奈良・春日大社の「春日若宮おんまつり」。

900年にもおよび伝来されてきたこの「芸能の原点」ともいうべき祭りが、我が金春流の原点でもあります。

この度、フランス・パリにて披露されました。

現在も奈良を守っておられる我が金春宗家の御分家、金春穂高さん飛翔(ひかる)くん親子が参加されました。

NHKニュースの中では、舞楽と紹介されていますが、、、(苦笑)
チラッと写った、狩衣姿で凛々しく舞う若者が
、飛翔くんです。

『弓矢立合』という、この祭りと銀座金春祭りでしか、基本的には披露されない特別な能の神事を司る演目が、チラッと写っています。

この祭りが、フランスで開催されたのは、とても大きな意義があると思います。

2年後の東京オリンピックを控え、世界が日本に注目し、日本的なものや、東洋的なものが、西洋の人々に良い意味で大きく影響を与える時代が、やって来る。

世界を廻らせて頂いた私の、ここ5年間の経験からの私見です。


↓↓↓ NHKニュースにて、パリでの若宮おんまつりを紹介
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20181022/2050001296.html
昨日は、国立能楽堂本舞台にて、唯一の全体リハーサル(能楽界では『申し合わせ』といいます)でした。

いつもの共演者の中に、梅若紀彰さんがお一人入ったたけで、全く普段と異なる緊張感が、舞台を包みました。

紀彰さんの廻りには、優しい柔らかいオーラが包んでいました。
紀彰さんは、私よりも15歳ほど年上。
正に、『脂の乗りきった役者』の円熟の芸です。
地謡も、お囃子も、素晴らしいベストメンバーが揃い、最高峰の世界を創って下さいました。

能の場合、「申し合わせ」というのは、単なるリハーサルなので(こういうと舐めてるみたいですがそうではなく)、全体の顔見せ・流れの確認的な要素もあります。
それでも、昨日はかなりの緊張感でした、、、

当日は、私も力むことなく、自分を信じて、自分の思うままに自然体で勤めたいと思います。

さて、その後に、当日に使わせて頂きます能面を拝借にいくために、師80世金春安明先生とご自宅へ。

その道中に、安明先生からご助言を賜りました。
安明先生は、いつも、その深いご自身の学術的見地からのお話や考え方もさることながら、ご助言も的確なポイントを突いておられます。
昨日のご助言も、そうでした。なるほど、と拝聴しました。ありがとうございます!

そして、今回の能「蝉丸」のシテ『逆髪』の専門の面、『十寸髪(増髪)』を拝借させて頂きました。
金春家で大切に伝来されている能面を、特別に拝借致しました。
ありがとうございます!

作者は、『古源助(こげんすけ)』。
越前出目家の三代目。今から、丁度400年前の名工のものです。

安易に写メを添付することは控えさせて頂きますが、品格のある、力のある、素晴らしい面です。

いい能面というのは、ただ単に、綺麗に造形的に出来ているものとは限りません。

何かこちらに迫ってくる、それ自体に力を秘めているもの。これが、本当に素晴らしい面(おもて)だと思います。
(79世金春信高先生は、当時能楽界随一の能面の『目利き』でいらっしゃいました。信高先生は、「いい能面を見極める目は、いい能面を沢山観ることでしか培われないよ」と仰っておられたのを思い出しました)

この『古源助』の『十寸髪』もそうです。

手に取って、少し角度を変えるだけで、豊かな、深い表情を見せてくれます。

「逆髪」の憂いと哀しみを、見事に湛えています。

本番までの数日間、この素晴らしい面と対話して、当日には一体となって勤められたらと思っています。

~~~~~
第73回文化庁芸術祭参加公演
山井綱雄芸道40周年記念 
第13回山井綱雄之會
異流共演能「蝉丸」 山井綱雄(シテ逆髪)梅若紀彰(ツレ蝉丸/観世流梅若家御後胤)野村萬斎(アイ) / 狂言「成上り」 野村萬斎 / 金春流能楽師仕舞
2018年10月26日(金)18:00開演
国立能楽堂



当日のパンフレット

テーマ:
本日、これから、国立能楽堂にて、能蝉丸の「申し合わせ」(唯一の全体リハーサル)を行います。
ドキドキワクワクの、緊張感が、たまりません!(≧∇≦)
さて、どんな感じになりますか!

今回の公演に際して、当日皆様にお配りするパンフレットに、以下の皆様より、お言葉を賜りました。
(敬称略)
・金春憲和 金春流81世宗家
・金春安明 金春流80世
・富山禮子 金春流能楽師(山井綱雄の恩師)
・梅若紀彰 観世流梅若家
・岡田誠司 在南スーダン大使(後援会会長)
・近藤誠一 元文化庁長官
・石飛博光 書家
・デーモン閣下 アーティスト

皆様、お忙しい中文章を寄せて頂き、誠にありがとうございました!!

皆様から寄せて頂きました文章が、とても素晴らしく、有難いプログラムとなりました。

ありがとうございます!

チケットは、お陰さまでかなり無くなっております。が、まだ少しございます。
急に都合のついた方、是非お越し下さい!

~~~~~
第73回文化庁芸術祭参加公演
山井綱雄芸道40周年記念 
第13回山井綱雄之會
異流共演能「蝉丸」 山井綱雄(シテ逆髪)梅若紀彰(ツレ蝉丸/観世流梅若家御後胤)野村萬斎(アイ) / 狂言「成上り」 野村萬斎 / 金春流能楽師仕舞
2018年10月26日(金)18:00開演
国立能楽堂
 https://t.co/jxSq3QcaMD