私達の食の安全についての大切な話です。 | 山田正彦 オフィシャルブログ Powered by Ameba

山田正彦 オフィシャルブログ Powered by Ameba

山田正彦 オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

長くなりましたが、シェア拡散して頂けないでしょうか。

遺伝子組み換えによるゲノム編集について、8月7日に環境省は遺伝子組み換え食品でないとの見解を発表いたしました。

ところが、今度は農水省が、北別館の1階消費者室で、ゲノム編集について、落語家を呼んでのイベントを9月28日から始めます。

 

EUは司法裁判所で、ゲノム編集は司法裁判所で遺伝子組み換えであると判断しているのに。韓国もムンジイン大統領になって、試験栽培すら禁止したところです。

ここにきて、米国農務省と日本だけがゲノム編集は遺伝子組み換えではないと表明、消費者庁は安全なので国民に周知徹底させるとしています。

こうして政府はモンサント等と組んで、大々的にキャンペーンを始めたのです。

しかも米国では、ラウンドアップ(除草剤)で、癌になったとして、校庭の整備員がモンサントを訴え、裁判所が同社に320億円の支払いを命じた判決が出たばかりです。

このような裁判が米国では8000件も起こされていて、日本経済新聞もモンサントは1兆円の支払いは免れないとして、買収したバイエルの株価が20%も下がったことを報道しています。

遺伝子組み換え作物の除草剤にも使うラウンドアップは、各国では個人の使用を禁止されていて、伊、独、仏国などでは3年後の全面禁止を表明、日本だけは野放し状態です。

FBでも先述したのですが、私が先日御会いしたマムズアクロスアメリカのゼンハニカットさんは、これでモンサントも終わりだと述べています。

これで世界は動き出しました。

米国では、発達障害児の出産があまりにも多くなったので、ママ達が小児科医と相談、母乳の検査をしたのです。

結果、驚いたことに、ラウンドアップの主成分グリホサート、ネオニコチノイド等の有害物質が、検出されたのです。

スウェーデンで子供達に2週間完全オーガニック、NonGMOの食事をさせたら、有害な物質が消えた実験結果があります

ゼンハニカットさん等米国のママさん達は動き出したのです。

スーパーで遺伝子組み換えでない、かつオーガニックの粉ミルク、マヨネーズ、野菜等の食材を買い求める運動が、始まったのです。

僅か5年で、FBで先述したように、米国のスーパーには、オーガニック、NonGMOの食材が、溢れるようになって来たのです。

米国だけではなく、EU、ロシア、中国も遺伝子組み換えは反対です。

私の友人が10日前に韓国のロッテのスーパーを覗いたら、そこにもオーガニック、NonGMOのコーナーがあったとして写真を送って来ました。

日本だけが、政府も業界も世界の流れに逆走しています。

米国でもママさん達が5年でできたこと、日本ではこれからです。頑張りましょう!

山田正彦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース