『ヤケマルタトオノ』by CHARCOAL&AXE

『ヤケマルタトオノ』by CHARCOAL&AXE

ホントにホントのことはわからない 
?だらけの自然を巡る 
「ヤケマルタトオノ」野にまたがる○△祭!
 
\森は年に一度のお祭りだけじゃない/
 
【野】にまつわるイベントやWS 
私たちは一年を通して森のつくりなおしに取り組んでいます



<WEBリニューアルに伴う ブログ引越しのお知らせ>

※メニューに"BLOG"の項目はございません
ヤケマルタトオノ他、年間通して行われるイベントの
最新記事は
WEB TOP画像下[NEWS&TOPIC]に表示されます




● CHARCOAL&AXE (ヤケマルタトオノ実行委員会)
https://charcoal-and-axe.wo-un.com/

→ 2017年〈ヤケマルタトオノ〉立ち上げと共に その実行主体として始動した CHARCOAL&AXE
永らく放置され 藪と化していた市有林「日向の森」を活動の舞台とし
〈人と自然〉〈私とあなた〉が
"互いを喜び合える存在"としてふたたび出会うために
私たちは イベントの枠をこえ 積極的な環境のつくりなおしに取り組んでいます


ヤケマルタトオノ他、年間通して行われるイベントの
最新記事を含む全て
は [NEWS&TOPIC]内に表示されます


 


ヤケマルタトオノ

https://charcoal-and-axe.wo-un.com/yakeno2020/


→ 千葉県山武市にて、毎秋(11月)開催される
「ヤケマルタトオノ」野に跨がる○△祭
cultivated by CHARCOAL&AXE

※こちらのページに表示されるNEWSはイベント/ヤケマルタトオノの情報のみとなります

 


---
 

森も私たちと同じく
適切な代謝、循環が行われることで健康な状態が保たれます。

 

自然のペースを大きく崩すことなく、
私たちの営みが再び活力となってまた自然へと還りゆく その巡りを創造していくこと、

それを絶やさぬこと。

 

森を護ることは、私たちの未来を育むことそのもの

私たちはそのように考えます。

 

そこに在る未来を、
みんなの手で 育んでいきませんか

---
「山のおんぶ」から続いたアメブロへの投稿はこれで最後となります。
ありがとうございました。
この後も引き続き CHARCOAL&AXE WEBより

お付き合いのほどよろしくおねがいします!

 


CHARCOAL&AXE(ヤケマルタトオノ実行委員会)

 

 

 

 

 

ヤケマルタトオノPresents
『野にまつわるワークショップ -井戸掘り [西田式水脈探し]編-』

 

 


「水がある」
それが当たり前の 私たちの日常。

 

「その水はどこにある?」(どこからやってくる?)

バカにしないでくれ そんな声も聞こえてきそうですが…
あなたは答えられる?
 

今回のナビゲーター/ 西田稔さんは
[水]の探し方、つかまえ方のヒントをくださる地下のプロフェッショナル。

それも特殊機械を使わない、大掛かりでない!

 

昨年は千葉県も大型台風による倒木、停電、そして断水 、
と長期にわたり想像を超える打撃を受けました。 

"アレは特別" などとはもう誰もいわないだろう。
"自然には勝てない" などと両手をあげてその時を待つばかり は止めにしよう。

 

やれることは地下水のごとくいくらでもあるのだから。
 

目の前には見えていなくとも、

[水]は確かにそこにある 

ならば掘ってみる価値は その水にまさるほどありそうだ。


---
約4ヶ月ぶりのワークショップ!
それぞれの考えと思いやりをもっていらしてください。
お子様連れも、私たちは歓迎します◎
 

森でお待ちしてます!


●西田稔さん [西田式水脈探し/ 井戸掘隊顧問]

長年、トンネル掘削専門の会社を経営されてきた 地下の専門家。
東日本大震災時 "生きるための水"の確保に多くの人が困っている様子を目の当たりにし、

無尽蔵にある地下水の存在を伝えていかねば、と強く感じたことから
山形を拠点に各地へ出向き「西田式水脈探し」井戸掘り技術を広めていらっしゃいます。

西田式は専門的な機械工具は使わず、
災害時、例えばお友達同士や町内の有志らとでも施工できるように工夫しておられます。
アイデア道具に関しては身近にあるものを加工・製作し、
ホームセンターで購入可能な単管パイプや塩ビパイプを利用して井戸を掘るというシンプルな方法です。
 

 


参考動画:こちらはご家族4人と西田さん、実質1日と少々で完成されたそう


●こちらのフォームよりお申し込みください
https://ws.formzu.net/fgen/S89816129/
※定員数に達した時点で締め切らせていただきます。予めご了承ください


