山形夢横丁
  • 10Dec
    • 秋の山寺(立石寺)

      一年に一回、山寺に登ることにしている。山寺は案外駐車場が少ないので仙山線で行くことにしている。下から見上げるとめげそうになる。しかし今日はほんとに良い天気。途中ところどころに芭蕉の足跡があるので、休憩しながら登る。30分ほどで奥の院に到着。納経堂。五大堂からの眺め。ここまで登れれば、あと1年は生きられそうです。

      1
      テーマ:
  • 03Dec
    • 東北大学大学祭

      11月2日から3日間、東北大学川内教養部で大学祭が行なわれました。10年ぶりに出かけてみました。既に政治的な立て看板は絶滅。大学祭のスローガンも「笑う祭には福来たる」だそうです。食べ物屋ばかり。かつて第2食堂(貧民食堂=貧食)があった場所に作られたサークル室。展示で唯一面白かったのが鉄道研究会の鉄道模型。これはNゲージ。模型は分解して倉庫に格納し、1年に1回展示のために出してくるのだそうです。そのほかはこんなもので、若者の反対制性とか帝国大学の知性を感じさせる企画はありません。

      2
      テーマ:
  • 26Nov
    • 懐かしの昭和博覧会 5

      以前買った「ぼくらの昭和30年代新聞」を売っていた。これがまた面白い本だ。帰りに駅前のAER(あえる=会える)ビルにある丸善に寄った。ここには「昭和の風景」と題した昭和本のコーナーがある。特に昭和30年代と題した本が多い。その10年は貧しかったが希望に満ちていた。どれもこれも買って帰りたい。「懐かしの昭和博覧会」は1月11日で終わった。懐かしの昭和博覧会 了

      1
      テーマ:
  • 19Nov
    • 懐かしの昭和博覧会 4

      再現された小学校の教室。机は二人掛けだった。真ん中に線を引いて、ちょっとでも物が侵入すると押し返した。そうそう、このように蓋が開くのだった。隣の席の粟野君は、この中にすべての教科書を置いて帰っていた。鞄も持って来ないし、宿題もしてこないのだ。彼はいつも緑色の鼻を2本垂らしていた。パッタ。四角いのは角ぱん、丸いのは丸ぱんと呼ぶ。ぶ厚くて一回り大きいのは大ぱん。裏に点数とぐーちょきぱーが書いてあって、別の遊びもできるのだが、やっているのを見たことはない。続く

      2
      テーマ:
  • 12Nov
    • 懐かしの昭和博覧会 3

      昭和の英雄、力道山に、少年たちは希望を見た。凶悪な外人レスラーを空手チョップでなぎ倒す雄姿に、国民は涙した。倒しても、倒しても、凶悪なレスラーは次から次にやってきた。力道山はかわいそうだな、と思った。しかし何のことはない。凶悪なレスラー達は力道山自身が大金を積んで連れて来るのだった。彼の人生については、このブログの 「ジャパニーズ・ドリーム」参照。力道山が着ていた虎柄のリングローブ。ほしいなあ・・・続く

      6
      テーマ:
  • 05Nov
    • 懐かしの昭和博覧会 2

      東芝のテレビは、今の値段で150万円ほどもした。チャンネルのつまみがすぐに壊れた。ペンチで中の金属の棒を回してチャンネルを変えた。映りが悪いときはテレビの上の室内アンテナの位置をいろいろ変えてみた。室内アンテナだと山形では東北放送(TBS)は映らなかった。垂直同期が悪いとき(画面の縦走り)はテレビの横を思い切りひっぱたいた。高額製品なのに、東芝のテレビは、直しても直しても壊れた。「東芝の店」のおじさんは、「東芝のはだめだ。ナショナルのテレビは壊れねんだ」とそっと教えてくれた。それ以来、我が家には東芝製品がなくなった。父親が腹を立てたのだ。近年東芝は不正会計で沈んだ。遠因は60年前のいい加減な作りのこのテレビにあったと思っている。どこから見つけて来たのか、錆びたアルミの洗濯桶と、ギザギザの波型のある洗濯板。当時の3種の神器、冷蔵庫、テレビ、洗濯機。洗濯機は手回し脱水機付き。この脱水機はあまり水をしぼれず、ただペチャンコにするだけだった。しかしこの三つがない家に嫁は来ないといわれ、どの家も無理して揃えた。(後年、山形では新幹線のない県に嫁は来ない、というかけ声が上がり、在来線を名前だけのミニ新幹線に変えた。)嫁が来る来ないは結構重要なのである。続く

