北朝鮮決議、棄権について | 山本太郎オフィシャルブログ「山本 太郎の小中高生に読んでもらいたいコト」Powered by Ameba
2016-01-08 15:17:26

北朝鮮決議、棄権について

テーマ:ブログ

「北朝鮮による今回の核実験に対し、

厳重に抗議し、断固非難する」

これは、山本太郎も同じ思いであり、決議して、

それを示す必要があると考える。



国会決議は衆・参両院で行われる。

今回、決議文の内容はそれぞれ違う。

短いので、衆議院の決議文を読んで戴きたい。





国際社会との協調姿勢を示したもの。

この内容であれば、当然、賛成以外ない。



一方、参議院の決議文は、衆議院のものに比べ、

我が国独自の制裁を強める姿勢が読み取れる。



全部読むのが面倒な人は、赤線部分のみどうぞ。






決議後、それを受けた安倍総理の演説では、

「さらに、我が国独自の措置の検討を含め・・」と

シッカリと宣言している。

我が国独自の「追加的制裁」は危険だ。

あくまで、

国際的な合意と協力の形にするべきと考える。

なぜなら、相手側の挑発に対して、

より独自の強硬姿勢を示す事は、

挑発に乗った形になる。

我が国との緊張状態は、より強まる。

それは、相手側の思惑にハマった事に等しい。

そうでなければ、

わざわざ核実験など行なわないだろうし、

水爆実験成功とは、とても言えない結果を、

大成功と喧伝もしないだろう。

国際協調で制裁を強める、

以外に独自に制裁を強める宣言は、

かまってチャンに、

真っ正面からガッツリ独自でかまってしまう形だ。

それを避ける為にも、「国際協調のもと」、

と決議する、冷静さが必要なのではないだろうか。

挑発に乗って、リスクに晒されるのは、

この国に生きる人々だ。

ターゲットになりうる脆弱な原発施設に、

ミサイルなどが着弾しても、

政府はそれ自体の想定も、被曝防護の具体策も

準備していない。

驚くほどのお粗末ぶりである。

お時間ある方は安保特での質疑をご覧戴きたい。


安保ミサイル質疑



勇ましい言葉や、独自の強硬姿勢、

なめられてたまるか!的なアプローチがどうしても必要だと言うのならば、

高浜原発再稼働など悪い冗談でしかない。

少なくとも、日本海側の原子力発電所は、

撤退に向けて大至急、

事を進めなければならないだろう。



そして、残る理由は2つ。


①拉致問題も、

今回の核・ミサイルの決議に加えられてしまえば、追加的制裁の影響により、

問題解決が遠のいてしまわないか?

拉致被害のご家族の高齢化が進む中、

配慮すべき大切な部分である。

圧力だけで拉致問題が解決できるか?





国際的な核不拡散体制、など聞こえのいい話はあるが、

世界には何度も人類を終了させるだけの核兵器がまだまだ存在する。

専門家によると、米国は70年も先の2080年代まで核兵器運用を想定しているそうだ。

結局、この矛盾を前向きに、

大きく解決へと進めない限り、

「お前ら散々開発して、核兵器山ほどもってて、

俺たちにやめろ、ってズルくね?」

の解消はありえない。



核保有国の、より具体的な削減案を、

唯一の被爆国として引き出し、

それをカードに、北朝鮮との交渉を我が国が主導する意気込みこそ本物でありそのような決議こそ、

拉致問題に対しても新しい展開が生まれうるアプローチではないだろうか?

このような決議に対して、棄権を示す事への風当たりの強さは十二分に理解しています。

この先、我が国がアジアと世界の平和に対して、

リーダーシップを示していくなら、決議の中身も、

深みのある内容が望ましいと、

問題提起を含めた棄権を選択しました。

山本太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース