すくすくチェアのyamatoya blog.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

yamatoyaパパスタッフの子育て日記③ [寝かしつけ編]

昨年10月に第1子が生まれたyamatoyaパパスタッフIさんの子育て日記。

今回は第3弾となります虹

 

過去の投稿はこちら下矢印

<2021年1月22日投稿>

yamatoyaスタッフが男性育児休業を取得しました!

<2021年2月24日投稿>

yamatoyaパパスタッフの子育て日記① [産前・産後編]

<2021年3月25日投稿>

yamatoyaパパスタッフの子育て日記② [授乳編]

 

今回の子育て日記のテーマは寝かしつけについて。

月齢、さらには日によって変わる赤ちゃんと”ねんね”様子。

それに対応すべく奮闘するパパの様子をお届けしますニコニコ

気になるネントレのお話もありますので、ぜひ最後までご覧ください音譜

 

●はじめのころの寝かしつけ

こどもが退院して最初の頃は、比較的ミルクの後に自然と寝てくれていたので、特別寝かしつけをしていたという感じではなかったです。

夜の寝かしつけは私が担当だったんですが、はじめの頃はただ抱っこしてユラユラさせているとすぐ寝てくれて苦労はほとんどなかったですね。

 

●生後1か月たった後

1か月過ぎた頃からですかね、段々と寝てくれなくなったのは。

夜中は比較的ぐっすり寝てくれるタイプで、ミルク時にわざわざ起こすぐらいだったんですが、

起こした後が大変で、一回起きると中々寝てくれなかったですね。

 

自分自身も夜中に起きる事に慣れていないので、寝かしつけ中に力尽きてしまって妻にバトンタッチする事も初めの頃は多かったです。

 

●寝かしつけの様子

抱っこの仕方を変えて立て抱きや横抱きにしたり、ユラユラ揺らすのに強弱をつけてみたり、場所をリビングと寝室で行ったり来たりしたりと、試行錯誤して寝かしつけをしていたのは覚えています。

大体ミルクから寝かしつけまで1時間半程かかっていたんですが、コツがつかめてくると1時間ぐらいまで短縮できてきて、妙な達成感はありました。

ただ月齢が上がってくるにつれ、今まで通用していた寝かせ方のパターンが急に通用しなくなったり、その度に違う方法を試してと、辛くも充実はしていたと思います。

 

ただ最初の頃は、なんで寝てくれないのかと、イライラする事も多かったですね。

これも成長の過程でどうする事もできないと思える様になってからは、不思議とイライラも無くなり、楽しめるとまではいかないですが、

心を無にして揺れていたり、違う事を考える時間にしたりと、心に余裕が出てきたと思います。

その頃は慢性的に寝不足だったので変なモードになってしまっていたかもしれませんが。

 

●睡眠時間について

1日の睡眠時間は平均に比べて短かったとは思います。

ネットや本では大体月齢1か月で16-20時間と書かれていますが、うちは長くても15時間ぐらいで、短くて10時間の時もありました。

妻は気にしていましたが、今なってはそこまで気にする事でもなかったのかと個人には思ったりしています。

 

●ネントレについて

2か月過ぎたぐらいから、時間をある程度決めて生活できるようになってきて、その頃から夫婦でネントレの話をするようになりました。

色々調べるとジーナ式とかファーバー式とか出てくるんですが、内容を見ると結構ハードで子どもも親も大変だなと。

もっと楽して寝かしつけしたいなと正直思ってしまいました(笑)。

 

結局、寝かせる時間を決めて、暗くして静かな環境にしてあげるぐらいで、親も無理しない程度に寝かしつけしていました。

 

もちろん決めたスケジュール通りいかない事の方が多かったですし、抱っこしないと寝てくれない時期もありましたが、

続けていると段々とベッドに寝かせながらトントンで寝てくれるようになったり、

少しづつですが時間通り寝てくれるようになっていった感じです。

 