      3
      テーマ:
  • 29Oct
    • 懐かしの昭和博覧会 1

      仙台駅前のイービンズ(元のエンドーチェーン)で、2009年10月30日から「懐かしの昭和博覧会」が開かれていた。入場料500円。 入口にはこういう催し物定番のダイハツ・ミゼットが飾ってある。この車は、昔スズラン街のスーパー中川にあった。中川の親父の目を盗んで運転席に乗り込み、ハンドルを動かしたり、ブレーキを踏んだり、方向指示器(ウインカー)を出したり引っこめたりして遊んだ。いや、点滅しないからウインカーではない。正確には腕木式格納型方向指示器と呼ぶべきものだ。 復刻版の「まぼろし探偵」、「ロボット三等兵」などの懐かしいマンガを売っていた。欲しいけど高いなあ。 再現された昭和30年代の茶の間↑おひつがあり、練炭火鉢に鍋がかけられている。今なら「室内で練炭」、と聞くと恐ろしいが、あの頃は建物の機密性が低かったので大丈夫だった(寒かった)。丸い卓袱台は寝るときに足を畳み、箪笥と壁の隙間に収納した。2階などない。ものを片づけて、この部屋に布団を敷いて寝るのだ。電気釜が出来て、母親は5時起きしなくて良くなった。スイッチは「ON」のみ。保温なんてできません。寝る前にスイッチを押しておくと、朝にはご飯が炊けている。当時はそれが夢のように思えた。続く

      2
      テーマ:
  • 22Oct
    • 昭和30年代のパチンコ風景

      かつてスズラン街(今は「好きやねん」がある場所)にあったスズランホール店内。客は立って、左手で1発1発玉を入れ、右手のバネで弾いていた。そのため玉がなくなるまで今より時間がかかった(長く遊べた)。しかしこの店は極端に出玉が悪かったため客が離れ、間もなく閉店した。スズランホールは友人のA君のお父さんが経営していた。われわれ子どもたちはホールで走り回り、落ちている玉を拾って打ったりしていた。1個や2個の玉を打ってもチャッカーに入るものではなかった。A君のお父さんはパチンコ屋を廃業後、スズラン街の南端(野村呉服店の向かい)に花鳥風月という鳥屋を始めた。文鳥とかカナリヤを売っていたが、これも長くは続かなかった。スズランホール以後、スズラン街にパチンコ店は出店していない。駅前に千代田城、駅前大通(今の昭和ホルモン亭の場所)に平和ホールがあったが、子どもが中で遊べる雰囲気ではなかった。昭和31年冬、小生の父親撮影。

      5
      テーマ:
  • 15Oct
    • 八幡の洋菓子店「ブルボン」閉店 3

      4年前に小生が書いた記事です↓仙台の八幡町。国道48号線と十二軒丁の角。ここに昔からの洋菓子店「ブルボン」がある。狭い道で交通量が多いので、前に車が停められない。店があるのは知っていても入った人は少ないのではないか。看板の一部が先月の台風で破れたのだそうだ。「サバランババ」って何?「ちょっと気になるタンタオ」・・・気になるなあ。ちょっと入ってみましょう。手作り感満載のケーキたち。「デビルフードケーキ」・・・名前からは実体が浮かびません。作っているのはこのおじさん。小野塚さんといって御歳76歳。ピロシキ、クリームパン、うぐいすパンなども売ってます。一個一個ビニール袋に入れて、セロハンテープで止めてあります。朝、暗いうちから作るのだそうです。御苦労様。箱詰め、ラッピング、会計、全部小野塚さんがやってくれます。左の二つが「タンタオ」。右上が杏仁豆腐。右下が「サバランババ」。「タンタオ」ポルトガルのお菓子。・・・・お客さんが「気になる」ように「ちょっと気になる」とつけたのさ。   気になっただろう?・・・・「サバランババ」上はプリン。その下に(缶詰の?)ミカンと桃。その下にリキュールシロップを含ませたパン(カステラ?)。3段重ねの構造になっている。美味しいかどうかは好き好きですね。うんと甘いのが好きな方はいいでしょう。小野塚さんの年齢を考えるといつまでこの店があるかわかりません。気になっている人は早めにお試し下さい。営業時間 9~19時  第1、3日曜休み電話 022-261-7441

