぐずってしまう時はおんぶでも。

 

 

 

気持ちよさそうzzz

そしてママの筋トレにもなりそうですね笑い泣き

 

なんと、打ち合わせもおんぶでびっくり

 

 

子連れ出勤はまだスタートしたばかり!

詳しい様子はまたご紹介させていただきますウインク

 

【スタッフがやってみた!】ノスタラージデスクで楽しい大人のランチタイム♪

皆様こんにちはニコニコ

 

まだまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は【スタッフがやってみた!】ノスタ編をお届け致しますキラキラ

ノスタはリトルチェア・リトルデスク・ラージデスクなど、お子様の楽しい遊びの時間を彩ってくれる最適なアイテムですよね爆  笑

 

確かにそうなんですが、、実はラージデスクって使い方次第で大人も使えちゃうんですグッ

デスクはチェアとの組み合わせで使用するイメージかと思いますが、例えば、床に直接座ったり、高さの合うソファーなどと組み合わせたりすると、まるでリビングテーブルかの様に様変わりウインク

 

子供用で大人は対象ではない、と思いがちですが案外この高さでも十分使用用途はあるのです照れ!!

 

実際にスタッフがランチタイムで使ってみました下差しキラキラ

 

床に直接座る人や、低めのイスに座る人、ソファーに腰かける人、様々いましたが案外どのタイプでも気にならず使えちゃいました爆  笑OK

 

 

少し狭そうに見えるかもしれませんが、なんとか大人4人で使っても大丈夫そうです!笑

他にも1人や2人で広々使っても良いですねピンクハート

意外とパパ・ママ専用デスクになるかもしれませんよ~笑

 

 

今回はラージデスクを使用しましたが、リトルデスクでも床に座れば、お子様がリトルチェアに座れなくなった後でも使えそうです照れ

 

子供家具は子供専用、と思いがちですが案外長く使う方法は色々あるのかもしれませんね…星

 

 

【What’s yamatoya!?】「コドモとつくるつみき」開催

皆さまこんにちはパー

 

 yamatoyaを皆さまにもっと知って欲しい「What’s yamatoya!?」のコーナー!!

 

 

今回は83日に行われた直営ショップBEBEREA(ベベリア)でのイベント「コドモとつくるつみき」について紹介しますグッ

 

 

yamatoyaは、企業理念として、「笑顔をつくるために、子どもとともに楽しむことを創造、提案します!」と掲げています照れ

 

 

 

そこで今回、実際に木材に触れて頂きながら、家族で楽しめるワークショップを開催しました音符

 

 

 

積み木として使った木材は、種類・形が異なる4種をご用意。

 

 

(それぞれの木の特性を案内するスタッフ)

 

皆さまとても関心深く聞いていただきました。

 

このなかには、すくすくチェアで使っているゴムの木などもありました。

実はゴムの木って、環境に優しいとってもエコな木なんですよおねがい

 

 

親子一緒になってヤスリを使い、用意された木材の角を滑らかに。

 

 

 

 

 

 参加された方の中には、「夫婦で子どものおもちゃを一緒に作れる事が楽しい!」と仰っていただけた方もいらっしゃいましたキラキラ

 

 

 

 

 

スタッフも全力でお手伝い。

皆さま夢中になって製作していただけました!

 

ペンで色をぬったりマスキングテープで彩りを加えて。。。完成!!

 

 

 

嬉しそうに持ち帰って頂きました音符音符

 

 

 

お家でも家族みんなで、この積み木で遊んで頂けたら私たちも嬉しいですニコニコ

 

 

これからも、このようなイベントを通して、家族のコミュニケーションが深まる場をつくっていきたいと思います照れキラキラ

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>