●寝てくれなくなった時

一時期全く寝てくれない時があって、布団をかけ過ぎで暑くて寝てくれなかった事がありました。

布団をやめて毛布だけで寝かせたらぐっすり寝てくれて。

その時、温度って大事だなと思ったのを覚えています。それですぐ温度湿度計を買いました。

ぐっすり寝てくれると次の日も機嫌がいいですし、寝てくれないと機嫌も悪くなるので、なるべく同じ環境で寝かせてあげることは大事だなと思いましたね。

 

●仕事復帰後の寝かしつけ

仕事復帰後も夜の寝かしつけは私がやっていたのですが、4か月を過ぎた頃から寝ぐずりするようになってきて。

泣き疲れて寝るというルーティンだったんですが、ある日1時間以上泣いて寝なかった事があって、

妻が流石に我慢できなかったのか、その次の日から妻が代わりに夜の寝かしつけをするようになったら、すぐ寝てくれるようになりました。

 

その時やっぱり母親にはかなわないなと思いましたね。

母親と父親を認識できるようになったのは喜ばしい事ですが、どこか寂しい気持ちになってしまいました。

今も妻が寝かしつけをしていますが、どこかのタイミングでまた寝かしつけに再チャレンジできればと思っています。

 

 

<気持ちよく寝ている様子>

 

<パパのお腹の上が一番寝心地が良い!?>

 

<寝かしつけに苦労した翌朝も、こんな笑顔なら許せる?にやり>

 

 

寝かしつけは本当に試行錯誤ですよねあせる

子どもによって寝てくれる方法は違いますし

もっと言えば前日に成功した方法でも、次の日には通用しなかったりえーん

 

しかし、一番大切なのは赤ちゃんとパパママがハッピーなこと。

Iさんご夫婦のように二人で話しながら、最適な方法を見つけてくださいねラブラブ

 

 

みなさんのお子さまの寝かしつけはどうされていますか?

上手くいった方法や、家族でのエピソードもぜひ教えてください虹

 

 

 

*****************************

株式会社 大和屋 (yamatoya)

住所 :愛知県安城市三河安城本町2丁目8番地4

公式ウェブサイト :https://www.yamatoya-jp.com/

直営オンラインショップ :https://www.shopyamatoya-jp.com/

インスタグラム :@yamatoya_official

Facebook :https://www.facebook.com/yamatoya.jp/

フリーダイヤル :0120-27-8108 (平日AM9:00~PM5:00)

 

足が届くベビーチェア、何がいいの?

ベビーチェア選びを始めると、
「足が届く」や「足がつく」ベビーチェアが良い
ビックリマーク
と聞いたという方も多いと思います。

なんとなく良さそう、間違いではなさそう
と思いますが、その理由を詳しくご紹介します
ウインク

 

そもそも、離乳食期の子どもは筋力がまだ弱く
からだを正しい姿勢で保持することが難しいです。
これに「食べる」という動作が加わるとさらに複雑となります。
そのために、”離乳食を食べてくれない”という問題が発生することがあります
えーん

 

 

ちなみに正しい姿勢とは…

丸ブルー背すじはまっすぐ

丸ブルー腰・膝・足首が直角

丸ブルーお腹の前のテーブル面も水平

丸ブルーまっすぐ前を向いて座る

肘は90℃に曲げた時、

テーブルと同じ高さがいいです。

そして、足の裏全体がつくことも大事です!


子ども専用のベビーチェア、さらには足の届くチェアなら
その姿勢が自然と取りやすくなります
OK

そのような姿勢で座ることによって、
”食べ物を口に運ぶ→咀嚼する→飲み込む”
という大人にとっては当たり前の動作が子どもでもしやすくなるのです。
ですので、正しい姿勢が取れるチェアに座ることで、
離乳食を食べてくれないという悩みが減らせることもあります
!