      1
      テーマ:
  • 08Oct
    • 八幡の洋菓子店「ブルボン」 閉店 2

      仙台経済新聞 2018.08.04仙台市青葉区八幡で45年間営業を続けてきた「ブルボン洋菓子店」が8月6日、閉店する。東京で洋菓子・パン作りを学んだ小野塚賢二さんが仙台の製造工場勤務を経て1973(昭和48)年に開き、店に立つ妻の幸江さんと営む同店。創業当時は仙台市電が通りを走り、尚絅女学院(現・尚絅学院)や宮城一女高(現・宮城一高)、東北大などの学生をはじめ人通りが多く、日常的に利用する客で繁盛を続けていた。看板商品は、ブランデーシロップに生地をひたひたに浸し、生クリームとカスタードクリーム、フルーツを挟んだ「サバランババ」。ベースはフランスの焼き菓子「サバラン」で、当時ほかに販売していた焼き菓子の「ババ」を名前に残した。「ババを売っていたときはお客さんに失礼な名前だと怒られたこともあった」と笑う賢二さん。「うちよりおいしいところはない。これだけのヒット商品を残せたのが誇り」とも。ポルトガルの伝統的な菓子「タンタオ」を「そのままではつまらないから」と「ちょっと気になるタンタオ」とキャッチフレーズを付けたり、定番商品の「ジャーマン(ジャーマンアップルケーキ)」を大崎八幡宮の松焚祭(まつたきまつり)の日だけ値引きして「どんと祭名物」として売り出したりと、工夫を凝らして話題を集め、度々メディアにも取り上げられてきた。一方で、スーパーやコンビニで手軽に洋菓子が買えるようになるなど、時代とともに「まちの洋菓子店」を取り巻く状況は変化。賢二さんが今年80歳という高齢でもあることから閉店を考え始めていたが、親子2代、3代にわたり利用する客や遠方から買い求めに来る客、保育所の子どもたちにパンが喜ばれていることなどから踏み切れずにいた。そんな折、賢二さんが6月に店で倒れる。暑さと過労によるものだった。幸い大事には至らず数日後には営業を再開したが、閉店を決断。7月末にお知らせを張り出すと、常連客やかつて利用していた人、登下校で毎日目にしていたが入りそびれていたという学生など、名残を惜しむ客が連日店を訪れ、幸江さんに思い出を話していく。「私たちの知らないところで店のことを思ってくれている人がいるんだなと感動した。商売冥利(みょうり)に尽きる」と幸江さん。この時期室温が50度を超える工房で、パンを焼きながらその会話を耳にする賢二さんは「やめたくないが年には勝てない。体が言うことを聞けば続けたいんだけどね」と本音を漏らす。「本当に45年もたったのかな。毎日朝早く出てきてパンを焼いて暗くなったら家に帰って、知らない間に年月が過ぎていた」。増えた客足に対応し、一人でも多くの人にブルボンの洋菓子を思い出に残してもらおうと、営業最終日まで変わらず朝から仕込みに入る。「45年間いろいろなことがあったが、それを乗り越えて続けてこられたのはお客さんのおかげ。うちのお菓子が好きだという声など、ちょっとしたことでもうれしくて疲れが吹き飛んで、頑張ろうと思えた」と幸江さん。「お客さんとのたくさんの思い出は一生残る心の宝物。本当にありがたい」と感謝を口にする。 営業時間は9時~19時。続く

      1
      テーマ:
  • 01Oct
    • 八幡の洋菓子店「ブルボン」 閉店 1

      7月末、仙台市八幡町の洋菓子店「ブルボン」に閉店のお知らせが張り出されました。突然のお知らせですが、店主夫婦が高齢のためいずれこの日が来ることは予想されていました。私はケーキより素朴な調理パンが好きでときどき利用させてもらっていました。45年間お疲れさまでした。8月6日には名残を惜しむお客さんでごった返したそうです。8月14日には看板も取り外されていました。何十年も目になじんできた店が亡くなるのはさびしいですね。続く

      1
      テーマ:
  • 24Sep
    • あたり前田のクラッカー

      今日スーパーで見つけた前田のクラッカー。ポップに、お約束の「おれがこんなに強いのもあたり前田のクラッカー」のギャグ。このギャグ、若い方は分からないだろう。1962年~1968年にTBS系列で放映されていた「てなもんや三度笠」で、藤田まことが「前田のクラッカー」を胸から出して言った台詞。番組で使われたのは確か、「前田のランチクラッカー」だった。もう50年前のギャグなので、リアルタイムで知っている人は還暦以上になっている。前田製菓のホームページでは4今でも「あたり前田のクラッカー!」を使用している。🔺当時人気絶頂だった藤田まこと演じる「あんかけの時次郎」。共演の珍念は白木みのるだった。「あんかけの」は「沓掛の」のもじりである。白木は身長が140センチほどであり、誰もがませた子供だと思っていたが、20歳過ぎの大人だと知って驚いた。後にある番組で、自ら「階段から落ちて頭を強打してから身長が伸びなくなった」と言っていた。外傷性の成長ホルモン分泌不全症だったろうか。山形での放送は日曜日の午後6時からだった。外はまだ明るくてもこれを見るために走って帰ってきた。

