コロナ対応ー②これまでも、これからも。 | 「シェ・ヤマライのブログ」
新型コロナウイルスに関する情報について

コロナ対応ー②これまでも、これからも。

「非常事態宣言」をうけてのヤマライの対応ー②
 
感染防止の対策として、『3密』を避けるようにと言われています。
『3密』とは「密閉」 「密集」 「密接」の3つの「密」を指します。

①換気の悪い 『密閉空間』

②多数が集まる 『密集場所』

③近距離での会話 『密接場所』     としています。

 

ヤマライはお店の立地上、『3密』の少ないお店と言えます。

まず、

お店の立地する江波山公園は、市内の南端と言う事もあり、人の少ない公園です。

さらに「江波山気象館」はコロナウイルスの感染拡大で当面の間休館となりました。

「密集」と言う意味では隣接する建物もない「ポツンと一軒家レストラン」です。

店内に目を向けると、
ヤマライは通常の営業時から、テーブルとテーブルの間隔を広く配置しています。
さらにお客様同士の顔が対面しないよう通常営業時から、椅子を斜(はす)掛けに
配席しています。 「コロナ対策として、厚生労働省は、対面座位よりも
             斜(はす)掛けの方がリスクが少ないと発表しています。」
 

4名様掛けのテーブルは、こちらも、お客様の顔が向き合わないよう、椅子をセッティングしています。これは公園の景色を見て頂くための通常営業時の配置です。

今回のコロナウイルスの感染拡大を受けて通常よりさらにテーブル数を減らし広い空間を確保しました。少しでも『密接』を避けるためです。

  

店内は、来店されたお客様がビックリするほどの、換気扇と扇風機があり室内は常に空気が循環しています。元々は、夏の暑さと冬の寒さが強く出る立地のために、

少しでもエネルギー効率を良くしたいとの思いで増えていったものです。

『密閉空間』を避けるために一役買っています。

 

また、カキを扱うレストランとしてノロウイルス対策をしてきました。、玄関やトイレ前、中などに消毒用アルコールを設置しています。次亜塩素酸水も常備しています。

お客様が使われる おしぼりも次亜塩素酸消毒してあるものを使用してきており、

石鹸手洗いと同じ効果があるとも言われています。

 

 

衛生面を考えて、以前よりお客様が使用される、バター、コーヒーシュガー、ミルクなどは、すべて、お一人様用(ポーション)にしております。ご理解ください。

 

これまで同様に、さらに気を引き締めてまいります。

                                          シェ・ヤマライ
                                       令和2年4月18日