 

また、正しい姿勢は、

歯並びやかみ合わせとも密接な関係が。


正しい姿勢が取れるチェアで、

正しい姿勢で日常から座ることで、
噛む力、飲み込む力を付け、良い歯並びやかみ合わせを育てることもできます
!

今回ご紹介した内容の詳細はそれぞれ、下記のサイトで詳しくご紹介していますほっこり


助産師さきさん×yamatoyaトークセッション「座る姿勢で解決!?離乳食食べない問題」

 


マッチーズハイチェア

↑こちらのサイト内の「マッチーズコンセプトブック」をご覧ください。


これらも併せてご覧ください虹

 

 

 

 

*****************************

株式会社 大和屋 (yamatoya)

住所 :愛知県安城市三河安城本町2丁目8番地4

公式ウェブサイト :https://www.yamatoya-jp.com/

直営オンラインショップ :https://www.shopyamatoya-jp.com/

インスタグラム :@yamatoya_official

Facebook :https://www.facebook.com/yamatoya.jp/

フリーダイヤル :0120-27-8108 (平日AM9:00~PM5:00)

 

 

ベビーチェア、どうえらぶ?

そろそろベビーチェアを買おうかな…。
もうすぐ離乳食が始まるから、ベビーチェアを用意しようかな…。
さまざまなきっかけで、ベビーチェアをご検討されると思います。

いざ、ベビーチェアを買おうと思ってもたくさんあって、どれにすればよいか迷ってしまいますよね。
えーんアセアセ
本日は、ベビーチェア選びのポイントをご紹介します音符

 

食事する場所でえらぶ
お子さまやご家族はどこでお食事しますか
?
ダイニングテーブル?

リビングのローテーブル?

ベビーチェアには、

ハイチェア>と<ローチェア>があります。

 

二つの中でも、ダイニングテーブルでお食事するなら、<ハイチェアビックリマーク

 

ローテーブルでお食事をするなら、

ローチェア>がおススメです音符


ポイントは、大人と目線を合わせながら食べられるか?
家族でコミュニケーションを取りながらだとお食事がより楽しくなります!
ご家庭の食卓のスタイルでお選びください

使う期間でえらぶ
ベビーチェアには大人も使えるものと、

子ども専用のものがあります。


大きくなったら別の椅子にするから、小さいうちだけお使いになられる方は<子ども専用>を。


 

長く使いたい方は、<大人も使える>タイプを。

 

 

<大人も使える>タイプをお使いの方の中には

高さを調節して、キッズチェアや学習椅子として使われる方もいらっしゃいますOK


置くスペースで考える


ベビーチェアは、<通常サイズのほかに、

スリムサイズ>や<折りたためる>ものなどがあります。


兄弟で並べて使ったりする場合には、<スリムサイズ>ならすっきりと置けます。


 

折りたためる>タイプなら、使わないときはコンパクトに収納できるので、
ご実家など必要な時だけ使う場合に便利です
ニコニコ



座る姿勢でえらぶ
ベビーチェアには、高さ調節ができたり、足置き板がついているものも。


足が届くチェアだと、良い姿勢でお座りできるので、
お子さまが落ち着いてお食事ができたり、咀嚼もしっかりできたりします
うずまき

もちろんベビーチェアを選ぶ時は、お子さまが安全に座れることが前提!
そのうえで、お使いになるご家庭に合わせたこだわりポイントでお選びくださいねニコニコ

yamatoyaのベビーチェアにもこれらのポイントが備わったものが様々ございます。

ぜひ、こちらもご覧ください虹

 

 

 

 

 

*****************************

株式会社 大和屋 (yamatoya)

住所 :愛知県安城市三河安城本町2丁目8番地4

公式ウェブサイト :https://www.yamatoya-jp.com/

直営オンラインショップ :https://www.shopyamatoya-jp.com/

インスタグラム :@yamatoya_official

Facebook :https://www.facebook.com/yamatoya.jp/

フリーダイヤル :0120-27-8108 (平日AM9:00~PM5:00)


 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>