      1
      テーマ:
  • 17Sep
    • 山形のみそパン

      仙台のヤマザワにたまに寄ると、懐かしい山形の食品があります。今日はこの高橋製菓のみそパンを見つけました。13個も入って279円というリーズナブルさ!材料は「小麦粉、砂糖、みそ、卵、マーガリン」とシンプル。バターとかはちみつを入れたみそパンもありますがそれは邪道。あくまでも昔と変わらぬシンプルさが命。子供のころのおやつはいつもこれでした。味は甘食に似ますが、みその味が秀逸。のどが渇くので牛乳と一緒に食べるのが定番。まだケンミンshowに見つかっていません。仙台のヤマザワ中山店はこの9月で閉店です。まだ開店して10年たっていませんが残念です。イオン、生協、ウジエスーパーの真ん中で善戦していましたが、ついに刀折れ矢尽きたようです。

      4
      テーマ:
  • 10Sep
    • んだんだ山形弁掲示板 58

      --------------------------------------------------------------------------------[464へのレス] 天狗湯だべ~ 投稿者:草の湯 投稿日:2002/08/27(Tue) 00:15:00やんだごど~なっぱちゃん!わたしもちょうど,ほのごどばひげとの様さ書くがなあって思ってたっけのよ。たぶん『天狗湯』だっけど思う。(違ってたら誰か教えて)しかも,その火事の時,私子供会のドッジボール大会のあとで「宮2子供会」のみんなでほごさ居だっけのよね。まだ風呂に入る前だっけだげど。 親におんぶされてそれを見っだけ人と今同じBBSさ居るとはねえ。なあんか,複雑。 今の「門間カメラ店」のあたりだべが?--------------------------------------------------------------------------------[464へのレス] Re: 草の湯 投稿者:なっぱづげ 投稿日:2002/08/26(Mon) 18:56:09ちゃっこいどぎのかすかな記憶なんだげんと、草賀さんのお風呂屋よりも北の方さ、もう一軒お風呂屋さんないけがず?ほごが火事になて、父親さ、んばて見に行ったような気するんだげんと...--------------------------------------------------------------------------------[464へのレス] 草の湯って 投稿者:ひげとの 投稿日:2002/08/25(Sun) 17:55:40掲示板の文章て、水の浅いとごろでバチャバチャやって、ひとにハネかげだりかげらっだりして、おもしゃいのんねがな。モノローグは、だんだん深いどごさ行ってしまうがら、呼吸がなんだがつらぐなってしまうのんねべがね。んでも、辰っあんの回想録は、連載小説みだいで楽しみだっけな。まだ元気だしてけらっしゃい。とごろで、草の湯さんて、山形市宮町の『草の湯』からとったネームだがっす。オラの頭の中さ、まだ『草の湯』の美少女の姿が思い出としてあるもんで、つい気になってしまうんだっす。--------------------------------------------------------------------------------[460] 一夏の経験(PART-Ⅰ) 投稿者:まじぇろ 投稿日:2002/08/16(Fri) 08:48:16初めで海水浴行ったのは、46・7年前、叔母夫婦がら、ズサマどバサマど一緒に瀬波温泉さちぇでってもらたのが初めでだ。叔母夫婦は、かげおづ的に一緒なて、ほの頃、なんとなぐズサマ・バサマど、やっと、認められかげだのんないんだけべが。ほの叔母がらは、今でゆうデートのダシみだぐ、ちゃこい時、よぐ外さちぇでんがっだみだいだ。写真残てる。汽車さ乗ってで、海見だ時、海の魚て、どやんばいして泳いでんなだべ、て考えっだけ記憶あっづ。ないたて、ほの頃、海の魚て云うど、切り身なた塩鮭ど塩鱈ぐらいすか見だごどないけがらよ。泳ぐもさんないけくしぇ、魚しめだら、どやんばい泳いだらいんだべ、なて考えっだけず。2回目に行ったのは、今は、遊泳禁止或はなぐなてすまたがもすんないげんと、酒田の大浜海岸だけ。朝、家がら出がげっどぎ、白い編み上げのサンダル履いで北山形駅から母親ど出がげだ記憶ある。めんごいけべな。ほの頃、叔父が酒田さ居で、ほの下宿さ泊またけ。夕方、海見い行ったどぎ、海は世界中どごまでもつながてるんだ、なて聞かしぇらっで、夕陽ばみながら、この先はアメリカなんだべが、なて日本海さ向がて考えっだけ。--------------------------------------------------------------------------------[460へのレス] MY LOST CITY 投稿者:まじぇろ 投稿日:2002/08/26(Mon) 12:35:081年ぶりで、山形さ帰てきた。町の中心部は、んぐたんび、何だが寂すぐなてるみだいだ。梅月堂の隣の人形屋もなぐなてすまたな。郁文堂書店も、古本屋だがなんだが、わがらねくらい寂れだんだなー。ひしゃすぶりで、梅羊羹食だいど思て、痛い腰ばひぎずて、店探す行ったら、1年半位前に商売替えして、洋菓子店(パティシエ庄子)さなてで、買わんないけ。んだがら、甘キ堂の胡桃羊羹とバスさ乗って上の山まで行って、利休堂のかりん糖ば買って来た。(利休堂は、上の山の浴場前て云う、バス停の近ぐだ。)22日の晩は、七日町の『たぬき』て云うどごで、「いるか汁」で酒飲んできた。なづいもさ、味しみでんまいっけ。なんとなぐ、寂しさを感ずだ(なくが如く うらむが如く)今回の山形だけ。ほだごどしてるうづ、井上陽水の季節がら、山下達郎の季節なてんぐんだべな・・・。--------------------------------------------------------------------------------[460へのレス] 間も無く 投稿者:まじぇろ 投稿日:2002/08/20(Tue) 08:48:31きんなは、台風の影響で、雨の一番ひどいどさ、通勤がぶつかて、ひどいめさあった。まだ、腰痛いてゆうのによー。(ツキショ まだ、ごしゃがれっかな?)高校野球も、山形は予定通り1回戦で帰郷。小学校の頃、記憶では、夏休みは、7月25日頃がら8月22日ころまでだけ。夏休み過ぎっど、暑さも通り越して、4年生頃の記憶では、29℃位が最高気温で、30℃なるなてゆうごどは、ないんだけはなー。んだがら、プールも8月一杯で終わり。思い出すど、花笠祭りの頃、夕立あって、ほいづあっど夜は、結構涼すぐなて、お盆過ぎる頃は、涼すいの通り越しったみだいだけ気すっず。ほして、高校野球の決勝の頃、昼間にわか雨降って、なんとなぐ、全体涼すぐなる感じなんだけな。ほうなっど、夜、虫の鳴声が寂すぐなてなー。学生の頃、山形で半そででいらんなぐなた頃、東京さ戻っど、暑くてしょうないっけ記憶ある。山形で、ほんてん夜も暑いのは、7月末から10日間位すかないのんねっけべが。んだがら、海水浴の事、いまと書ぐど思たげんと、ほいづは来年。とごろで、明日から、山形さ墓参り行ってくる。