〇△ 〇△ 〇△ 〇△ 〇△

 

 

-ワークショップ概要-

 

『野にまつわるワークショップ -井戸掘り [西田式水脈探し]編-』
【日程】2020/7/26(日)
【時間】9:00~15:30(9:00~開場・受付)
【会場】日向の森
    ※アクセスについては下記をご参照ください
    WEB:https://yakeno.wo-un.com/access/index.html
    ※屋外での開催となります
    ※雨天時については、受付完了後のメールへ記載致します


【内容&スケジュール】
   9:30~ 水脈探し(井戸掘り)のお話
   10:00~ 井戸掘り作業
   12:00~ 昼食 (お弁当ご予約承ります by エデランチ)
   13:00~ 井戸掘り作業 続き
    
 ※途中参加、途中退出も構いません
 ※作業中も遠慮なくご質問いただけます


【定員】30名(お子様連れも可) ※ご予約が必要です

【参加費】 ○一般/1000円 ○山武市在住者/500円 ○CREW(サポート会員)/500円
※高校生以下は参加費無料
※お弁当 限定20食(800円)ご注文頂けます by エデランチ(申し込みフォームより要予約) 
<エデランチさんより: 菜食の方、また、アレルギーなどで避けたい食材のある方、どうぞお知らせください。
できるだけご希望に添ったお弁当をお作りします>

 

【持ち物】汚れてもよい服装、軍手、帽子、水筒、お弁当
※駐車スペースあり
※電車でご来場の場合、最寄はJR日向駅になります
バス等の公共交通手段はございません。送迎についてはご相談ください


【ナビゲーター】西田 稔(西田式水脈探し/ 井戸掘隊 顧問)
【コーディネーター】酒井 千恵子
【主催】CHARCOAL&AXE (ヤケマルタトオノ実行委員会)



●こちらのフォームよりお申し込みください
https://ws.formzu.net/fgen/S89816129/
※定員数に達した時点で締め切らせていただきます。予めご了承ください


〇△ 〇△ 〇△ 〇△ 〇△

※当イベントが開催される林地は公園ではございません

イベント時以外、関係者不在時の許可のない立ち入りはご遠慮いただいております

 


●いずれもお問い合わせはこちら
https://yakeno.wo-un.com/contact/index.html

 


 

---  自粛要請、


 誰からですか?



あー だとしたら理解します

 モノカルチャーとの喪の作業

現代的な当たり前を一旦一斉に手放すこと
、それを求める自粛要請 だとしたら理解します。


半ば強制的なところがしゃくだけど。
それくらいじゃないとやらない なんてこと山ほどあったっけ



キノコ写真家・糞土師/伊沢正名さんのお話を伺った際、

こんなフレーズがこびり付いた。

「人が生み出す最も価値あるものはウンコ。人がなし得る最も崇高な行為がノグソ」
(この真意は是非書籍で)


… ここまで羽が生え揃うまでは少し先のことだとしても

「やっぱり人恋しいし、
いつまでも家で踊っていたいわけじゃない」

そんな人間らしいあなたなら
きっと受け入れられるだろう、気付くだろう

そう、私たちはまだまだすばらしい!


「新型ウィルスのカチャーシー」
野にまつわる意識のレシピとして ---

 


●▲ ●▲ ●▲ ●▲ ●▲

 

 

〇△ 〇△ 〇△ 〇△ 〇△

-ヤケマルタトオノPresents-

『森林整美 Vol.21』


参加希望をいただいている皆様へは既にお知らせしておりますが、

4/26(日)イベントとしての整美は中止致します

 

今後の公な活動についても

みんなが安心して手を握り合える頃 再開したいと考えてます。

 

 

が、[密]とは無縁な森での日常的手入れは

変わらず行っていきます。

以前少しご紹介いたしましたが
森の活動サポート制度を創設いたしました。
森のつくりなおしサポート(ページ後半にございます)
 

詳細は近日中、当ブログにてあらためて公開いたします。



---

みんな大変で不安な時期かと思いますが、
内にこもり過ぎず(安易に外に出ろという意味ではありません)
元気でいられるよう工夫をこらしましょうね!

そして、あらたな喜びに、自分に

出会う機会となることを願ってます。

 


●▲ ●▲ ●▲ ●▲ ●▲

※当イベントが開催される林地は公園ではございません

イベント時以外、関係者不在時の許可のない立ち入りはご遠慮いただいております

 


●いずれもお問い合わせはこちら
https://yakeno.wo-un.com/contact/index.html

 

【主催】CHARCOAL&AXE(ヤケマルタトオノ実行委員会)