      2
      テーマ:
  • 03Sep
  • 27Aug
  • 20Aug
  • 13Aug
    • 幸楽苑の「台湾野菜まぜめん」

      「緑の幸楽苑」の辛し味噌野菜らーめん。昔は「黄色の幸楽苑」にもあったのだが、なくなった。しかし以前の味とは変わってしまった。辛し味噌は入っているもののそれほど辛くない。はっきり言うと「昔の辛し味噌の方が美味しかった」!期間限定の台湾野菜まぜめん。名古屋方面で人気らしい。この前テレビでも見たので、頼んでみる。スープはなし。卵黄と味噌を混ぜてぐちゃぐちゃにして食べます。・・・スープがないと途中で飽きます。全部は食べられませんでした。(あまり美味しくない・・・定番品にはならないでしょう。)

      1
      テーマ:
  • 06Aug
    • ひろせサマーナイトコンサート2018 (仙台市青葉区愛子)

      8月4日、広瀬文化センターで 「ひろせサマーナイトコンサート2018」 という民俗芸能フェスティバルが開かれました。17時、近隣の人々で会場は大賑わい。わた菓子50円、玉こんにゃく100円、焼き鳥70円と出店も良心的です。年配の女性中心のハワイアンダンス(ババフラ)。ここからイベントは佳境に入り、コーラス、田植踊り、太鼓と真夏の夜はますます暑く、いや熱くなって行きました。

      1
      テーマ:
  • 30Jul

プロフィール

辰つぁん

お住まいの地域:
宮城県
自己紹介:
山形市生まれ。仙台市在住。 ダックスフント2匹を連れて毎日広瀬川遊歩道を散歩してます。

続きを見る >

フォロー

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス